サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 »

2016年7月 5日 (火)

シング・ストリート 未来へのうた (試写会)

悩み多き思春期をバンドで吹き飛ばせ!

Sing_street

公式サイト http://gaga.ne.jp/singstreet
7月9日公開

監督: ジョン・カーニー  「ONCE ダブリンの街角で」 「はじまりのうた」

1985年、大不況のダブリン。父親(エイダン・ギレン)の失業で、優秀な私立学校から公立の荒れた学校に転校させられたコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)。家では両親のけんかが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんなコナーにとって、音楽狂いの兄(ジャック・レイナー)と一緒に、ミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。ある日、街で見かけた自称モデルのラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)に一目ぼれしたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。OKをもらったコナーは慌ててバンドを組み、彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るために、猛練習と曲作りを始める。

監督の半自伝的映画だそうです。
内容は、まさに「青春!」

家庭の悩み、学校での悩み、異性への悩み、様々な悩みを抱える思春期。
主人公が、一目ぼれした年上の自称モデル・ラフィーナを振り向かせるため、バンドを組んで、音楽に没頭していきます。
曲を作る事、歌うことで、様々な問題を乗り越えていきます。
主人公が歌う、自分の思いや気持ちを歌詞にしたオリジナル曲は、思春期の人、昔思春期だった人なら共感できる内容で、心に響くと思います。
サントラが欲しくなりますよ。

切なくて、笑えて、元気が出る映画です。

オーディションで選ばれた主人公コナーを演じるフェルディア・ウォルシュ=ピーロは、7歳からソプラノのソリストとしてステージに立っていたそうで、映画の中の練習風景でも、時々結構高い声を出していました。
演技は初体験だそうですが、顔もいいし、いい子が見つかりましたよね。

Sing_street_4

夫婦げんかが絶えない家で、兄と音楽番組を見ている時がハッピーなコナー。
ある日、見かけた女の子に一目ぼれして声をかける。
ラフィーナ役の子は、「ミス・ポター」で主人公の少女時代を演じた子だそうだけど、覚えていないわ。
すっぴんだと幼くて可愛い。

Sing_street_3

まともに話しても相手にしてもらえないと思い、バンドのPVに出ないかと言う。
それから慌てて仲間を集めてバンドを組み、猛練習を始める。
エイモン(マーク・マッケンナ)の父親がバンドをやっていて、色々な楽器がある彼の家で練習。ちなみにエイモンはどの楽器もできる、マルチプレイヤー。

Sing_street_6

バンドのメンバーたちも、それぞれ家庭に問題がある。
学校のいじめっ子も、父親から暴力を受けている。

Sing_street_2jpg

PV撮影のために、外で演奏。

主題歌「ゴー・ナウ」を歌うのは、この監督の「はじまりのうた」にも出演していたマルーン5のアダム・レヴィーン。

(鑑賞日6月30日)

« WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

この作品は、バンドをやっていたらなおさら、やっていなくても、青春時代の思い出が何かしら蘇る作品でした。
なぜか、機材一式を持っている輩って高校生でもいたりするんですよね。私の一期上の先輩にもいましたが、YMOを当時やっていました。
最後旅立って今の監督に繋がっていくんでしょうかね?
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
女の子にもてたくてバンドをやるなんて、
よくある事でしょう。
見ていていとおしい青春時代でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/66246222

この記事へのトラックバック一覧です: シング・ストリート 未来へのうた (試写会):

» 映画:シング・ストリート 未来へのうた SING STREET カーニー3部作が完成、新ジャンル誕生=バンドファンタジー !(笑) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
カーニー3部作が完成。 第1作 = ONCE ダブリンの街角で 第2作 = はじまりのうた 特に はじまりのうた はツボにハマり、去年の極私的ベスト10の第5位に食い込んだ。 映画:はじまりのうた Begin Again  音楽ネタ満載 + フル・NYロケ でたっぷり楽しめる1...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [象のロケット]
1985年、大不況を迎えたアイルランドの首都ダブリン。 14歳の少年コナーは、父親が失業したため私立校から公立のシング・ストリート高校に転校させられる。 ヤバそうな生徒や校長にまで目をつけられ落ち込むコナーの前に、突如“女神”が現れた! 自称モデルの年上女性ラフィーナに一目惚れしたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。 慌てて“僕のバンド”を結成し、猛特訓&曲作りの日々が始まった…。 音楽青春ドラマ。... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [atts1964の映像雑記]
2015年作品、ジョン・カーニー監督、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ主演。 両親の喧嘩が聞こえてくる。 兄のギターを弾きながら歌っている少年・14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は兄のブレンダン(ジャック・レイナー)妹のアン(ケリー・ソーントン)と一緒に両親に呼ばれる。 父のロバート(エイダン・ギレン)は失業中、母のペニー(マリア・ドイル・ケネディ)は週3日のパート、家計は苦しくとうとうコナーは転校させられることになってしまう。 そこは前の高校とはあ..... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ストレイト・アウタ・ダブリン。 なんと瑞々しい作品だろう! 大不況にあえぐ1985年のダブリンを舞台に、一目ぼれした年上の彼女にアピールするべく、仲間たちとバンドを結成する少年の恋と成長を描く、パワフルな青春音楽映画だ。 ダブリン出身で「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」と、音楽をモチーフにした快作を連発するジョン・カーニー監督にとって、これは半自伝的な作品。 幾つも...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた/SING STREET [我想一個人映画美的女人blog]
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督最新作 80年代のアイルランド、ダブリンを舞台に描く青春音楽映画 デュラン・デュラン、A-ha、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム、ラッシュ、ホールオーツ、ザ・キュアーなどのブリティッシュロック満載! 主題歌を「はじまりのうた」に出演したマルーン5...... [続きを読む]

» 『シング・ストリート 未来へのうた』 [こねたみっくす]
僕は歌う。届けたい恋心、理不尽な日常、大切な仲間、決して諦めたくない未来への想いを込めて。 ストーリーに新鮮味は全くないのに、何て満足度の高い作品なのか。恋を経験した ... [続きを読む]

» 『シング・ストリート 未来へのうた』 2016年7月17日 ヒューマントラストシネマ有楽町 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『シング・ストリート』 を鑑賞しました。 都内でも上映館は少ないため、満席になってました。 少し早く行ってなんとか前から4列目をゲットしました。(ネットで買えよ!という突っ込むは無用) 【ストーリー】  1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [あーうぃ だにぇっと]
シング・ストリート 未来へのうた@よみうりホール [続きを読む]

» シング・ストリート 未来への歌 [映画的・絵画的・音楽的]
 『シング・ストリート 未来への歌』を渋谷のシネクイントで見ました。 (1)8月7日に閉館となる映画館の最後の公開作品だというので、行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、隣の部屋で両親が、「毎日ガミガミ言いやがって」「酒と愚痴ばかり」「出て行け」などと夫...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [セレンディピティ ダイアリー]
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督の最新作、 [続きを読む]

» 「シングストリート 未来へのうた」 [Con Gas, Sin Hielo]
いまだ80年代は夢の中に。 最近、スマホ1,980円ショックというCMで80年代がクローズアップされている。わが国はバブル経済へ突き進んでいた一方で、米英ではレーガンやサッチャーが強硬に国家の立て直しを図っていた。 主人公コナーの家庭があるのは英国の向かいアイルラ...... [続きを読む]

» [シング・ストリート 未来へのうた』 [beatitude]
1985年、ダブリン。折しもの大不況により父親が失業し、14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は荒れた公立校に転校させられる。家では両親のけんかが絶えず、音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけが幸せだった。ある日、街でラフィーナ(ルーシー・ボイントン)を見かけたコナーはその大人びた美しさに一目で心を打ちぬかれ、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。コナーは慌ててバンドを組み、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを製作すると決意する。(Movie... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた(2015)**SING STREET [銅版画制作の日々]
 君の夢は、僕の夢になった。 MOVIX京都にて鑑賞。久々に感動!もうもうこの世界にはまりまくりです。コナー少年の変貌にも大拍手。素晴らしい作品。とにかく初めからこれはいいぞ!と思ったら最後まで期待はずれなしでした。 有名な役者さんはまったく出ていません。それがまたいいのかもしれませんね。しかし14歳の男の子がこんな年上の女性に一目ぼれとは・・・・(笑)いやあ綺麗な女性ですよ。かなり大人ぽいから、主人公コナーには何だかおばさん見たいなきもするんですけどね。まあそれはそれで置いておいて良いです。 ... [続きを読む]

» No.550 シング・ストリート 未来へのうた [気ままな映画生活]
大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥 ... [続きを読む]

» シング・ストリート [ケントのたそがれ劇場]
★★★★製作:2015年 アイルランド英国・米国 上映時間:106分 監督:ジョン・カーニー   『ONCE ダブリンの街角で』、『はじまりのうた』に続くジョン・カーニー監督の三部作であり、同監督の半自伝的な青春ドラマでもある。 主人公のコナーは、両親が... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [♪HAVE A NICE DAY♪]
あらすじ 1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [映画と本の『たんぽぽ館』]
やりたいことをやってみようよ! * * * * * * * * * * 「はじまりのうた」、「ONCE ダブリンの街角で」等でお馴染みの ジョン・カーニー監督の半自伝的作品とのこと。 ロンドンは歴史ある街ではありますが、 アイルランドに住む若者にとっては、 ...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようと...... [続きを読む]

» MVを作り、彼女を作り・・・ [笑う社会人の生活]
19日のことですが、 映画「シング・ストリート 未来へのうた」を鑑賞しました。 1985年 ダブリン 両親の離婚や転校、いじめで暗い日々を過ごすコナーは兄と一緒にミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみな14歳 ラフィナを見掛け恋に落ちた彼は思わず「僕のバンドの...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(P) 退学間違いなしの校内ライブコンサート後の夢の逃避行に拍手! [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [C’est joli ここちいい毎日を♪]
シング・ストリート 未来へのうた 16:アイルランド=イギリス=アメリカ ◆原題:SING STREET ◆監督:ジョン・カーニー「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」 ◆主演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン、ジャック・レイナー、マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン、ケリー・ソーントン、ベン・キャロラン、マーク・マッケンナ、パーシー・チャンブルカ、コナー・ハミルトン、カール・ライス、イアン・ケニー、ドン・ウィチャリー ◆STO...... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:洋画 nbsp; nbsp; 「シング・ストリート 未来へのうた」 原題:Sing Street 監督:ジョン・カーニー 2015年 アイルランド=イギリス=アメリカ映画  106分 PG12 キャスト:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ      ルーシー・ボーイントン      マリア・ドイル・ケネディ      エイダン・ギレン      ジャック・レイナー &am... [続きを読む]

» シング・ストリート 未来へのうた [こんな映画見ました~]
『シング・ストリート 未来へのうた 』---SING STREET---2015年(アイルランド/イギリス/アメリカ )監督: ジョン・カーニー出演: フェルディア・ウォルシュ=ピーロ 、ルーシー・ボーイントン 、ジャック・レイナー 「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。 80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようとバン... [続きを読む]

» 「シング・ストリート 未来へのうた」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
監督の実体験を織り込んだ映画とのこと。  この時代の音楽に思い入れが強かった為、82年と85年についてグダグダと書き過ぎてしまいました・・・。 [続きを読む]

« WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ