サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会) | トップページ | シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ »

2016年4月28日 (木)

追憶の森 ジャパン・プレミア

知らなかった妻の事

The_sea_of_trees

公式サイト http://tsuiokunomori.jp
4月29日公開

監督: ガス・ヴァン・サント  「ミルク」 「永遠の僕たち」 「プロミスト・ランド」

アメリカから富士山麓の青木ヶ原樹海にやってきたアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)の目的は、ここで自らの人生を終わらせる事だった。森の奥深くに分け入り、睡眠薬で自殺を図ろうとしていた彼の前に、傷だらけの体で森の出口を求めてさまよう、日本人男性(渡辺謙)が現れる。妻子のところへ戻るために助けを求める彼を放っておけず、アーサーは一緒に出口を探す。しかし一向に出口を見つけられず、森の中を彷徨い歩く2人に次々と試練が襲いかかる。アーサーはナカムラ・タクミと名乗るこの男性に次第に心を開いてゆき、自分がここへやって来た理由を語り始める。

渡辺謙さんの舞台挨拶付きの試写会。
入り口で、マスコミプレスをもらいました。
1800円の有料試写会だけど、TOHOシネマズのポイントもついたし、お得だったわ。
プレミアボックスシートは関係者席にしていたようで、その中に浅野忠信がいましたよ。

司会は伊藤さとりさん。
謙さんは舞台横の出入り口ではなく、観客が出入りする通路から登場しました。

ロサンゼルスで仕事があるために来日できないマシュー・マコノヒーからは、結構色々と話しているビデオメッセージがありました。
謙さんを色々といじって、とてもユーモラスなマシューでした。happy01
これが見られたのも、お得よね。

さて映画ですが、映画の舞台は日本の青木ヶ原樹海。
始めに脚本ありきの作品だったそうです。
脚本を担当したクリス・スパーリングが、たまたまインターネットで青木ヶ原の事を知ったそうです。そこから物語を考えたらしい。

日本でも撮影していますが、大部分はボストンにある森での撮影だとか。
なので、日本ものではないものがないように、謙さんは小道具のチェックなどもしたそうです。

映画の始まりは、アメリカから片道切符で日本にやってくるアーサー。
樹海の奥に入って行き、岩に腰を下ろし、薬を飲み始める。

The_sea_of_trees_2

すると、ふらふらと歩いている男性を見つける。
近寄って行くと、傷だらけの体で、2日間出口を探しているという。
アーサーは彼に水を与え、コートを着せて出口の方向を指し示す。

The_sea_of_trees_3

しかし、なぜかその方向は行き止まりになっていた。

結局アーサーは、タクミと名乗るこの男とともに出口を探し歩く。
一緒に歩き回るうちに、アーサーは、ここへ来た理由を話し始めます。

アーサーと妻ジョーン(ナオミ・ワッツ)との結婚生活は、うまくいっていなかった。

The_sea_of_trees_4

原因は、アーサーが職場の同僚と浮気した事。
そのせいで妻の酒量が増え、アル中に。そして妻は事あるごとに、アーサーを責めた。
アーサーは転職したが、収入は低く、家計は不動産取引業をしている妻の収入に頼っていた。
そんな夫婦関係が、妻の病気によって変化。
ジョーンに起きた事は、ちょっと予想を裏切る展開になっていたのも良かったわ。
辛いですけどね。

タクミは、樹海は君らでいう「煉獄」だと言います。
霊が彷徨っている場所なんだと。
そして天に召されると、そこには白い花が咲くと。

タクミの妻子は、なんでそんな名前?と思いましたが、いいオチでした。happy01
様々な伏線がありましたよ。

「レヴェナント」と共通する部分があるなあと思いました。
この映画もサバイバルしてます。
そして大事な人は、亡くなっても一緒にいるよ、そばで見守っているよって。

アーサーが樹海を見渡す場面がありますが、最初と最後では彼の気持ちが違い、空気が違って感じられます。

死のうとしたアーサーが、人生を振り返り、見つめ直していく過程を見守ってください。

見終わって、一緒に心が清められたような感じでした。

(鑑賞日4月26日)

« マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会) | トップページ | シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ »

【映画】た行」カテゴリの記事

プレミア試写会」カテゴリの記事

コメント

樹海でのロケは、全部日本ではないんですね。看板とかはリアルでした。
ものが強い作品でしたが、アーサーの心情が理解できる淡く、そして人生の再生譚でしたね。
花に転生するくだりが美しかった。
TBこちらからもお願いします。

★atts1964さん
悲しい話だけど、
見終わると明るい光と心の平穏が感じられて、
良かったです。

今年はサバイバル映画が不思議と多いですよね。
妻や子の名前もそうですが、タクミもどちらかというとマイノリティですよね(笑)
ラスト、すべてが解決されホント気持ちよかったです。

★itukaさん
最近、斎藤工くんがブレイクしているので、
タクミはトレンディーかも(笑)
ちゃんと伏線が生かされていて解決していましたね。

TBありがとうございます。
有料の試写会というのがあるんですね。初めて知りました。
散りばめられた伏線が回収されるのが気持ち良かったですね。
ジョーンの事は、びっくりでした。
そういえば、渡辺謙は『インセプション』の試写会のサプライズゲストで見たことがあります。
いっぱい喋ってくれるいい人のイメージでした。

★すぷーきーさん
スターの舞台挨拶などがある場合、
時々有料の試写会がありますよ。
「リリーのすべて」もそうでしたよ。
私が行ったのでは「フューリー」がそうでした。

>渡辺謙は『インセプション』の試写会のサプライズゲストで見たことがあります。

私もその時に謙さんを見ましたよ。
今回もいっぱいしゃぺってくれましたよ。

またよくある変な描写(名前)だな、
と思ってんですが・・・
すぐには理解できず、、、(汗
その場でわかったら感動しますね(苦笑

まぁ~映画ネタとして外人の方が、よくも青木ヶ原の樹海を見つけたな!
って驚きでした。

★えふさん
今はネットで様々な情報が簡単に得られますからね。
自殺の名所になっている場所が広い樹海というのが、
外人には不思議だったのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/65057045

この記事へのトラックバック一覧です: 追憶の森 ジャパン・プレミア:

» 追憶の森 [atts1964の映像雑記]
2015年作品、ガス・ヴァン・サント監督、マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ出演。 アメリカ人のアーサー(マシュー・マコノヒー)は空港に来ていた。 荷物をまったく持たない彼、無精ひげを生やし、行き先は?ときかれそっけなく 「TOKYO」 と一言だった。 そして帰りの便の予約はしない。 到着後すぐに新幹線に乗り換え、向かった先は富士山だった。 富士山の北西に広がる青木ヶ原樹海に入っていくアーサー。 途中までは歩道があるが、ところどころに警告の看板が出ている。 その..... [続きを読む]

» 「追憶の森」 [ここなつ映画レビュー]
もうなかなかの年月を生きてきて、色んな事を経験して、本を読んで映画を観て、自分の知らない世界の事も垣間見たような気になって、社会生活ではその場その場でのお作法も学んで、物事を大人として客観的に見たり俯瞰で見たりする訓練を経て、想定内やいつか来た道だと思う事が増え、斜に構えたり、冷静を装ったり、時には多勢に無勢でやり過ごしたり、強く何かを願う事が稀になってきたり、まあいいかと諦める事が増えたり、そんなやさぐれた私にでさえ、心に染み渡る大人の童話だった。スピリチュアルな作品は、…スピリチュアルなものを信... [続きを読む]

» 追憶の森 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(11) せっかく映画の日で安いんだからってことで本作をチョイス! [続きを読む]

» 追憶の森 ★★★ [パピとママ映画のblog]
『ミルク』などのガス・ヴァン・サント監督が、「The Black List 2013」(製作前の優秀脚本)に選出された脚本を映画化。死に場所を求めて青木ヶ原樹海にやって来たアメリカ人男性が、自殺を思いとどまり樹海からの脱出を試みる日本人男性と出会ったことで、人生を見つめ...... [続きを読む]

» 追憶の森。 [すぷのたわごと。]
『追憶の森』を観に行ってきました。 日本の青木ヶ原の樹海が舞台。 原題は『 THE SEA OF TREES 』なので、“樹海”だよね? 片道切符で日本にやって来た、アーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)。 死に場所を求めて、青木ヶ原の樹海に入り込む。 薬を飲み始めたその時、男(渡辺謙)が現れる。 タクミと名乗るその男は、怪我を負いふらつきながら森の出口を探していた。 助けを求められたアーサーは、出口に続くはずの道に誘導する..... [続きを読む]

» 映画『追憶の森』★彷徨った魂の森に咲いた花を見つけたとき [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167775/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督:ガス・ヴァン・サント ・マシュー・マコノヒー (=アーサー) ・渡辺謙(=タクミ) 自殺目的のアメリカ人が、青木ヶ原の樹海に入るも 出口を探す日本人と出逢って、死ぬのをやめる―― ..... [続きを読む]

» 追憶の森 [映画好きパパの鑑賞日記]
 富士のふもと青木ケ原樹海を舞台に、マシュー・マコノヒー、渡辺謙の演技合戦が見られます。ただ、抑制されすぎているうえ、映画での死生観が、ちょっと自分にはよく分からなかったかな。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:マシュー…... [続きを読む]

» 追憶の森 [映画と本の『たんぽぽ館』]
彼が樹海で出会ったのは・・・ * * * * * * * * * * 自殺のため、富士山の麓、青木ヶ原へやってきたアメリカ人男性、アーサー(マシュー・マコノヒー)。 樹海の奥へ踏み込んでいくと、 よろよろとさまよい歩いている日本人ナカムラ(渡辺謙)と出...... [続きを読む]

» 追憶の森 [ハリウッド映画 LOVE]
[続きを読む]

» 追憶の森 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【THE SEA OF TREES】 2016/04/29公開 アメリカ 111分監督:ガス・ヴァン・サント出演:マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ 全ての謎が解けた時、あたたかな涙があふれる感動のミステリー 愛は思わぬところで、あなたを待っている。 STORY:人生に深く絶望し...... [続きを読む]

» 【追憶の森】 [りゃんひさ キネマの記]
ガス・ヴァン・サント 監督最新作『 追憶の森 』、ロードショウで鑑賞しました。 ガス・ヴァン・サント監督といえば、古くは『 マイ・プライベート・アイダホ 』『 グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち 』が印象深いです。 ショーン・コネリーが主演した『 小説家を見つけたら 』というのも監督していましたね。 その後、『エレファント』『ラストデイズ』とちょっと肌に合わなさそうな作品あたりは未鑑賞なのですが、お葬式を題材にした『 永遠の僕たち 』でその瑞々しさに感激したもので..... [続きを読む]

» 『追憶の森』 [こねたみっくす]
「ありがとう」と伝えたくて…。 何とも地味な映画です。青木ヶ原樹海でのお話とはいえ、本当に舞台劇のような俳優の演技力がモノを言う映画です。それゆえに映画的演出も少なさ ... [続きを読む]

» 青木ヶ原樹海~『追憶の森』 [真紅のthinkingdays]
 THE SEA OF TREES  アメリカから片道切符で日本にやってきたアーサー(マシュー・マコノヒー) は、富士山麓の青木ヶ原樹海にやってくる。そこで彼は、満身創痍で道に迷 い、助けを求めるナカムラ・タクミと名乗る男(渡辺謙)と出逢い、森の出口を 探して行動を共にするのだが・・・。  カンヌ映画祭で悪評が立ち、本国アメリカでは公開日...... [続きを読む]

» 追憶の森/THE SEA OF TREES [我想一個人映画美的女人blog]
今やアカデミー俳優と呼ばれるようになったマコ様こと、 マシュー・マコノヒー日本を代表する国際派俳優、渡辺謙ガス・ヴァン・サント監督作品。 (「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「エレファント」「ミルク」「誘う女」...... [続きを読む]

» 追憶の森 [象のロケット]
富士山の北西に広がる青木ヶ原樹海の森。 この地を訪れたアメリカ人男性アーサーの目的は、永遠の眠りにつくことだった。 死の準備を始めた彼の前に、怪我をした日本人男性タクミが現れる。 見かねたアーサーは、薬にふらつきながらもタクミを森の出口へ案内しようとするが、方向感覚を失った二人は森をさまようことに…。 ドラマティック・ミステリー。... [続きを読む]

» 死の森で出会った人は・・・ [笑う社会人の生活]
1日のことですが、映画「追憶の森」を鑑賞しました。 アメリカ人男性アーサーは自殺を決意し青木ヶ原樹海を訪れるが森の奥深くでけがを負った日本人男性タクミと出会う アーサーと同じく死のうと来たが考え直し 出口を求めてさまよっていた アーサーは放っておけず一緒...... [続きを読む]

» 追憶の森 [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞追憶の森/THE SEA OF TREES 2015年/アメリカ/111分 監督: ガス・ヴァン・サント 出演: マシュー・マコノヒー/渡辺謙/ナオミ・ワッツ 公式サイト 公開: 2016年04月29日 富士山の麓に広がる青木ヶ原樹海へとやって来たアーサー・ブレナン。立入禁止の立札の更に奥へと向かい、睡眠薬を飲んで自殺を図ろうとすると、ぼろぼろの...... [続きを読む]

» 追憶の森 [C’est joli ここちいい毎日を♪]
追憶の森 15:米 ◆原題:The Sea of Trees ◆監督:ガス・ヴァン・サント「ミルク」「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」 ◆主演:マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ ◆STORY◆人生に深く絶望したアメリカ人男性アーサー(マシュー・マコノヒー)は、死に場所を求めて富士山麓の青木ヶ原樹海を訪れるが、森の奥深くでけがを負った日本人男性タクミ(渡辺謙)と出会う。アーサーと同じく死のうとして樹海に来たものの考え直し、妻子のところへ戻るため助けを求めてきたタクミ... [続きを読む]

« マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会) | トップページ | シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ