サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ラン・オールナイト (試写会) | トップページ | メイズ・ランナー (試写会) »

2015年5月12日 (火)

ホーンズ 容疑者と告白の角

きみのためなら悪魔にもなる

Horns

公式サイト http://horns-movie.jp

原作:  ホーンズ 角 (ジョー・ヒル著/小学館文庫)
監督: アレクサンドル・アジャ  「ミラーズ」 「ピラニア3D」

恋人メリン(ジュノー・テンプル)が森の中で惨殺死体となって発見され、その容疑者となったイグ(ダニエル・ラドクリフ)。怒りと絶望の日々を送っていたある日、目覚めると頭に角が生えていた。パニックに陥ったイグだったが、奇妙なことに、その角を見ても誰も驚かず、そればかりかイグに対して本音や秘密を語ってしまう。イグはその<告白の角>を使って、最愛のメリンを奪った真犯人を探し出そうとする。

原作の著者はスティーブン・キングの息子だけど、親の七光りを避けて、本名ではなくペンネームで作家活動をしていたけど、賞を取ったりして注目されると素性がばれたらしい。
お父さんと同じく、ホラー作家なのかしら。

本作は宗教色のあるダークファンタジー。
犯人捜しのミステリーでもあるけれど、ラブストーリーと言えるかな。
悲しい愛のお話。
複数の人物が怪しいように展開があるものの、犯人を推理するのは難しくなかった。

Horns_3

恋人同士のイグとメリン。
「死ぬまで君を愛する。」「私が死ぬまででいいわよ。」
ラストにもこのシーンがあるけど、ラストではとても切なく感じました。

恋人が殺されて悲しくてくやしくて仕方ないのに、殺人の容疑者となり、近隣の住民にはバッシングされ、マスコミには執拗に追いかけられるイグ。

少年の頃、メリンとお互いに一目ぼれで付き合い始め、それ以来一途にメリンを愛してきたイグ。

イグと幼馴染たちの少年時代の様子も語られます。
少年時代の事が、現在につながってるのです。
Horns_4

幼い時にいつも一緒に遊んでいたのは、
今はミュージシャンのイグの兄テリー(ジョー・アンダーソン)
おデブの警官エリック
バーのウエイトレス、グレンナ
弁護士になったリー(マックス・ミンゲラ)は、子供の頃の命の恩人であり、イグの無実を信じる唯一の人間。

Horns_2

酒に酔ってグレンナと寝た翌朝、イグの頭に角が生えてきた。
びっくりしてパニックになるけど、会う人たちは彼の角に大して驚かず、しかも本心を語り始める。そして彼が離れると、自分がイグに話したと言う事を忘れてしまう。
その事がわかったイグは、それを利用して、メリン殺害の犯人捜しを始めます。

とにかく町の人達だけでなく、両親にも無実と思われていないイグ。
本心を聞くのはかなりきついです。
こんな親、自分の方から縁を切りたくなるでしょ。
兄ですら、大事な事をイグに隠していた。

Horns_5_2

ダイナーのウエイトレス、ベロニカ(ヘザー・グレアム)は、売名のために偽証しようとしているし、まったくろくな奴がいない。
まあでも、人間の本性なんて、こんなもんか(笑)
犯人捜しのために、聞きたくない事にもあえて耐えるイグが悲しい。

後半、ダニエルくんの容貌も変化していき、ホラー色が強くなってきます。
でも、私が怖いと思うホラーではないからよかったわ。
蛇が苦手な人は、やめておいた方がいいでしょう。

メリンの父親で、デヴィッド・モースも出演しています。

(観賞日5月11日)

« ラン・オールナイト (試写会) | トップページ | メイズ・ランナー (試写会) »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
あまりにひどい本音がかえって面白くて、客席から笑い声があがっていました。(^^;)

>複数の人物が怪しいように展開があるものの、犯人を推理するのは難しくなかった。
ですよね~。怪しさと不自然さが胡散臭かったです。(笑)

★すぷーきーさん
笑い声が上がったのはどの本音でしょうか。
人間誰しも闇の部分の本音は、口にしない方がしいいですねえ。

こんにちは。
幼馴染の成長後が面白さを増していましたね。
真相は早々にわかってしまうのが残念でした。
蛇は何の意味があるのでしょうか。蛇嫌いの人には見せられない映画でしたね。

★ミス・マープルさん
キリスト教では、蛇は邪悪さとか邪悪なものの象徴なんでしょうかね。

ラドクリフ君、チャレンジしますね。最後は怪物に完全になって復讐を遂げ、散っていく。でも恋人のいないこの世に未練はないですよね。
そういった意味ではラブストーリーなんでしょう
TBありがとうございました。

★atts1964さん
愛ゆえの行動でしたねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59906294

この記事へのトラックバック一覧です: ホーンズ 容疑者と告白の角:

» ホーンズ 容疑者と告白の角 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
スティーヴン・キングの息子でもある作家ジョー・ヒルの小説を実写化したサスペンスホラー。出会った者に真実を語らせる力を秘めた角を生やした青年が、恋人を殺害した犯人を捜し出していく。メガホンを取るのは、『ミラーズ』『ピラニア3D』などのアレクサンドル・アジャ...... [続きを読む]

» 『ホーンズ -容疑者と告白の角-』 2015年4月30日 なかのゼロホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ホーンズ -容疑者と告白の角-』 を試写会で鑑賞しました。 メッケもんの映画だった 【ストーリー】  恋人メリン(ジュノー・テンプル)を何者かに殺害された上に、容疑者にされてしまったイグ(ダニエル・ラドクリフ)。苦しい日々を過ごす中、彼の額に突如として角が生えだす。次第に太く大きくなっていく角に恐れおののくイグだったが、その角にどんな相手であろうとも真実を語らせてしまう不思議な力があることに気付く。角を使ってさまざまな者たちの思惑を引き出し、そこから生まれる新たな疑惑に直面するイグ。やがて事件... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角。 [すぷのたわごと。]
『ホーンズ 容疑者と告白の角』の試写会に行ってきました。 “かど”じゃないよ、“つの”だよ。 チラシを見て、気になっていた作品。 気になった理由は、原作者。 スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルの小説「ホーンズ 角」が原作だそうだ。 キングに子供がいることは知っていたけど、小説を書いていることは知らなかった。 どんな小説を書いてるんだろう? “キング”の息子だから“プリンス”だね。(爆) 恋人メリン(ジュノー・テンプル)を殺され、その容疑者とされてしまったイグ(ダニエル・ラ..... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角 [映画三昧、活字中毒]
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ホーンズ 容疑者と告白の角/HORNS 2013年/アメリカ、カナダ/120分 監督: アレクサンドル・アジャ 出演: ダニエル・ラドクリフ/マックス・ミンゲラ/ジョー・アンダーソン/ジュノー・テンプル/ケリ・ガーナー 公式サイト 公開: 2015年05月09日 町の人気者だったメリン・ウィリアムズの他殺体が、森の中で発見された。メリンの恋...... [続きを読む]

» 『ホーンズ 容疑者と告白の角』 [beatitude]
イグ(ダニエル・ラドクリフ)は恋人のメリンが無残にも殺された上に、周囲からはその犯人であると汚名を着せられ非難を浴びせられていた。そんなある日、イグの頭から角が生える。それを境に、彼の前で誰もが本心や隠している欲望を剥き出しにするようになる。イグの角に...... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角 [銀幕大帝α]
HORNS 2013年 アメリカ/カナダ 120分 ホラー/ファンタジー/ミステリー R15+ 劇場公開(2015/05/09) 監督: アレクサンドル・アジャ 『ピラニア3D』 製作: アレクサンドル・アジャ 原作: ジョー・ヒル『ホーンズ 角』 出演: ダニエル・ラドクリフ:イ...... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角 [いやいやえん]
【概略】 恋人殺しの容疑者となったイグ。ある日突然、彼の頭に人に真実を語らせる力を持つ角が生える。その力で恋人を殺した真犯人の手掛かりを追うイグだったが…。 ファンタジー・サスペンス 角よ、恋人殺しの謎を解け。 ダニエル・ラドクリフ主演。恋人殺しの容疑者となった青年の頭に角が生え、その影響によって彼は人々から様々な真実の秘密を打ち明けられる。青年は角を使って、最愛の恋人を奪った真犯人を探すことを決意する…といった、一風変わったファンタジー・サスペンス。 アレクサンドル・アジャ... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角 [象のロケット]
最愛の彼女メリンを殺した容疑をかけられた男イグ。 地獄のような毎日を送っていたある日、目を覚ますと何と頭に角が生えていた! ところが、その角は誰もが真実を語りだす不思議な力を持っていることがわかる。 イグはその<告白の角>を使って、真犯人を探し出すことに…。 ファンタジー・サスペンス。... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角 (Horns) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレクサンドル・アジャ 主演 ダニエル・ラドクリフ 2013年 アメリカ/カナダ映画 120分 ファンタジー 採点★★★★ 最近はようやっと以前ほどは目や耳にしなくなりましたけど、震災直後はやたら“絆”って文字が躍っておりましたよねぇ。あと“共感”っての…... [続きを読む]

» ホーンズ 容疑者と告白の角 [マープルのつぶやき]
nbsp; 「ホーンズ 容疑者と告白の角」 原題:Horns 監督:アレクサンドル・アジャ 2013年 アメリカ=カナダ映画 120分 R15+ キャスト:ダニエル・ラドクリフ      ジュノー・テンプル      マックス・ミュゲラジョー・アンダーソン nbsp; イグは恋人メリン殺害の容疑者になってしまう。身に 覚えのない罪と、恋人を失った悲しみに暮れる彼の 頭に突然角が生え始め、その姿を見た人は誰も... [続きを読む]

« ラン・オールナイト (試写会) | トップページ | メイズ・ランナー (試写会) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ