鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

追憶の森 ジャパン・プレミア

知らなかった妻の事

The_sea_of_trees

公式サイト http://tsuiokunomori.jp
4月29日公開

監督: ガス・ヴァン・サント  「ミルク」 「永遠の僕たち」 「プロミスト・ランド」

アメリカから富士山麓の青木ヶ原樹海にやってきたアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)の目的は、ここで自らの人生を終わらせる事だった。森の奥深くに分け入り、睡眠薬で自殺を図ろうとしていた彼の前に、傷だらけの体で森の出口を求めてさまよう、日本人男性(渡辺謙)が現れる。妻子のところへ戻るために助けを求める彼を放っておけず、アーサーは一緒に出口を探す。しかし一向に出口を見つけられず、森の中を彷徨い歩く2人に次々と試練が襲いかかる。アーサーはナカムラ・タクミと名乗るこの男性に次第に心を開いてゆき、自分がここへやって来た理由を語り始める。

続きを読む "追憶の森 ジャパン・プレミア" »

2016年4月27日 (水)

マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会)

生の舞台が見たくなる

The_car_man

公式サイト http://matthewbournecinema.com/thecarman
6月25日公開

2015年8月、イギリス、サドラーズ・ウェルズ劇場で撮影

世界的に高い評価を得る振付師マシュー・ボーンと彼のダンスカンパニー、ニュー・アドヴェンチャーが贈る「ザ・カーマン」は、ジョルジュ・ビゼーの名作オペラ「カルメン組曲」を元にした作品だ。クラシック音楽の中でも耳にすれば聞き覚えがある人気曲で最も心が動かされる曲の一つとも言える「カルメン」の曲を、マシュー・ボーンの「シザーハンズ」でも音楽を手がけたテリー・デイヴィスが秀逸なアレンジを加えている。舞台は設定を19世紀スペインのタバコ工場から1960年代のアメリカにあるガレージ・ダイナーに置き替えられ、小さな街で渦巻く情熱や夢が一人のハンサムな旅人の出現でかき乱されるスリラーだ。欲望・情欲に動かされ、地元の人々は、抑えることのできない嫉妬・裏切り・復讐のスパイラルへと引き込まれていく。
(チラシより)

続きを読む "マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会)" »

2016年4月26日 (火)

レヴェナント:蘇えりし者

圧倒的な自然

The_revenant

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant

実話を基にした映画

原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

1823年、アメリカ北西部。ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)率いる狩猟集団のガイド役を務めるヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、ハイイログマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。ヘンリー隊長は旅の負担になるとグラスを諦め、ブリジャー(ウィル・ポールター)とフィッツジェラルド(トム・ハーディ)に、彼の最期を看取って丁重に埋葬するよう命じたが、フィッツジェラルドはグラスの息子(フォレスト・グッドラック)を殺し、ブリジャーをだましてグラスを置き去りにしてしまう。奇跡的に死の淵から生還したグラスは、フィッツジェラルドに復讐を果たすべく、厳寒の未開拓地をひたすら前へと突き進んでいく。

続きを読む "レヴェナント:蘇えりし者" »

2016年4月18日 (月)

スポットライト 世紀のスクープ

その数に驚いた shock

Spotlight

公式サイト http://www.spotlight-scoop.com

事実を基にした映画

監督: トム・マッカーシー  「扉をたたく人」 「 靴職人と魔法のミシン」

20001年の夏、ボストン・グローブ紙に新しい編集局長のマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)が着任する。彼は、ある神父による性的虐待事件を詳しく掘り下げる方針を打ち出す。しかしボストン・グローブの読者は半数以上がカトリック教徒で、彼らの反発を招きかねないと、古参幹部は難色を示すが、地元のしがらみと無縁で、なおかつユダヤ人のバロンは強気に押し切っていく。その担当を命じられたのは、独自の極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たち。デスクのウォルター"ロビー"ロビンソン(マイケル・キートン)をリーダーとするチームは、地道な取材を積み重ねて、大勢の神父が同様の罪を犯しているおぞましい実態と、その背後に教会の隠蔽システムが存在する疑惑を探り当てる。

続きを読む "スポットライト 世紀のスクープ" »

2016年4月17日 (日)

ルーム

子役が主役

Room

公式サイト http://gaga.ne.jp/room

原作: 部屋 (エマ・ドナヒュー著/講談社)
監督: レニー・アブラハムソン  「FRANK -フランク-」

閉じ込められた[部屋]で暮らす、ママ(ブリー・ラーソン)とジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)。ママはオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)と呼んでいる男によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ジャックが5歳になった時、ママはこの密室しか知らない息子に、外の世界を見せる事を決意する。

続きを読む "ルーム" »

2016年4月16日 (土)

ボーダーライン

終わりのない闇

Sicario

公式サイト http://border-line.jp

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 「プリズナーズ」 「複製された男」

FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、ある日、豊富な現場経験を買われてメキシコの麻薬組織“ソノラ・カルテル”の壊滅と最高幹部マヌエル・ディアスの拘束という極秘任務を帯びた特殊部隊にスカウトされる。その部隊のリーダー、マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)や作戦のコンサルタントだという謎めいた男、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)ともに、ケイトは国境を越えてメキシコのフアレスに向かった。そこで待っていたのは、正義や法の手続きなどが一切通用しない、暴力のみが支配する麻薬戦争のあまりにも深い闇だった。

続きを読む "ボーダーライン" »

2016年4月15日 (金)

ミラクル・ニール!

デニスかわいい

Absolutely_anything

公式サイト http://miracle-neil.jp

監督: テリー・ジョーンズ  「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」 「エリック・ザ・バイキング/バルハラへの航海」

遥か銀河の彼方、人類が打ち上げた探査機が、宇宙人と遭遇。そしてエイリアンたちが地球の処遇を巡って議論を重ね、即時破壊が検討されるが、地球には最後のチャンスとして、無作為に選ばれた一人に全知全能の力が与えられ、その人物の行動を見て最終判断が下されることに。こうして知らないうちに地球の命運を託されてしまったのが、学校教師のニール(サイモン・ペッグ)。階下の美女キャサリン(ケイト・ベッキンセール)に叶わぬ想いを寄せ、愛犬デニスと冴えなくもお気楽な毎日を送っていた。それがある日突然、自分の周りで次々とありえない事が起こり始め、自分がとんでもないパワーを手に入れたことに気づく。

続きを読む "ミラクル・ニール!" »

2016年4月 8日 (金)

コミック借りた

レンタル店で、コミック5冊まで無料のクーポン(コミックを借りたことないのに、なぜこんなクーポンが?)が出たので、せっかくだから映画化されて6月に公開予定の「高台家の人々」を借りてみました。

Koudai

外見も中身もごくごく平凡な29歳のOL平野木絵が、同じ会社の年下のエリート、高台光正から声をかけられ、交際して結婚へという、ハーレクインロマンスの展開。

2歳年下の高台光正は、アメリカから転勤してきた、長身で黒髪に青い目の超イケメンという設定。妹と弟も黒髪に青い目で容姿端麗。
彼の家は元華族の家柄で、お金持ち。すごいお屋敷住まいです。
祖母はイギリスの伯爵令嬢で、金髪に青い目の美人だった。イギリス留学していた祖父茂正を日本へ追いかけてきて結婚。

実はこのおばあちゃん、人の心が読める能力の持ち主。
息子にはその能力はないが、3人の孫にはその能力が遺伝している。

そんなテレパス能力ゆえ、一緒にいて心地よい相手はめったにいない。
3人とも、選んだ相手はセレブでも有名人でも、人目を惹く外見を持つ人でもなく、はた目には平凡に見える人。

3兄弟は人の心は読めるけど、自分の心はわかっていなかった。

木絵は超内気で、人にはっきり自分の意見を言えない。
光正が木絵を気に入った理由は、性格がいいのと、悲しい事や辛い事も、自分が創造した物語を妄想して乗り越えている事。
人の悪口は言わないし、人を恨んだりしない。

光正には木絵の妄想がツボで、彼はついつい笑ってしまうのだけれど、私のツボではありませんでした。
それより、おばあちゃんや孫3人が読む、他人の心がツボだった。
いるいる、こういう女、と何度も思いました。(爆)

映画は6月4日公開予定。

Koudai_movie

私のイメージでは、木絵の外見は黒木華ね。でも年齢が彼女だと合わないわね。
一番ぴったりと思えるのは、光正の母役の大地真央だわ。
この人なら、ビシバシ嫁を鍛えそうだもの。(笑)

2016年4月 7日 (木)

グランドフィナーレ (試写会)

老人にとっての未来と過去

Youth

公式サイト http://gaga.ne.jp/grandfinale
4月16日公開

監督: パオロ・ソレンティーノ  「グレート・ビューティー/追憶のローマ」

世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)は、作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで休暇を過ごしていた。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、彼は若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。ある日、フレッドに英国女王から、彼の代表曲の指揮の依頼が舞い込むが、彼は頑なに断り続け、理由を話そうとしない。

続きを読む "グランドフィナーレ (試写会)" »

2016年4月 4日 (月)

砂上の法廷

誰でも嘘をつく

The_whole_truth

公式サイト http://gaga.ne.jp/sajou

監督: コートニー・ハント 「フローズン・リバー」

資産家の大物弁護士が自宅で殺害され、17歳の息子マイク・ラシター(ガブリエル・バッソ)が容疑者として逮捕される。マイクは完全黙秘を続け、弁護を引き受けた弁護士のラムゼイ(キアヌ・リーヴス)にも、一言も話さない。法廷では検察側の証人が、次々とマイクの有罪を裏付ける証言するが、ラムゼイは証言のわずかなほころびを見逃すことなく、証人たちの嘘を見破る。

続きを読む "砂上の法廷" »

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ