サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« ニュースの真相 (試写会) | トップページ | 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ (試写会) »

2016年7月21日 (木)

ブルックリン

新天地と故郷

Brooklyn

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie

原作: ブルックリン (コルム・トビーン著/白水社)
監督: ジョン・クローリー  「ダブリン上等!」 「BOY A」

アイルランドの小さな町エニスコーシーで姉と母と3人で暮らす少女エイリシュ・レイシー(シアーシャ・ローナン)は、食料品店で働いている。意地悪な女店主にこき使われながらも、どうすることもできな閉塞感に苛まれていた彼女に、会計士の姉ローズ(フィオナ・グラスコット)が、アメリカで働くチャンスを与えてくれる。エイリシュは船で単身アメリカへと渡り、同郷の女性たちと寮生活を送りながら、ブルックリンの高級デパートで売り子として働く。しかし新生活に戸惑い、故郷からの手紙を読み返してはホームシックになる。そんな中、ダンスパーティで知り合ったイタリア系の好青年トニー(エモリー・コーエン)と付き合うようになり、笑顔と自信を取り戻して洗練されたニューヨーカーになっていく。トニーの未来に自分の未来を重ねるようになった頃、故郷から悲報が届く。

ネタバレ感想です。

田舎出の野暮ったいエイリッシュが、垢抜けていく様子がよくできていました。

Brooklyn_2

Brooklyn_3

能力があっても進学できず、職もない故郷の町。
いい結婚相手も見つけられない。

いい仕事や結婚相手がいれば、故郷を離れる必要はなかったのにと思う気持ちはわかります。
しかし結婚しているのに、故郷で男性と付き合うってどうなのよ。
揺れる気持ちはわかるけど、男性からしたらひどい女じゃないの?
特にジム(ドーナル・グリーソン)は、前の婚約者には婚約を解消されたし(相手の女性が彼に本気ではなかったらしい)、エイリッシュは既婚者なのを隠して自分と交際してた。
女性不信にならないかと心配よ。

Brooklyn_5

アメリカへ行ったからこそ簿記の勉強ができたのだし、職も会計士の姉が死んだから、その後釜にという事でしょ。
アメリカでの事を無しにして、ジムと結婚できるなんて思っていたのかしら。

アイルランド移民の悲哀はわかるけど、ジムと付き合うエイリッシュには共感できませんでした。
途中から、この主人公に対して不快になってしまいました。
まあ、トニーのところへ戻ってくれてよかったです。
エモリー・コーエンは、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」で、ブラッドリー・クーパーの息子役だったのよね。やっぱりかわいい顔してる。

Brooklyn_4

寮を取り仕切るキーオ夫人は、ジュリー・ウォルターズだったのね。

Brooklyn_6

(鑑賞日7月14日)

« ニュースの真相 (試写会) | トップページ | 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ (試写会) »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

確かに、二股でしたね。それも男性だけでなく、ブルックリンと故郷に対してもそうでした。
そもそも、彼女は故郷を本当に嫌っていたわけではないですよね。ちょっとした思い込みと、あのケリー夫人がどうしても嫌だったんでしょう。
私も彼女の選択は正しいと思いましたが、結婚したと言わなければ、故郷の仲間、知り合いはああなるのもわかります。
ただ、あの時代はそういう時代でもあったと思いました。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
独身なら二股もわかりますが、
途中から主人公に共感できませんでした。

TBありがとうございます。
わたしは出身が地方なので、エイリシュの気持ちが手に取るようにわかりました。
ニューヨークとアイルランドは、彼女にとって全く違う世界だったし、知識を得て、
あか抜けて戻ってみたら、故郷のみんなの見る目が変わっていて、居心地が
良かったのだと思います。ケリー夫人の一言で「なぜここを出たかったのか」を
再確認したのでしょうね。

★ミス・マープルさん
エイリッシュの気持ちはわかるのですが、
既婚者なのにというところが引っ掛かりまして。
ジムのに同情する気持ちの方が上になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/66503840

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックリン:

» ブルックリン [セレンディピティ ダイアリー]
アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春ドラマ、「 [続きを読む]

» 「ブルックリン」☆故郷は遠きにありて思ふもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん~~~~??? [続きを読む]

» ブルックリン [あーうぃ だにぇっと]
ブルックリン@神楽座 [続きを読む]

» ブルックリン [映画好きパパの鑑賞日記]
 20世紀半ばのニューヨークを舞台に、アイルランド移民の若い女性の青春を描いた佳作。前半は丁寧に心情をすくっていたのだけど、後半は若干はしょりすぎの感じもありました。    作品情報 2015年アイルランド・イギリス・カナダ映画 監督:ジョン・クローリー 出演…... [続きを読む]

» ブルックリン [映画と本の『たんぽぽ館』]
ふたつの故郷でゆれる心 * * * * * * * * * * アイルランドから、ニューヨーク・ブルックリンにやってきた少女のストーリー。 エイリシュ・レイシー(シアーシャ・ローナン)は、姉のすすめで アイルランドからブルックリンへやって来ました。 女性ば...... [続きを読む]

» ショートレビュー「ブルックリン・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
二つの人生は、生きられない。 1950年代初頭、アイルランドから遥か大西洋の彼方、ニューヨーク、ブルックリン区に移民する少女エイリシュの成長物語。 彼女は二つの祖国、二つの愛の間で揺れ動きながら、蕾から美しく開花してゆく。 物語はごくシンプルで、内容的には予告で見せていることが全てだ。 妹の未来を案じる姉の計らいで、アメリカに渡ったエイリシュは、幾つもの試練を乗り越え、愛の幸せと...... [続きを読む]

» 【cinema】『ブルックリン』 [・*・ etoile ・*・]
2016.07.01 『ブルックリン』鑑賞@TOHOシネマズシャンテ 試写会応募したけどハズレ最近当たらない。・゚・(ノД`)・゚・。 ファーストデイの金曜日に公開ってことで、これは見なきゃと行ってきた~18:30~の回満席だった。 ネタバレありです! 結末にも触れています! 「母と姉を残して1人アイルランドからアメリカに渡ったエイリッシュ。アイルランド系移民の多いブルックリンの寮や、慣れない仕事になじめずホームシックに。そんな中、イタリア系移民のトニーと恋に落ちる。幸せな... [続きを読む]

» ブルックリン [atts1964の映像雑記]
2015年作品、ジョン・クローリー監督、シアーシャ・ローナン主演。 1950年代。 アイルランドの小さな町に住むエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、ミス・ケリー(ブリッド・ブレナン)の店で働いていた。 しかしケリーは陰湿で、客に依怙贔屓するのは日常茶飯事、汚い恰好で来る客にはひどい侮蔑さえして、売らない時さえあるのだった。 美人でキャリアウーマンの姉のローズ・レイシー(フィオナ・グラスコット)とは対照的に大人しく目立たないエイリッシュだったが、彼女はこの小さな町を早く出..... [続きを読む]

» ブルックリン [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ブルックリン/BROOKLYN 2015年/アイルランド、イギリス、カナダ/112分 監督: ジョン・クローリー 出演: シアーシャ・ローナン/ドーナル・グリーソン/エモリー・コーエン/ジム・ブロードベント/ジュリー・ウォルターズ 公式サイト 公開: 2016年07月01日 働き口もろくにないようなアイルランドの小さな田舎町で、食料品店で働き...... [続きを読む]

» 「ブルックリン」 [或る日の出来事]
ほんのちょっとしたことで、人の行動は変わる。それを運命、いや、人生というのか。 [続きを読む]

» ブルックリン [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:洋画 nbsp; nbsp; 「ブルックリン」 原題:Brooklyn 監督:ジョン・クローリー 2015年 アイルランド=イギリス=カナダ映画 112分 キャスト:シアーシャ・ローナン      ジュリー・ウォルターズ      エモリー・コーエン      ドーナル・グリーソン      ジム・ブロードベント nbsp; 1950年代、アイルランドの田舎町... [続きを読む]

» ブルックリン(Brooklyn) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 1950年代、アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春や揺れ動く心を、「つぐない」のシアーシャ・ローナン主演で描き、第88回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされたドラマ。脚本は、「ハイ・フィデリティ」「ア...... [続きを読む]

» ブルックリン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(11) 第88回アカデミー作品賞にノミネートされた本作の実力は? [続きを読む]

» ブルックリン(2015)**BROOKLYN [銅版画制作の日々]
 愛が見えない街で、私は未来を探していた。 お久しぶりです。母の介護などで、ばたばたしており映画もあまり観れず・・・・。ようやくこの作品を観に行って来ました。特に紆余曲折のある作品ではなく、主人公の女性の人生を描いたものです。でも何気に良かったですね。1950年代の良き時代背景かな? 主役エイリシュ・レイシーを演じているシアーシャ・ローナンの衣装もお洒落だし。彼女がどんどん磨きあげられていく過程も良い!  寮に住んでデパートに勤めるというエイリシュ。初めはぎこちない応対だったんだけど、日に... [続きを読む]

» ブルックリン ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『わたしは生きていける』などのシアーシャ・ローナンを主演に迎え、アイルランドからニューヨークに移住した女性の青春の日々を映すドラマ。アイルランドの片田舎から大都会のニューヨークにやって来たヒロインが、戸惑いながらも自らの宿命と愛に身を任せる姿に迫る。『...... [続きを読む]

» 『ブルックリン(BROOKLYN)』ジョン・クローリー監督、シアーシャ・ローナン、エモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ブルックリン』BROOKLYN 監督 : ジョン・クローリー出演 : シアーシャ・ローナンエモリー・コーエンドーナル・グリーソン、他 物語・アイルランドの町で暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン)... [続きを読む]

» 映画『ブルックリン』★回り道すればこそ知る身も心も帰るべき場所 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169529/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 1 950 年代のアイルランド。 エイリシュは、仕事と夢を求め、つてで アメリカ:NYのブルックリンに渡航する。 アイルランド系移民の、多い地区に住んだとはいえ エイリシュは、ホームシックになりながらも 仕事を得て..... [続きを読む]

» 「ブルックリン」 [Zooeys Diary]
巷でやたら評判がよく、日経の映画評でも星5つだった本作でしたが… 結論から言うと、私はあまり感動しませんでした。 『ハイ・フィデリティ』『アバウト・ア・ボーイ』を書いたニック・ホーンビィの脚本というので 期待したのですが。 アイルランドの片田舎で生まれ育...... [続きを読む]

» ブルックリン [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆ 製作:2015年 アイルランド,イギリス,カナダ 上映時間:112分 監督:ジョン・クローリー  ブルックリン区は、ニューヨーク市に置かれた行政上の5つの区の一つであるが、1898年に行われた区画整理までは、独立した市として存在していた。また人口... [続きを読む]

» 「ブルックリン」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
見たのは1月だったのですが、もたもたしているうちに、3月になってしまいました。汗 [続きを読む]

« ニュースの真相 (試写会) | トップページ | 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ (試写会) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ