サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« ジュピター | トップページ | 地上波で「エージェント・オブ・シールド」 »

2015年4月 2日 (木)

君が生きた証

息子の歌で息子を知る

Rudderless

公式サイト http://rudderless-movie.com

監督: ウィリアム・H・メイシー

やり手の広告宣伝マンのサム(ビリー・クラダップ)は、大学で起きた銃乱射事件で息子ジョシュ(マイルズ・ハイザー)を突然失う。2年後、会社を辞めてすさんだボート暮らしをしているサムは、元妻(フェリシティ・ハフマン)から息子の遺品を渡される。それはギターや、生前にジョシュが書き溜めていた、自作曲の歌詞とデモCDが詰まった箱だった。それらの曲を聴き、息子のことを何も知らなかったことに気付いたサムは、自らギターを弾き、ジョシュの遺した曲を歌い始める。場末のライブバーで飛び入りで弾き語りを披露すると、それを聴いていた青年クエンティン(アントン・イェルチン)に熱心に口説かれ、バンド“ラダーレス”を結成することに。クエンティンはサムが披露する曲を、彼の自作と思い込んで次々とバンドのレパートリーに加え、ラダーレスは次第に人気を獲得していく。

ずっと見に行きたいと思っていて、やっと見られてよかったです。

数々の映画に出演しているベテラン俳優、ウィリアム・H・メイシーの初監督作。
ライブバーのオーナー役で、出演もしています。

音楽が主役の映画でありました。
とにかく音楽がいい。
歌詞も、10代なら誰もが感じるような内容で、とても共感できます。

「はじまりのうた」は、前へ進む元気がもらえる音楽だったけど、こっちは心にしみて泣けてくる。音楽の力を感じるのは同じ。

観客の先入観を利用して、途中まで隠されていた真実に驚き、それまでの映像やセリフの意味が、全く違って見える脚本もうまい。

息子がいるお父さんだったら、号泣するのではないかしら。

久々に、ビリー・クラダップがかっこよく見える映画でもありました。
子役の時から見ているアントンくんも、ギターを弾いて歌い、ハモりもできるなんて知りませんでした。

冒頭から、サムは一人暮らし。 いつ離婚したのかわからないけれど、元妻は再婚していて、サムは息子とは週末に会っていた様子。
息子が亡くなってから、酒浸りのサム。 息子の死後2年たって、元妻がボート暮らしのサムを訪ねてくる。
音楽好きは父親譲りだからと、音楽関係の遺品ばかりを持ってきた。

Rudderless_3_3

息子の自作CDを聴いて、それをライブバーでサムが弾き語ると、クエンティンという青年から、一緒にやろうとしつこく誘われる。

Rudderless52

Rudderless_4

クウエンティンの友人のドラムやベースも加わり、バンド名は“ラダーレス”となる。

どんどんファンが増えて、楽しいライブになっていきます。

Rudderless_2

しかしサムは、自分が歌っているのが息子の曲だとは、メンバーには明かせないまま。

そこへラダーレスに、地元で開催されるロックフェスへの出演依頼が舞い込み、メジャーデビューも夢じゃないと、サム以外は盛り上がるのですが...

ここからネタバレ感想です。

息子ジョシュのガールフレンドだったケイト(セレーナ・ゴメス)に、よく歌えるわねと言われますが、それはサムが、息子の歌を自分が作った曲として歌っているせいなのだと思いますよね。

冒頭で銃乱射事件のニュース映像が出ますが、詳しい状況は説明されない。
観客はサムの息子は被害者だと思って、その後の物語を見ますよね。
ところがジョシュは加害者だった。
6人の学生が犠牲となっていた。
これには驚きました。

人殺しの息子の歌を、ロックフェスで歌うわけにはいかなかったのです。
でも人殺しであっても、サムにはかけがえのない息子だった。

ラストのサムが歌う様子に泣けました。

やっと過去と現実に向き合うことができるようになったのも、息子が残した音楽とクエンティンのおかげでしょう。サムの今後に希望が感じられてよかった。

ローレンス・フィッシュバーンが、楽器店のオヤジで出演しています。

Rudderless_6

そして、冒頭にしか登場しないジョシュ役のマイルズ・ハイザー。
日本未公開の「レールズ&タイズ」の男の子だったのね。
大きくなったわ。

Rails

Rails_2

「レールズ&タイズ」は、クリント・イーストウッドの娘アリソン・イーストウッドの初監督作品ですが、これも心にしみる良作で、マイルズ君がとてもうまかった。

(観賞日4月1日)

« ジュピター | トップページ | 地上波で「エージェント・オブ・シールド」 »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

風子さんのレビューを見ないで鑑賞してよかった(^^)
これは絶対ネタバレ厳禁ですね。私も予告編では、どうして息子の曲って言わないのだろう、言っても良いのでは?と不思議に感じておましたが、ショッキングな理由と、父の気持ちがよくわかり胸の痛い作品でした。
でもそんな息子の作った歌がまた素晴らしいんですよね。すぐにうちに息子にダウンロードしてもらいましたから。
TBこちらからもお願いします。

★atts1964さん
息子が作った曲と言えない理由は、衝撃でしたね。
まさかの展開でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59436214

この記事へのトラックバック一覧です: 君が生きた証:

» 君が生きた証 [映画三昧、活字中毒]
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞君が生きた証/RUDDERLESS 2014年/アメリカ/105分 監督: ウィリアム・H・メイシー 出演: ビリー・クラダップ/アントン・イェルチン/フェリシティ・ハフマン/セレーナ・ゴメス/ローレンス・フィッシュバーン 公式サイト 公開: 2015年02月21日 サム・マニングが、プレゼンで大きな仕事を勝ち取った日、久々に大学に通う息...... [続きを読む]

» 君が生きた証 [映画好きパパの鑑賞日記]
 個性派名脇役のウィリアム・H・メイシーの初監督作品。音楽中心で、父と息子のあり方を考えさせられます。ただ、非常にトリッキーなところがあって、多くの人は受け入れているみたいでしたが、僕はちょっと苦手かも。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ウィリア…... [続きを読む]

» 『君が生きた証』 [ラムの大通り]
(原題:RUDDERLESS) 映画『君が生きた証』予告編 ----この映画、俳優のウィリアム・H・メイシーが監督したんだって? 「そうだね。 どの予告がとにかくよくできている。 ぼくは新宿カリテで『ショート・ターム』『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』、 新...... [続きを読む]

» 君が生きた証 ★★ [パピとママ映画のblog]
『ファーゴ』などで独特の存在感を放つ名優ウィリアム・H・メイシーの初監督作。銃乱射事件で死んだ息子の遺(のこ)した楽曲を自らが歌っていこうとする父親と、その曲に心打たれたミュージシャン志望の青年が、音楽を通じて再生していくさまを描く。主演のビリー・クラ...... [続きを読む]

» 君が生きた証 [いやいやえん]
【概略】 銃乱射事件で亡くなった息子が遺した楽曲を自ら歌おうとする父親と、その曲に心を打たれたミュージシャン志望の青年がバンドを組み、音楽を通じて再生していく姿を描く。 ドラマ 大学での乱射事件で、最愛の息子を亡くした父親。生きる気力も失った彼が2年後、ミュージシャンを夢みていた息子が残した曲を見つけ、演奏します。 全ての曲がこの映画用に作られたそうで、それを実際に歌うのも生演奏も実際にプレイしています。アントン・イェルチンが孤独なロック青年クエンティンを好演。 銃乱射事件で... [続きを読む]

» 君が生きた証 [atts1964の映像雑記]
2014年作品、ウィリアム・H・メイシー監督、ビリー・クラダップ主演。 サム(ビリー・クラダップ)のプレゼンが上手くいき、大きな契約話がまとまった。 彼曰く“サヨナラ満塁ホームラン”をかっ飛ばしたという事で、このことを祝おうと大学生の息子ジョシュ(マイルズ・ヘイザー)に電話をかける。 ジョシュは、部屋に一人で籠って、自分の曲作りに励んでいた。 なかなか彼の曲は出来が良い、でもしばし同じ寮の学生が騒ぎ、ノックもなく入ってくるのに彼はうんざりしていた。 父の呼びだしに、..... [続きを読む]

» 君が生きた証 [映画と本の『たんぽぽ館』]
真実は切ないけれど * * * * * * * * * * アメリカで実際にあった、大学での銃乱射事件。 本作はそれを元にしたドキュメンタリーに近い作品なのかと思ってみていました。 ところが、そうではありませんでした! 広告会社に勤めるサムは、大学生...... [続きを読む]

« ジュピター | トップページ | 地上波で「エージェント・オブ・シールド」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ