鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 独裁者と小さな孫 (試写会) | トップページ | ヴェルサイユの宮廷庭師 »

2015年10月26日 (月)

黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて)

あの日オーストリアで

Woman_in_gold

公式サイト http://golden.gaga.ne.jp
11月27日公開

実話の映画化

監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」

1998年、カリフォルニアで小さなブティックを経営しながら暮らすマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、ナチスに占領されたオーストリアから脱出してアメリカに亡命したユダヤ人。姉が亡くなり、その遺品から、姉が生前、オーストリア政府を相手に絵画の返還を求めようとしていた事を知る。マリアの伯母の肖像画で自宅にあったクリムトの「黄金のアデーレ」は、ナチスに奪われ、現在はオーストリア政府の所有で、ウィーンのベルベデーレ美術館に飾られていた。マリアは姉の遺志を継ごうと、友人の息子で新米弁護士のランディ・シェーンベルク(ライアン・レイノルズ)に相談する。

東京国際映画祭で映画を見るのは、5年ぶりです。
今回はヘレン・ミレンの舞台挨拶があるというので、チケットを買いました。

司会は伊藤さとりさん、通訳は鈴木小百合さんで、ヘレンさんと監督の舞台挨拶が始まりました。一般人も最初の方だけ撮影が許可されたんですよ。
持っててよかったデジカメ!
でもねえ、席が遠いから、マスコミカメラのフラッシュがすごくて、全身を撮ろうと思うとなかなかちゃんと映らないのよ。

H12_3

アップだとなんとかって感じでした。

H22

それにしてもヘレンは、70才とは思えない綺麗さ。
寝起きは綺麗じゃないと言っていましたが、誰でもそうでしょ。
好奇心が若さの秘訣かもと話してました。

とてもチャーミングでユーモアもあって、初来日である監督をパチンコに連れて行くわと言って、会場を笑わせていました。
監督はパチンコが何かわからないから、ちょっと怖いなあと言ってましたよ。(笑)

これの前に監督と対談したという石坂浩二さんが登場して、お2人に金色の花束を渡しました。

さて実話を基にした映画。
未亡人のマリア・アルトマンの回想の形で、オーストリアで暮らしていた時の様子が挿入されます。
裕福なユダヤ人の娘として、伯母と過ごした幼い日々、オペラ歌手であったフリッツとの結婚、そしてドイツの侵攻。

マリアが先頭に立って、積極的に絵画返還を要求したのかと思っていたのですが、どちらかというと弁護士のランディ方が、より強く絵画を取り戻したいと頑張ったようですね。
マリアは何度も諦めますが、そのたびにランディが背中を押しています。

Woman_in_gold_4

最初は、勝訴すれば莫大な金額が手に入ると思った弁護士のランディ。
しかしアデーレの遺言書などの調査のためにオーストリアへ行き、彼の気持ちが大きく変化したようです。
彼の祖父は有名な作曲家。裕福で多くの芸術家のパトロンとなっていたアデーレ夫妻と交際があったのでしょうね。彼のお母さんとマリアは昔からの友人。
そして彼の曽祖父母は、ホロコーストの犠牲となって亡くなっている。

マリアは辛く悲しい思い出が甦るオーストリアには行きたくなかったけれど、意を決してランディに同行しました。
二度と行きたくない国なのに、アメリカでの勝訴の後、調停のためにまたオーストリアへとランディに言われますが、拒否するマリア。
でも...

マリアの思いがひしひしと伝わってくる映画でした。
是非映画を見て、マリアがどんな思いで絵画の返還を要求したのか知ってほしいです。
決してお金目当てではないのです。
家族との思い出、奪われたアイデンティティー。
そしてナチスを歓迎した当時の政府への怒り。
泣ける場面もありましたし、笑えるユーモラスなシーンもありましたよ。

人はすぐに忘れてしまう。
しかし語り継がなくてはいけない歴史がある。
絵を見た時、思い出してほしい。

妻と幼い子供がいるのに、大手の法律事務所を辞めて借金だらけの生活になっても、絵画の返還のために頑張ったランディ。

協力してくれた妻役は、ケイティ・ホームズです。

Woman_in_gold_32

マリアとランディに協力してくれるオーストリア人ジャーナリストに、ダニエル・ブリュールWoman_in_gold_5

彼にも、マリアとランディに協力する理由があった。

アデーレを演じるのは、「マン・オブ・スティール」にも出演していた美人のドイツ人女優、アンチュ・トラウェ

Woman_in_gold_antje_traue

若き日のマリアの夫は、ジェレミー・アイアンズの息子、マックス・アイアンズ

Woman_in_gold_2

クリムト役に、モーリッツ・ブライプトロイ
「ピエロがお前を嘲笑う」の主演のトム・シリングも、自宅監禁されたマリア一家を監視するナチスの兵士役で出演しています。

NHKBSで放送しているイギリスのTVドラマ「刑事フォイル」のレギュラーのアンソニー・ハウエルも、ワンシーンだけ出演していました。

(観賞日10月24日)

« 独裁者と小さな孫 (試写会) | トップページ | ヴェルサイユの宮廷庭師 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
生ヘレン・ミレンを見たんですね、うらやましい!
てっきりマリアが主導で動くのかと思っていたら、ランディが引っ張っていましたね。
一度でいいから、本物の「黄金のアデーレ」を見てみたいですね。

★すぷーきーさん
諦めないランディがすごかったです。
絵も見たいですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/62135005

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて):

» TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24 [まぜごはん]
順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還。 [すぷのたわごと。]
『黄金のアデーレ 名画の帰還』の試写会に行ってきました。 実話をもとにした話。 原題は『 WOMAN IN GOLD 』で、金の女性=黄金のアデーレってことなんだろう。 ただ、邦題の後半には違和感があり、いらないと思う。 予告編でも流れているように、マリアにとっては「名画」ではなく「家族の形見」。 この絵は モニュメンツ・メン に取り戻して貰えなかったんだね。 1998年、カリフォルニア。 姉を亡くしたマリア・アルトマン(ヘレン..... [続きを読む]

» 「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞黄金のアデーレ 名画の帰還/WOMAN IN GOLD 2015年/アメリカ、イギリス/109分 監督: サイモン・カーティス 出演: ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/ケイティ・ホームズ/タチアナ・マズラニー 公式サイト 公開: 2015年11月27日 1998年、LAに住むユダヤ人のマリア・アルトマンは、亡くなった姉ルイーザの遺品の...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [象のロケット]
1998年、アメリカ・ロサンゼルス。 小さなブティックを経営するユダヤ人女性、マリア・アルトマンは82歳。 彼女は故郷のオーストラリア政府に、ナチスに没収された伯母の肖像画の返還を求めようとしていた。 それは評価額約1億ドル(100億円)以上と言われるクリムトの名画。 返還は不可能と思われたが、マリアは友人の息子で弁護士のランディ・シェーンベルクに訴訟を依頼することに…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑) [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [ハリウッド映画 LOVE]
ヘレン・ミレンがとっても気品があって素敵でした! [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミ...... [続きを読む]

» 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 [beatitude]
1998年、ロサンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人で溌剌と暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府にナチスに没収され...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [心のままに映画の風景]
1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中にナチスに略奪されたものだった。 姉の思いを受け継ぐことを決めたマリアは、新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オ...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [映画的・絵画的・音楽的]
 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ&イギリス  ドラマ  監督:サイモン・カーティス  出演:ヘレン・ミレン      ライアン・レイノルズ       ダニエル・ブリュール      ケイティ ... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold [映画の話でコーヒーブレイク]
クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」を巡る物語。 個人所有の絵画がナチスに...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [セレンディピティ ダイアリー]
ヘレン・ミレン主演の実話に基づくヒューマンドラマ、「黄金のアデーレ 名画の帰還」 [続きを読む]

» 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 [或る日の出来事]
よかった~! [続きを読む]

» 「黄金のアデーレ 名画の帰還」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
実話なんですよね・・・ [続きを読む]

» 過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』 [真紅のthinkingdays]
 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが彼女の伯母アデーレを描いた肖像画。姉の遺志を継ごうと、マリアは 駆け出しの弁護士ランディ(ライアン・レイ...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [映画好きパパの鑑賞日記]
 ナチスに奪われた家宝を取り返そうとする老婦人と弁護士の物語で、実話ベースのため、劇的なシーンは少ないですが、戦闘シーン満載のミケランジェロ・プロジェクトより面白かった。  作品情報 2015年アメリカ、イギリス映画 監督:サイモン・カーティス 出演:ヘレ…... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還(Woman in Gold) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 グスタフ・クリムトが描いた世界的名画「黄金のアデーレ」をめぐって実際に起こった裁判と「黄金のアデーレ」に秘められた数奇な物語を、アカデミー賞女優ヘレン・ミレン主演で描いた。アメリカに住む82歳のマリア・アルトマンがオーストリア政府を相手に裁判を起こ...... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ [こんな映画見ました〜]
『黄金のアデーレ 名画の帰還』---WOMAN IN GOLD---2015年(アメリカ/イギリス )監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン 、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ 、タチアナ・マズラニー クリムトの名画黄金のアデーレ&...... [続きを読む]

» 映画:黄金のアデーレ 名画の帰還 WOMAN IN GOLD 名画の裏には、歴史あり。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」(写真:左) 世紀末美術のひとつとして有名なこの名画は、戦争に翻弄された。オーストリアで成功していた裕福なユダヤ人家族がその名画を所有していた。(アデーレ・ブロッホ=バウアーは、家族の親戚にあたる) ところが時代が第2次世界大戦に突入、ナチスにこの名画を含めた全ての財産を奪われてしまう...家族は離散、そしてほとんどが死に追い込まれる... [続きを読む]

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [映画と本の『たんぽぽ館』]
ユダヤの人権を取り戻す裁判 * * * * * * * * * * グスタフ・クリムトの名画「黄金のアデーレ」をめぐって 実際に起こった裁判とその数奇な物語を映画化したものです。 カリフォルニアに住む82歳、マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)が、 オ...... [続きを読む]

« 独裁者と小さな孫 (試写会) | トップページ | ヴェルサイユの宮廷庭師 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ