鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years | トップページ | ハドソン川の奇跡 »

2016年9月29日 (木)

ある天文学者の恋文

死せる星との対話

Correspondence

公式サイト http://gaga.ne.jp/tenmongakusha

監督: ジュゼッペ・トルナトーレ  「海の上のピアニスト」 「鑑定士と顔のない依頼人

著名な天文学者エドワード・フィーラム教授(ジェレミー・アイアンズ)と、教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコ)は、周囲には秘密の恋を謳歌していた。だが、エイミーのもとにエドが亡くなったという知らせが飛び込む。悲しみと混乱の中、死んだはずのエドからの優しさとユーモアにあふれるメールや手紙、プレゼントが次々と届く。不思議に思ったエイミーは、その謎を解くためにエドの暮らしていたエディンバラや、二人の思い出の地であるイタリア湖水地方サン・ジュリオ島などを訪れる。やがて、エドが彼女の封印していた過去を秘密裏に調べていたことを知る。

亡くなった人からの手紙というと、「P.S.アイラヴユー」を思い出します。
あの映画同様、残された相手への愛情にあふれたメールや贈り物。

但し本作は、男が不倫相手に送った物。
老いらくの恋というか、こんなに愛せる相手に出会ったのはラッキーな人生かもしれないけど、エドの家族にとってはひどい話。
残された3か月を家族ではなく愛人のために費やすなんて、とっても自己中心的な男じゃないの。

でも彼がメッセージを残した相手はエイミーだけではなく、まだ幼い息子へのものもあるらしいのもわかります。(娘はエイミーと同い年)

秘密の逢瀬を楽しむエドとエイミー。
エイミーは博士号を取得を目指す、優秀な学生。
La_corrispondenza_2

しかし、ある日突然、エドの死を知るエイミー。
亡くなったはずのエドから届くメールや贈り物に、困惑する。

エドの自宅やイタリアの別荘へ行き、エドが本当に亡くなっていて、生前に自分の死後に送るメールなどを準備していた事を知ったエイミー。

La_corrispondenza_3

ビデオメッセージを楽しみしていたけれど、彼女の家族の秘密に触れられて取り乱す。

エイミーはスタントマンのアルバイトをしているけれど、優秀な学生のする仕事じゃないわよね。
なぜ危険なバイトをしているのかが、伏線になっていました。

(鑑賞日9月26日)

« ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years | トップページ | ハドソン川の奇跡 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

確かに家族からしたらエドはとんでもない父親ですね。でもエイミーにどうしようもなく入れ込んでしまったのは、スタントをやる彼女の奥底にあるなにかを強烈に感じたんでしょう。だからこそ死んでからもそんな彼女の暗い部分から抜け出せてあげたかった、そう理解しましたが。
彼女の再生譚になっていたのがなかなかいいラストだったと思いました。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
エドはエイミーに対して、父親のような気持ちも持っていたと思います。
過去の呪縛を解いてあげたい気持ちはわかりますが、
家族を苦しめるのは、男の身勝手と思いました。

TBありがとうございます。
エイミーのエドに対する愛情は本物なんでしょうけど、ファザコンの意味もあったのかも、と邪推しました。
突然のスタントシーンにびっくりしました。

★すぷーきーさん
私もエイミーは、ファザコンだったのかもと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/67658573

この記事へのトラックバック一覧です: ある天文学者の恋文:

» ある天文学者の恋文 [映画好きパパの鑑賞日記]
 ジュゼッペ・トルトナーレ監督の前作「鑑定士と顔のない依頼人」に続いて、死を目前にした老いた男と美しい女性の物語をミステリアスに描きます。雰囲気はさすがなんだけど、本当にこれが真実の愛なのか、個人的には疑問です。  作品情報 2016年イタリア映画 監督:…... [続きを読む]

» 『ある天文学者の恋文』 2016年9月23日 TOHOシネマズシャンテ [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『ある天文学者の恋文』 を鑑賞しました。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督なので気になって... 【ストーリー】  天文学者エド(ジェレミー・アイアンズ)と、教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコ)は、愛し合っていた。だが、エイミーのもとにエドが亡くなったという知らせが飛び込む。悲しみと混乱の中、死んだはずのエドからのメール、手紙、プレゼントが次々と届く。不思議に思ったエイミーは、その謎を解くためにエドの暮らしていたエディンバラや、二人の思い出の地サン・ジュリオ島などを訪れる。やがて、エドが彼女の秘... [続きを読む]

» ある天文学者の恋文  [atts1964の映像雑記]
2016年作品、ジュゼッペ・トルナトーレ監督、ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコ出演。 著名な天文学者のエド(ジェレミー・アイアンズと教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコは、いつも決まったホテルの一室借りて、愛し合っていた。 親子ほどの年の差の二人で、もちろんエドには家庭があり娘と息子がいた。 その日はいつも以上に、エドは時間が迫っても名残惜しそうだったが、自分の借りた別の部屋に行き、身支度を整えて車で大学に向かった。 しかしその時も、エイミーが残った部屋の前..... [続きを読む]

» ある天文学者の恋文。 [すぷのたわごと。]
『ある天文学者の恋文』を観に行ってきました。 邦題がちょっとこっぱずかしい。 ラブレターじゃなく恋文なのは、年齢的に古風なイメージにしたかったんだろうか? 原題は『 CORRESPONDENCE 』でいいのかな? Yahoo! 翻訳だと“通信”だった。 天文学者エドワード・フィーラム教授(ジェレミー・アイアンズ)と、教え子エイミー・ライアン(オルガ・キュリレンコ)は、秘密の恋人。 離れていても、メールやスカイプでやり取りして、幸せな関..... [続きを読む]

» ある天文学者の恋文(La corrispondenza) [田舎に住んでる映画ヲタク]
   「ニュー・シネマ・パラダイス」「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるイタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレが、名優ジェレミー・アイアンズとオルガ・キュリレンコを主演に迎えて描くヒューマンミステリー。音楽はトルナトーレ監督作おなじみのエン...... [続きを読む]

» ある天文学者の恋文 ★★★ [パピとママ映画のblog]
『ニュー・シネマ・パラダイス』『鑑定士と顔のない依頼人』などのジュゼッペ・トルナトーレ監督が放つ、ミステリードラマ。死んだはずの恋人から手紙やプレゼントが届き続ける女性が、その謎を解く姿を彼女の秘めた過去を絡めながら追う。『運命の逆転』などのジェレミー...... [続きを読む]

» 亡くなっても続く、その愛のもの [笑う社会人の生活]
29日のことですが、映画「ある天文学者の恋文」を鑑賞しました。 天文学者のエドと教え子エイミーは秘密で年の差の恋愛を満喫 ある日 エイミーのもとに出張中のエドからメールが届くが、別の教授からエドの訃報を知らされる その後もエイミーのもとにエドから手紙やメー...... [続きを読む]

» 「ある天文学者の恋文」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
少なくとも、舞台鑑賞とかでは、マナーモードにしてもらいたい・・・。 [続きを読む]

» DVD:ある天文学者の恋文 La corrispondenza 恋愛とは人生の永遠の不思議、を見事に映像化した一本。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
劇場で見逃したので、DVDで。 プロットは基本、恋人の突然の死に戸惑うヒロイン。 演じるは、ウクライナ美人オルガ・キュリレンコ(元ボンドガール 写真:右) その恋人は自らの死を予期していたため、死後もアナログデジタルで彼女にメッセージを送り続ける。 それらに喜びつつも戸惑う主人公の物語。 ...... [続きを読む]

» ある天文学者の恋文 [セレンディピティ ダイアリー]
ジュゼッペ・トルナトーレ監督が贈る、ジェレミー・アイアンズ&オルガ・キュリレンコ主演のラブストーリーです。 ある天文学者の恋文(La Corrispondenza / Correspondence) 天文学者のエド(ジェレミー・アイアンズ)は妻子ある身ですが、教え子のエイミー(オルガ・...... [続きを読む]

« ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years | トップページ | ハドソン川の奇跡 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ