サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ ジャパンプレミア | トップページ | ヒトラー暗殺、13分の誤算 (試写会) »

2015年10月 6日 (火)

Dearダニー 君へのうた

音楽を堕落させるのは
金や名声ではなく自分自身

Danny_collins

公式サイト http://deardanny.jp

事実に少しだけ基づいた物語

スターとしての絶頂期を過ぎ、もう何年も新曲を書いていないダニー・コリンズ(アル・パチーノ)。往年のヒット曲さえ歌っていれば派手な暮らしは続けられたが、どこか空しかった。そんな時、長年彼を支えてきたマネージャーのフランク(クリストファー・プラマー)が、43年前にジョン・レノンが、駆け出しのミュージシャンだったダニーに書いた手紙を入手した。そこには、富や名声に惑わされず、音楽への愛情を持ち続けることの大切さが綴られていた。それを読んだダニーは人生を変えようと決意し、ツアーをキャンセルして、一度も会ったことのない息子(ボビー・カナベイル)を訪ねる。

イギリスのミュージシャン、スティーヴ・ティルストンが、デビューして間もない1971年に、マイナーな音楽雑誌「ジグザグ」のインタビューを受けた。その記事を読んだらしいジョン・レノンが、ティルストン宛てに手紙を書いていた。
2005年ティルストンのもとに、その手紙を手に入れたアメリカのコレクターから、手紙が本物だと証明してほしいと連絡が来たそうです。

全くねえ、金の亡者が多いのねえ。
出した手紙が本人に届かず、コレクターが持っているなんて、とんでもないでしょ。
手紙は編集部に届いたけど、ティルストンには届けないで、コレクターに売ったらしいのよ。
そいつはすでに堕落してるわよね。

何十年もたってから、自分宛てのジョン・レノンの手紙を読んだティルストン。
そんな事実を基に、監督のダン・フォーゲルマンが創造した物語だそうだ。

映画のバックには、ジョン・レノンの歌が流れる。
ジョン・レノンの曲が映画のサントラに使用されたのは、始めてだそう。
これまで小野ヨーコが許可を出さなかったのに、OKが出たんですって。

ダニーのステージのシーンは、なんとロサンゼルスのグリーク・シアターでのシカゴのコンサートの、10分の休憩時間に撮影されたというのがすごい!
監督はどんな交渉をして、許可をもらったのかしら。
シカゴを聞きに来ていた人たちが、撮影に協力して合わせてくれているのもすごいわよ。

物語は、老いた男が自分を見つめ直す王道の物語。
目新しくはないけれど、キャストがいいから安心して見ていられる。

ダニーは欠点の多い不良じいちゃんだけど、憎めなくてチャーミングな雰囲気をアル・パチーノが出している。
やっぱりうまいわ。

誕生祝に、マネージャーで親友のフランクから、昔ジョン・レノンが自分宛てに書いた手紙をもらったダニー。

Danny_collins_3

浮気している若い婚約者と婚約を解消し、ツアーも中止して、今まで一度も会った事のない息子に会いに行く。
酒とドラッグと女三昧の生活とおさらば。

息子に会いに行っても、すぐには受け入れられないは承知の上のダニー。
時間をかけるために、ホテルの部屋に長期滞在するのを決める。

そこの支配人にアネット・ベニング
バツイチで娘が一人いる設定。

Danny_collins_6

ホテルのスタッフたちとダニーの会話も楽しい♪

いざ息子に会いに行くと、案の定息子には追い返される。

Danny_collins_4

それでも諦めずに、息子の家族に度々会いに行く。

孫は多動性障害があり、育児をする嫁はなかなか大変。
第二子を妊娠中の嫁は、早産の危険がある。
そして息子は、亡くなった母親と同じ病にかかっていた。

やっぱり血がつながっているのが家族なのではなく、苦楽を共にするのが家族なのね。
辛い時に支えてくれる人がいるのは、とても心強いし幸せな事。

ダニーは息子の家族に金銭的援助をするだけでなく、寄り添おうとするの。

さりげなく病院に来ているダニーがよかった。
終わり方もなかなか良かった。

ダン・フォーゲルマンの初監督作品だけど、この人、数々の脚本を手掛けている人なのね。
アニメの「カーズ」や「塔の上のラプンツェル」。
「ラブ・アゲイン」に「ラストベガス」など。
ベタでも心地よいのが、この人の持ち味なのかな。

(観賞日10月5日)

« PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ ジャパンプレミア | トップページ | ヒトラー暗殺、13分の誤算 (試写会) »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
何ともラストが心地よい映画でしたね。
メアリーとダニーとの会話の掛け合いもおもしろかったし、ラストの病院でのカットもよかったです。

★ミス・マープルさん
やっぱり後味のいい映画は
いい気分で映画館から帰れます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/61924205

この記事へのトラックバック一覧です: Dearダニー 君へのうた:

» Dearダニー 君へのうた [映画好きパパの鑑賞日記]
 ジョン・レノンが新人ミュージシャンに送った励ましの手紙が、ある事情から数十年間封印され、最近になってようやく届いたという実話をもとにした、ハートフルなヒューマンストーリー。ジョン・レノン財団の協力で彼の曲が全面に使われているのと、アル・パチーノの飄々…... [続きを読む]

» 『Dear ダニー 君へのうた』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「Dear ダニー 君へのうた」□監督・脚本 ダン・フォーゲルマン□キャスト アル・パチーノ、アネット・ベニング、クリストファー・プラマー、       ジェニファー・ガーナー、ボビー・カナベイル■鑑賞日 9月17日(木)■劇場  ...... [続きを読む]

» Dearダニー 君へのうた [to Heart]
DANNY COLLINS 上映時間 107分 脚本:監督 ダン・フォーゲルマン 出演 アル・パチーノ/アネット・ベニング/ジェニファー・ガーナー/ボビー・カナヴェイル/ジョシュ・ペック/メリッサ・ブノワ/クリストファー・プラマー 脚本家ダン・フォーゲルマンが、ジョン・レノンが...... [続きを読む]

» Dearダニー 君へのうた [映画と本の『たんぽぽ館』]
数十年遅れて届いたジョン・レノンの手紙 * * * * * * * * * * ジョン・レノンが新人ミュージシャンに宛てた一通の手紙が、 数十年の時を経て本人の手に渡った、 という実話をベースにしたストーリーです。 このミュージシャン、ダニー・コリンズ...... [続きを読む]

» 「Dearダニー 君へのうた」 [或る日の出来事]
ジョン・レノンの歌は流れるし、ドラマとしても、すごくよかった。 [続きを読む]

» Dearダニー 君へのうた [象のロケット]
昔の大ヒット曲を歌い続けることにウンザリしていたダニー・コリンズの元に、43年前に届くはずだったビートルズのジョン・レノンからの直筆の手紙が届く。 その内容に心を打たれたダニーは、ツアーの中止を決意し、怠惰な生活とも縁を切り、30年ぶりに新曲を書くと宣言。 そして、顔も見たことのない息子トムに会いに行くのだが…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

« PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ ジャパンプレミア | トップページ | ヒトラー暗殺、13分の誤算 (試写会) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ