サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« セルフレス/覚醒した記憶 (試写会) | トップページ | キング・オブ・エジプト ジャパンプレミア »

2016年8月29日 (月)

スーサイド・スクワッド ジャパンプレミア

意外といい奴ら?

Suicide_squad

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/suicidesquad
9月10日公開

監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 「サボタージュ」 「フューリー

スーパーマンが死に、もし今、人類以上の力を持つ敵が攻めて来た場合はどうするか。それを危惧した諜報部長官ウォーラー(ヴィオラ・デイヴィス)は、百発百中の冷酷スナイパー“デッドショット”(ウィル・スミス)やジョーカー(ジャレッド・レトー)に一途な想いを寄せるクレイジー・ガール“ハーレイ・クイン”(マーゴット・ロビー)服役中の極悪犯を集めて特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成した。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

ものすごーく久しぶりに、ハリウッド大作のジャパンプレミアが当たりました。
東京国際フォーラムでの洋画鑑賞も、久しぶりよ。

6時半過ぎくらいに、来日ゲストのマスコミ取材やファンとの交流が、2階のロビーで始まりました。
ゲストたちが、エスカレーターから降りて来るところだけ見ましたよ。
後の様子は、試写会場のスクリーンで鑑賞。
ウィルの息子のジェイデンも、一緒に来ていましたよ。
みんな、たくさんサインや写真撮影に応じていました。

近くにいた男の子が、マーゴット・ロビーが映るたびに、「きれいだなあ。」と言っていたわ。

Suicide_squad

ロビーでのイベントが終わると、司会の赤坂さんが試写会場に登場し、「今日の舞台挨拶は撮影自由です(但しフラッシュ禁止)。」と言うと、歓声が上がりました。
デジカメ持参していてよかったわ。
映画を見るにはいい席で撮影するには遠かったから、あまりいい写真は撮れませんでしたけどね。

ゲストは客席の出入り口から登場して、ステージに上がっていきました。

ウィルは相変わらず面白い事ばかりして、客席を笑わせてくれました。

Suicide_squadjp2

Suicide_squad_jp3

Suicide_squad_jp4

モデルのダレノガレ明美が花束を渡しに登場。
Suicide_squad_jp5

Suicide_squad_jp6

赤坂さんが締めはウィルにと言ったのですが、ウィルは「君のホームタウンだから」と福原かれんに最後の挨拶をするよう言いました。

Ss_jp

盛り上がった舞台挨拶でした。

さて、ノーラン監督のバットマンシリーズと、マン・オブスティールはシリアス路線だったDCコミックの映画化。
本作はそれらとはちょっと違って、いかにも漫画チックな内容だったなあ。
DCコミックのファンでも、登場するキャラクターに思い入れがあるわけでもないので、世界観に乗り切れなかったというか入り込めなかった。

監督は、仲間として、ファミリーとしてひとつになろうとする“壊れた人たち”のストーリーで、彼らはつながり、心を通わせることが出来るんだと語りたかったそうで、それは確かにわかります。

“スーサイド・スクワッド”のメンバーたちは、バットマンに逮捕された悪党たちなんだけど、家族や恋人への愛情はとても強かったりして、全くの悪人でもない。
一方政府の人間も、全くの善人とは言えないのよね。
ウォーラーもかなりイカれてるわ。

今回の敵は、エンチャントレス(カーラ・デルヴィーニュ)という、古代から人間に憑依してきた魔女。
今は考古学者のジューン・ムーン博士に憑依していて、博士は時々自分にもどる。
ムーン博士と リック・フラッグ大佐(ジョエル・キナマン)は、ウォーラーの策略で恋仲になりました。

Suicide_squad_3

ウォーラーはエンチャントレスを飼いならそうとしましたが、失敗してしまい、世界の危機となってしまいます。

特殊部隊“スーサイド・スクワッド”の中で目立つのは、ウィルとマーゴット。

Suicide_squad_2

なんでウィルがDCコミックにと思ったけど、ウィルの奥さんのジェイダ・ピンケット=スミスは、TVドラマ「ゴッサム」で悪役レギュラーよね。

本作のマーゴット演じるハーレイ・クインが人気で、スピンオフが製作されそうとか。

スコット・イーストウッドが、フラッグ大佐の部下役で出演していました。
Suicide_squad_4

ジョーカー役で出演しているジャレッド・レトですが、ほんのちょっとだけ、素顔でエリートビジネスマン風の格好をしている場面があるのよ。
一瞬これ誰?と思いましたが、レトじゃないの。彼がハンサムだと再認識した場面でした。
もともとハンサムなレトですけど、なかなか普通のハンサムなルックスで出演している映画が少ない気がします。

Jared

ラストはジャスティスリーグの布石で、ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)が登場しました。
本作には、ウェイン社も出てました。

(鑑賞日8月25日)

« セルフレス/覚醒した記憶 (試写会) | トップページ | キング・オブ・エジプト ジャパンプレミア »

【映画】さ行」カテゴリの記事

プレミア試写会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。TBをありがとうございました。

ジャパンプレミア、今回サービス満点だったので、結構楽しめました。2階席で遠かったけれど、スクリーンにアップが映し出されていて表情がよく判りましたよね。

「彼らはつながり、心を通わせることが出来るんだ」というのが監督の意図だったとしても、あまりにもヒューマニズムあふれるスクワッドだったな…というのが印象です。
極悪非道ならもっと徹底しても良かったのでは?という気がしました。
にしても、ジョーカーとクインのコンビは絵的にもゴージャスでした!

★ここなつさん
とても楽しい舞台挨拶でした。

もっと極悪非道に徹した連中なのかと思っていましたが、
結構情があって拍子抜けでした。

TBありがとうございます。
またまたキャストが見れたとはうらやましい。
できれば、ジョエル・キナマンとジェイ・コートニーが見たいです。(笑)
キャラはいいんですが、内容がイマイチでした…。
悪党というより、ちょっと変ないい人たちで拍子抜けでした。
ハーレイははじけてて面白かったし、ゲスなブーメランも面白かったのに。
スコット・イーストウッドはその役だったんですね。

ハーレイのスピンオフが出来るんですか!?それはぜひやって欲しいですね。ということはレトのジョーカーも出さないとね(^^)
計画にはないけど、旬のキャラは生かさないと。ジャパンプレミアム、よかったですね。
でもヒロイン二人はあの格好で出て欲しかった(^^)
こちらからもTBお願いします。

★すぷーきーさん
内容は、ちょっと期待外れでした。


★atts1964さん
舞台挨拶は、とても愉快で楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/67096925

この記事へのトラックバック一覧です: スーサイド・スクワッド ジャパンプレミア:

» 『スーサイド・スクワッド』 2016年8月25日 東京国際フォーラム [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『スーサイド・スクワッド』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、福原かれん の舞台挨拶があった。 久しぶりに盛り上がるのあるプレミアであった。 ウィル・スミスはノリノリで面白すぎw 最後にダレノガレ明美が花束を渡しに来たが、一言で帰ってしまった。。。 【ストーリー】  世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特... [続きを読む]

» 「スーサイド・スクワッド」 [ここなつ映画レビュー]
ジャパンプレミアにて鑑賞。基本的なポリシーとして、試写会などで事前に鑑賞した作品については、(東京で)公開されるまではレビューをUPしないようにしているのだが(理由はいくつかあるけれど割愛)、本作ではハリウッドスター登壇にも関わらず写真撮り放題、会場での待ち時間にはレッドカーペット生中継など、主催者側の並々ならぬ意欲を感じたので、ご招待いただいたサイトへの謝意も含めてUPさせていただく。面白かった。色々粗はあるけれど、それをねじ伏せるキャラの立ち具合。まごう事無き娯楽作品である。設定が「悪党だけで組... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞スーサイド・スクワッド/SUICIDE SQUAD 2016年/アメリカ/130分 監督: デヴィッド・エアー 出演: ウィル・スミス/ジャレッド・レトー/マーゴット・ロビー/ジョエル・キナマン/ヴィオラ・デイヴィス 公式サイト 公開: 2016年09月10日 ルイジアナ州ブラックサイド。スーパーマンが去った後、超人類(メタ・ヒューマン)の犯罪に対抗すべく、政府...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド/SUICIDE SQUAD [我想一個人映画美的女人blog]
アメコミのド派手な悪党たちが集結 正義の味方が集結したアベンジャーズとは全く正反対、最狂のチームを描く 監督は、 「フェイクシティ」「エンド・オブ・ウォッチ」「フューリー」など結構ハードなものを撮ってきたデヴィッド・エアー。 お友達のお誘いでジャパンプレミア行ってきました〜 昔はよくレポしたけど、久しぶりで堪能してきた。 世界崩壊の危機に、政府は、服役中の悪党たちによる特殊部隊...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★☆【2.5点】(11) 予告編のロングバージョンだけで十分事足りる(←おい) [続きを読む]

» 「スーサイド・スクワッド」 [或る日の出来事]
はっちゃけ度たりない。むしろ地味? 一番悪党なのが秘密機関のボス。 [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  アクション  監督:デヴィッド・エアー  出演:ウィル・スミス      ジャレッド・レトー      マーゴット・ロビー      ヴィオラ・デイヴィス ... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド ★★★★・5 [パピとママ映画のblog]
DCコミックスに登場する悪役がそろい、危険な任務に挑む部隊“スーサイド・スクワッド”を結成して悪対悪のバトルを繰り広げるアクション。悪役の中でも人気抜群の『バットマン』シリーズのジョーカーをはじめ、アンチヒーローたちが減刑と引き換えに作品の垣根を越えて共に...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [花ごよみ]
DCコミックスに登場する、 寄せ集めの悪党たちが一つになって 世界崩壊の危機に立ち向かう姿を描く。 バットマンやスーパーマンによって 収監された悪党達。 死刑や終身刑となった彼らが、 減刑と引き換えに 「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」の 結成を強制され...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【SUICIDE SQUAD】 2016/09/10公開 アメリカ 123分監督:デヴィッド・エアー出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・コートニー、ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アイク・バリンホルツ、スコット・イーストウッド、カーラ・デルヴィーニュ、福原かれん、アダム・ビーチ 世界はこいつらに託されてしまった! STORY:世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィ... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド。 [すぷのたわごと。]
『スーサイド・スクワッド』を観に行ってきました。 DCもマーベルも、コミックは一冊も読んだことがないのに、映画だけは観ている。 原題は『 SUICIDE SQUAD 』で、勝手に“自殺愚連隊”と思っていたが、 Yahoo! 翻訳だと“決死隊”だった。 スーパーマン亡き後、危機に備えて、米国政府諜報担当の高官アマンダ・ウォラー(ヴィオラ・デイヴィス)は、最強の特殊部隊タスク・フォースXを結成。 メンバーは、極悪人ばかりの犯罪者。 百発百中の殺..... [続きを読む]

» 『スーサイド・スクワッド』(2016) [【徒然なるままに・・・】]
「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」に続く<DCフィルムズ>の3作目。スーパーマン亡き今、未曾有の脅威に立ち向かうのは誰か?米国政府高官アマンダ・ウォラーはタスク・フォースXの結成を決定する。死刑や終身刑を言い渡されている極悪人たちを、減刑を条件に危険な任務に送りだそうというのだ。もちろん裏切ることを想定して体内に超小型の爆弾を埋め込み、もしもの時には瞬時に抹殺出来るような仕掛けを施して。選ばれたのは凄腕のスナイパー、デッドショット、ジョーカーの恋人のメンヘ... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド  [atts1964の映像雑記]
2016年作品、デヴィッド・エアー監督、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレット・レト、ヨエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス出演。 迫りくる世界崩壊の危機を前に、A.R.G.U.S.のトップ・アマンダ・ウォーラー (ヴィオラ・デイヴィス)は政府にある提案をしていた。 それは、これから来る、メタ・ヒューマンとの戦いに、ヒーローたちによって投獄され、死刑や終身刑となったヴィラン(悪役)たちを、減刑と引き換えに自殺に等しい任務を強制する集団スーサイド・スクワッド(自殺部隊)..... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [映画好きパパの鑑賞日記]
 バットマンたちにつかまった悪者たちが結成して、より大きな悪をたたくというストーリーで、アメリカではヒットしましたが、正直、アメコミ原作のものってどれも似たような感じで食傷ぎみだったりします。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:デヴィッド・エアー …... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド  監督/デヴィッド・エアー [西京極 紫の館]
【出演】  ウィル・スミス  ジャレッド・レトー  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショットや、ジョーカーに夢中のハーレイ・クインら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド(Suicide Squad) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 「バットマン」や「スーパーマン」などと同じDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描くアクション作品。バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄され、死刑や終身刑となった悪党たちが、減刑と引き換えに「スーサイド・スクワッド(自殺...... [続きを読む]

» 「スーサイド・スクワッド」 DCはメジャーになれるのか? [はらやんの映画徒然草]
DCの悪人(ヴィラン)版「アベンジャーズ」と言ったところの作品。コミックでDCと [続きを読む]

» 悪役たちが世界を救う!? [笑う社会人の生活]
14日の事ですが、映画「スーサイド・スクワッド」を鑑賞しました。 バットマンをはじめとするヒーローたちにより投獄され 死刑や終身刑となった選び抜かれた悪党たちが減刑と引き換えに スーサイド・スクワッド(自殺部隊)の結成を強制、命令に背いた者 任務に失敗した...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [C’est joli ここちいい毎日を♪]
スーサイド・スクワッド 16:米 ◆原題:SUICIDE SQUAD ◆監督:デヴィッド・エアー「フューリー」「サボタージュ」 ◆主演:デッドショット: ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・コートニー、ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アイク・バリンホルツ、スコット・イーストウッド、カーラ・デルヴィーニュ、アダム・ビーチ、福原かれん ◆STORY◆迫りくる世界崩壊の危機を前に、政...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [銀幕大帝α]
SUICIDE SQUAD 2016年 アメリカ 123分 アクション 劇場公開(2016/09/10) 監督: デヴィッド・エアー 『フューリー』 製作総指揮: ザック・スナイダー 脚本: デヴィッド・エアー 出演: ウィル・スミス:デッドショット(フロイド・ロートン) ジャレッド...... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド [タケヤと愉快な仲間達]
監督:デヴィッド・エアー 出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アイク・バリンホルツ、スコット・イーストウッド、カーラ・デルヴィーニュ、福原かれん、アダム・ビーチ、シェイリン・ピエール=ディクソン、ジム・パラック、コモン、コリーナ・カルデロン、デヴィッド・ハーバー、ケヴィン・ヴァンス、アレックス・メラズ、エズラ・ミラー、ベン・アフレック 【解説】 DCコミックスに登場する悪役が... [続きを読む]

» スーサイド・スクワッド  [ケントのたそがれ劇場]
★★★ 製作:2016年 米国 上映時間:123分 監督:デヴィッド・エアー  製作総指揮がザック・スナイダーということで、『マン・オブ・スティール』と『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の世界観を引き継いでおり、スーパーマンもバットマン... [続きを読む]

« セルフレス/覚醒した記憶 (試写会) | トップページ | キング・オブ・エジプト ジャパンプレミア »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ