サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« 22ジャンプストリート | トップページ | ワイルド・スピード SKY MISSION »

2015年4月16日 (木)

あの日の声を探して (試写会)

世界に関心を持とう

The_search

公式サイト http://ano-koe.gaga.ne.jp
4月24日公開

監督: ミシェル・アザナヴィシウス  「アーティスト」

1999年、チェチェンに暮らす9歳のハジ(アブドゥル・カリム・マムツィエフ)は、ロシアの侵攻によって両親を銃殺されたショックで、声を失ってしまう。姉も殺されたと思い、まだ赤ん坊の弟を見知らぬ人の家の前に置き、一人放浪するハジ。ロシア軍から逃げながら街へたどり着いたハジは、フランスから調査に来たEU職員のキャロル(ベレニス・ベジョ)に拾われる。自分の手では何も世界を変えられないと知ったキャロルは、せめて目の前の小さな命を守りたいと願い始める。

世界には、平和でない国や地域が多々ある。
平和な日本にいると、なかなか詳しい事を知ろうとしませんけどね。(^^ゞ
日本人には民族紛争や宗教問題による闘争などは、感覚的にわからないところがあります。だから、映画で知る事もしばしばです。

チェチェン侵攻も、こんなにひどい状況だったとは知りませんでした。
まずは知って、そして考える事が必要。
どちらがいいとか悪いとか決められないけれど、戦争は悲しみしか生まないのは確か。
大事な人や心を奪っていく。

物語は、両親を殺されたハジ、ハジの姉ライッサ、ロシア人青年コーリャ(マクシム・エメリヤノフ)3人の状況が並行して描かれます。

言葉も、チェチェン語(?)、ロシア語、フランス語、英語と出てきます。

ハジとライッサは演技経験のない素人だそうですが、ハジ役のアブドゥル・カリム・マムツィエフくんにはしばしば泣かされ、とにかくうまくて驚きました。
ずっとセリフがないのに、表情や動作で心情が伝わってきます。

The_search_3

両親と姉が殺され、荷物を背負って赤ん坊の弟を連れて逃げますが、それは幼い彼には容易ではなく、途中の民家に弟を置き、その家の人が弟を抱くのを確認して、またひたすら歩いていると、彼と同じく避難しようとする人が車に乗せてくれます。
しかし大きなショックで辛く悲しい彼は、言葉を発する事ができません。
同乗している人たちは、たぶん両親を殺された孤児に違いなく、辛いのだろうと察してくれます。
赤十字に保護されますが、ハジは逃げ出してしまう。
そしてキャロルと出会います。

徐々にキャロルに心を開いていく様も、よかったなあ。
最初はハジを面倒だと思っていた、キャロルの変化も良かった。

ハジの姉ライッサが家に戻ると、弟2人がいない。
彼女は、2人を探し出そうとします。

ロシア人の19歳の青年コーリャ。
路上で友人に勧められたマリファナを吸っているところを、警官に見つかって逮捕される。
そして刑務所ではなく、強制入隊させられる。

The_search_2

マクシム・エメリヤノフはロシア生まれのロシア人俳優だそうだけど、彼が演じるコーリャが、戦争の狂気に染まっていく様子にはとても考えされられます。

EU職員のキャロルは、自分の仕事に疑問を持ち始めます。

赤十字の責任者で、アネット・ベニングが出演しています。

(観賞日4月14日)

« 22ジャンプストリート | トップページ | ワイルド・スピード SKY MISSION »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59542857

この記事へのトラックバック一覧です: あの日の声を探して (試写会):

» 『あの日の声を探して』 2015年4月14日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『あの日の声を探して』 を試写会で鑑賞しました。 今日は散々であった。 会社を出ようとする前に、メールを1本送信したため出遅れ、 駅について電車に乗ろうとしたら、携帯に電話が掛かり1本見送り、 乗り換えの駅で降りるのを忘れて1駅乗り過ごす・・・という失態が続いた。 おかげで観難い、よみうりホールでは最悪の席に座った。 座高の高いオッサンの後ろだっため、字幕が被るはという状態であった。 こういう日もあるね(泣) 【ストーリー】  1999年のチェチェン。ロシアの侵攻によって両親を殺害された9歳の少... [続きを読む]

» 映画・あの日の声を探して [読書と映画とガーデニング]
原題 The Search2014年 フランス、グルジア 舞台はロシアに侵攻された1999年のチェチェン フォーカスされるのは3人の人物 両親を目の前で殺され、まだ赤ん坊の弟を抱いて家を出た声を失った少年・ハジ(アブドゥル・カリム・ママツイエフ)チェチェン難民の現...... [続きを読む]

» あの日の声を探して [映画好きパパの鑑賞日記]
 戦争に巻き込まれた少年の悲劇を丹念に追っていて、素晴らしい作品なのですが、ロシアが一方的な悪者になっている描写が多いとおもったところ、制作国にグルジアが入っていて納得しました。グルジアは、グルジア紛争を舞台にした映画「5デイズ」にも出資しており、プロ…... [続きを読む]

» 映画:あの日の声を探して The Search チェチェンを襲う侵略に巻き込まれる、両サイドの子供たち。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「アーティスト」の監督 ミシェル・アザナヴィシウスが、得意のギャグではなく、シリアス物に挑戦。 基本、2つの物語ラインが進行。 チェチェンに暮らす9歳のハジ。 彼は1999年のロシア侵攻により、両親を銃殺されてしまう。 逃げ出す道中で、赤ん坊の弟を見知ら...... [続きを読む]

» あの日の声を探して THE SEARCH [まてぃの徒然映画+雑記]
『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が描く、ロシアのチェチェン紛争で家族と離ればなれになった少年が再会を果たすまでの物語。並行して、ロシアの普通の若者が一人前の兵士になるまでのストーリーも語られる。 ハジの一家が暮らす村にロシア兵が侵攻し...... [続きを読む]

» あの日の声を探して [映画的・絵画的・音楽的]
 『あの日の声を探して』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)予告編を見て興味を惹かれ、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、1996年に第1次チェチェン紛争は終結したものの、1999年8月モスクワでテロ事件が起きたことをきっかけに第2次チェチェン紛争が勃...... [続きを読む]

» あの日の声を探して [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) 孤児役の少年がどう振り払ってもジョン・リスゴーに見えてしまい [続きを読む]

» あの日の声を探して [映画と本の『たんぽぽ館』]
ドキュメンタりーのようで映画的 * * * * * * * * * * 1999年、第二次チェチェン戦争を舞台としています。 「アーティスト」でアカデミー作品賞を受賞したミシェル・アザナビシウス監督作品としては ちょっと意外な気がしますが、ラストで、「さす...... [続きを読む]

» 「あの日の声を探して」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
「アーティスト」の監督さん、そして奥さんのコンビ。 全く違った作品で、びっくり・・・。 [続きを読む]

» あの日の声を探して [atts1964の映像雑記]
2014年作品、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ベレニス・ベジョ主演。 1999年、ロシア兵はチェチェンに侵攻していた。 ゲリラと言いながら、どう見ても民間人に難癖をつけ、挙句の果てには殺してしまう。 殺されたのは少年・ハジ(アブドゥル・カリム・ママツイエフ)の両親だった。 家からその惨劇を見ていた彼は、赤ん坊の弟を抱きかかえ、必死に物音をたてないで隠れ、兵士たちをやり過ごしていた。 ハジは、姉も殺されたのではと思い、ここが危険だと感じ弟を連れて脱出する。 途中ロシ..... [続きを読む]

» あの日の声を探して(The Search) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 第84回アカデミー賞受賞作「アーティスト」のミシェル・アザナビシウス監督が、戦争で両親と声を失った少年が難民キャンプで懸命に生きる姿を描いたヒューマンドラマ。ナチスによって収容所に送られ、母と生き別れた少年をアメリカ兵が助けるという物語を描いたフレッ...... [続きを読む]

« 22ジャンプストリート | トップページ | ワイルド・スピード SKY MISSION »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ