サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« アリスのままで (試写会) | トップページ | マッドマックス 怒りのデス・ロード »

2015年6月20日 (土)

海街diary

けなげでええこや~ crying

Diary

公式サイト http://umimachi.gaga.ne.jp

原作: 海街diary (吉田秋生作/小学館 月刊フラワーズ連載中)
監督: 是枝裕和  「誰も知らない」 「そして父になる」

鎌倉の古い家に住む、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)の三姉妹のもとに、父の訃報が届く。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の再婚相手も既に他界しており、父は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。父の葬儀で山形に行った三姉妹は、腹違いの妹すず(広瀬すず)と出会う。すずの今後を心配した幸は、別れ際に鎌倉で一緒に暮らさないかと声をかける。そして鎌倉で、四姉妹の生活が始まる。

家族をテーマにした作品が多い是枝監督。
原作のコミックはコミカルらしいけど、映画はシリアスで淡々と丁寧に四姉妹の同居生活を描いている。
説明は少なく、会話の端々から、過去の出来事や登場人物たちの現況と心情が察せられる。

見に行った大きな要因は、広瀬すずちゃんです。

Suzu

久々の正統派美人。
日本髪も似合いそう。
最近なかなかこういう顔の女優さんいないのよね。

さて、父親の訃報を受けた鎌倉の三姉妹。
両親の離婚の原因となった二番目の妻はすでに亡く、三人目の妻とその幼い連れ子、二番目の妻との娘すずと一緒に暮らし、山形の温泉旅館で働いていた父。

三人目の妻は頼りなく、彼女と血のつながらないすずの今後の生活を心配した幸は、鎌倉で暮らさないかとすずに声をかけます。

Umimachi_3

鎌倉にすずが引っ越してきて、四姉妹の生活が始まった。

Umimachi2

姉妹が暮らしているのは、祖父母の家。
亡き祖父母は、ともに教師だった。

長女は看護師。
同じ病院の既婚者の医師(堤真一)と交際中。
父の不倫で辛い思いをしたはずなのに、妻がいる人と付き合っちゃうのね。

次女は信用金庫に勤務。
奔放で恋多き女だけど、付き合う男はダメ男ばかり。
大手の銀行から転職してきた上司に加瀬亮

三女はスポーツ用品店で働いている。
地元の少年サッカーチームのサポーターで、釣り好き。

長女、次女、三女の性格って、女性ならうなづくところも多いと思う。

そこに加わった異母妹すず。
この子は周囲にとても気を使っていて、我慢している事もたくさんあるの。
父親の三人目の妻である義母に対する彼女の本音を、姉たちはすずがお酒を飲んで酔っ払った時に知る。
姉たちに対して、、実母や父の話もしないようにしている。
もうね、けなげでとってもいい子なんで、泣けるのよー。
普通なら、グレまくっていてもしかたないところだけどね。

姉妹を取り巻く人たちにも、いい人がいっぱい。

それぞれの個性がある四姉妹だけど、血のつながりを感じさせる共通点もあったりするのもよかった。
じわーっとくる映画でした。

鎌倉の四季の生活や風景も楽しめました。

(観賞日6月19日)

« アリスのままで (試写会) | トップページ | マッドマックス 怒りのデス・ロード »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

本当にじわーとくるいい作品でしたね。4姉妹の美しさも良いんですが、鎌倉という背景や、脇を固めるキャストも素晴らしかったですね。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
それぞれ苦悩や辛さが、何気なくわかるようになっていてよかったです。
脇役もベテランばかりでさすがでした。

鎌倉の美しい風景と4姉妹の何気ないやりとりがよかったですね。
樹木希林の絶妙なタイミングの取り方と大竹しのぶも好演していました。
素敵な雰囲気の映画でしたね。

★ミス・マープルさん
四姉妹がこれからも元気に暮らしていけますようにと、見ていました。
風景に癒されました。

原作と違って、静かで美しい作品でしたねhappy01

これも続編ができるといいんですが!!
原作はまだまだ続くみたいなので、期待しちゃいます。

★Erika Aさん
原作をご存知の方でも、気に入った作品なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/60438516

この記事へのトラックバック一覧です: 海街diary:

» 『海街diary』 2015年6月13日 イオンシネマ市川妙典 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『海街diary』 を鑑賞しました。 これは、今年ベストだね 長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すず もみんな良い! それに、最近出演多い鈴木亮平や樹木希林、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、 リリー・フランキー、前田旺志郎と脇も豪華である。 【ストーリー】  鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹す... [続きを読む]

» 「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。... [続きを読む]

» 『海街diary』 [cinema-days 映画な日々]
亡くなった父の子供(異母妹)を 引き取り一緒に暮らす事になった 四姉妹の物語... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:吉田秋生 [続きを読む]

» 映画「海街diary」 [FREE TIME]
映画「海街diary」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 海街diary [映画の話でコーヒーブレイク]
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...... [続きを読む]

» 海街diary [勝手に映画評]
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...... [続きを読む]

» 海街diary [単館系映画と舞台]
海街diary movix川口 2015/6/13 公開鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届 ... [続きを読む]

» 海街diary ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重...... [続きを読む]

» 海街diary [Akira's VOICE]
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!   [続きを読む]

» 海街diary・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南の美しい四季を背景に、個性的な姉妹それぞれの葛藤を、出会いと絆の物語の内に描く。 四人の綺麗どころが揃ったビジュアルは、観ているだけ...... [続きを読む]

» 海街diary [atts1964の映像雑記]
2015年作品、是枝裕和監督、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず出演。 長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)は、鎌倉で三人一緒に住んでいた。 幸は看護師、この家では母であり父だった。 佳乃は信用金庫に勤めているが、男運がなくお酒が大好き。 千佳はスポーツ用品店に勤めている。 そんな彼女らのもとに、ある日、15年前に家を出て疎遠になっていた父の訃報が届く。 幸が夜勤のため、佳乃と千佳で行くことになり、二人が着くとホームで待っていたのは、父..... [続きを読む]

» 映画『海街diary』★優しく爽やかな“すず”風に吹かれる姉妹の季節 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165422/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 長女: 綾瀬はるか 次女: 長澤まさみ 三女: 夏帆 末娘すず: 広瀬すず 父の死をきっかけに、腹違いの末娘が 姉たちと、同居することになります。 末娘が、姉と打ち解けていく過程が、メインのようですが 末娘は、まるっきり..... [続きを読む]

» 幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。〜海街diary〜 [ペパーミントの魔術師]
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが〜〜〜い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま〜〜い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではいちばん...... [続きを読む]

» 海街diary [映画的・絵画的・音楽的]
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)...... [続きを読む]

» 『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ... [続きを読む]

» 奇蹟の四姉妹~『海街diary』 [真紅のthinkingdays]
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生のコミックを、是枝裕和監督が映像化。美し 過ぎる四姉妹と、もしかしたら彼女たち以上にフォトジェニックな鎌倉の街を存分 に堪能でき...... [続きを読む]

» 海街diary [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(11) 制作段階から絶対観たい映画だったその理由とは [続きを読む]

» 『海街diary』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 TOH...... [続きを読む]

» 海街diary [花ごよみ]
鎌倉が舞台。 鎌倉の四季の景観が美しい。 3姉妹と異母妹が一緒に暮らす中 色々な出来事を経ながら 一つの家族になっていく。 監督は是枝裕和。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、 広瀬すずが姉妹を演じます。 鎌倉で生活している 幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ...... [続きを読む]

» 『海街diary』 小津をほうふつって本当? [映画のブログ]
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常のディテールをきっちり押さえた作り込み、無駄のないセリフ、冴えた映像、研ぎ澄まされた編集、そして家族という普遍的なテーマが、日本とかど...... [続きを読む]

» 海街diary [映画と本の『たんぽぽ館』]
鎌倉の四季と4姉妹 * * * * * * * * * * 吉田秋生さんの原作コミックが大好きで、 当ブログでもご紹介していましたが、待ちに待った映画公開。 でも、一抹の不安もありました。 大好きな本やコミックの映画化。 これには私としては2パターンありま...... [続きを読む]

» 「海街diary」 描写の余白 [はらやんの映画徒然草]
このところこの作品の番宣がとても多いので、少々食傷気味ではあったのですが、是枝監 [続きを読む]

» 「海街diary」 [Con Gas, Sin Hielo]
安定の4。 若草物語。ポッキー四姉妹。てるてる家族。現実には多くはないが何故か絵になる四姉妹。 同じ血を引いていても、兄弟姉妹は不思議なくらい性格が違ってぶつかり合う。単純に組み合わせの数が増えれば、化学反応が生み出すドラマも多様になる。 更に本作は...... [続きを読む]

» 映画『海街diary』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
りんこちゃんと久しぶりの映画デート。 ランチして、映画を観て、お茶して~ ランチしながら、近況報告会。 お茶しながらは、 [続きを読む]

» 海街diary [映画三昧、活字中毒]
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞海街diary 2015年/日本/128分 監督: 是枝裕和 出演: 綾瀬はるか/長澤まさみ/夏帆/広瀬すず/加瀬亮 公式サイト 公開: 2015年06月13日 鎌倉で暮らす香田幸、佳乃、千佳の3姉妹の元に、姉妹が幼い頃に不倫相手と家を出て行った父親の訃報が届く。その時の不倫相手もとうに亡くなっており、その次に出会った相手と再婚した父親は...... [続きを読む]

» 海街diary [まてぃの徒然映画+雑記]
吉田秋生の有名漫画を是枝裕和監督が映画化。カンヌ国際映画祭コンペ部門正式出品作品だけど、この淡々として抑揚を抑えた演出がどれだけ海外の人の琴線に響くのかは疑問です。自分は好きなんだけどね。主演の四姉妹に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。周りを樹...... [続きを読む]

» 海街diary [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
海街diary 15:日本 ◆監督:是枝裕和「そして父になる」「奇跡」 ◆出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴志、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、風吹ジュン、リリー・フランキー、堤真一、大竹しのぶ ◆STORY◆長...... [続きを読む]

» 海街diary [のほほん便り]
原作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞。の吉田秋生による漫画作品。 評判を聞いて、観てみたのですが、後で「是枝作品」と知り、大いに納得したのでした。 キャスティングが、とてもハマっていて、目の保養。そして、舞台となった鎌倉の美しさにも目を見張ります。 風景は、もちろん、女優さん達が、とても美しく余韻深く撮れてました 個人的には、ちょっとだけ、向田邦子っぽい匂いを感じました。 映画を観てる時間が、とても芳醇に感じて、しみじみ… ... [続きを読む]

» 海街diary [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:邦画 「海街diary」 監督:是枝裕和 2015年 日本映画 128分 キャスト:綾瀬はるか      長澤まさみ      夏帆      広瀬すず 鎌倉に住む幸、佳乃、千佳は、家族を捨てた父の 葬儀へ出席する。そこには父の再婚相手の娘すずが おり、義母との関係が芳しくない彼女を引き取る ことに決めるが...。 <お勧め星>☆☆☆☆ 静かな映像と美しい姉妹、 そして音楽、景色が心地よいです。 原作の吉田秋生さんの漫画はものすご... [続きを読む]

» 「海街diary」原作マンガとは一味違う是枝ワールド! [Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳]
海街diary DVDスタンダード・エディション 海街diary 監督・脚本:是 [続きを読む]

» 海街diary [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2015年日本 上映時間:128分 監督:是枝裕和  本作もまたまた原作がコミックなのだが、少女マンガなのでアクションマンガとは違ってなかなか文学的な趣があった。また舞台となる鎌倉の、美しい四季折々の風景も見逃せない。 さて物語は、15年前... [続きを読む]

» 「海街diary」 [或る日の出来事]
なんでもない、ひとときが、かけがえのない思い出。 [続きを読む]

« アリスのままで (試写会) | トップページ | マッドマックス 怒りのデス・ロード »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ