鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 (試写会)

天から与えられた つかの間の天使の歌声

Boychoir

公式サイト http://boysoprano.asmik-ace.co.jp
9月11日公開

監督: フランソワ・ジラール  「レッド・バイオリン」 「シルク」

12歳のステット(ギャレット・ウェアリング)は、学校でトラブルばかり起こす問題児。生活に追われ酒に溺れる母親と暮らしている。ステットが通う学校の校長スティール(デブラ・ウィンガー)は彼の歌の才能を見抜き、国立少年合唱団のオーディションを受けるように勧めるが、ステットは未来への希望を見いだすことが出来ず、心を閉ざしている。そんな折、突然の事故で母親が亡くなり、初めて会った父親(ジョシュ・ルーカス)からも面倒をみることを拒否されたステットは、著名だが厳格なカーヴェル(ダスティン・ホフマン)が指導する全米一の国立少年合唱団の付属学校に転校することに。
楽譜も読めず同級生たちからいじめられるステットだったが、やがてカーヴェルの指導により、歌うことの素晴らしさや楽しさに気が付いていく。

続きを読む "ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 (試写会)" »

2015年8月30日 (日)

ギヴァー 記憶を注ぐ者 (試写会)

過去を知って未来を創れ

The_giver

公式サイト http://giver-movie.com
9月5日公開

原作: ザ・ギバ- 記憶を伝える者 (ロイス・ローリー著/講談社)
監督: フィリップ・ノイス  「パトリオット・ゲーム」 「裸足の1500マイル」 「ソルト」

いかなる争いも揉め事もない、平和な管理社会が築かれた近未来。飢餓も貧困もなく、全ての苦痛が排除され、完全な平等世界であるコミュニティーは、まさに理想郷であった。過去の記憶を一切持たない住人たちは、指定服の着用と感情の高揚を抑制する毎朝の投薬、そして正直であることが義務づけられ、長老委員会が指定する職業に就いていた。職業任命の儀式で主席長老(メリル・ストリープ)から〈記憶を受け継ぐ者〉=ザ・レシーヴァーに指名されたジョナス(ブレントン・スウェイツ)は、過去の全ての記憶を持つ〈記憶を注ぐ者〉=ザ・ギヴァー(ジェフ・ブリッジス)から、気候や人間の本能的な感情、様々な事象の存在を知り、そして安全で差別のないコミュニティーの裏側に隠された秘密と真実も知る。

続きを読む "ギヴァー 記憶を注ぐ者 (試写会)" »

2015年8月29日 (土)

かけがえのない人

かわいそうすぎる crying
ポール・ウォーカーが出演する予定だった作品

The_best_of_me

公式サイト http://www.kakegaenonai.jp

原作: The Best Of Me (ニコラス・スパークス著)
監督: マイケル・ホフマン  「卒業の朝」 「終着駅 トルストイ最後の旅」 「モネ・ゲーム」

ルイジアナ沖に浮かぶ石油採掘基地で働いているドーソン・コール(ジェームズ・マースデン)はある夜、爆発事故で海に放り出されたが、奇跡的に一命を取り留めた。ある悲劇がきっかけとなって信じるのをやめた「運命」について、彼は再び思いを巡らし始めていた。そんな矢先、恩人タック(ジェラルド・マクレイニー)の訃報を伝える電話を受ける。遺言執行の手続きのため20年ぶりに故郷に戻ったドーソンは、初恋の女性アマンダ(ミシェル・モナハン)も弁護士に呼ばれたと知って驚く。ドーソンとアマンダが出会ったのは高校時代。深く愛し合いながらも別々の人生を歩まざるをえなかった二人の運命が再び交錯し、心の奥に封印していた“想い”がよみがえる。

続きを読む "かけがえのない人" »

2015年8月25日 (火)

天空の蜂 完成披露プレミア試写会

20年前の原作が現実問題に

Tenku

公式サイト http://tenkunohachi.jp
9月12日公開

原作: 天空の蜂 (東野圭吾著/講談社文庫)
監督: 堤幸彦

1995年8月8日。愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、そのヘリの設計者湯原(江口洋介)の小学生の息子の高彦を乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操作によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は、〈天空の蜂〉と名乗り、日本全土の原発破棄を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。湯原と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された高彦の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。

続きを読む "天空の蜂 完成披露プレミア試写会" »

2015年8月23日 (日)

しあわせへのまわり道 (試写会)

一般道で運転レッスン

Learning_to_drive

公式サイト http://shiawase-mawarimichi.com
8月28日公開

原作: Learning to Drive (キャサ・ポリット著作のエッセイ)
監督: イサベル・コイシェ  「死ぬまでにしたい10のこと」 「パリ、ジュテーム」

マンハッタンのアッパー・ウエストサイドで暮らす売れっ子書評家ウェンディ(パトリシア・クラークソン)は順風満帆な人生を歩んでいた。しかしある日突然、21年連れ添った夫から離婚を切り出される。仕事ばかりで夫に寄り添っていなかったと反省しても、時は既に遅かった。絶望のなか、車を運転できない現実に直面したウェンディは、インド人タクシー運転手ダルワーン(ベン・キングズレー)のレッスンを受けることに。伝統を重んじ敬虔なシク教徒である男性だが、宗教も文化も階級も対照的な彼との出逢いは、過去の想い出にしがみつくウェンディの心の針路を変え、未来に踏み出す勇気を与えてくれるのだった。

続きを読む "しあわせへのまわり道 (試写会)" »

2015年8月11日 (火)

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

トムのアクションに限界はない?

Mission_impossible_rogue_nation

公式サイト http://www.missionimpossiblejp.jp

監督: クリストファー・マッカリー  「アウトロー」

謎の組織“シンジケート”を追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性(レベッカ・ファーガソン)と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が始まろうとしたその時、女は驚くべき格闘術でイーサンを脱出させる。しかしその矢先、IMFはCIA長官(アレック・ボールドウィン)によって解体を命じられ、メンバーはバラバラに。ブラントからIMF解体を知らされたイーサンは、“シンジケート”の殲滅を誓うが、彼は国際手配の身となっていた。やがて秘かにベンジー(サイモン・ペッグ)らチームのメンバーを再集結したイーサンは、シンジケートを壊滅すべく、不可能なミッションに挑む。

続きを読む "ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション" »

2015年8月10日 (月)

ジュラシック・ワールド

なぜか目立つ寿司の看板

Jurassic_world

公式サイト http://www.jurassicworld.jp

製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ

コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、22年前多くの犠牲者を出した“ジュラシック・パーク”に変わる新たな恐竜テーマ・パーク“ジュラシック・ワールド”がオープンし、連日大勢の観光客でにぎわっていた。16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)の兄弟は、パークの管理者である叔母のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)を頼りに来園したが、多忙なクレアは、兄弟の相手を部下に任せることに。折しもパークでは、Tレックスよりも巨大で凶暴な新種の恐竜“インドミナス・レックス”を遺伝子組み換え操作で創り出し、新たなアトラクションとして準備中だった。獰猛なヴェロキラトプルを調教中の元軍人オーウェン(クリス・プラット)は、そんなパークの経営方針に警鐘を鳴らす。そんな時、予想以上に知能の高いインドミナス・レックスが、隔離エリアから脱走してしまう。

続きを読む "ジュラシック・ワールド" »

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ