サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« しあわせへのまわり道 (試写会) | トップページ | かけがえのない人 »

2015年8月25日 (火)

天空の蜂 完成披露プレミア試写会

20年前の原作が現実問題に

Tenku

公式サイト http://tenkunohachi.jp
9月12日公開

原作: 天空の蜂 (東野圭吾著/講談社文庫)
監督: 堤幸彦

1995年8月8日。愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、そのヘリの設計者湯原(江口洋介)の小学生の息子の高彦を乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操作によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は、〈天空の蜂〉と名乗り、日本全土の原発破棄を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。湯原と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された高彦の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。

に舞台挨拶があり、登壇したのは、主演の江口洋介、本木雅弘、綾野剛、國村隼、佐藤二朗、やべきょうすけ、松島花、落合モトキ、石橋けい、永瀬匡、主題歌を担当した秦基博、堤幸彦監督でした。

去年の夏の撮影中に、ゲリラ豪雨のために自宅の地下室が水浸しになった江口さんの話を始め、楽しいQ&Aがありました。

マスコミカメラも多く、二階席から実物大のビッグBが描かれた幕が下りるので、ムービーカメラ用に江口さんが「天空の蜂」と言ったら、入り口で渡されたうちわを振って、「大ヒット!」と叫んでほしいと、舞台挨拶前に司会者から言われ、練習しました。
本番は1回きりなので、みんな大声で頑張りましたよ。
テレビのCMに使われるかも。

さて、映画はスリリングな展開。
高彦の救出策とビッグBの奪還を必死に考える、湯原と自衛隊。
もしもの場合に備えての避難をどうするかを考える、三島と消防。
犯人の特定と逮捕を急ぐ警察。
犯人との駆け引き。
様々な事柄が同時進行していくので、気が抜けません。

Tenku_3

綾野剛は、ぴったりの役柄だった。
闇を抱える役にはまるよねえ。
堤監督が言っていたけれど、普通汗をかくシーンは霧吹きをかけるんだけど、綾野剛は2~3分で自分で汗を出せるそうです。
すぐに涙を出せる女優さんとかは聞いたことあるけど、汗を出せる俳優なんて聞いたことなかったわ。

内部に協力者がいなければ難しい犯行と考えられ、錦重工業の職員を調べる刑事に、手塚とおる松島花
仲間由紀恵が、錦重工業の職員。
別の手掛かりから犯人を追う刑事に柄本明落合モトキ
警察庁長官に高中直人
「炉燃」理事長は石橋蓮司
向井理もちょっとだけ出演しているという豪華キャスト。

Tenku_2

犯人の動機や本当の目的は何なのか。
スリリングな展開を楽しむエンターテイメントであると同時に、原発について考えさせられる映画でした。
石油資源のない日本は、石油に頼らない発電として原子力発電所を建設してきたのだけれど、まさか大津波であんな事になるとはね。
ん~~。
難しい問題です。
犯人については早々に推理できてしまったので、その点は残念だった。

(観賞日8月20日)

« しあわせへのまわり道 (試写会) | トップページ | かけがえのない人 »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

原子力産業は、当時は資源の問題でもうその方向しかないという選択に至ったのでしょうが、もう時代は変わり、今は利権だけで動いている気がしますね。
安全第一の時代の中で、一番危ない方法で電気を生み出そうとまだしている日本。お隣の中国もそうですが、新しい再生可能エネルギーに国を挙げて動かなければと感じたのと、自衛隊の決死の姿が印象にのころりました。
高彦の成長した姿にも、感じるところが多かったです。
TBお願いします。

★atts1964さん
エネルギー問題も、昔とは大きく変わってきましたね。
今後の方策を、真剣にみんなが考えないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/61123687

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂 完成披露プレミア試写会:

» 『天空の蜂』 [ラムの大通り]
『天空の蜂』。いまの時代を撃つ挑発的なテーマに腰を抜かした。 映画は言う。敵は「無関心な群衆」だと…。 内容で映画を論じ、なのにポリティカルな話は避ける傾向の映画ファンは、 この映画をどう評するのだろう? ただ個人的には『エグゼクティブ・デシジョン』を彷彿...... [続きを読む]

» 天空の蜂 [atts1964の映像雑記]
2015年作品、堤幸彦監督、江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵出演。 1995年8月8日、『ビッグB』開発に携わったヘリ設計士・湯原(江口洋介)は、妻の篤子(石橋けい)と息子の高彦(田口翔大)を連れて、錦重工業小牧工場に見学に行った。 ここは守衛から厳重な管理が敷かれている。 それは自衛隊からの依頼を受けた機器の建造に関わっていることからでもあった。 同僚の山下の家族も来ていたが、湯原の家族は何かギクシャクしていた。 湯原は、何かいつも足で壁をけっている高彦を思いっきり..... [続きを読む]

» 映画『天空の蜂』★思うところ多々あり手に汗握る“蜂の一刺し” [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165469/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ 原作:東野圭吾   ~原作ファンは映像化は楽しみでしょう ・ヘリの技術者:江口洋介 ・原発の技術者:本木雅弘 奪われた大型ヘリ「ビッグB」が、ホバリングするのは 高速増殖炉「新陽」の真上。 犯行声明では、「ビッグB」の燃料が切れる8時..... [続きを読む]

» 『天空の蜂』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天空の蜂」□監督 堤 幸彦□脚本 楠野一郎□原作 東野圭吾□キャスト 江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野 剛、柄本 明■鑑賞日 9月13日(日)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 自...... [続きを読む]

» 天空の蜂 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(11) 原作を読破した同僚の強い勧めで映画を観ることに。 [続きを読む]

» 天空の蜂 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
人気作家・東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描く。困難な直面に立ち向かうヘリ...... [続きを読む]

» 映画「天空の蜂」 [FREE TIME]
映画「天空の蜂」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 天空の蜂 [映画と本の『たんぽぽ館』]
推進派も反対派も似たような傷を持って反発しあう * * * * * * * * * * 東野圭吾さんの原作は1995年に発表されたということで 20年も前の作品になります。 私はそれよりもう少し後かもしれませんが、確かに読みました!  が、例によって内容はほ...... [続きを読む]

» 天空の蜂 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2015/09/12公開 日本 139分監督:堤幸彦出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、光石研、佐藤二朗 絶対、守り抜く―― Story:1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によ...... [続きを読む]

» 『天空の蜂』 刺せば解決するのか [映画のブログ]
 素晴らしい!  あまりの面白さに度肝を抜かれた。原発、軍需産業、自衛隊の災害派遣等、タイムリーな題材の濃縮に驚かされる。  『天空の蜂』が公開されたのは2015年9月12日。前々日に栃木・茨城・宮城を襲った大雨と鬼怒川の堤防決壊に日本中が衝撃を受けたときだった。  タイムリーなだけに、ちゃちな作りの映画なら観客に見透かされてしまう。なにしろ観客は、映画公開の前日、前々日に自衛隊のヘリ...... [続きを読む]

» 天空の蜂 [映画好きパパの鑑賞日記]
 進撃の巨人に続いてみたおかげか、素直に面白かった。もちろん、子供が自衛隊ヘリに乗り込めるわけないとか、脚本に突っ込めるわけですけど、それを吹き飛ばす勢いの良さが最後まで続いてくれました。  作品情報 2015年日本映画 監督:堤幸彦 出演:江口洋介、本木…... [続きを読む]

» 天空の蜂 [映画的・絵画的・音楽的]
 『天空の蜂』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)東野圭吾氏の原作の映画化ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1995年8月8日午前7時21分。  錦重工業小牧工場で開かれる「ビッグB」納入式典に参加するために、湯原(江口洋介)とその妻・篤...... [続きを読む]

» ショートレビュー「天空の蜂・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
蜂の一刺しを恐れるのは誰か。 1995年のある日、無人飛行可能な自衛隊の新鋭大型ヘリがジャックされ、高速増殖炉の上空でホバリング。 このまま時間が経てば、ヘリは燃料切れで原子炉建屋に落下する。 姿無き犯人の要求は、日本全国の全ての原発を即時停止させ、再始動不可能な状態に破壊する事。 20年前に東野圭吾の原作を読んだ時、映像化想定で書いたのだろうな、と思ったのを覚えている。 まる...... [続きを読む]

» ショートレビュー「天空の蜂・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
蜂の一刺しを恐れるのは誰か。 1995年のある日、無人飛行可能な自衛隊の新鋭大型ヘリがジャックされ、高速増殖炉の上空でホバリング。 このまま時間が経てば、ヘリは燃料切れで原子炉建屋に落下する。 姿無き犯人の要求は、日本全国の全ての原発を即時停止させ、再始動不可能な状態に破壊する事。 20年前に東野圭吾の原作を読んだ時、映像化想定で書いたのだろうな、と思ったのを覚えている。 まる...... [続きを読む]

» 「天空の蜂」 理性と知恵と熱意への信頼 [はらやんの映画徒然草]
東野圭吾さん原作のテクノロジー・サスペンスです。想像以上に面白い作品でした。サス [続きを読む]

» 予言~『天空の蜂』 [真紅のthinkingdays]
 1995年8月。開発されたばかりの最新鋭巨大ヘリコプター 「ビッグB」 が 何者かによって遠隔操作され、敦賀にある原発 「新陽」 上空でホバリングを 始める。機内には、ヘリの開発者・湯原(江口洋介)の一人息子・高彦が取り残 されていた。  「本当に狂っているのは誰なのか。いつかわかる時が来る」  ベストセラー作家・東野圭吾が20年前に上梓した小説の映画化。正直、私は ...... [続きを読む]

» 天空の蜂 [だらだら無気力ブログ!]
意外に見応えあって面白かった。 [続きを読む]

» 天空の蜂 [象のロケット]
1995年8月8日。 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”が遠隔操縦によって突然動き出し、子供を一人乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上に静止した。 犯人は“天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原発の破棄」を要求。 「従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させる。」と宣言する…。 クライム・サスペンス。 ≪巨大ヘリが原子炉に墜落するまで、あと8時間。≫ ... [続きを読む]

» 『天空の蜂』 [cinema-days 映画な日々]
巨大ヘリが乗っ取られ、原子力発電所上に停止 8時間以内の原発中止を要求 ヘリ・原発設計士が阻止にあたるが... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:東野圭吾 原作発表から20年ぶりの映画化... [続きを読む]

» 天空の蜂 [いやいやえん]
【概略】 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”を遠隔操作したテロが発生。犯人の要求は“日本全土の原発の破棄”。ヘリ設計士と原発設計士が、日本消失の危機を止めるべく奔走する。 アクションサスペンス 序盤から大人がビッグBと原子炉のことでワイワイやってるんですが、何言ってるかさっぱりわからない。。。。阿呆な私。小難しいんだもん。 息子がモールス信号でずっと話しかけていたというくだりあたりからようやく話に入り込めました^; 高彦がすげーわ。クレーン操作とか、頭いい子だわ。おしっこ漏らしち... [続きを読む]

» 天空の蜂 (2015) [のほほん便り]
原作は、ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説だったのですね。堤幸彦監督が映像化。豪華キャスティングです。なるほど。だから、時代設定が、1900年代で、ラストをあのようにしたのですね。と納得したのでした。(ふと「20世紀少年」に、独自の展開とラストにした件を彷彿)「原作はヨカッタのに…」と、かなり賛否両論あったみたいですが、私は、なかなかに楽しめました。本当に、映画のラストじゃないけれど、震災が起こり、ほんに今のテーマですね。発表から20年後に取り上げられたのも、時代的にタイムリー... [続きを読む]

« しあわせへのまわり道 (試写会) | トップページ | かけがえのない人 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ