鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ブラックハット | トップページ | チャッピー »

2015年5月22日 (金)

真夜中のゆりかご

人は見かけによらない

A_second_chance

公式サイト http://yurikago-movie.com

監督: スサンネ・ビア  「ある愛の風景」 「未来を生きる君たちへ」

敏腕刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、美しい妻アナ(マリア・ボネヴィー)と乳児の息子アレクサンダーとともに、湖畔の家で幸せに暮らしていた。そんなある日、通報を受けて同僚シモン(ウルリッヒ・トムセン)と駆けつけた一室で、薬物依存の男女と衝撃的な育児放棄の現場に遭遇する。衝撃を受けながらも、法律の壁に阻まれて乳児を保護することができず、アンドレアスは無力感に苛まれる。そんな中、思いもよらぬ悲劇がアンドレアスを襲い、彼の中で善悪の境界線が揺れ動いていく。

この人の映画は見たいと思う監督のひとり、スサンネ・ビア。
楽しい映画ではないけれど、どう思うかといつも観客に問いかけて考えさせられる。

本作も、人間の弱さや愚かさを描きながら、愛情と希望が感じられた。
意外な展開もあって、サスペンスとしても楽しめました。
そういえば、伏線はあったなあと思いましたよ。
それと、水辺の風景が美しい。

まだ赤ん坊の息子の夜泣きに悩まされながら、妻と交代で面倒を見ているアンドレアス刑事。
ニコライ・コスター=ワルドーは、ひいきのイケメン俳優のひとり。
アンドレアスとアナは美男美女の夫婦ね。

En_chance_til_3

ある日通報を受けて相棒のシモン(ウルリッヒ・トムセン)と訪れた部屋には、育児放棄された乳児のひどい姿が。

En_chance_til

その子の父親トリスタン(ニコライ・リー・コス)は、ヤク中の上に女に暴力をふるう男で、執行猶予中。
あんな両親のところに置いていおいたら、乳児は死んでしまうとアンドレアスは思いますが、法律的には乳児が虐待されているとは言えず、施設に預けられない。

En_chance_til_2

そんな中、アンドレアスの息子が突然死んでしまう。
すぐに通報しようとしますが、妻に止められます。
妻はひどく取り乱し、通報しないでほしいと言います。
そして息子を病院に連れて行ったら自殺すると言い、アンドレアスは困ってしまいます。

ここからネタバレ。

妻を鎮静剤で眠らせ、息子の遺体を乗せて車を出します。
相棒のシモンに相談しようとしますが、アル中のシモンは酔いつぶれていて、電話に出ません。
そしてアンドレアスはトリスタンの部屋に忍び込んで、死んだ自分の息子とトリスタンの息子ソーフスを入れ替えてしまいます。
アンドレアスも冷静な判断ができない状態だったのよね。
その時には、良かれと思った事だったのでしょう。

トリスタンがすぐに通報するものと思っていたアンドレアスですが、ヤクでハイになっている最中に息子が死んだと思ったトリスタンは、執行猶予が取り消されて刑務所に戻る羽目になると、ソーフスが誘拐されたと見せかけます。

死んだ自分の息子アレクサンダーがどこにいるのか知りたいアンドレアスは、厳しくトリスタンを尋問します。

ヤク中で自分の子供に関心のないトリスタンは気づきませんでしたが、母親であるサネ(リツケ・メイ・アンデルセン)は、死んでいる子がソーフスではないと気づきます。
事情を知っている観客には、尋問の様子に緊張が走りますね。

一方、アナは悩んでいた。自分の子供は死に、夫は他人の赤ん坊を連れて来た。その子を育てていけるのか。
そしてある夜、橋から身を投げて自殺してしまう。

妻の死に打ちひしがれるアンドレアス。
辛い中、なんとかトリスタンに子供を埋めた場所をはかせた。
しかし子供の検死結果を聞いて、愕然とする。
なんと突然死かなにかだと思っていたアレクサンダーは、虐待されて死んだのだった。

まさか妻が虐待していたなんて、にわかには信じられず、大きなショックを受けるアンドレアスと観客。

育児ノイローゼなのか。
それとも子供の頃の愛情不足?
子供がほしいと思って生んだけど、生まれた子供に愛情が持てなかったとかかしら。
アナの両親は孫には興味がないみたいで、会いには来ないし、送ってくるプレゼントは赤ちゃんには不要の物。
裕福らしいけど、アナの母親は自分の娘の面倒は、ベビーシッターが何かに任せきりだったのかも。アナのセリフから、そんな風にも推測できるわね。
子煩悩な親でないことは確かみたいよ。

一方サネはひどい母親のように見えて、実はトリスタンがすすめるヤクはできるだけ避けているし、トリスタンがソーフスを虐待しないように気を付けていたのよ。
最初にアンドレアスとシモンがソーフスを保護した時、診察した医師がソーフスは健康体だと言っていたわよね。
こんなところにも、ポイントがあったのね。

この映画を見て、ベン・アフレック監督作の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」を思い出しました。
子供にとってどうするのが最善なのか、難しいですねえ。

(観賞日5月18日)

« ブラックハット | トップページ | チャッピー »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

あまり触れられていませんが、アナのキレ癖は彼女の生い立ちと関連があるんでしょうね。それが大きな悲劇を生んでしまったのは何とも切なく哀しい。
アンドレアスのやったことは許されませんが、薬注の男を切り離したことは、ソーフスと母親を救ったと思いますし、そう解釈したい作品です。
TBお願いします。

★atts1964さん
何が子供にとっていいのか、いい親とは?とか難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59994776

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のゆりかご:

» 「真夜中のゆりかご」 [セレンディピティ ダイアリー]
スサンネ・ビア監督の最新作、「真夜中のゆりかご」(En Chance Til / [続きを読む]

» 真夜中のゆりかご [映画好きパパの鑑賞日記]
 デンマークの社会派、スサンネ・ビア監督が女性監督らしい冷徹だけど暖かみを忘れない視線で人間の悪意を描いた問題作。自分が主人公の立場だったらどうしたろう、と考えさせられました。  作品情報 2014年デンマーク映画 監督:スサンネ・ビア 出演:ニコライ・コ…... [続きを読む]

» 『真夜中のゆりかご』 2015年4月23日 一ツ橋ホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『真夜中のゆりかご』 を試写会で鑑賞しました。 二日酔いにはキツイ内容の映画だった 【ストーリー】  愛する妻と幼い息子と幸せな毎日を送っていた刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、通報を受けて同僚のシモン(ウルリク・トムセン)と共に現場に掛け付けた一室で、薬物依存のカップルと目を覆うような育児放棄の現場を目の当たりにする。夫婦でわが子をいつくしむ日々は愛に満ちていたが、ある日思いがけない悲劇に見舞われ、アンドレアスの中の善悪の価値観が揺らいでいき……。 とてもこの主人公は理... [続きを読む]

» No.501 真夜中のゆりかご [気ままな映画生活]
育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力といった現代社会が抱えるさまざまな問題を盛り込んだサスペンスドラマ。美しい妻と乳児の息子とともに、幸せな生活を送っていた敏腕刑事のア ... [続きを読む]

» 真夜中のゆりかご [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞真夜中のゆりかご/EN CHANCE TIL 2014年/デンマーク/102分 監督: スサンネ・ビア 出演: ニコライ・コスター=ワルドー/ウルリク・トムセン/マリア・ボネヴィー/ニコライ・リー・コス/リッケ・マイ・アナスン 公式サイト 公開: 2015年05月15日 刑事アンドレアスは美しい妻アナとの間に息子アレクサンダーが生まれたばかり...... [続きを読む]

» 真夜中のゆりかご/EN CHANCE TIL/A SECOND CHANCE [我想一個人映画美的女人blog]
第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞「未来を生きる君たちへ」の女流監督スサンネ・ビア &アナス・トマス・イェンセン脚本のコンビが母国デンマークを舞台に、 育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力など現代社会に蔓延する問題を盛り込んだサスペンスドラマ。 ...... [続きを読む]

» 真夜中のゆりかご [映画と本の『たんぽぽ館』]
人の心の奥底の裂け目 * * * * * * * * * * 敏腕刑事であるアンドレアスは、 美しい妻とまだ乳児の息子と、それなりに満ち足りた生活をしていました。 ある時、通報を受けて駆けつけた一室で、 薬物依存の男女による育児放棄の現場に遭遇します。 ...... [続きを読む]

» 「真夜中のゆりかご」 [ここなつ映画レビュー]
敬愛するスサンネ・ビア監督作品。それにしては主要な登場人物が思慮浅く、今ひとつ乗り切れない。やっぱりこの監督にはサスペンスの王道は難しいのかなぁ…?と思っていたら…!恐るべし、スサンネ・ビア監督。この展開を全く予測していなかった自分の方が思慮が浅い、と言わざるを得ない。ああホントに、しみじみと怖かったです。男は騙され、女は騙されない。という事なのか、究極。それは自分自身を騙す事も含む。北欧の美しい一軒家に住むアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドウ)とアナ(マリア・ボネビー)のカップル。二人の間に... [続きを読む]

» 真夜中のゆりかご ★★★ [パピとママ映画のblog]
第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『未来を生きる君たちへ』のスサンネ・ビア監督と脚本家アナス・トマス・イェンセンのコンビによるサスペンス。妻子と幸せな日々を過ごしていたが、突如思いも寄らぬ悲劇に見舞われた刑事の葛藤を、育児放棄や家庭内暴力など現代社会...... [続きを読む]

» 真夜中のゆりかご [atts1964の映像雑記]
2014年作品、スサンネ・ビア監督、ニコライ・コスター=ワルドー主演。 刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、通報を受け同僚シモン(ウルリク・トムセン)とともに乗り込んだある一室で、薬物依存に陥った男女と育児放棄された赤子の衝撃的な姿を目にする。そこにいたトリスタン (ニコライ・リー・コース)は以前彼が逮捕した男で、アンドレアスは全くトリスタンを信用していなかった。 部屋に入ると、自分のした糞尿で体中まみれている赤ん坊が泣いていた。 すぐさま彼は抱き上げ体..... [続きを読む]

» 「真夜中のゆりかご」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
スサンネ・ビア監督の映画ということで、楽しみにしていました。 [続きを読む]

« ブラックハット | トップページ | チャッピー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ