サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ギヴァー 記憶を注ぐ者 (試写会) | トップページ | テッド2 »

2015年8月31日 (月)

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 (試写会)

天から与えられた つかの間の天使の歌声

Boychoir

公式サイト http://boysoprano.asmik-ace.co.jp
9月11日公開

監督: フランソワ・ジラール  「レッド・バイオリン」 「シルク」

12歳のステット(ギャレット・ウェアリング)は、学校でトラブルばかり起こす問題児。生活に追われ酒に溺れる母親と暮らしている。ステットが通う学校の校長スティール(デブラ・ウィンガー)は彼の歌の才能を見抜き、国立少年合唱団のオーディションを受けるように勧めるが、ステットは未来への希望を見いだすことが出来ず、心を閉ざしている。そんな折、突然の事故で母親が亡くなり、初めて会った父親(ジョシュ・ルーカス)からも面倒をみることを拒否されたステットは、著名だが厳格なカーヴェル(ダスティン・ホフマン)が指導する全米一の国立少年合唱団の付属学校に転校することに。
楽譜も読めず同級生たちからいじめられるステットだったが、やがてカーヴェルの指導により、歌うことの素晴らしさや楽しさに気が付いていく。

よくある少年の成長物語。
でも、この歌声はおうち観賞ではなく、映画館の音響で聞くのがおすすめよ!
聞きほれちゃうし、合唱が終わると拍手したくなってしまいました。

ボーイソプラノは、声変わりするまでの短い命の声なんですよねえ。

練習の風景で、♪ほ、ほ、ほーたるこい♪
と聞こえて、一瞬聞き間違いかと思いましたが、やっぱり日本語の歌でした。
撮影に協力してもらったアメリカ少年合唱団は、定期的に日本でも公演しているそうで、サントリーホールの名前も出てきましたよ。

主演のギャレットくんは新人ながら、生意気な問題児から精神的に成長していく様子を、好演していました。もちろん歌声は吹き替えですけど。
脇にはベテランがそろっていますね。
合唱団の付属学校の校長で、キャシー・ベイツも出演しています。

恵まれない家庭環境で育ったステット。
ある日酒浸りの母親が、交通事故で突然亡くなった。
裕福なステットの父親には妻子がいて、ステットの母親とは遊びで付き合い、ステットが生まれた。経済的援助はしているが、妻子には息子の存在は秘密にしている。
ステットの素晴らしい声を認めている校長はそんな父親に、国立少年合唱団の寄宿制の付属学校への入学をすすめます。

Boychoir_2

ステットはいい声を持っているものの、音楽の指導を受けた経験が全くない事と、入学時期ではない事を理由に断られます。
しかし父親が多額の寄付を申し出て、入学を認めさせます。

意地が悪くライバルを蹴落とそうとする生徒がいるのも、よくある状況ですね。
なんたって、ステットは楽譜すら読めないのですから。

Boychoir_3

ステットに好意的な先生や、否定的な先生もいる。

Boychoir_4

ステットはみんなに追いつこうと頑張って勉強するようになるし、ステットの存在によって変わっていく大人もいる。
カーヴェル先生もそのひとり。
そしてお父さんも。

見終わって、いい気分になれる映画でした。
エンドロールに流れる歌も、ちゃんと聞いてくださいね~~paper

(観賞日8月27日)

« ギヴァー 記憶を注ぐ者 (試写会) | トップページ | テッド2 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/61293300

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 (試写会):

» 『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』 2015年8月27日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』 を試写会で鑑賞しました。 ボーイ・ソプラノの意味が分かりました 【ストーリー】  名門少年合唱団を有する私立学校に入学した問題児のステット(ギャレット・ウェアリング)は、厳格な合唱団団長カーヴェル(ダスティン・ホフマン)に天性の美声を見いだされる。才能を認められず指導者の道を歩んだ過去を持つカーヴェルは、ステットを厳しく指導する。楽譜も読めず同級生たちからいじめられるステットだったが、やがてカーヴェルの指導により歌う喜びに目覚めていく。 この映画を『セ... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 [象のロケット]
12歳の少年ステッドは、母を亡くしてひとりぼっちになってしまう。 妻子に隠し子であるステッドの存在を知られたくない実の父親は、校長の勧めによって、彼を全寮制の国立少年合唱団の付属学校に転校させる。 クラスメイトのいじめに遭い、学校の規律や指導者カーヴェルの指導にもついていけないステッドだったが、徐々に歌の世界に引き込まれていく…。 音楽ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

» 『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』 [ラムの大通り]
(原題:BOYCHOIR) 『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』。 才能ある先輩の新入りに対する嫉妬など、 子供の頃に観たディズニー『青きドナウ』を思い出す。 ジョシュ・ルーカス、キャシー・ベイツ、デブラ・ウィンガーと実力派揃い。 なかでもダスティン・ホフマンの鋭...... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声★★★ [パピとママ映画のblog]
名門少年合唱団に入団した問題児が、厳格なベテラン指導者の導きにより歌う喜びを見いだし、成長していく人間ドラマ。監督は、『レッド・バイオリン』などのフランソワ・ジラール。天性の美声を持つ少年役には、本作が初の長編映画出演となるギャレット・ウェアリング、そ...... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声  BOYCHOIR [映画の話でコーヒーブレイク]
日経夕刊の映画レビューの評価が高かったので、「キングスマン」を見る予定を延ばして 本作を鑑賞。ダスティン・ホフマン演じる厳格な指導者と団員の師弟ストーリーという 情報だけで見たのですが・・・。 途中からデジャブ。なんだか見たことあるような展開? 子供の頃...... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 [映画好きパパの鑑賞日記]
 神様が一握りの少年たちに、声変わりのごくわずかな時間だけ与えてくれた天賦の才能、ボーイソプラノ。貧しい少年がその美しい声で合唱の世界で成長していく様子を豪華キャストで描いた作品です。合唱は見事なのだけど、肝心の少年の成長部分がわかりにくかったのが難点…... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 [映画と本の『たんぽぽ館』]
わずか数年、神から与えられる奇跡の声 * * * * * * * * * * ステット(ギャレット・ウェアリング)は母と暮らしていましたが、 学校では度々暴力沙汰を起こす問題児。 そんな時に母親が事故で亡くなってしまいます。 その時初めて現れた父(ジョ...... [続きを読む]

» 『ボーイ・ソプラノ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ボーイ・ソプラノ」□監督 フランソワ・ジラール□脚本 ベン・リプリー □キャスト ダスティン・ホフマン、ギャレット・ウエアリング、キャシー・ベイツ、        デブラ・ウィンガー、ジョシュ・ルーカス■鑑賞日 10月1日(木...... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ [ケントのたそがれ劇場]
ただひとつの歌声 ★★★☆ 製作:2014年 米国 上映時間:103分 監督:フランソワ・ジラール  アル中の母親が事故で死亡。金持ちの父親がいるのだが、表向きに出来ない事情があるようだ。そして少年は無理矢理、名門少年合唱団を有する私立学校に入学させられる... [続きを読む]

» ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声 [いやいやえん]
【概略】 複雑な家庭に育った少年・ステットは名門少年合唱団に入学。カーヴェルの厳しい指導を受けながら、次第に歌うことに魅了されていくが…。 ドラマ 私の中のボーイ・ソプラノといえば、「20世紀最後の天才ボーイソプラノ」と言われ確かに声量が良く、技巧がとんでもないレベルのクリスタル・ヴォイスだったコナー・バロウズ。私は一時期夢中になってトレブルを追いかけていた(といってもウィーン少年合唱団は趣味ではない)。同時期に、コナーの弟たち(エドワードとパトリック)と「ボーイズ・エア・クワイア... [続きを読む]

« ギヴァー 記憶を注ぐ者 (試写会) | トップページ | テッド2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ