サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ターミネーター:ニュー・フェイト

    ベラのワンダフル・ホーム

    エンド・オブ・ステイツ

    シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

日本へのメッセージ

« ハンガー・ゲームとマッドマックス テレビ放映 | トップページ | この親にしてこの子の顔あり »

2015年6月 2日 (火)

誘拐の掟

渋い

A_walk_among_the_tombstones

公式サイト http://yukai-movie.com

原作: 獣たちの墓 (ローレンス・ブロック著/二見文庫)

1999年のニューヨーク。元刑事で、今は無免許で私立探偵をしているマット・スカダー(リーアム・ニーソン)は、断酒会仲間ピーター(ボイド・ホルブルック)の弟で、麻薬ディーラーをしているケニー(ダン・スティーヴンス)から依頼が舞い込む。ケニーの妻は誘拐され、40万ドルの身代金を払ったのに惨殺された。その犯人を捜し出して欲しいと言うのだ。1度は断ったスカダーだが、事件の凄惨さを知り、依頼を引き受けて調査を始める。

探偵物として面白かったです。

スカダーがどうやって手掛かりを追い、そこから推理して先へ進むか。
そして調査の過程で、意外な事実も出てくる。
ストーリー展開も楽しめたし、犯人との交渉術も見所。

設定が1999年なので、電話が古いし、携帯電話やインターネットもまだそれほど普及していない。
公衆電話やカセットテープが使用されてます。

1991年のあるバーでの強盗事件をきっかけに、刑事を辞めたスカダー。
それ以来飲酒を辞めて、教会で行われる断酒会に参加。
物語には、スカダーの贖罪の気持ちも込められている。
断酒会の場所が教会なので、中毒克服のための掟には、宗教的な要素も入っていますね。

公式サイトにある12の掟はラスト近くに出てくるんだけど、「自分自身を見つめ続け間違った時はすぐ認めること」というのは、中毒者だけなく万人に言えるなと思いました。

薬物中毒のピーターは、「ラン・オールナイト」で、エド・ハリスのばか息子を演じていたボイド・ホルブルック。

A_walk_among_the_tombstones_3

意志が弱くて、しょーもない男を好演してます。

妻を惨殺され、犯人に復讐しようとするケニー。

A_walk_among_the_tombstones_4

調査を始めたスカダーが、図書館で出会うホームレスの少年TJ(ブライアン“アストロ”ブラッドリー)。

A_walk_among_the_tombstones_2

ひょんなことから、TJはスカダーの相棒になる。
TJは携帯電話を持っているし、インターネットで調べ物もできる。
頭は悪くないけれど、言葉遣いがとにかく汚い。
スラングばかりで、スカダーには理解できない用語もしばしば。
2人のやり取りは、唯一笑えるパート。
TJが書く絵の変化に、希望がある。

スカダーが捜査を進めていくと、犯人は二人組の男で、警察に通報できない麻薬関係者の身内を誘拐して、身代金を受け取った後、切り刻んだ死体をいくつものゴミ袋に入れて捨てている事がわかった。

そんな中、ケニーの知り合いの麻薬ディーラーの14歳の娘が誘拐された。

A_walk_among_the_tombstones_5

少女は生きて戻れるのか。

(観賞日6月1日)

« ハンガー・ゲームとマッドマックス テレビ放映 | トップページ | この親にしてこの子の顔あり »

【映画】や行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
ダン・スティーヴンスは、『ナイトミュージアム エジプト王の秘宝』の時はかっこいいと思わなかったんですが、今回は整った顔だと気づきました。
ボイド・ホルブロックは、『ラン・オールナイト』の時とは違うダメっぷりでしたね。
この二人の兄弟が良かったです。

★すぶーきーさん
ダン・スティーヴンスは、この役のために減量したらしいです。
シャープな顔でしたよね。

一転して今回はスーパーリーアムではなく、比較的常人でしたね。
でも少女を誘拐してからは一変、過去の自分の過失を取り返すために、立ち上がるところからの展開はまた良かったです。
全体的に暗いんですが、別の仕事を受ける続編があっても良いですね。
TBお願いします。

★atts1964さん
最近の無敵オヤジとは違うキャラでしたね。
原作はシリーズ物なので、続編もあるかもしれませんね。

誘拐の掟観ました~(^^♪
いや~リーアム・ニーソン渋いっすわ(笑)
もう年なのでアクション少なめのこういう系が合ってますね!

★ジョニー・タピアさん
犯人との交渉の仕方とか、
心理戦もなかなかでした。

ダンさんはこの役のために減量したんですか!わあ、ステキすぎて気づかなかったわ。
全体的に静かな映画に感じたのは「96時間」のイメージがあるからですね。

★ミス・マープルさん
ダン・スティーヴンスは、減量してすごみが出てましたね。

96時間のバリバリアクションとは、一味違うニーソンでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誘拐の掟:

» 誘拐の掟。 [すぷのたわごと。]
『誘拐の掟』を観に行ってきました。 ローレンス・ブロックの小説「獣たちの墓」というのが原作だそうだ。 原題は『 A WALK AMONG THE TOMBSTONES 』で、 Yahoo! 翻訳だと“墓石の間の散歩”だった。 誘拐の掟って、なんだ? 1991年、酒に溺れている刑事マット・スカダー(リーアム・ニーソン)は、取り返しのつかないミスをしてしまう。 1999年、マットのもとへ、断酒会で知り合った麻薬中毒者ピーター(ボイド・ホル..... [続きを読む]

» 映画:誘拐の掟 A Walk Among the Tombstones もう少し出演作を選んで欲しいぞ! リーアム・ニーソン... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化。 オープニングは快調。 たちまちアクション・シーンに突入する主人公は、おなじみの リーアム・ニーソン。 だがその後、いかにも原作ものらしく、ダークなトーンで一貫され、物語は停滞していく... どうにもサスペン...... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [atts1964の映像雑記]
2014年作品、スコット・フランク監督、リーアム・ニーソン主演。 1991年、敏腕刑事マット・スカダー(リーアム・ニーソン)は腕はいいが、酒をやめられなかった。 その日も、同僚と言い合いをして車から降り、刑事をただで飲ませてくれる店に入り、酒を飲み始めたその時、強盗が押し入り、店主が撃たれてしまった。 すぐに店を出て、3人の強盗の二人を射殺、もう一人も銃撃戦の末追い詰め、足を撃って取り押さえる。 しかし… 1999年、警察を辞め、今は資格の無い自称私立探偵をしている..... [続きを読む]

» 『誘拐の掟』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「誘拐の掟」 □監督・脚本 スコット・フランク□キャスト リーアム・ニーソン、ダン・スティーブンス、デビッド・ハーバー、       ボイド・ホルブルック、ブライアン・ldquo;アストロrdquo;・ブラッドリー■鑑賞日 6月...... [続きを読む]

» 「誘拐の掟」☆周到で憂愁で実に秀逸!! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
どこか懐かしい時代の、どこか懐かしい刑事サスペンス。 「さらわれた娘を誘拐犯から奪還し復讐する」で毎度お馴染みのリーアム・ニーソンなのに、どこが新しいの??と思ったら、これが大間違い! 憂いを含んだリーアムの本物のハードボイルドは、特殊能力などなくても犯人を追い詰める「しっかりと地に足の着いた」ストーリーが実に見事☆... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(09) リーアムお得意の捜査モノではあるが、いつもとちょっと傾向が違う。 [続きを読む]

» 映画『誘拐の掟』★過ちを直視し埋め合わせたマークの“掟” [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167257/  ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 リーアム・ニーソン 主演のサスペンスーということで、楽しみにしていました☆ 誘拐事件ということですが、“犯人捜しと事件解決”が この作品のツボではなかったです。(いい意味で..... [続きを読む]

» 誘拐の掟 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化した 主演をリーアム・ニーソンが務めるサスペンス映画 『誘拐の掟』が公開。 『96時間 レクイエム』、『ラン・オールナイト』 に続きニーアム・ニーソン主演作今年3本目の劇場 公開、他2作品と比べて公開規模の小さかかった…... [続きを読む]

» 誘拐の掟 (A Walk Among the Tombstones) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 スコット・フランク 主演 リーアム・ニーソン 2014年 アメリカ映画 114分 サスペンス 採点★★★ 最近めっきり本を読まなくなってきた私。別に読書欲が無くなったわけでも面倒くさいわけでもないんですが、どうにもこうにも目が疲れてしんどい。っていうか、…... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [銀幕大帝α]
A WALK AMONG THE TOMBSTONES 2014年 アメリカ 114分 サスペンス/アクション/犯罪 劇場公開(2015/05/30) 監督: スコット・フランク 原作: ローレンス・ブロック『獣たちの墓』 脚本: スコット・フランク 出演: リーアム・ニーソン:マット・スカダー ダ...... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「誘拐の掟」 原題:A Walk Among the Tombstones 監督:スコット・フランク 2014年 アメリカ映画 114分 キャスト:リーアム・ニーソン      ダン・スティーブンス      デビッド・ハーバー      ボイド・ホルブリック ニューヨーク市で私立探偵をしているマットは断酒会 で知り合ったピーターから弟ケニーを助けてほしいと 頼まれる。ケニーの妻は誘拐されており、身代金を 支払ったにも関わ... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [こんな映画見ました〜]
『誘拐の掟 』---A WALK AMONG THE TOMBSTONES---2014年( アメリカ )監督: スコット・フランク 出演: リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス 、ボイド・ホルブルック、アストロ ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズの一...... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【A WALK AMONG THE TOMBSTONES】 2015/05/30公開 アメリカ 114分監督:スコット・フランク出演:リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、デヴィッド・ハーバー、アストロ、ダニエル・ローズ・ラッセル 誘拐犯に告ぐ。殺したら、殺す。 STORY:1999年、ニューヨーク...... [続きを読む]

» 誘拐の掟 [象のロケット]
1999年、アメリカ・ニューヨーク。 無免許の私立探偵マット・スカダーは、断酒会仲間の麻薬中毒者ピーターから、弟ケニーの相談に乗って欲しいと頼まれる。 麻薬ディーラーをしているケニーは、妻キャリーが誘拐されたため高額な身代金を支払ったが、彼女は無残な姿の遺体となって戻って来たという。 スカダーが類似の事件をたどっていくと、謎の二人組が浮上。 そんな時、新たに14歳の少女が誘拐される事件が発生する…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

« ハンガー・ゲームとマッドマックス テレビ放映 | トップページ | この親にしてこの子の顔あり »