サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

    ジョン・ウィック:パラベラム

    僕のワンダフル・ジャーニー

日本へのメッセージ

« グランドフィナーレ (試写会) | トップページ | ミラクル・ニール! »

2016年4月 8日 (金)

コミック借りた

レンタル店で、コミック5冊まで無料のクーポン(コミックを借りたことないのに、なぜこんなクーポンが?)が出たので、せっかくだから映画化されて6月に公開予定の「高台家の人々」を借りてみました。

Koudai

外見も中身もごくごく平凡な29歳のOL平野木絵が、同じ会社の年下のエリート、高台光正から声をかけられ、交際して結婚へという、ハーレクインロマンスの展開。

2歳年下の高台光正は、アメリカから転勤してきた、長身で黒髪に青い目の超イケメンという設定。妹と弟も黒髪に青い目で容姿端麗。
彼の家は元華族の家柄で、お金持ち。すごいお屋敷住まいです。
祖母はイギリスの伯爵令嬢で、金髪に青い目の美人だった。イギリス留学していた祖父茂正を日本へ追いかけてきて結婚。

実はこのおばあちゃん、人の心が読める能力の持ち主。
息子にはその能力はないが、3人の孫にはその能力が遺伝している。

そんなテレパス能力ゆえ、一緒にいて心地よい相手はめったにいない。
3人とも、選んだ相手はセレブでも有名人でも、人目を惹く外見を持つ人でもなく、はた目には平凡に見える人。

3兄弟は人の心は読めるけど、自分の心はわかっていなかった。

木絵は超内気で、人にはっきり自分の意見を言えない。
光正が木絵を気に入った理由は、性格がいいのと、悲しい事や辛い事も、自分が創造した物語を妄想して乗り越えている事。
人の悪口は言わないし、人を恨んだりしない。

光正には木絵の妄想がツボで、彼はついつい笑ってしまうのだけれど、私のツボではありませんでした。
それより、おばあちゃんや孫3人が読む、他人の心がツボだった。
いるいる、こういう女、と何度も思いました。(爆)

映画は6月4日公開予定。

Koudai_movie

私のイメージでは、木絵の外見は黒木華ね。でも年齢が彼女だと合わないわね。
一番ぴったりと思えるのは、光正の母役の大地真央だわ。
この人なら、ビシバシ嫁を鍛えそうだもの。(笑)

« グランドフィナーレ (試写会) | トップページ | ミラクル・ニール! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミック借りた:

« グランドフィナーレ (試写会) | トップページ | ミラクル・ニール! »