サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« 白い沈黙 | トップページ | PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ »

2015年11月 5日 (木)

エール!

青春の翼

The_belier_family

公式サイト http://air-cinema.net

監督: エリック・ラルティゴ  「プレイヤー」

フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、両親も弟も耳が聞こえない。美しく陽気な母、熱血漢な父とおませな弟。“家族はひとつ”が合言葉で、オープンで明るく仲のいい家族。ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)は、パリの音楽学校の試験を受ける事を勧める。夢に胸を膨らませるポーラだったが、彼女の歌声を聴く事が出来ない家族は、彼女の才能を信じる事ができずに大反対する。夢は諦めきれないが、家族のことを思うと、どうしてもパリ行きを決断できないポーラだったが...

前半はコメディーで、ラストに感動が待っていました。

それにしても、さすがフランス映画。
弟のませガキぶりや、両親の診察で、夫婦の性生活を高校生の娘に通訳させるなんてという場面。そして、学校で高校生にマルキ・ド・サドとか娼婦みたいになんて歌詞の歌を歌わせるなんてねえ。

主演のルアンヌ・エメラは、オーディション番組出身の歌手だそうです。
確かにいい声しているわ。

ポーラの一家は、明るく陽気。
お父さんは村長の政策では農地が奪われると、村長選挙に立候補するほどよ。

La_famille_blier_2

しかし皆、耳が聞こえないので、仕入れや農協とのやり取りや、市場で売る時には、唯一耳が聞こえて話ができるポーラは不可欠。

そんなポーラが、ちょっと恋心を持つガブリエル(イリアン・ベルガラ)と同じ、コーラスの授業を取った。すると担当の音楽教師に才能を見出され、パリの音楽学校の試験を受けるように言われます。

両親や弟に内緒で毎晩レッスンを受けるポーラ。

La_famille_blier_4

しかし、両親にバレてしまう。
耳の聞こえない両親は、ポーラの才能をわからないし、彼女がいなくなったら、家の仕事その他をどうするのかと反対されます。
家族といるのが嫌だとか、田舎よりパリで暮らしたいとか、そんな理由だと思われてしまいます。

生まれた時から耳が聞こえなければ、歌とか音楽がどういうものかわからないものね。
これがこの映画のポイントの一つ。

家族の事を考え、夢をあきらめる決心をするポーラ。
でも、きっぱりとはなかなか諦められないのが本心。

そんな中、学校の発表会で、ポーラの歌がどうやら人を感動させるものらしいと、お父さんは気づきます。この様子がよかったですね。

La_famille_blier_3_2
↑ガブリエル役の子は、ギヨーム・カネに似ている。
わたしが気になったのは、ポーラとガブリエルの間にいる男の子です。

La_famille_blier

高校生のデュオで、ずいぶん官能的な選曲。(笑)

ラストでポーラが歌う“青春の翼”の歌詞は、ポーラの心情を両親に伝えるものになっている。

やっぱり音楽っていいな、歌っていいな、すばらしいなと思える映画でした。

(観賞日10月31日)

« 白い沈黙 | トップページ | PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

音楽映画って、やっぱりドラマ部分以外に歌で心に響かせてくれますね。ラストの手話での歌唱は感動的でしたし、主人公のルアンヌ・エメラ、作品の中で綺麗になっていくような感じを受けました。
TBお願いしますね。

★atts1964さん
ラストの歌には、うるっときました。

こんばんはhappy01

この映画よかったですheart01 歌って素晴らしいな、とひたすら感動しちゃいましたhappy02

主演のルアンヌちゃんの歌は、ずっと聞いていたいような、素敵な声でしたね。

両親がポーラの歌の才能に気づくシーンの演出は、私もやられました!!

★Erika Aさん
さすがオーディション番組でデビューしただけあって、
素敵な歌声でしたね。
感動的でした。

TBありがとうございます。
わたしも学校の発表会のシーンからうるっときて、帰宅して父がポーラの喉に手を当て
歌を歌わせるシーンではボロボロ泣けました。
泣けるけれど、感動の押し付けや偽善的なものがない素敵な映画でしたね。
そうそうわたしもガブリエルの横にいる男子が気になりました。

★ミス・マープルさん
感動しながらも、好みの男の子にチェック入れてまーす。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/62269132

この記事へのトラックバック一覧です: エール!:

» エール! ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
歌の才能を認められパリの音楽学校のオーディションを勧められた少女と、聴覚障害のある家族との絆を描いた感動作。最愛の家族を支える役目と自らの夢の間で揺れ動くヒロインを、新人ルアンヌ・エメラが好演し、セザール賞最優秀新人女優賞に輝いた。『プレイヤー』などの...... [続きを読む]

» 『エール!』 [ラムの大通り]
(原題:La famille Belier) たとえば観てから何十年も後にある映画のタイトルを耳にして 「あっ、それぼくも観たよ。よかったなあ」と 記憶の底から手繰り寄せてくることがある。 そしてぼくの場合、いまそれが #1日1本オススメ映画 に。 昨日試写で観た『エール!』は...... [続きを読む]

» 『エール!』 2015年9月18日 京橋テアトル試写室 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『エール!』 を試写会で鑑賞しました。 初潮が高校生とはずいぶん遅い・・・そんな映画ではないですよ(笑) 【ストーリー】  フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を認められ、パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。 家庭環境が複雑であるが、子供... [続きを読む]

» エール! [心のままに映画の風景]
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外全員が聴覚障害者。 ポーラが通訳をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。 そんな中、音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を見出されたポーラは、パリの音楽学校のオーディションを受けることを勧められる。 歌手になることを夢みるポーラだったが、彼女の歌声を聴...... [続きを読む]

» エール! / La famille Blier [勝手に映画評]
ネタバレあり。 フランス映画祭2015(日本)観客賞<最高賞>、2015年セザール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)、2015年リュミエール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)・最優秀主演女優賞(カリン・ビアール)をそれぞれ受賞。 父も母も弟も耳が聞こえない...... [続きを読む]

» エール! [atts1964の映像雑記]
2014年作品、エリック・ラルティゴ監督、ルアンヌ・エメラ主演。 フランスの田舎町に住むベリエ一家は、仲睦まじく暮らしている。 長女で高校生のポーラ・ベリエ(ルアンヌ・エメラ)が部屋から下りてきて学校に行こうとしても家族は何も言わない。 いやそうではなく彼女以外の両親、弟は聴覚に障害を持っており、彼女だけが普通に耳が聞こえ、家族と手話で話ができ、周りの人との通訳になっているのだった。 彼女が一番仲がいいのはマチルダ(ロクサーヌ・デュラン)という女の子だが、彼女は結構自由奔..... [続きを読む]

» 「エール!」☆察することの大切さ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
実は予告編以上のお話は無い。 というよりも、予告編のほうが上手に言葉をつなげて、お話を分かりやすくしているくらいだ。 必要以上に盛った部分がないのに、なぜにこんなに泣けるのだろう?... [続きを読む]

» 『エール!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「エール!」□監督 エリック・ラルティゴ□脚本・原作 ビクトリア・ベドス□キャスト ルアンヌ・エメラ、カリン・ビアール、フランソワ・ダミアン、        エリック・エルモスニーノ、ロクサーヌ・デュラン■鑑賞日 11月3日(火...... [続きを読む]

» 「エール!」聴覚障害の家族に生まれた少女の歌声に号泣! [Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳]
公式サイト →http://air-cinema.net 監督:エリック・ラルテ [続きを読む]

» エール! [映画と本の『たんぽぽ館』]
これ以上に気持ちのこもった歌はない!! * * * * * * * * * * フランスの田舎町。 高校生のポーラは、聴覚障害をもつ家族の中で唯一の健聴者。 牛を飼いチーズを作る家業の手伝いや、 近所の人とのやり取りの仲立ちを一手に引き受け、 多忙で授業...... [続きを読む]

» 『エール!』 [sweetmagicのブログ]
あまり上映している映画館がなかったので錦糸町で見ました。 ストリーは・・・ フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、 全員が聴覚障害者。コーラス部に入ったポーラは音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に 歌...... [続きを読む]

» エール! [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2014年 フランス 上映時間:105分 監督:エリック・ラルティゴ  聴覚障害のある家族4人の中で、一人だけ障害のない長女のポーラは、家族の仕事や医者などに行くときの通訳として役に立っていた。もちろん彼女は家族を愛しているのだが、障害者の... [続きを読む]

» 歌が聴こえる/ベリエ家の人々~『エール!』 [真紅のthinkingdays]
 LA FAMILLE BELIER  フランスの小さな村で酪農を営むベリエ家は、娘のポーラ(ルアンヌ・エメラ) 以外、両親と弟は耳が聞こえない。家族に手話通訳をするポーラは、音楽教 師に歌の才能を見い出され、国営ラジオのオーディションを受けることになる のだったが・・・。  本国フランスで大ヒットしたというコメディ。もう少しドラマチックな作...... [続きを読む]

» エール! [シネマ日記]
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ一家。長女で高校生のポーラルアンヌエメラ以外は父ロドルフフランソワダミアン、母ジジカリンヴィアール、弟の3人全員が聾唖者。牛のエサの業者とのやりとりや、青空市でのお客とのコミュニケーション、家族の医者通いなどにポーラは...... [続きを読む]

» エール! 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
大手シネコン「TOHOシネマズ」が発行するポイント カード「シネマイレージカード」、映画を観ると マイレージが貯まり、各種景品と交換することが 出来ますが、その中でも最上位に位置するのが 「1ヶ月フリーパスポート」、その名のとおり1ヶ月 映画観放題という太っ腹なも…... [続きを読む]

» エール! [C’est joli ここちいい毎日を♪]
エール! 14:フランス ◆原題:LA FAMILLE BELIER ◆監督:エリック・ラルティゴー ◆主演:ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ ◆STORY◆フランスの田舎町に住むベリエ一家は、仲睦まじく暮らしている。両親と弟...... [続きを読む]

» 「エール!」 [或る日の出来事]
最後の歌に、盛り上がりを集めて持ってきたよね~! [続きを読む]

« 白い沈黙 | トップページ | PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ