サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ハッピーエンドが書けるまで | トップページ | 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 完成披露ジャパンプレミア »

2015年7月18日 (土)

人生スイッチ (試写会)

怒りを爆発させたら...

Wild_tales

公式サイト http://jinseiswitch.gaga.ne.jp
7月25日公開

本国アルゼンチンで大ヒットし、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた全6編のオムニバス・ブラック・コメディ

ささいなきっかけで、押さえ込んでいた怒りのタガが外れてしまう人々の、衝撃の顛末。

アルゼンチンで大ヒットしたのは、国の社会事情を風刺した内容もあるからでしょうね。

怒りにまかせて行動すると、不運の連鎖でろくなことにならない。
人には優しくしなければいけないわね、と思えます。

それぞれどんな結末になるのかと見ていました。
一番笑い声が響いたのは、「エンスト」の結末でした。

エピソードは以下の6つ。


おかえし

機内での話。
ファッションモデルの女に話しかける男。
この男女が何かトラブルを起こすのかと思ったら、さにあらず。
男が自分は音楽評論家だというと、女の元カレが音楽家だという。
名前を口にすると、音楽評論家の男だけでなく、機内にはその元カレを知っているという乗客が次々と....

Relatos_salvajes_5

ひえ~~~~なラストだった。
こんな奴とかかわりたくない。(爆)


おもてなし

郊外のレストランのウエイトレス。
客がいない雨の日に店入ってきたのは、彼女の父親を自殺に追いやり、母親を誘惑しようとした高利貸だった。すると調理担当の女が、料理に猫いらずを入れて殺してしまえと言う。

Relatos_salvajes_3

ん~~、ちょっと考えちゃう結末。


エンスト

雄大な山に囲まれた一本道を、新しい高級車で走り抜ける男。前方を走るポンコツ車がノロノロ運転のくせに追い越しを邪魔する。ようやく抜き去る時に、「トロいんだよ、田舎者!」と捨て台詞を吐く男。ところが、程なくしてまさかのパンク。タイヤを取り換えていると、例のポンコツ車が追いつき、降りてきた運転手はスパナで新車をボコボコに。満足して立ち去ろうとする運転手に、男はあり得ない逆襲に出る。

Relatos_salvajes_6

この二人は、どっちもどっちって感じだったわ。
自業自得のラスト(爆)


ヒーローになるために

ほんの数分で見事にビルを爆破する解体職人の男。仕事を終えて娘の誕生会のケーキを買っていると、駐車禁止区域じゃないのに車をレッカー移動されてしまう。翌日、陸運局の窓口で訴えるが無視され、大暴れしてしまう。

Relatos_salvajes_2

大暴れして、仕事も家庭も失う男。
転落人生が、まさかの...(笑)


愚息

瀟洒な屋敷に暮らす裕福な男。息子が飲酒運転で妊婦をひき逃げしてしまい、その妊婦と胎児が死亡。男は検察官を買収しようてする。顧問弁護士にも金を払い、使用人にも金を払うから息子の身代わりにひき逃げ犯になれという。

Relatos_salvajes_7

金の亡者ばっかり。
人間てしょーもないね。


HAPPY WEDDING

結婚式の最中に、招待客の新郎の同僚の中のひとりが、新郎の浮気相手だと気づいた花嫁。

Relatos_salvajes_4

この話一つで、1本のラブコメにできそう。(笑)
ラブコメ大好きの私は、大いに楽しみました。

花嫁さんは美人だけど、この女優さん40歳なので、目元のしわが気になった。
やっぱり若い女優さん希望。

(観賞日7月16日)

« ハッピーエンドが書けるまで | トップページ | 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 完成披露ジャパンプレミア »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/60654931

この記事へのトラックバック一覧です: 人生スイッチ (試写会):

» 人生スイッチ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】(09) 人生、あるあるネタにブラックなスパイス混ぜたらこうなった(爆) [続きを読む]

» 映画:人生スイッチ Wild Tales 「他山の石」大集結。若い人たちに是非お勧めしたい、希有な一本(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アルゼンチン映画って、アカデミー賞外国語映画賞 受賞「瞳の奥の秘密」以来か?! ただ監督は、ペドロ・アルモドバル = スペイン人(笑) (ちなみに今作も アカデミー賞外国語映画賞 のノミニーではあった。獲得は「イーダ」) さて、本編のテーマは タイトルが...... [続きを読む]

» 人生スイッチ [to Heart]
原題 RELATOS SALVAJES:WILD TALES 上映時間 122分 映倫 PG12 製作国 アルゼンチン/スペイン 脚本 ダミアン・ジフロン 監督 ダミアン・ジフロン 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 リカルド・ダリン/オスカル・マルティネス/レオナルド・スバラーリャ/エリカ・リバス/...... [続きを読む]

» 人生スイッチ [映画と本の『たんぽぽ館』]
ほんっと、人間っておバカ * * * * * * * * * * 人生において、決して押してはならないスイッチを押してしまい、 絶望的な不運の連鎖に巻き込まれていく男女6名のストーリーをオムニバスで。 彼・彼女たちは、激情にかられてつい人生のスイッチを...... [続きを読む]

» 人生スイッチ  Pelatos Salvajes [映画の話でコーヒーブレイク]
アルゼンチンのオムニバス映画です。 本作を見た姉から「キョーレツやで〜。ラテンの血ですわ。アドレナリン出た」のメールが届き、 興味を魅かれ見ることに。 姉の「人間の本性か?奥ゆかしく生きてる身には、疲れる」の言葉に、 「大阪は日本のラテンやんかぁ〜」と返信...... [続きを読む]

» 人生スイッチ [映画好きパパの鑑賞日記]
 アルゼンチンで大ヒットしたブラックコメディーで6編の短編からなります。テレビドラマの「世にも奇妙な物語」をよりシニカルにした感じといえば 分かりやすい。見る人を選ぶ作品でしょうねえ。  作品情報 2014年アルゼンチン映画 監督:ダミアン・ジフロン 出演:…... [続きを読む]

» 人生スイッチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『人生スイッチ』を渋谷のシネマライズで見てきました。 (1)このところ見ていなかったアルゼンチン映画で、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)は、6つの話から構成されるオムニバス映画ですが、そ...... [続きを読む]

» 人生スイッチ [映画三昧、活字中毒]
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞人生スイッチ/RELATOS SALVAJES 2014年/アルゼンチン、スペイン/122分 監督: ダミアン・ジフロン 出演: リカルド・ダリン/オスカル・マルティネス/レオナルド・スバラーリャ/エリカ・リバス/リタ・コルテセ 公式サイト 公開: 2015年07月25日 モデルのイザベルは、仕事先へ向かう飛行機の中で隣り合った男サルガド...... [続きを読む]

» 映画・人生スイッチ [読書と映画とガーデニング]
原題 RELATOS SALVAJES英題 WILD TALES2014年 アルゼンチン、スペイン PASTERNAK(おかえし) 仕事の依頼を受け指定された飛行機に乗ったファッションモデルの女性話しかけてきた隣の男性が彼女の元カレldquo;パステルナークrdquo;のことを知ってい...... [続きを読む]

» 人生スイッチ [だらだら無気力ブログ!]
いやぁ笑った笑った。 [続きを読む]

» 「人生スイッチ」 [ここなつ映画レビュー]
「押したらさいご、人生スイッチ」なのである。いやいやでもでも、押したことによって全てが始まる、とも言える。めっちゃ面白かった。帰りの電車の中で思い出しながら顔がニヤついてしまうほど。オムニバス形式で、6つのそれぞれスイッチが押される話が展開するのであるが(比喩ですよ。誰も実際にはスイッチなんか押さないんだけどね)、どの話が面白かったとかどの展開が痛快だったかとかを言うのは私にとっては野暮な気がする。実際に甲乙つけ難く。どれもきちんとそれなりに。そして、一般的に「よろしくない」と思われていることをする... [続きを読む]

» ショートレビュー「人生スイッチ・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
アングリー・アニマルズの饗宴。 
アルゼンチン発の、シニカルでブラックなオムニバス悲喜劇。 「私が、生きる肌」などで知られるスペインの鬼才ペドロ・アルモドバルがプロデュースし、監督・脚本を務めるのはアルゼンチンの俊英ダミアン・ジフロン。 6本のエピソード間に関連は無いが、主人公は全員“怒り”の感情に駆り立てられ、ふとした瞬間に人生が変わってしまう。 第一話は、過去に自分と関わ...... [続きを読む]

» 人生スイッチ(RELATOS SALVAJES/WILD TALES) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 『トーク・トゥ・ハー』などのスペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが製作(監督ではない)を担当し、ひょんなことから窮地に立たされる男女6人の姿を描くコメディー。あることがきっかけで不運に見舞われる、ごく平凡な人々の姿をブラックユーモアを交えて活写する...... [続きを読む]

» 人生スイッチ 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
『トーク・トゥ・ハー』や『アイム・ソー・エキサイテッド!』 を監督したペドロ・アルモドバルが製作し、アルゼンチンで 大ヒットとしたというオムニバス・コメディ映画 『人生スイッチ』が公開されましたので観に行ってきました。 人生スイッチ 原題:RELATOS SALVAJES…... [続きを読む]

» 隣のサイコパス~『人生スイッチ』 [真紅のthinkingdays]
 RELATOS SALVAJES  WILD TALES  飛行機の乗客全員がある人物を介した知り合いだったと気付いた時、悲劇 の幕は上がっていた・・・。  アルゼンチン発、大ヒットしアカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた、 高評価のオムニバス。『しかえし』 『おもてなし』 『エンスト』 『ヒーローになり たくて』 『愚息』 『Happy ...... [続きを読む]

» 人生スイッチ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『トーク・トゥ・ハー』などのスペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが製作を担当し、ひょんなことから窮地に立たされる男女6人の姿を描くコメディー。あることがきっかけで不運に見舞われる、ごく平凡な人々の姿をブラックユーモアを交えて活写する。『瞳の奥の秘密』など...... [続きを読む]

» 人生スイッチ [いやいやえん]
【概略】 些細なきっかけで連鎖していく爽快な展開をオムニバス形式で描くブラックコメディ。 ドラマ 6つの短編で構成された作品。 「おかえし」 飛行機に乗ったら「小学校の教え子だった」「同級生だ」「元部下だ」と乗客全員がパステルナークという人物に関係があるだけでなく、酷い仕打ちをしていたことが判明。そして、そのパステルナークが操縦室を占拠し、乗客の精神科医が「キミの両親が一番悪いんだ!」と言ったところ、飛行機がその両親(らしき人老夫婦)のところに突っ込んで終了という…。 「お... [続きを読む]

» 人生スイッチ [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowowで鑑賞 激しい6話の短編物語 面白かった。 スイッチ入りましたね~ 入ったけどやり過ぎ!(笑)激しい~~ 爆笑はなかったけどブラックで衝撃で面白かった。 何を言ってるか解らないと思う感想 最初の飛行機のやつ。 題名・・・「おかえし」怖っ! そういう事...... [続きを読む]

« ハッピーエンドが書けるまで | トップページ | 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 完成披露ジャパンプレミア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ