鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ホーンズ 容疑者と告白の角 | トップページ | ブラックハット »

2015年5月14日 (木)

メイズ・ランナー (試写会)

走って走って 謎を解け run

The_maze_runner

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner
5月22日公開

原作: メイズ・ランナー (ジェイムズ・ダシュナー著/角川文庫)

その青年が意識を取り戻したのは動く檻の中。そのまま送られた先は、巨大な壁に囲まれた草原の広場。待っていたのは、彼と同世代の若者たち。一切の記憶を失った彼が、かろうじて思い出したのはトーマスという自分の名前だけ。そんなトーマス(ディラン・オブライエン)は、若者たちからこの世界の謎めいた仕組みを説明される。それは、生活物資と共に月に1度、名前だけしか思い出せない若者が送り込まれてくる事。そして壁が巨大な迷路になっていて、日没になると閉じられ、翌朝には新たな道順が出現するというもの。彼らはコミュニティをつくって生活し、“ランナー”と呼ばれる精鋭たちが、出口を発見すべく危険な迷路探索に挑んでいた。しかし3年が経った今も、出口は見つからない。もはや脱出を諦め、現状を甘んじて受け入れようとする者が出てくる中、トーマスは先輩ランナーのミンホ(キー・ホン・リー)と共に、命がけの探索を続ける。

原作が3部作という事で、本作は第1ステージクリアというゲームみたいだった。
出演者のほとんどが20才前後ばかりなので、ターゲットもその年代でしょうね。
思っていたより、サクサクと展開していった。
まだ真相は隠されていて、早く次が見たくなるつくり。

記憶を失って名前だけしか思い出せない青年たちが送り込まれているのは、周囲を高い壁に囲まれた場所。
3年前に最初に送り込まれたアルビー(アルム・アミーン)がリーダーとなっていて、今は各自料理や、大工仕事、農作業など役割分担が決まっているコミュニティ。
そして朝から日没まで開く壁の中の迷路の探索を担当しているのが、“ランナー”と呼ばれる俊足で選ばれた者たち。

そんな場所の新入りトーマスは、彼なりの正義感と信念から、彼らのルールを破って行動。
そんな彼を、コミュニティの秩序を乱すものとして嫌うギャリー(ウィル・ポールター)。

The_maze_runner_4

副リーダー、ニュートは、トーマス・ブロディ=サングスターくん。
彼はトーマスに好意的。

幼かった彼も大きくなりました。

Thomas_brodie_sangster

相変わらず童顔ですが、大人の声になりましたね。

The_maze_runner_2

ランナーの1人、キー・ホン・リーは韓国人。

The_maze_runner_5

アジア人がメインキャストでかっこいい役を演じているのはうれしいですねえ。
応援しちゃうわ。

月に1回人が送られてくるのに、トーマスが来てから3日後、初めて女の子が送られてきた。しかも彼女テレサ(カヤ・スコデラリオ)は、トーマスを知ってるようだ。
そして、送られてくるのはこれで最後だというメッセージを持たされていた。

The_maze_runner_3

普通、男ばかりのところに女の子が来たら、性的な対象になるはずだけど、ヤング小説だからかそれは全くなし。
男はオオカミになっちゃうのが、普通じゃない?

夜になると、壁の中にはグリーバーと少年たちが呼んでいる怪物がいる。
その姿を見たものは誰もいない。
それに刺されると、死んでしまうから。
それなのに、昼間ランナーの1人が刺されて帰ってきた。
翌日、アルビーはミンホと共に壁の中へ行ったが、グリーバーに刺されてしまう。
ミンホはアルビーを抱えて戻ってきたが、壁が閉まる寸前だった。
そんな2人をほおっておけず、閉まろうとする壁の中へ入って行ってしまうトーマス。
グリーバーから必死に逃げながら、グリーバーを殺すことに成功。
そしてグリーバーの死体の中に、出口の手掛かりとなるものが...

“WCKD”は、トーマスの夢の中にも出てくるし、送られてくる物資の容器にも書かれている。

ラスト近くに、パトリシア・クラークソンが登場します。

(観賞日5月11日)

« ホーンズ 容疑者と告白の角 | トップページ | ブラックハット »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

風子さん、こんばんは♪
制作スタッフも、キャストも若いせいか、
ストーリー、展開に特別な新しさはないのに、勢いを感じる作品でしたね☆
欧米でも、子役出身だと、ホントに幼くみえるんだなあ・・・と、
トーマスくんとウィルくんの成長にびっくりです。

gooにTB跳ばないですかwobblyコメント入れて下さり、ありがとうございました!
一時的なモノでありますように(ρ_;)

★kiraさん
早い展開で、退屈しなかったです。

子役はすぐ育っちゃうので、
ちょっと見ないと成長に驚きますね。

TBありがとうございます。
役割分担の説明があった時、見苦しい髪型の子がいないことから、「散髪係もいるのかな?」と思いました。(笑)
トーマス・ブロディ=サングスター君、大きくなりましたね~。
他の子と比べると、童顔で身体も華奢ですね。
顔も役もクセがあるウィル・ポールター、味がありました。
話の続きが気になります。

★すぷーきーさん
散髪係ですか。
そこまで考えませんでした。(爆)
早く次のステージが見たいです。

3部作の1作目、合格点のすっきりした作りでしたね。次作への期待が高まりますが、3部作で一番苦戦したり、評価を落とすのが2作目ですから、頑張ってほしいですね。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
あまり期待しないで見たせいもあるのか、
展開が早くて楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59906341

この記事へのトラックバック一覧です: メイズ・ランナー (試写会):

» 映画:メイズ・ランナー The Maze Runner 「ハンガー・ゲーム」シリーズに対抗するシリーズの出来は? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「ハンガー・ゲーム」シリーズの、全米でのヒット連発を受け、そのオコボレ(あるいは後釜) を狙う今作(笑) 自分の名前も思い出せないまま、16才の少年が送り込まれるのは、迷路 Maze (写真) 迷路のセンターにある、細々と生活できる野原に到着し、そこで生活...... [続きを読む]

» メイズ・ランナー ★★★★ [パピとママ映画のblog]
アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷路に放り込まれた若者たちが決死の脱出劇に挑むサスペンス大作の第1弾。さまざまな死のトラップが仕掛けられ、どんどん変化していく巨大な迷路(メイズ)を、知力・体力を駆使して駆け抜ける若者たちの運命、そして迷路に隠...... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [to Heart]
原題 THE MAZE RUNNER 上映時間 113分 原作 ジェイムズ・ダシュナー『メイズ・ランナー』(角川文庫刊) 監督 ウェス・ボール 出演 ディラン・オブライエン/ウィル・ポールター/カヤ・スコデラーリオ/トーマス・ブローディ・サングスター/アムル・アミーン/キー・ホン・...... [続きを読む]

» 映画『メイズ・ランナー』★始まりに秘められた「迷路」の出口へ~第一部 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167269/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 30年くらい前に、「迷路」が流行りました。(*^_^*) 一度、久喜あたりで見つけた迷路に、弟と行きました。 紙の上で、渦巻になった迷路をグルグルなぞりながら 出口を..... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [映画好きパパの鑑賞日記]
 世界的に大ヒットしたSF大作で、雰囲気は悪くないのだけど青少年向けSF洋画の域をぬけられず。また、3部作といっているので、1作目のラストがこれ、というちょっとがっかり感もありました。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ウェス・ボール 出演:ディラ…... [続きを読む]

» メイズ・ランナー。 [すぷのたわごと。]
『メイズ・ランナー』を観に行ってきました。 アメリカの小説が原作で、3部作の第1章だそうだ。 エンドロール終了後、続編の映像が流れた。 原題は『THE MAZE RUNNER』。 上昇するリフトの中で目を覚ました少年(ディラン・オブライエン)。 何がなんだか分からないまま、リフトが止まると何人もの少年に見下ろされていた。 “グレード”と呼ばれるこの場所は、高い壁に囲まれ、月に一度、生活物資と共に記憶を失った少年が送り込まれていた。 やがて、自分の名前だけ思い出したトーマス。 ..... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [atts1964の映像雑記]
2014年作品、ウェス・ボール監督、ディラン・オブライエン主演。 凄いスピードで、上がっていくリスト、彼(ディラン・オブライエン)は荷物と一緒にそれに乗ってどんどん上昇していく。 リフトが止まった、そして上の鉄格子が開きまばゆい光がさしてきた。 そこには若い男たちが大勢見えた。 手を差し伸べてくれ、上に上がると彼は危険を感じ逃げだしたが、途中で転んでしまう。 しかし穏やかに話しかけてくれた男・アルビー(アムル・アミーン)が自ら名乗り、名前を聞かれるが、自分が誰で、何をして..... [続きを読む]

» 『メイズ・ランナー』 あっさり、さっくり観られます [No Movie, Not My Life!]
先週末から公開の『 メイズ・ランナー 』、レディスデーに観てきました。 IMAXでも上映しているんですけど、ヤングアダルト小説の映画化ということで、 2Dにて鑑賞。( ̄∀ ̄*)イヒッ 期待していなかったからか、面白かったですよ。 状況がさっぱりわからず、謎が謎を呼ぶ感覚ですね~! THE MAZE RUNNER 2014年 113分 あらすじ: その青年が意識を取り戻したのは動く檻の中。そのまま送られた先は巨大な壁に囲まれた草原の広場。待..... [続きを読む]

» 「メイズ・ランナー」 少年版「LOST」 [はらやんの映画徒然草]
最近は若者たちを主人公とした3部作の映画が多く公開され、ヒットしていますね。 「 [続きを読む]

» メイズ・ランナー [だらだら無気力ブログ!]
三部作だったのね、コレ。 [続きを読む]

» No.503 メイズ・ランナー [気ままな映画生活]
アメリカで大ヒットを記録したジェームズ・ダシュナーのティーン向け小説をもとに、謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちの運命をスリリングに描いたサスペンススリラー。高い壁 ... [続きを読む]

» 「メイズ・ランナー」 [ここなつ映画レビュー]
想像していたよりも面白かった。という感想を息子に話したら、「想像していたよりも、どころではない。すっげー面白かった。」と正されたので、少年心をくすぐる作りなのであろう。「でも少し怖かった。」とも言っていたので、怖楽しいアトラクションの体なのか。いや、アトラクションの趣きとは少し違うな。どうもこういう、集団の中で個人が逃げる、戦う、生き残る、などの話というと、「ハンガーゲーム」的なものを想像してしまうのだが、いや、全っ然。まず、何故このような環境下になってしまったのか、の前提、謎解きが面白い。それから... [続きを読む]

» メイズ・ランナー(The Maze Runner) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 アメリカで大ヒットを記録したジェームズ・ダシュナーのティーン向け小説をもとに、謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちの運命をスリリングに描いたサスペンススリラー。高い壁で囲まれたエリアに、記憶を失った1人の少年が姿を現す。そこには月に1回の頻度で彼と同...... [続きを読む]

» メイズ・ランナー 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
アメリカのベストセラー小説を基に、若者たちが謎の 巨大迷路から脱出を試みるサスペンス映画で、 シリーズ第1弾となる『メイズ・ランナー』が 公開されましたので観に行ってきました。 メイズ・ランナー 原題:THE MAZE RUNNER 製作:2014アメリカ 作品紹介 アメリカ…... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [いやいやえん]
【概略】 周囲を高い壁に囲まれた場所“グレードにすべての記憶を失った少年が送り込まれ…。 SFアクション 生き残りたければ、迷路(メイズ)から脱出しろ! 次世代イケメン、ディラン・オブライエン主演。「ハンガー・ゲーム」や「ダイバージェント」と同類のティーン向けの映画の1作目。 巨大な壁に囲まれた敷地に「幽閉」されているが、月に1度物資と名前以外のすべての記憶を失った少年が送り込まれてくる。そんな中で同じようにして主人公トーマスも参加。しかしある日トーマスの名前を知っ... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [銀幕大帝α]
THE MAZE RUNNER 2014年 アメリカ 113分 アクション/サスペンス/SF 劇場公開(2015/05/22) 監督: ウェス・ボール 原作: ジェイムズ・ダシュナー『メイズ・ランナー』 出演: ディラン・オブライエン:トーマス ウィル・ポールター:ギャリー カヤ・スコ...... [続きを読む]

» 「メイズ・ランナー」 [或る日の出来事]
中途半端で終わるなら、最初から「パート1」と付けといてほしいな。 [続きを読む]

» メイズ・ランナー [♪HAVE A NICE DAY♪]
自分は何者か? 何故ここに? 巨大な迷路があるし謎がありそうだし 出口はあるのか・出られるのか?気になりながら観ました。 が・・・。 変な生き物が そっちだったんだ・・・ ん〜〜〜ちょっとトーンが下がりました でも、変な生き物(笑)から逃げなければならないし...... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [のほほん便り]
世界55ヶ国でナンバーワンヒット・樹立、という煽り文句を、後で知り、ビックリ。 やはり、原作は、ディーン向きの同名小説だったのですね。 個人的に、星新一を筆頭としたSF小説、手塚治虫、「世にも奇妙な物語」っぽい匂いがするなぁ、と感じたので、半分ビンゴぉぉ!だったのでした。 続編が作られたぐらいだから、面白いのかな?程度の期待だったのがヨカッタです。 突然、記憶の無いまま、巨大迷路に放り込まれた少年は、そして… って、「王様のブランチ」による導入のさわりしか知らなかったので、む... [続きを読む]

» メイズ・ランナー [ケントのたそがれ劇場]
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:113分 監督:ウェス・ボール  巨大な壁の外側は謎の複雑な迷路だという。その壁の内側には、毎月一人ずつ記憶を消された少年が送り込まれてくる。彼等は一定のルールを守り、三年間を平和に暮らしていた。だがある日新たに送... [続きを読む]

« ホーンズ 容疑者と告白の角 | トップページ | ブラックハット »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ