サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« WISH I WAS HERE/僕らのいる場所 | トップページ | レオ GG賞受賞 »

2016年1月 4日 (月)

人生の約束 (試写会)

つながれ~~~

Jinsei

公式サイト http://www.jinsei-no-yakusoku.jp
1月9日公開

IT関連企業のCEO中原祐馬(竹野内豊)の携帯に、共に起業しながらも会社を追い出す形で3年前に決別した、かつての親友、航平から何度も着信があった。それを無視し続けた祐馬だったが、胸騒ぎを覚えて航平の故郷、富山県の新湊へ向かうと、すでに航平は亡くなっていた。病に冒され余命僅かだった航平が、新湊曳山まつりをめぐって地元の四十物町のために奔走していた事を知った祐馬は、西町に譲渡された曳山を取り戻そうと奮闘する。

完成披露会見よりも前の、試写会見ました。
当日、試写会場で上映作を知らされる試写会でしたが、好きな俳優のひとり、竹野内豊の主演作でラッキーでした。

監督の石橋冠はテレビドラマを撮っている人で、映画は初監督だそうです。
1本だけ映画を撮りたかったそうで、監督の奥さんの故郷が、映画の舞台となっている。
テレビでの人脈か、演技派のベテランをそろえてます。

ひたすら仕事に邁進してきて、いつの間にかワンマン社長で、人とのつながりがない男が、自分を見つめ直すという、内容としては目新しいものではありません。

しかしながら新湊の風景が素敵だし、初めて見た曳山まつりもすごいなと思ったし、何気ない場面で涙がこぼれてくる映画でした。
祭りでは、いかにも泣かせどころという場面がありますが、そうでないところでも、度々じわっとくる場面がありました。

Jinsei_3

航平の娘(高橋ひかる)の瞳と祐馬がフランスパンを食べる場面は、特にどうという場面ではないのに、なぜかぽろぽろ涙が。
知らないうちに、心にしみる場面が多かったのかもしれません。

Jinsei_4

祐馬の秘書に優香、部下に松坂桃李

Jinsei_2

航平の妻の兄に、江口洋介
航平をクビにし、病床の航平の電話を無視した祐馬に、敵意むき出し。

四十物町の町内会長に、西田敏行
東京から来た刑事に、ビートたけし

Jinsei_5

悪役の、西町の町内会長に、柄本明

Jinsei_6

(観賞日2015年9月5日)

« WISH I WAS HERE/僕らのいる場所 | トップページ | レオ GG賞受賞 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。
この作品は好きな俳優さんも出てるしちょっと気になってます。

★yukarinさん
こちらこそよろしくお願いいたしますね。

この作品はベタな内容ですが、
感動できるし、風景が素敵でした。

こんにちは。
観てきました!!
内容はベタでしたが素敵な作品でしたね。
俳優さんたちの演技も良かったですが、新湊の風景が素敵で癒されました。
来月、富山に行くので見てこようと思ってます。

★yukarinさん
実際の新湊の風景を見られるのですね。
天気が良いといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/63028257

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の約束 (試写会):

» 人生の約束 [C’est joli ここちいい毎日を♪]
人生の約束 16:日本 ◆監督:石橋冠 ◆主演:竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、優香、小池栄子、美保純、市川実日子、高橋ひかる、立川志の輔、室井滋、柄本明、北野武、西田敏行 ◆STORY◆IT関連企業のCEO中原祐馬は、共に会社を興し決別したかつての親友・塩谷航平の...... [続きを読む]

» 『人生の約束』 [こねたみっくす]
人生は失くしてから気付くことばかり。 何と素晴らしい作品なのか。ただその素晴らしさを脚本と演出が全く理解し切れていないのが何とも残念で勿体無いこと。 日本人が大切にして ... [続きを読む]

» 人生の約束 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
「池中玄太80キロ」「菊次郎とさき」をはじめ数々のTVドラマを手がけてきたベテラン演出家・石橋冠が初めて撮り上げた映画作品。主演の竹野内豊、江口洋介のほか、西田敏行、ビートたけし、柄本明はじめ豪華キャストが結集。 あらすじ:会社の拡大にしか興味のないI...... [続きを読む]

» 人生の約束 [象のロケット]
IT関連企業のCEO中原祐馬は、共に会社を興し決別したかつての親友・塩谷航平の死を知らされる。 航平の最期の望みは、故郷・富山県新湊の曳山祭で、曳山(山車)を曳くことだった。 しかし航平の地元・四十物町(あいものちょう)の曳山は、維持費や曳き手不足のため、近隣の西町に既に譲渡されていた。 航平の娘・瞳に頼まれ、祐馬は曳山を四十物町に取り戻そうとするが、会社で一大事が起こってしまう…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

» 「人生の約束」友人の事情を知った先にみた自らの過ちに気づけたからこそ知る約束を果たすには人を動かすための言葉と行動が必要だという事 [オールマイティにコメンテート]
「人生の約束 」は共に会社を立ち上げながら意見の食い違いから会社を去った友人が突然亡くなった事で亡くなった友人の故郷を訪れた男がそこで友人がやろうとしていた事を知りその ... [続きを読む]

» 映画「人生の約束」を観ました!!(2016-01) [馬球1964]
映画「人生の約束」を観ました!! [続きを読む]

» 人生の約束(ネタバレあり!) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[人生の約束] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2016年1本目です。 【あらすじ】 IT企業で社長をしている中原祐馬(竹野内豊)は、かつての親友・航平からの度重なる着信に不安を覚え、彼の故郷・四十物(あいもの)町を…... [続きを読む]

» 『人生の約束』 [cinema-days 映画な日々]
会社の拡大の為、親友までも解任した 青年実業家が、友を亡くして初めて気付く、 人との「つながり」の本当の意味... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:山川健一... [続きを読む]

» 人生の約束 [映画的・絵画的・音楽的]
 『人生の約束』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ニシノユキヒコの恋と冒険』の竹野内豊が主演の作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、富山県射水市新湊地区の四十物町(あいものちょう)の町内会長・西村(西田敏行)の声で、「...... [続きを読む]

» 人生の約束 [映画と本の『たんぽぽ館』]
立山連峰、曳山まつりの光景はピカイチ * * * * * * * * * * 富山県射水市新港の曳山祭りを背景とした人間ドラマ。 中原祐馬(竹野内豊)は、新興IT企業のCEO。 会社拡大のことしか頭になく、ワンマンで冷酷、逆らうものは容赦なくクビ。 そんなあ...... [続きを読む]

» 人生の約束 [映画好きパパの鑑賞日記]
 新人監督なのに豪華キャストなのは不思議だったのですが、石橋冠監督は「池中玄太80キロ」などテレビでは有名なベテラン演出家だったのですね。ただ、感覚が非常に昭和的で、無理に泣かせようとする肌合いがあいませんでした。  作品情報 2015年日本映画 監督:石…... [続きを読む]

» 映画「人生の約束」 [FREE TIME]
映画「人生の約束」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 映画『人生の約束』★人生は”思いやり”と”つながり”と”祭り”☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/167547/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 「新湊曳山まつり」 の富山県射水市が舞台です。 昨年、新湊に行ったので、懐かしい気持ちで鑑賞しました。 ・ 「新湊曳山まつり」のこと → コチラ 劇中に出てくる赤い灯台が切れてしまいました。(_&l..... [続きを読む]

» 「人生の約束」 [ここなつ映画レビュー]
このままでは今年は一本も邦画を観ないことになる…!と、2月にして早危機感を覚えたので、選んだのがこの「人生の約束」。あれ…邦画ってこんなに良いものだっけ…?凄くいい。凄く染みる。いや、恐らくこれは、私が年をとったせいなのだろう。否、年相応の作品を選んだのだというべきか。友人同士で会社を立ち上げ、成功過程で袂を分かつ仲間達…知ってる。具体的な事例を。一度は東京に出て働いてみたものの、様々な理由で故郷に舞い戻ってくる男達…知ってる。具体的な事例を。故に、立ち止まることもなく、日々の仕事に忙殺されている3... [続きを読む]

» [映画][2016年の映画][☆☆☆★★]「人生の約束」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「池中玄太80キロ」等、数々の名作ドラマを手がけた演出家・石橋冠初劇場監督作品。富山県新湊を舞台に、周囲を省みず仕事一筋に生きてきた男が、たった一人の友人の死をきっかけに人生を見つめ直す、ヒューマンストーリー。 ドラマは年に数本観る程度なので、正直同監督... [続きを読む]

« WISH I WAS HERE/僕らのいる場所 | トップページ | レオ GG賞受賞 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ