鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« コードネーム U.N.C.L.E. | トップページ | Re:LIFE~リライフ~ »

2015年11月20日 (金)

ラスト・ナイツ

騎士道を貫く

Last_knights

公式サイト http://lastknights.jp

監督: 紀里谷和明  「CASSHERN」 「GOEMON」

ある帝国の清廉潔白で偉大な領主のバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、大臣ギガ・モット(アクセル・ヘニー)への賄賂を堂々と断り、彼に刀を向けた。バルトークは卿は反逆罪に問われ、自身の後継者として信頼するライデン隊長(クライヴ・オーウェン)による斬首の刑を宣告される。領地は没収され、騎士たちもばらばらになった。モットは復讐を恐れて、ライデンに終始見張りをつけるが、彼は酒と女とギャンブルに溺れる毎日を送り、主君から拝領した大切な名刀も売ってしまう。

紀里谷監督がハリウッドで映画を撮るというだけでも驚きなのに、キャストがモーガン・フリーマンにクライヴ・オーウェンと聞いた時には、さらにびっくりしましたよ。
なんでそんなすごい事に?って感じ。

脚本は、忠臣蔵をベースに書かれた物語。
舞台は中世のヨーロッパ風。
架空の国で、人種も様々。
出演者も多国籍。

Last_knights_6

皇帝は、「別離」のペイマン・モアディ
ライデンの妻に、アイェレット・ゾラー
副長は、クリフ・カーティス
モットの妻のパク・シヨンは、可愛らしい美人だったな。
モットの妻の父で帝国の重臣に、韓国では高倉健的俳優だというベテラン、アン・ソンギ
モットの護衛官イトーに、伊原剛志。彼も騎士。

騎士たちの剣は、日本刀と西洋の剣を混ぜた感じ。
戸田奈津子さんの字幕は、“sword”を「刀」としていました。

Last_knights_2

基が忠臣蔵なので、忠義の心、武士道精神というか騎士道精神が胸を打つのは当然。
モーガン・フリーマンとクライヴ・オーウェンは、脚本に共感して出演してくれたのだとか。
両者ともキャラクターの雰囲気を充分に体現していて、さすがでした。
久々に、かっこいいオーウェンだった。(「キング・アーサー」の舞台挨拶で、生オーウェン見ました。)

賄賂を断り、刃傷沙汰になってしまったバルトーク卿。

Last_knights_4

皇帝の裁定を受けるバルトーク卿の長いセリフのシーンでは、自分の撮影が休みのクリス・カーティスも、見に来ていたそうです。

Last_knights_3

ライデンの荒んだ生活の様子が長かった。
どういうところで終わるのかと思いました。

モットの見張りがいなくなってからは、面白くなってきました。
ライデンや仲間が、どのように準備を進めていたのか明らかになる。
そしてモットの城に乗り込むアクションシーンも、わくわくしました。
庭の樹木の迷路を利用するのも、良かったですね。

最年少騎士(?)のガブリエル役の、ノア・シルバーがイケメンだったわ。

Noah_silver

彼は背中に2本の刀を差してました。

モットが賄賂で私腹を肥やし、妻には暴力をふるう悪い主君と知っていても、騎士として主君を守ろうとするイトーは、ライデンと対決。

Last_knights_5
仇討ちが済んだあとの↑のシーンは、ぐっと来ましたよ。

いさぎよく美しく散ろうとするライデンに涙。

(観賞日11月19日)

« コードネーム U.N.C.L.E. | トップページ | Re:LIFE~リライフ~ »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

ところどころ設定を変えていましたが、なかなかの西洋風忠臣蔵でしたね。やはり日本人には心に響くと思いました。ただ向こうの欧米人にはどう感じるんでしょうかね。
私はやっぱり“討ち入り”のところは、ワクワクしちゃいましたネ。
TBお願いします。

★atts1964さん
欧米人の反応は気になりますねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/62565699

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・ナイツ:

» ラスト・ナイツ [atts1964の映像雑記]
2015年作品、紀里谷和明監督、クライヴ・オーウェン主演。 騎士はこの世界では、人種という概念は無くなり、あらゆる人種が騎士の精神的なつながり、プライドで結ばれていた。 しかしその戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に、取って変わろうとしていた封建的な帝国があった。 ライデン(クライヴ・オーウェン)率いる騎士たちは、精鋭がそろい、士気も高かった。しかし、彼を隊長にしたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)のところに大臣のギザモット(アクセル・ヘニー)から使者が来た..... [続きを読む]

» 『ラスト・ナイツ』 2015年10月29日 なかのゼロホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ラスト・ナイツ』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に紀里谷和明監督が舞台挨拶に現れました。 今日は東京国際映画祭でも上映があって、新宿から駆けつけてくれただけで 感慨深いものがある。 それに加え、舞台挨拶の最後では泣いていた。 この作品にかける思いを感じた、良い舞台挨拶であった。 【ストーリー】  狡猾(こうかつ)な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。ある日、強欲な大臣から賄賂を要求されるも、それを断った上に彼に刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)が反逆罪に問われ... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) 意外と大作映画になってましたな〜。 [続きを読む]

» 『ラスト・ナイツ』 久しぶりに忠臣蔵を見たって気に! [No Movie, Not My Life!]
紀里谷和明 監督のハリウッド・デビュー作『 ラスト・ナイツ 』を観ました! クライヴ・オーウェン や モーガン・フリーマン ら豪華キャストで大丈夫なの?と心配していましたが、なかなかどうしてして、ちゃんと忠臣蔵になってました! とんでも妖魔対戦だった『 47RONIN 』のようにならなくて良かった~!ε-(´∀`; ) LAST KNIGHTS 2015年 115分 あらすじ: とある封建的な帝国。清廉潔白で偉大な領主のバルトーク卿。ある日、欲..... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション巨編。君主の誇りを踏みにじった支配者に復讐(ふくしゅう)を果たそうとする、屈強な剣士とその仲間たちの姿を追い掛ける。『クローサー』などのクライヴ・オーウェン、『ミリオンダラ...... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [Akira's VOICE]
静かに荘厳に生きて戦い抜く!   [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [タケヤと愉快な仲間達]
監督:紀里谷和明 出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ 【解説】 『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が、ハ...... [続きを読む]

» 「ラスト・ナイツ」☆忠臣蔵には無条件に萌える [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
かつて大絶賛だった「GOEMON」の監督にして、過去最低!な「CASSHERN 」の監督でもある紀里谷氏。 日本映画界では鼻つまみ者らしいけど、初めから世界を目指していたのでしょうね。 さて、今回はどっちに転ぶか??... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【LAST KNIGHTS】 2015/11/14公開 アメリカ 115分監督:紀里谷和明出演:クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ 今、日本の...... [続きを読む]

» 『ラスト・ナイツ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラスト・ナイツ」□監督 紀里谷和明□脚本 マイケル・コニーヴェス、ドーヴ・サッスマン□キャスト クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志、クリフ・カーティス■鑑賞日 11月15日(日)■劇 場  TOHOシネマズ川崎...... [続きを読む]

» 『ラスト・ナイツ』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、とてもいいけど一つ疑問があるよふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★忠臣蔵が好きなので】 忠臣蔵が好きなので、これを翻案して上手く作ってあると「ええなあ」と思ってしまう。今回は日本人が脚本・監督を担った事で、かっ ... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [花ごよみ]
監督は紀里谷和明。 クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、 伊原剛志、アン・ソンギ等が出演。 ベースは「忠臣蔵」 君主のプライドを蹂躙した支配者に対し 復讐を実行しようとする剣士達。 賄賂を断りその上に 刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマ...... [続きを読む]

» [映画『ラストナイツ』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・私は、かつて、この監督の『キャシャーン』を批判しまくった。  しかし、批判し過ぎて、いつも間にか、作品に愛着を持ってしまってもいた^^;  ただ、その、作中で語られる戦後民主主義的な「言葉だけの平和主義」は非常にいやだった。  次作の『GOEMON』だ...... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ラスト・ナイツ』を新宿バルト9で見てきました。 (1)クマネズミは、この映画を制作した紀里谷和明監督のこれまでの作品について、世に言われるほど酷くないと思っていて、本作も悪くないのではと期待し、ひどく遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1...... [続きを読む]

» 騎士道をつらぬく [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「ラスト・ナイツ」を鑑賞しました。 強欲な大臣から賄賂を要求されるもそれを断り彼に刀を向けたバルトーク卿が反逆罪に問われ死刑判決が下される 1年後 まな弟子の騎士ライデンは酒に溺れる毎日を送っていた その裏でほかの騎士たち権力者たち...... [続きを読む]

» 「ラスト・ナイツ」(2015) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
昨年秋に観たのに感想を書きそびれた映画です。(^^; 紀里谷監督 で主演が クライヴ・オーウェン ということで劇場鑑賞したいと思っていましたが、上手い具合にフリーパス期間に観ることができました。でも、劇場空いてたな~もったいないくらいでした。 個人的には結構楽しめましたよ。日本人監督の作品なのに、意外と地味に公開されていつの間にか終わってしまいましたが、もっと派手に宣伝してもよかったのにな~と思います。ただ個人的にクライヴ・オーウェンは好きなので思うのかもしれ..... [続きを読む]

» ラスト・ナイツ [こんな映画見ました~]
『ラスト・ナイツ』---LAST KNIGHTS---2015年(アメリカ) 監督: 紀里谷和明出演: クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス 、アクセル・ヘニー、 伊原剛志 「CASSHERN」「GOEMON」の紀里谷和明監督がクライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンはじめ豪華キャストを起用して記念すべきハリウッド・デビューを飾ったアクション・ドラマ。日本の忠臣蔵を下敷きに、陰謀によって偉大な主君を失った...... [続きを読む]

» 『ラスト ナイツ』 [cinema-days 映画な日々]
ラスト ナイツ 不当な死を強いられた君主の仇討ちを 果たそうとする気高き騎士たちの姿を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Last Knights(最後の騎士たち) 原案:「忠臣蔵」をモチーフ... [続きを読む]

« コードネーム U.N.C.L.E. | トップページ | Re:LIFE~リライフ~ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ