サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« レヴェナント:蘇えりし者 | トップページ | 追憶の森 ジャパン・プレミア »

2016年4月27日 (水)

マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会)

生の舞台が見たくなる

The_car_man

公式サイト http://matthewbournecinema.com/thecarman
6月25日公開

2015年8月、イギリス、サドラーズ・ウェルズ劇場で撮影

世界的に高い評価を得る振付師マシュー・ボーンと彼のダンスカンパニー、ニュー・アドヴェンチャーが贈る「ザ・カーマン」は、ジョルジュ・ビゼーの名作オペラ「カルメン組曲」を元にした作品だ。クラシック音楽の中でも耳にすれば聞き覚えがある人気曲で最も心が動かされる曲の一つとも言える「カルメン」の曲を、マシュー・ボーンの「シザーハンズ」でも音楽を手がけたテリー・デイヴィスが秀逸なアレンジを加えている。舞台は設定を19世紀スペインのタバコ工場から1960年代のアメリカにあるガレージ・ダイナーに置き替えられ、小さな街で渦巻く情熱や夢が一人のハンサムな旅人の出現でかき乱されるスリラーだ。欲望・情欲に動かされ、地元の人々は、抑えることのできない嫉妬・裏切り・復讐のスパイラルへと引き込まれていく。
(チラシより)

配役
ルカ(旅人): クリス・トレンフィールド
ディノ・アルファノ(ガレージ・ダイナーのオーナー): アラン・ヴィンセント
ラナ(ディノの妻): ジジ・ストラレン
リタ(ラナの妹): ケイト・ライアンズ
アンジェロ(雇われ人): ドミニク・ノース

Car_man_4

マシュー・ボーンの舞台バレエは、「愛と幻想のシルフィード」だけ、生で見た事があります。
他のも行きたかったのですが、チケット代もかかるし、なかなかねえ~。
でも映画を見て、やっぱり生で見てみたいなあと思いました。

一緒に見たKちゃんは、中学、高校とバレエを習っていたので、「みんなすごい身体能力だわ。」そして同じく、「生の舞台を見たい。」と言っていました。

踊りがすごいだけでなく、ドラマチックで情熱的な感情面もたっぷり伝わってきます。

男性のダンサーさんたちは、みんな見事な肉体美を披露してます。
もともと男性のバレエダンサーって、脱ぐとすごいんですという均整のとれた筋肉のある体をしていますが、役柄に合わせて、通常よりマッチョに体を作っているのかなとも思いました。
ブリーフ1枚や、ボクサーショーツだけの姿もあり。

女性たちは裸足で踊るのがほとんどで、それもすごいなーと思いました。

Car_man_3

Car_man

ベースがカルメンなので、セクシャルな描写が多いですが、コミカルな部分もあり、笑い声もあがりましたよ。

Car_man_2

罪悪感から、酒浸りになるルカ。
繊細な青年だったアンジェロの、後半の変化もよかったです。

(鑑賞日4月25日)

« レヴェナント:蘇えりし者 | トップページ | 追憶の森 ジャパン・プレミア »

【映画】さ行」カテゴリの記事

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/65105203

この記事へのトラックバック一覧です: マシュー・ボーン「ザ・カーマン」 (試写会):

» 『マシュー・ボーン in シネマ「ザ・カーマン」』 [beatitude]
1960年代、アメリカ。ある小さな町のガレージ・ダイナーに、ルカが(クリス・トレンフィールド)がやってくる。この謎めいた旅人に魅せられる人々。欲望はやがて嫉妬や裏切りを呼び、破滅へと導いていく。(Movie Walkerより)久々に「ザ・カーマン」観ました。以前観たのはル...... [続きを読む]

« レヴェナント:蘇えりし者 | トップページ | 追憶の森 ジャパン・プレミア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COMING SOON

無料ブログはココログ