サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« クリムゾン・ピーク | トップページ | ドリーム ホーム 99%を操る男たち (試写会) »

2016年1月19日 (火)

パディントン

MIするニコールとクマ

Paddington

公式サイト http://paddington-movie.jp

イギリスのロンドンに住む冒険家が、暗黒の地ペルーで、新種のクマを発見した。
数十年後、地震で家とおじさんを亡くしたクマが、おばさんに送り出されてペルーから密航し、新しい居場所を求めてロンドンにやってきた。慌ただしく人が行きかう駅で途方に暮れていたクマは、ブラウン一家の親切な夫人に声をかけらける。駅名にちなんで“パディントン”と名付けられた彼は、ブラウン家の屋根裏に泊めてもらうことに。しかし初めての都会暮らしで、ドタバタの連続となる。

字幕版で見てきました。
なかなか楽しい映画でした。

キャラクターとしてのパディントンは見ていても、本は読んだことがないので、名前が駅名からとは知りませんでした。
そしてペルー出身なのね。

パディントンのおじさんとおばさんが、冒険家と遭遇したクマ。
冒険家が、ロンドンでは礼儀正しくすれば誰でも親切にしてくれると言っていたのを頼りに、ロンドンにやってきた。
でも礼儀正しくしても、誰も知らんぷり。

挿絵画家で親切なブラウン夫人に声をかけられ、冒険家が見つかるまでブラウン一家のごやっかいになる事に。

Paddington_4_2

そんなバディントンをはく製にしようと、博物館のミリセント(ニコール・キッドマン)が狙ってきます。

Paddington_3

ミッションインポッシブルみたいなアクションあり、笑いあり、感動もありで、ファミリームービーにいいですね。
家族は、血縁や人種は関係ないのです。

バードおばさん(ジュリー・ウォルターズ)が絶妙の対ミンクで登場して笑いました。

(鑑賞日1月18日)

« クリムゾン・ピーク | トップページ | ドリーム ホーム 99%を操る男たち (試写会) »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/63525507

この記事へのトラックバック一覧です: パディントン:

» 『パディントン』(2014) [【徒然なるままに・・・】]
ペルーを訪れた冒険家が、言葉を喋るクマの夫婦と仲良くなる。そして40年後、ペルーから一頭の密航者が現れた。この夫婦に育てられた甥っ子のクマだ。偶然通りかかった旅行帰りのブラウン一家にパディントンと名付けられた彼は、しばらくブラウン家に居候することに。礼儀正しく紳士的でありながら、失敗を繰り返すパディントンだったが、最初は迷惑がっていた一家も徐々に親しんでいく。だがこのパディントンを執拗に付け回す謎の美女が現れた…?!マイケル・ボンドの『くまのパディントン』を原作とした映画ですが、いやー、パディントン... [続きを読む]

» パディントン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(P) 世界的有名な児童小説はオッちゃんには少々退屈だった。 [続きを読む]

» パディントン★★★★ [パピとママ映画のblog]
長年世界中で愛されている、マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。見知らぬ国にやって来たクマが親切な家族と出会い、パディントンと名付けられて新しい冒険に乗り出す姿を映す。『ハリー・ポッター』シリーズなどのプロデューサー、デヴィッド...... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「パディントン」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 1958年の初出版以来、世界40か国以上で愛され続ける、マイケル・ボンド原作の児童文学作品を、「ハリー・ポッター」シリーズのデヴィッド・ハイマン製作、「007スペクター」のベン・ウィショー主演(CV)で映画化。 ペルーからはるばる、家を探しにロンドンま... [続きを読む]

» 映画『パディントン』★ロンドンに来た好青年クマさんvs.N・キッドマン [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/167992/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 松坂桃李 さんが、パディントンの吹き替えをされるというので 楽しみにしていました☆ かわいいクマさんというより、好青年♪ 紳士的とも言われますが、やはり ワイルドな動物の片鱗も ……^^; &nb..... [続きを読む]

» ショートレビュー「パディントン・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「他人の家」で、暮らすには。 ペルーの山奥からロンドンへやって来た、言葉を喋るクマのパディントンが、安住の「家」を探して、居候先のブラウンさん一家と大騒動を巻き起こす。 半世紀以上にわたって愛されている、マイケル・ボンド原作の児童文学、「くまのパディントン」初の実写映画化である。 
どこか「メリー・ポピンズ」を思わせる、とても暖かくて可笑しいブリティッシュファミリームービーだ。
 ...... [続きを読む]

» パディントン [映画好きパパの鑑賞日記]
 ロンドンにやってきた紳士的なクマが巻き起こす騒動をユーモラスに描いた子供から大人まで楽しめる作品。イギリスらしく、シニカルなところもありますね。吹き替え版で見ましたが、松坂桃季が上手でした。  作品情報 2014年イギリス映画 監督:ポール・キング 出演…... [続きを読む]

» 「パディントン」 [或る日の出来事]
たいへん、よク、マとまりました。 [続きを読む]

» パディントン [C’est joli ここちいい毎日を♪]
パディントン 14:イギリス ◆原題:PADDINGTON ◆監督:ポール・キング ◆主演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ 、ジム・ブロードベント、ピーター・カパルディ、ベン・ウィショー ◆STORY◆南米ペルーのジャ...... [続きを読む]

» マーマレードは飲み物です(笑)~『パディントン』【字幕版】 [真紅のthinkingdays]
 PADDINGTON  「暗黒の地」 ペルーの森から、赤い帽子をかぶったクマ(声:ベン・ウィショ ー)が大都会ロンドンへやってきた。雑踏で途方に暮れていた彼はブラウン夫 人(サリー・ホーキンス)に助けられ、駅の名前から 「パディントン」 と名付け られる。    誰もが知っている 「クマのパディントン」 がまさかの実写映画化・・・。しか し 『テッ...... [続きを読む]

» 『パディントン』 [beatitude]
南米ペルーのジャングルから、一頭のクマがイギリス・ロンドンへ家を探しにやってきた。丁寧な言葉遣いで話しかけてもクマであるため誰にも相手にされずにいたが、親切なブラウン家の屋根裏に泊めさせてもらえることに。一家は彼と出会った場所にちなみ、彼をパディントン...... [続きを読む]

» パディントン 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
しゃべる熊が活躍する原作が児童文学の映画 『パディントン』が公開されましたので 観に行ってきました。 しゃべる熊のぬいぐるみが主人公のコメディ 『テッド』は大人向けの内容でしたが、こちらは ファミリー映画、ですので吹き替え版が多い中、 近くのシネコンで字幕版…... [続きを読む]

» パディントン [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【PADDINGTON】 2016/01/15公開 イギリス 97分監督:ポール・キング出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルディ、ニコール・キッドマン声の出演:ベン・ウィショー(パディントン) きっと見つかる、もっといいこと。 STORY:真っ赤な帽子を被り礼儀正しいそのクマは、イギリスの探検家に会うため南米ペルーのジャングルから船ではるばるロンドンまでやって来たばかり。大きな駅で途方に暮れているところを挿絵画家のブラウン... [続きを読む]

« クリムゾン・ピーク | トップページ | ドリーム ホーム 99%を操る男たち (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ