サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 草原の実験 (試写会) | トップページ | 天使が消えた街 »

2015年9月15日 (火)

ぼくらの家路 (試写会)

母を客観視する

Jack

公式サイト http://bokuranoieji.com
9月19日公開

10歳のジャック(イヴォ・ピッツカー)は、6歳になる弟のマヌエルの世話で毎日大忙し。優しいけれど、まだ若いシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先していた。ある日つい不注意から弟にやけどを負わせてしまったジャック。それが原因で、ジャックは施設に預けられることになる。施設になじめなず、上級生からいじめられるジャック。待ち続げた夏休みがようやく来るが、母から迎えが3日後になると電話が入る。がっかりしたジャックは、絡んできた上級生を殴り倒してしまい、そのまま施設を飛び出して家へ向かったが、母は不在で鍵もなく、携帯電話は留守番メッセージばかり。ジャックは母に伝言を残すと、預け先までマヌエルを迎えに行く。弟を連れて、母のいそうな場所を捜してベルリン中を駆け回る。

原題は「Jack」

俳優デビュー作だという主演のイヴォ・ピッツカー。
すごいですよ。とても初めてと思えません。
出ずっぱりの主演ですよ。
ずっと一人で奮闘する。
この映画の一番の見所は、この子役。
表情もいいですよー。
この子に心を打たれます。

Jack_2

お母さんは子供を愛してはいるんだけど、育児を優先してはいない。
暴力をふるうとか、子供を拒絶しているとかではないけれど、子供の気持ちを考えていない。
悪い人ではないけれど、親としての自覚が足りない。

一方、10歳にして大人にならなくてはならないジャックに、胸が痛みます。

どんな母親でも、子供には大好きな母親。
マヌエルがやけどした事で、児童福祉局はジャックを施設に入れるように促します。
育児が行き届かないと考えたからでしょう。

でも母や弟と一緒に暮らしたいジャックは、施設になじめず、いじめにもあう。
施設を飛び出したジャックは、必死に歩き続けて自宅にたどり着きます。

しかし母は不在で鍵もなく、家には入れない。
なかなか母が帰って来ないので、母が友人に預けた弟を迎えに行きます。
母は一日だけと言って預けたというのに、弟を引き取りにも来ていなかった。

Jack_3

ジャックは、全くの良い子というわけではありません。
弟と一緒に母の帰りを待ちますが、頼れる大人もいないし、お金も食べ物もないとなれば、する事は決まっています。
それでも母の職場や遊んでいそうな場所、元彼のところなど、弟を連れて心当たりを駆け回ります。

母に対する、ジャックの表情がうまい。

母はきっとまた同じ事を繰り返す。
母は自分や弟の事を真剣に考えていない。
ジャックはそう判断したのでしょう。
悲しい決断だけど、正解なのよ。
たくましさを感じるラストだけど、切なかったわ。

(観賞日9月11日)

« 草原の実験 (試写会) | トップページ | 天使が消えた街 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/61546675

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくらの家路 (試写会):

» ぼくらの家路 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(09) 母を探す旅に出た幼い兄弟の感動のロードムービー。 [続きを読む]

» ぼくらの家路 [映画好きパパの鑑賞日記]
 児童虐待(ネグレクト)の物語なのですが、ドイツ映画というよりも、ダルデンヌ兄弟(ベルギー)の作品を想起しました。お涙ちょうだいに走らず、淡々と子供たち目線で描くのは是枝裕和監督の「誰も知らない」に通じるところがあるかも。ラストは個人的には不思議におも…... [続きを読む]

» ジャックのその決断まで [笑う社会人の生活]
28日のことですが、映画「ぼくらの家路」を鑑賞しました。 母親と6歳の弟マヌエルとベルリンで暮らしている10歳のジャック そんな中、ある事件によりジャックは施設へ預けられる 外出が許される夏休みが訪れるが母親からすぐに来られないと連絡が入り ジャックは施設を...... [続きを読む]

» ぼくらの家路(2013)**JACK [銅版画制作の日々]
 その日、僕らは大人になることを決めた。 2月26日京都シネマにて鑑賞。名画リレーということで会員料金500円!昨年の9月に公開されたドイツ映画です。ベルリン国際映画祭をはじめ、数々の映画祭で絶賛された珠玉の作品。 子供の親を思う心が痛いほど分かるなあ...... [続きを読む]

» ぼくらの家路 [映画と本の『たんぽぽ館』]
ドイツ版「誰も知らない」 * * * * * * * * * * ドイツ版「誰も知らない」のような作品。 10歳ジャックと6歳マヌエルの兄弟は、シングルマザーの母と3人暮らし。 しかし常にいろいろな男が出入りしています。 ある事件があり、ジャックは施設に預けら...... [続きを読む]

« 草原の実験 (試写会) | トップページ | 天使が消えた街 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ