サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ミラクル・ニール! | トップページ | ルーム »

2016年4月16日 (土)

ボーダーライン

終わりのない闇

Sicario

公式サイト http://border-line.jp

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 「プリズナーズ」 「複製された男」

FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、ある日、豊富な現場経験を買われてメキシコの麻薬組織“ソノラ・カルテル”の壊滅と最高幹部マヌエル・ディアスの拘束という極秘任務を帯びた特殊部隊にスカウトされる。その部隊のリーダー、マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)や作戦のコンサルタントだという謎めいた男、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)ともに、ケイトは国境を越えてメキシコのフアレスに向かった。そこで待っていたのは、正義や法の手続きなどが一切通用しない、暴力のみが支配する麻薬戦争のあまりにも深い闇だった。

麻薬を買う人がいなくならない限り、麻薬カルテルは無くならないでしょう。
潰しても、また別の誰かが出てくるのでは?

メキシコにはとても治安の悪い地域があるのはほかの映画でも見ていますが、こういうのを知ると、日本に生まれて良かったと思うばかりです。

ケイトたちが踏み込んだ冒頭の現場の死体には驚きました。
あんな風に死体を始末しているなんて、現実にあったのでしょうか。

フアレスでケイトたちが車の中から見る死体の数々も、ひどい殺され方。

ケイトを自分の部隊にスカウトしたグレイヴァー
愛想がいいようで曲者ぶりがうまいです。
Sicario_2

作戦のコンサルタントだというアレハンドロ
デル・トロのうさん臭さと存在感はさすがですねえ。
Sicario_3

2人はケイトに作戦の詳細を話してくれない。

彼らの本当の目的を知って怒るケイト。
法規に従って裁こうとするケイト。
しかしそれだけでは解決できない事もある。

ケイトのラストの無力感が、なんとも言えませんでした。

(鑑賞日4月12日)

« ミラクル・ニール! | トップページ | ルーム »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

こちらにもTBありがとうございます。
この映画はアメリカが国内でかかえる戦争を描いていましたね。
遠くの中東で実戦をしているものの、実は国内では大きな悪を追い詰めるために、小さな悪を使うという手法で「正義」などなくなっているのですね。
エミリー・ブラントの体当たり演技が素晴らしかったのと、デル・トロさんの胡散臭さは抜群でした。

★ミス・マープルさん
むなしいし、あんなのが日常の場所として育つ子供たちの将来を憂いました。

TBありがとうございます。
アレハンドロを主役にすれば良かったのに、と思いました。
グレイヴァーのしたたかさや、アレハンドロの存在感がすごすぎて、ケイトが弱く見えてしまいました。

★すぷーきーさん
確かにケイトより、グレイヴァーやアレハンドロの方が目を引きましたね。
原題の意味は「暗殺者」ですもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/64923777

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーライン:

» ボーダーライン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4.5点】(11) メキシコとの国境沿いの緊迫感が凄い! [続きを読む]

» No.540 ボーダーライン [気ままな映画生活]
アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション。巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊に ... [続きを読む]

» ボーダーライン [象のロケット]
アメリカとメキシコ国境の町フアレス。 女性エリートFBI捜査官ケイトは、巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、謎のコロンビア人と共に麻薬組織ソノラカルテルを撲滅させる極秘任務に就いた。 人が簡単に命を落とす現場に直面したケイトは、善悪の境界が分からなくなってゆく…。 クライム・アクション。 R-15... [続きを読む]

» ボーダーライン ★★★★ [パピとママ映画のblog]
メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サスペンス・アクション。主演は「オール・ユー・ニード・イ...... [続きを読む]

» ボーダーライン。 [すぷのたわごと。]
『ボーダーライン』を観に行ってきました。 原題は『 SICARIO 』で、意味は“暗殺者”。 “シカリオ”とは、アレハンドロのことだよね。 アレハンドロを主役にすれば良かったのに。 ケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、誘拐事件を担当するFBI捜査官。 人質を救出するため、強行突入した家の壁の中には、たくさんの死体が隠されていた。 その家は、メキシコのソノラ・カルテルの最高幹部の名義だった。 上司に呼び出されたケイトは、ソノ..... [続きを読む]

» 「ボーダーライン」 [ここなつ映画レビュー]
原題「Sicario(シカリオ)」は、メキシコで「暗殺者」を意味する。誘拐・人質専門担当官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、とある事件の凄惨な現場に遭遇した後、国防省の顧問を名乗る男マット・グレイバー(ジョシュ・ブローリン)のスカウトを受け、アメリカの麻薬社会を牛耳る、麻薬カルテルのボスを挙げる業務に就く。それは、メキシコという麻薬戦争の戦地に赴くことであったが、作戦の末に果たされる真の目的については何も聞かされず、ケイトは次第に精神的に追い詰められて行く…。濃密でかつ息詰まる展開。「灼熱... [続きを読む]

» メキシコ麻薬カルテルの根深さ [笑う社会人の生活]
23日のことですが、映画「ボーダーライン」を鑑賞しました。 試写会にて  FBI捜査官のケイトは、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊にリクルートされる 特別捜査官マットや謎のコロンビア人アレハンドロとともにアメリカとメキシコの国境付近の麻薬組織撲滅の...... [続きを読む]

» 国境の南~『ボーダーライン』 [真紅のthinkingdays]
 SICARIO  優秀なFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコの麻薬組織<カル テル>撲滅のためのチームにスカウトされる。国境の南で彼女が見たのは、 銃声の止まない無法地帯と化した街・フアレスだった。  ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作は、血で血を洗う残酷描写に、身の毛もよだつ サスペンス。冒頭、原題の 「シカリオ」 とは暗殺者のことである...... [続きを読む]

» ボーダーライン [映画好きパパの鑑賞日記]
 原題は「Sicario」。邦題は似たような題名のテレビや映画はあるだけに、最初はどうかと思いましたが、見終わったら、ああ、この題名しかないと腑に落ちました。最初から最後まで緊迫感あふれるサスペンスです。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ドゥニ・ヴィルヌ…... [続きを読む]

» ボーダーライン(Sicario) [田舎に住んでる映画ヲタク]
アメリカとメキシコの国境で巻き起こる麻薬戦争の闇を、『灼熱の魂』『プリズナーズ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が衝撃的かつリアルに描いたアクション。メキシコ麻薬カルテルを撲滅すべく召集された女性FBI捜査官が、暴力や死と日常が隣り合わせの現実を目の当...... [続きを読む]

» 映画『ボーダーライン』 SICARIO ネタバレでお節介な解説 [グドすぴBlog]
(ネタバレは概要紹介の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) あれ?いとこのファウスト・アラルコンはソノラ・カルテルのナンバー3って言われてなかったっけ・・・? そんな疑問が頭に引っかかり、でもwikipediaのストーリー欄は間違いだらけでアテにならないし、なによりラストが最高過ぎたので、映画『ボーダーライン』の2回目を鑑賞してきました。 やっぱり言ってる・・・。その後さ...... [続きを読む]

» DVD:ボーダーライン Sicario  今年のベスト10に入れちゃいそうな、今年有数の犯罪映画。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
DVDで鑑賞して、「この映画、劇場で見なくちゃだったな」と後悔する作品が年に何本か、ある。 今作は、まさにその一本! 映画のテーマは、メキシコの麻薬組織との闘い。 そのテーマでいうとアカデミー賞を3つ獲得した「トラフィック」を思い出す。 が何と! その主演だったベネチオ・デル・トロがこちらでも。 で、その彼の存在感があまりに凄く、圧倒された! 今回は主演ではなく、助演のはずなのに(笑) もちろん主演(ということになっている...... [続きを読む]

» ボーダーライン [映画と本の『たんぽぽ館』]
世界の実情を、鋭く描く * * * * * * * * * * エリートFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、 米国防総省の特別部隊に加わるよう要請されます。 巨大化するメキシコの麻薬カルテルの撲滅を図る極秘作戦を行おうとしているのです。 私、本...... [続きを読む]

» ボーダーライン [こんな映画見ました~]
『ボーダーライン』---SICARIO---2015年(アメリカ )監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: エミリー・ブラント 、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サスペンス・アクション。 主演は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラント、共演にベニチオ・デル・トロ、ジョシュ... [続きを読む]

» ボーダーライン [銀幕大帝α]
SICARIO 2015年 アメリカ 121分 サスペンス/犯罪/アクション R15+ 劇場公開(2016/04/09) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『複製された男』 出演: エミリー・ブラント:ケイト・メイサー ベニチオ・デル・トロ:アレハンドロ ジョシュ・ブローリン:マット・...... [続きを読む]

« ミラクル・ニール! | トップページ | ルーム »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ