サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ブリッジ・オブ・スパイ | トップページ | クリムゾン・ピーク »

2016年1月15日 (金)

白鯨との闘い (試写会)

海の男の真実

In_the_heart_of_the_sea

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie
1月16日公開

原作: 白鯨との闘い (ナサニエル・フィルブリック著/集英社文庫)
監督: ロン・ハワード

1850年、次回作の構想を練る新進作家ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィショー)は、30年前にある捕鯨船を襲った悲劇を取材すべく、その最後の生き残りであるトム・ニカーソン(ブレンダン・グリーソン)を訪ねる。最初は渋っていたニカーンだったが、やがてその重い口を開き始める。1819年、新米船員トーマス・ニカーソン(トム・ホランド)を乗せた捕鯨船エセックス号は、アメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。船長になれると思っていた一等航海士のオーウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース)は、経験の浅い名家の息子ジョージ・ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)にその座を奪われて、苛立ちを隠せずにいた。そんな彼らの航海はトラブル続きで、肝心の鯨は一向に捕らえることができず、焦りばかりが募っていく。そんな中、寄港地で有力な情報を聞きつけた一行は、鯨の群れを追って太平洋へと向かうが、巨大な白いマッコウクジラに遭遇し、船を大破される。

3D字幕版の試写会でした。

小説「白鯨」のもとになった実話があるとは、知りませんでしたよ。

鯨を求めてひたすら航海。
鯨でなくても、漁をするのは命がけ。
悪天候もあるし、船に乗るのは死の危険を伴いますよね。

大量の鯨油を持ち帰ろうとするエセックス号は、長い航海の末、やっと鯨の大群に遭遇しますが、そこにいた巨大鯨に船を壊され、乗組員たちは、小さな3艘のボートで漂流する羽目になり、究極のサバイバルが始まります。

物語としては、鯨との闘いよりも、鯨油で名声と富を得ようとする男たちと、漂流する彼らのドラマがメインだと思います。

極限状態での人間の行動。
究極のサバイバルというと、旅客機墜落事故の実話を描いた「生きてこそ」を思い出します。
死んでも生き残っても、辛い人間ドラマがありますね。

鯨との場面や海のシーンは迫力があり、大きいスクリーンでの観賞をお薦めします。
しぶきが自分にかかってくるように感じますよ。

映画は、酒浸りの宿屋の亭主となっているトムが、作家のメルヴィルに語る形で進みます。

In_the_heart_of_the_sea_2

捕鯨船エセックス号の船長になったのは、家柄がよくて裕福なポラード。
船長としての威厳と手腕を見せようとします。
そのいとこで、船に乗っているヘンリー・コフィンを演じるのは、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」で16歳のトム・リドルを演じたフランク・ディレインでしたよ。

In_the_heart_of_the_sea_6

一等航海士のオーウェン・チェイスは経験豊富で、船長になるはずの約束を反故にされて怒っています。しかも家柄が良いだけで実績のないポラードが船長なのも、気に入りません。
この航海で200樽の鯨油を持ち帰れば、次は船長にとの契約書を船主に書かせました。
乗組員の中には、オーウェンの幼なじみのマシューもいます。

In_the_heart_of_the_sea_5

新米乗り組み員のトーマスを演じるのは、新スパイダーマンに決まったトム・ホランド。
「インポッシブル」が映画デビュー作でしたね。

In_the_heart_of_the_sea_4

漂流生活が長くなると、髪はぼさぼさ、髭はぼーぼーで、乗組員たちの区別がつきにくくなりました。

白鯨と遭遇した経験をもつ片腕のないスペインの捕鯨船の船長で、ジョルディ・モリャがワンシーンだけですけど出演していました。
寄港地で彼から話を聞いたオーウェンたちが、太平洋へ鯨の群れを探しに行きます。

(観賞日1月13日)

« ブリッジ・オブ・スパイ | トップページ | クリムゾン・ピーク »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

結構シビアなサバイバル劇でしたね。ただ白鯨のあまりの大きさ、モンスターでした。
あれでは勝てるわけがないし、捕鯨も不可能でした。
ドラマとしても面白かったですが、グロさも感じました。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
実話が基なので、究極のサバイバルでは当然ともいえるシビアさでした。
無人島へ助けに行ったのは、やはり海の男と思いました。

TBありがとうございます。
闘いというより、一方的にやられてましたね。
こんな事が実際にあったとは知りませんでした。
目を潤ませて死体を捨てるなと言うチェイスが、なんとも言えませんでした。

つるんとしたおでこが特徴的なポラードのいとこ、家に帰ってすぐに調べました。
トム・リドルだったんですね。(笑)

★すぷーきーさん
邦題は内容に合っていませんよね。
リアルなサバイバルでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/63229105

この記事へのトラックバック一覧です: 白鯨との闘い (試写会):

» 映画:白鯨との闘い In the Heart of the Sea 富を求め危険な旅に出る男たち [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
時代は19世紀。 くじらから取れる「鯨油」がダイアモンド級に貴重な時代。 その富を得るべく、無謀な船旅に出る荒くれ者達が多くいた。 主人公(=クリス・ヘムズワーズ)の乗る、“エセックス号も、そんな一隻。 米 ナンタケット港を新米船長と共に出港し、鯨を捜...... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【IN THE HEART OF THE SEA】 2016/01/16公開 アメリカ 122分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に、男たち...... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 過去映画『白鯨』(1956)の単なる焼き直しだろうと舐めていたら [続きを読む]

» 白鯨との闘い3D ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ。19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。主人公を...... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [象のロケット]
1819年、捕鯨産業が盛んだった頃のアメリカ、ナンタケット島。 一等航海士オーウェン・チェイスは、船長のジョージ・ポラードらと捕鯨船エセックス号に乗り、太平洋を目指すことに。 太平洋沖4800km、死の海域で21人の乗組員達を待ち構えていたのは、体長30メートルにも及ぶ巨大な白い鯨だった…。 世界的名著『白鯨』の原点ともなった海難事故の実話物語。... [続きを読む]

» 白鯨との闘い  監督/ロン・ハワード [西京極 紫の館]
【出演】  クリス・ヘムズワース  ベンジャミン・ウォーカー  キリアン・マーフィー  トム・ホランド  【ストーリー】 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。一等航海士オーウェン・チ...... [続きを読む]

» 映画:「白鯨との闘い」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成28年1月22日(金)。 映画:「白鯨との闘い」。 監 督:ロン・ハワード 脚 本:チャールズ・リーヴィット 衣裳デザイン:ジュリアン・デイ キャスト: オーウェン・チェイス:クリス・ヘムズワース ジョージ・ポラード:ベンジャミン・ウォーカー …... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [心のままに映画の風景]
1819年、鯨油を入手するためアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港したエセックス号のクルーたちは、トラブル続きの航海で思うように鯨を捕らえることができず、焦りばかりが募っていく。 寄港地で鯨の群れの情報を聞きつけた一行は、南米大陸の西3700キロで白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇。 一等航海士オーウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース)をはじめとする乗員たちは、強...... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [映画と本の『たんぽぽ館』]
何かの偉大な意志によって・・・ * * * * * * * * * * 19世紀捕鯨船エセックス号での実話の映画化です。 小説「白鯨」のヒントになったものとのこと。 そのため本作は、作家ハーマン・メルビル(ベン・ウィショー)が エセックス号の最後の生き残...... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [映画好きパパの鑑賞日記]
 アメリカ文学の傑作「白鯨」の元ネタの一つとなった「エセックス号事件」の映画化。原作本は未読ですが、映画はさまざまな要素を忠実に反映しようとするあまり、全体的に薄味で何に力点を置きたかったのかが不明瞭になった印象です。  作品情報 2015年アメリカ映画 …... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [atts1964の映像雑記]
2015年作品、ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース主演。 1850年、アメリカの新進作家メルヴィル(ベン・ウィショー)は、ある宿に夜に到着した。 しかしそこにいた夫人に(ミシェル・フェアリー)もう今日は遅いのでと断られそうになるが、彼が自分の身分を明かすとトマス(ブレンダン・グリーソン)という男に会わせてくれた。 彼はかつてエセックス号という捕鯨船に乗り組み、巨大な白いクジラと戦った人々の最後の生き残りだった。 しかし、トマスは頑なに語りがらない。全財産をギャラに差..... [続きを読む]

» 白鯨との闘い。 [すぷのたわごと。]
『白鯨との闘い』を観に行ってきました。 このタイトルを見て、てっきり小説「白鯨」の映画化かと勘違い。 あの小説、読んでないんだよな~、と思って躊躇していたら、チラシに実話と書いてある。 そうなの?じゃあハーマン・メルヴィルの小説は読んでなくても大丈夫? と思ったら、まったくの無関係でもないらしく。 「白鯨」のもととなった、実際に起こった事件を描いたナサニエル・フィルブリックの「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をもとに映画化したものだそうだ。 どっち..... [続きを読む]

» 海へ~『白鯨との闘い』 [真紅のthinkingdays]
 IN THE HEART OF THE SEA  1850年。小説家ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィショー)は、かつて商業 捕鯨の中心地だったニューイングランド州ナンタケット島を訪れる。30年前 に伝説の白鯨との闘いに破れ、海に沈んだエセックス号の最後の生き残り、 トム・ニカーソン(ブレンダン・グリーソン)に会うために。メルヴィルは彼から、 遭難の...... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「白鯨との闘い」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 ナサニエル・フィルブリック著「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」原作。ハーマン・メルヴィルの海洋小説「白鯨」のモデルとなった捕鯨船沈没事故を、「ラッシュ/プライドと友情」のロン・ハワード監督、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース主演で映画化。 「... [続きを読む]

» 「白鯨との闘い」 [ここなつ映画レビュー]
小説「白鯨」は、生き残りの船乗りに小説家ハーマン・メルビルがその壮絶な体験を取材し、それを基に書かれた。という設定で、1800年代初頭に起こった捕鯨船での出来事を描いたスペクタクル。だが、鑑賞する前は、巨大クジラと船乗りの闘いがメインなのだとばかり思っていたが(いや当然それはメインなのだが)、しかし実際には、巨大クジラに船を破壊されて大海原に放り出された船乗り達の、壮絶なサバイバル・ストーリーであった。そして個人的にはその方が圧倒的に好みである。何故語り手二カーソンはこれまでその体験に口をつぐんでい... [続きを読む]

» 極限の中の闘い、決断 [笑う社会人の生活]
19日のことですが、映画「白鯨との闘い」を鑑賞しました。 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにナンタケット島を出港 一等航海士オーウェンら乗員たちは 太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇 彼らは強大な敵...... [続きを読む]

» 白鯨との闘い 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
ロン・ハワード監督の新作でクリス・ヘムズワース が主演と『ラッシュ プライドと友情』のコンビが 再び実現した、有名小説「白鯨」にインスパイアを 与えた実話を基にした映画『白鯨との闘い』が 公開されましたので観に行ってきました。 こちらは3D映画でしたので3D字幕…... [続きを読む]

» 白鯨との闘い [銀幕大帝α]
IN THE HEART OF THE SEA 2015年 アメリカ 122分 ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2016/01/16) 監督: ロン・ハワード 『天使と悪魔』 製作: ロン・ハワード 原作: ナサニエル・フィルブリック『白鯨との闘い』 出演: クリス・ヘムズワース:オーウェン...... [続きを読む]

» 「白鯨との闘い」 [或る日の出来事]
くじら、こうやって捕っていたのか~。たいへんだ。 [続きを読む]

« ブリッジ・オブ・スパイ | トップページ | クリムゾン・ピーク »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ