サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島 | トップページ | 人生スイッチ (試写会) »

2015年7月16日 (木)

ハッピーエンドが書けるまで

鼓動を解読して作家になれ

Stuck_in_love

公式サイト http://happy-movie.com

監督: ジョシュ・ブーン  「きっと、星のせいじゃない。」

作家のビル・ボーゲンズ(グレッグ・キニア)は、2年前に離婚した元妻エリカ(ジェニファー・コネリー)のことが忘れられず、不倫相手と再婚した彼女に今もつきまとう日々。念願の処女作が出版されることになった大学生の娘サマンサ(リリー・コリンズ)は、家を出て再婚した母親を嫌い、母親からの連絡を無視し続けていた。両親の離婚が原因で愛を信じられなくなっていた彼女は、同じ大学の青年ルイス(ローガン・ラーマン)が好意を寄せてくれても、恋愛を拒絶していた。一方、高校生の息子ラスティ(ナット・ウルフ)は、想いを寄せる同級生のケイトに告白することもできず、ただ日記に綴るだけ。父親から作家を目指すならもっと経験を積めと助言され、ちょっと勇気を出したことから、ケイトと付き合い始める。

ジョシュ・ブーンの初監督作で、「きっと、星のせいじゃない。」より前の作品。
リリーちゃん、ローガンくんに、シュワちゃんのイケメン長男パトリックも出演している。
作家のスティーブン・キングも、声だけ出演。

ボーゲンズ一家のそれぞれの愛や恋を、ユーモアを交えて描いている。
感謝祭から、翌年の感謝祭までの1年。
感謝祭の食卓の様子の違いがいいですね。
主要キャストも、みんなよかった。

笑いも涙もあり、最後はやさしい気持ちになれる映画でした。

ネタバレを含む感想です。

ビルは、有名な文学賞を受賞した事もある人気作家。
子供であるサマンサもラスティも作家志望。
感謝祭の日にやって来たサマンサから、彼女の本が出版されると知らされて、ちょっぴり嫉妬してしまうラスティ。

妻が家を出て以来、ビルは本を書けないでいる。そして再婚した妻の家を、度々覗きに行っているし、結婚指輪ははめたまま。
夫と子供がいるトリシア(クリステン・ベル)とは、セックスフレンド。

Stuck_in_love_4

その彼女から、いつまでも別れた妻を待っていないで、交際相手を見つけて再婚を考えるべきと言われ、未練を断ち切って踏み出せそうに思えたけど、覗き見た元妻が自分の著作を読んでいるのを見て、また吹っ切れなくなってしまう。

大学生の娘サマンサは、母の浮気現場を見た事で、母には強い嫌悪を抱いている。
母からの電話やメールは、徹底的に無視。
愛を信じられず、男性とはセックスだけの関係を繰り返している。
でも実は、愛を信じて傷つくのが怖いのよ。

高校生の息子のラスティは、奥手で童貞。
秘かに思いを寄せるケイトから、授業で朗読した自分の詩を褒められる。
作家になりたいなら経験を積めと父親に言われて、パーティーに参加。そこでちょっとしたきっかけからケイトと付き合うことに。しかし、彼女は薬物中毒者なのよ。

Stuck_in_love_3

サマンサと同じ授業を受けているルイスも作家志望。
恋愛に興味のないサマンサはルイスを拒絶し続けるけど、次第に心を開いていきます。

Stuck_in_love_2

ルイスの母は脳腫瘍で、余命はあまりない。
ルイスが母親の愛情に包まれて育ったのを、アルバムが語っていますね。

優しくて誠実なルイスを演じる、ローガンくんがよかったわあ。
リリーちゃんも、心情の変化がちゃんと感じられる演技だった。

離婚はすべて母親のせいと思っていたサマンサですが、父から衝撃の告白。
実はサマンサが赤ちゃんの頃に、父は他に好きな人ができて家を出た。その時母は、父が戻るまでの半年を待った。その時の母との約束で、父は家を出た母を待っているのでした。

Stuck_in_love_5

エリカには、もう約束を守る必要はないと言われたビルですが、エリカは戻ってくると信じている。

エリカは、愛する娘に無視され続けているのがとても悲しい。
娘の出版祝パーティーに来ても、娘はまともに話をしてくれない。

若者の恋、夫婦の愛、家族の愛。
どれも共感できるのがよかったです。

Stuck_in_love_6

Stuck_in_love_7

監督の次回作は、スティーヴン・キングの小説「ザ・スタンド」の映画化ですって。

(観賞日7月15日)

« シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島 | トップページ | 人生スイッチ (試写会) »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

スティーヴン・キングの小説「ザ・スタンド」の映画化めっちゃ楽しみです(  ̄▽ ̄)

この映画も良さそう~こういう系の映画あまり見ないんですが、見てみたいと思いました。

★ジョニー・タピアさん
家族の話なので、面白く見られると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/60754509

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーエンドが書けるまで:

» ハッピーエンドが書けるまで [映画好きパパの鑑賞日記]
 アメリカの作家一家が、それぞれ欠点を抱えながらも愛を求める物語。「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督であって、暖かい目線ですが、あまりにも僕の日常と違う世界に、リア充爆発しろというぐらいしか感想はありません。  作品情報 2012年アメリ…... [続きを読む]

» 『ハッピーエンドが書けるまで』 [cinema-days 映画な日々]
ハッピーエンドが書けるまで 3年前に離婚した妻を忘れられない夫、 両親の離婚から愛を信じなくなった娘、 愛に臆病な息子それぞれの想いを描き出す... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Stuck in Love... [続きを読む]

« シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島 | トップページ | 人生スイッチ (試写会) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ