サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ピエロがお前を嘲笑う (試写会) | トップページ | ぼくらの家路 (試写会) »

2015年9月13日 (日)

草原の実験 (試写会)

一瞬で...

Ispytanie

公式サイト http://sogennojikken.com
9月26日公開

少女(エレーナ・アン)は、心地よい風が吹き渡る大草原にぽつんと立つ、小さな家で父親と2人で生活していた。仕事に出て行く父を見送った彼女は、スクラップブックを眺めたり、トラックの荷台を掃除したりしながら時を過ごす。そんな美しい彼女に、地元の幼なじみの少年や、どこからかやって来た、青い瞳の少年も恋をする。3人のほのかな三角関係。そんな静かな日々に、突如暗い影がさしてくる。

上映前に配給会社担当の人から、主演の女の子が来日し、公開初日に舞台挨拶をする予定だと話がありました。
美少女よねえ~。
少女の頃の藤谷美紀に似てるわ。

Ispytanie_5

少女の日常を淡々と描いていく。
音はあるけど、全編にセリフがない映画。

そのため、所々わからない部分があった。
父は毎日トラックで仕事に行くようだけど、いつも分かれ道のところで娘を降ろし、娘は幼なじみの少年に、馬で家まで送ってもらう。
何でなのかな。ただ、幼い頃からの日課なの?

家に小型飛行機が来て、お父さんが乗って喜んだりしているのも、事情がよく分からない。
家に来た手紙の内容も分からなかった。

ここからネタバレ。

Ispytanie_2

途中までは、美しいって罪ねって感じで、男の子2人が少女をめぐって争う。
どちらも彼女が好きで、譲れない。

少女の日常が変わり始めたのは、父の異変。
父は被曝してしまったのだ。

そして父が亡くなり、ひとりぼっちの家。
そして幼なじみの少年か、青い目の少年かを選択しなければならなくなる少女。
人生の選択をして新しい生活が始まったのに、原爆実験は、どんな日常も、どんな人生も一瞬にして奪ってしまう。

Ispytanie_4

Ispytanie3

美しい草原の風景も破壊された。

悲しくやりきれない気持ちになる映画でした。

(観賞日9月10日)

« ピエロがお前を嘲笑う (試写会) | トップページ | ぼくらの家路 (試写会) »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
セリフがないだけにいろいろ推測してしまう映画でしたね。
あの父親は突然憲兵らしき人々の訪問を受けましたね。あの時ガイガーカウンターの針はふれまくっていたし、そもそも憲兵たちの服装は防護服姿でした。つまりあそこはもともと汚染された土地だったのかなあ。それとも原発関連の仕事をしていて被ばくしたのかなあ。
そしてそこに住む人々はその土地から出ることができなかったのかも。
ラストの衝撃の直前映像が美しいだけに、思わず「あ!」と言ってしまいました。

★ミス・マープルさん
セリフがないので、父親の仕事もはっきりとはわかりませんねえ。
ラストは衝撃的でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/61488594

この記事へのトラックバック一覧です: 草原の実験 (試写会):

» 「草原の実験」☆すごい映画を観た! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
こんな映画を今までかつて観た事ないっ! 台詞はひとつとして無いのに雄弁。 透き通るようで清らかな美しさがあるのに醜悪。 愛しいほどに愛が溢れているのに絶望的。 [続きを読む]

» 草原の実験・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
草原の黙示録。 人里離れた広大な草原に暮らす優しい父と美しい娘、そして彼女に想いを寄せる二人の青年を描く壮大な映像詩。 ロシアの俊英アレクサンドル・コット監督は、ソビエト連邦時代のカザフスタンで起こった、ある歴史的事件をベースに、極めてユニークで挑戦的な作品を作り上げた。 リリカルに描写される理想郷的な世界観はやがて、草原の彼方からやってくる暗黒の影によって覆われ、我々はこの映画に...... [続きを読む]

» 『草原の実験』 [こねたみっくす]
神が息を吹く。時代が息を吹く。ここは城か、それとも檻か。 見終ると同時に席を立つのを躊躇ってしまう。あのラストに言葉を失う、いや言葉が見つからない。そんな表現しか出来 ... [続きを読む]

» The Sun also Rises. but…『草原の実験(Ispytanie)』アレクサンドル・コット監督、エレーナ・アン主演 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、ラストに触れています。『草原の実験』Ispytanie監督 : アレクサンドル・コット出演 : エレーナ・アンダニーラ・ラッソマーヒン、カリーム・パカチャコーフ、 ナリンマン・ベクブラートフ... [続きを読む]

» 衝撃~『草原の実験』 [真紅のthinkingdays]
 ISPYTANIE  見渡す限りの草原に建つ小さな家に、その少女は父親と二人で暮らしていた。 毎朝トラックに同乗し、仕事に出かける父を途中まで見送ると、馬に乗った幼馴 染が迎えに来る。そんなある日、青い瞳の巻き毛の青年が現れる・・・。  「全編に渡りセリフは一切なく、衝撃の結末に打ちのめされる」。これ以上の情 報は、出来る限り入れないように気を...... [続きを読む]

» 草原の実験 [いやいやえん]
【概略】 少女は大草原に建つ小さな家で父親と暮らしていた。遠い世界へ思いを馳せながらも、少女は穏やかな生活にささやかな幸せを感じていた。そんな静かな日々に突如、暗い影が差してきて…。 ドラマ 少女がその先に見たもの―。 美しい少女と父が過ごす、ある村の運命。旧ソ連の実話に基づき、歴史の傷跡を描いた衝撃作。 その少女は、大草原にポツンと建つ小さな家で父親と暮らしていた。家の前には家族を見守る一本の樹。毎朝、どこかへと働きにでかける父親を見送ってはその帰りを待つ少女。壁に世界地図... [続きを読む]

» 草原の実験 [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:洋画 「草原の実験」 原題:Ispytanie 監督:アレクサンドル・コット 2014年 ロシア映画 97分 キャスト:エレーナ・アン ダニーラ・ラッソマーヒン カリーム・パカチャコーフ ナリンマン・ベクブラートフ=アレシェフ 草原の一軒家に住む父と娘は、羊の世話をしながら のどかに暮らしている。父が仕事に出かけると馬乗り の青年が彼女を送ってくれる。ある日水をもらいに 来た一人の青年が彼女を気に入り、写真に収める。 そんな平凡な日々に大き... [続きを読む]

» 第27回東京国際映画祭「草原の実験」 [ここなつ映画レビュー]
衝撃的な、あまりにも衝撃的な作品。コンペ作品として「最優秀芸術貢献賞」、そして今年から東京国際映画祭に設定された「WOWOW賞」を受賞した、と、最終日にニュースを知ったが、それも当然かと思う。ただ、あまりにも息を呑む衝撃のせいか、事前の作品紹介がどれも凡庸なものとなってしまうのが難点。コンペ作品、どれにしようかな…と選ぶ時に、すごくしれっとした紹介なので、選ぶ基準に達するのがなかなか難しいかも。でも、それは確かに止むを得ないんだよね!ここまですごいと!今後ロードショー公開される可能性は低いのではない... [続きを読む]

» 草原の実験 [映画と本の『たんぽぽ館』]
ラストまで見てやっと分かる「実験」の意味 * * * * * * * * * * ほとんど予備知識なしに見たこの作品。 まずはセリフも説明も一切なし、ということに驚きますが、 実際そんなものは必要ないのでした。 登場人物たちの表情やしぐさが何よりも雄弁に状...... [続きを読む]

» 「草原の実験」 [或る日の出来事]
何も知らずに見始めて、よかった。 [続きを読む]

« ピエロがお前を嘲笑う (試写会) | トップページ | ぼくらの家路 (試写会) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ