サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« レオ、デ・ニーロ、ブラピ共演のショートフィルム | トップページ | サウスポー »

2016年6月13日 (月)

帰ってきたヒトラー (試写会)

歴史は繰り返す?

Look_whos_back

公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback
6月17日公開

原作: 帰ってきたヒトラー (ティムール・ヴェルメシュ/河出文庫)

1945年に死んだはずのアドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップして甦る。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマン、ファビアン・ザヴァツキ(ファビアン・ブッシュ)にスカウトされてテレビに出演する。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。

もし現代にヒトラーがいたらというブラックユーモアな内容ですが、真剣に考えると怖い内容でもありました。
見た後、色々議論するのもいいと思います。

ヒトラーが街に飛び込み、実在の政治家や有名人、ネオナチとも顔を合わせる。
現代のメディアを巧みに利用し、人心をつかんでいきます。

現代のドイツが抱える問題は何か。
情報を集めてそれらを掌握し、民衆に訴えるヒトラー。

ヒトラーの発言は真実をついているし、もっともだと納得していく人達。
誰もがヒトラーになりえる。

第一次大戦の敗戦後、課せられた多額の賠償金がドイツに重くのしかかっていた。
第二次大戦前も、ヒトラーが国を良くしようと考えていた事は確か。
だから国民も彼を支持した。
しかしヒトラーのやり方が、次第に間違った方向に進んでいった。

死んだはずのヒトラーが目を覚ましたのは、2014年。
最初は訳が分からず、困惑する様子がコミカルに描かれています。

Er_ist_wieder_da3

売店に転がり込み、新聞で情報を得るヒトラー。

そんなところへ、偶然彼の映像を撮ったテレビマンのザヴァツキが、彼をネタに番組を制作して、自分を首にしたテレビ局へ売り込もうとします。

Er_ist_wieder_da_2

テレビ番組の出演で話題となり、次第に人気者になっていくヒトラー。

Er_ist_wieder_da_4

フェイスブックで親衛隊を募集したりもする。

なんと彼の映画も、ザヴァツキを監督として製作されますが、驚きの結末は小説とは違うとか。
このまま進むのか、誰か止められるのか?

(鑑賞日6月9日)

« レオ、デ・ニーロ、ブラピ共演のショートフィルム | トップページ | サウスポー »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
コメディと思って鑑賞したら、結構怖い内容でした。
ネットでの試写会で見ましたが、これって現実味あり過ぎですよね。
途中から笑えなくなっちゃった。
唯一気づいたザヴァツキが精神病院送りになるのも怖かったわあ。

★ミス・マープルさん
怖いですよね。
こんな風に扇動されてしまうかも。
こんな自他氏なら、
まともな人が精神病院に入れられてしまうのも、
ありえそうですよね。

これは面白そうだったんですが、息子に先を越されて鑑賞されてしまいました(^^)
感想は今のご時世に合っているの一言。
見ていて納得の作品、そして怖い作品でした。
でも、ちょっと危ない感覚の中に、強烈なドイツ愛を発散させるヒトラー、これには引き込まれますね。
中盤のドキュメンタリー手法も、絶妙でした。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
どこの国でも何かしら問題を抱えているので、
こんな風なことは、どこでもおこりえそうで怖いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/65892822

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたヒトラー (試写会):

» 『帰ってきたヒトラー』 2016年4月20日 イイノホール [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『帰ってきたヒトラー』 を試写会で鑑賞しました。 外国映画配給会社の授賞式があったけど、ギャガが最優秀賞で20世紀FOXが優秀賞であった。 個人的には東宝東和が最優秀賞だと思う。。。なんたってパラ山さん喰っちゃったんだから! 【ストーリー】  ナチス・ドイツを率いて世界を震撼(しんかん)させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマンにスカウトされてテレビに出演する。何... [続きを読む]

» 「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っちゃう。 だけどこれはブラック過ぎて笑っちゃダメだろー?な自分や、いやそこ笑うところだから!と場内がドン引きしている様子とも戦わなければならないややこしい脳内第三次大戦が勃発!... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 ドイツ   コメディ  監督:ダーヴィト・ヴネント  出演:オリヴァー・マスッチ      ファビアン・ブッシュ      クリストフ・マリア・ヘルプスト      カッ ... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー / Er ist wieder da [勝手に映画評]
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。 いや、でも、これが今のドイツの本音なんだろうね。それにしても、ヒトラーの格好で歩いていても、思ったよ...... [続きを読む]

» 「帰ってきたヒトラー」 [ここなつ映画レビュー]
コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない。もしカリスマ的な扇動者が現れたら、現代のドイツでも又事は起こってしまうかもしれない。そんな警鐘を鳴らす一作である。ドイツだけでなく、恐らく(先進国と言われる)他の国でも可能性はある。そうだ、例えば日本でも。そういう点では両目をよく開いて観なければならない。ある意味、アドルフ・ヒトラーという分かり易い姿形をとっているだけまだマシなのかも... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑) [続きを読む]

» 映画・帰ってきたヒトラー [読書と映画とガーデニング]
原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ 2014年10月公園の茂みの中で目覚めた一人の男何と!彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしいのです地下壕を捜して街中をウロウロ女性に声をかけ唐辛子スプレーを浴びせられフラフラになりながら行き着いたキオスクの店主に助けられ、自分の置かれた状況を把握します理論家であるヒトラーは現状にパニックを起こすこともなく、キオスクに置かれている新聞や雑誌から、戦争に負けたこと、領土が大幅に減ら... [続きを読む]

» 『帰ってきたヒトラー』 [beatitude]
ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。男は長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者の度肝を抜く。自信に満ちた演説はかつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と見做され、過激な毒演はユーモラスでありながら真理をついていると評判を呼び、男は一躍人気者に。しかし、彼はタイムスリップしてきた本物のヒトラーだった。そして天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境だった...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [映画好きパパの鑑賞日記]
 ヒトラーが現代にタイムスリップしたという奇想天外のストーリー。世界情勢をみると原作小説の発表された2012年、映画が製作された昨年よりも、さらに、この映画の現実味が増したようで、背筋が寒くなってきます。  作品情報 2015年ドイツ映画 監督:ダーヴィト…... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [atts1964の映像雑記]
2015年作品、デヴィット・ヴェント監督、オリヴァー・マスッチ主演。 ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。 いったいここはどこなのか? 男はなぜここにいるのか理解ができなかった。 ちょうどそこではテレビの撮影をしていて、子供たちを撮っているスタッフがいた。 ファビアン・ザヴァツキ(ファビアン・ブッシュ)はフリー契約をフラッシュライト社としていた。 社は、前社長が勇退することになり、新社長が指名されるところだった。 クリストフ・ゼンゼンブリン..... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [象のロケット]
1945年に死亡したはずのヒトラーが、突如2014年のドイツ・ベルリンに現れた! 道行く誰もがヒトラーのコスプレをしたモノマネ芸人だと思い、ただ笑うばかりで敬礼をしてくれない。 リストラされたTVディレクターのザヴァツキは、偶然見かけた彼をバラエティ番組に売り込むことに。 政治ネタの鋭いツッコミが視聴者に受け、ヒトラーは芸人として大ブレイクしてゆく…。 ブラック・コメディ。 ≪この映画、笑うと危険。≫... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
大衆よ、我を恐れよ。 ティムール・ヴェルメシュの、ベストセラー政治風刺小説の映画化。
 死の直前に現代のドイツにタイムスリップしたヒトラーと、ボンクラTVディレクターがひょんなことからコンビを組み、動画サイトで自分たちを売り出す。 独裁者が時代のギャップに戸惑いながらも、おなじみの口調で過激な演説を繰り返すと、超リアルなヒトラーネタがウケて、モノマネタレントとして大成功。 21世...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント [西京極 紫の館]
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビにな...... [続きを読む]

» 「帰ってきたヒトラー」 [Con Gas, Sin Hielo]
史上最強のアイコン。 ドイツって、世界三大映画祭の一つであるベルリン国際があるにも拘らず、あまり映画の印象がない。ドイツ映画と聞いて思い出すのは「Uボート」くらいだろうか。フランスやイタリアとは違う。 そんなドイツが風変わりな作品を送り込んできた。21世紀...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [映画と本の『たんぽぽ館』]
世界は大丈夫か * * * * * * * * * * ドイツのベストセラー小説を映画化したもの。 あのヒトラーがタイムスリップして現代に蘇る・・・。 私はもっとコミカルな作品かと思っていたのですが・・・。 TV局をリストラされたファビアン・ザバツキは、 ...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー/ER IST WIEDER DA/LOOK WHOS BACK [我想一個人映画美的女人blog]
 歴史上、〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、 モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターに という小説が2012年にドイツで出版。 絶賛と非難ありの中、国内で200万部を売り上げて、日本を含む世界41カ国で翻訳! タイムズのベストセラーリストでも堂々NO.1に輝いた小説が、まさかの映画化。 監督はドイツの新鋭デヴィッド・ヴェンド。 時は1945年。ヒトラー死亡──のはずがなぜか目覚めたヒトラーが起き上がると、そこは2014年のベルリンだった ... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー ★★★★ [パピとママ映画のblog]
現代にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクしていくさまを過激な風刺で描いて世界的ベストセラーとなったティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化したドイツ映画。主演は舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチ。監督は、これが日本初紹介のダーヴィト・ヴネント。 あらすじ:1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップして甦る。やがて彼をモノマネ芸人と勘違いしたディレクターにスカウトされ、テレビ番組に出演することに。すると、ヒ... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞帰ってきたヒトラー/ER IST WIEDER DA 2015年/ドイツ/116分 監督: ダーヴィト・ヴネント 出演: オリヴァー・マスッチ/ファビアン・ブッシュ/クリストフ・マリア・ヘルプスト/カッチャ・リーマン 公式サイト 公開: 2016年06月17日 2014年、ブランデンブルグ。何故か1945年から2014年にタイムスリップしてし...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー ER IST WIEDER DA [まてぃの徒然映画+雑記]
随分と評判がいいらしく、この日のTOHOシネマズ新宿は小さなスクリーンで満席、ここシャンテも残り2席だけという人気ぶり。総統府の地下壕で自決したはずのヒトラーがタイムスリップして現代に、という突拍子もない設定ながら、迫力ありお笑いもあり考えるところも大いに...... [続きを読む]

» 現代にもヒトラーは [笑う社会人の生活]
23日のことですが、映画「帰ってきたヒトラー」を鑑賞しました。 1945年から現代にタイムスリップしたヒトラー、彼はテレビマンにより、モノマネ芸人としてテレビに出演させられるハメに 気迫に満ちた演説を繰り出す彼に視聴者は度肝を抜かれ ヒトラーを模した完成度の高...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー(Er ist wieder da) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 ヒトラーが現代によみがえり、モノマネ芸人として大スターになるというドイツのベストセラー小説を映画化。服装も顔もヒトラーにそっくりの男がリストラされたテレビマンによって見出され、テレビに出演させられるハメになった。男は戸惑いながらも、カメラの前で堂...... [続きを読む]

» 帰ってきたヒトラー [銀幕大帝α]
ER IST WIEDER DA/LOOK WHOS BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚本: ダーヴィト・ヴネント 出演: オリヴァー・マスッチ:アドルフ・ヒトラー ファビアン・ブッシュ:ファビアン・ザヴァツキ クリストフ・マリア・ヘルプスト:クリストフ・ゼンゼンブリンク カッチャ・リーマン:カッチャ・ベリーニ <ストーリー> ある日、ヒト... [続きを読む]

» 「帰ってきたヒトラー」 [或る日の出来事]
あなた、どこのヒトラー? [続きを読む]

« レオ、デ・ニーロ、ブラピ共演のショートフィルム | トップページ | サウスポー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ