サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 怒り (試写会) | トップページ | セブンス・サン 魔使いの弟子 »

2016年9月16日 (金)

みかんの丘 (試写会)

同じ人間なのに

Tangerines

公式サイト http://www.mikan-toumorokoshi.info
9月17日公開

2015年米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品

ジョージア(グルジア)のアブハジア自治共和国で、みかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージアとアブハジア間に紛争が勃発し、ほとんどのエストニア人は帰国したが、イヴォ(レンビット・ウルフサック)とマルゴス(エルモ・ヌガネン)は残って収穫に精を出していた。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援する、チェチェン兵アハメド(ギオルギ・ナカシゼ)。もうひとりは、ジョージア兵のニカ(ミヘイル・メスヒ)。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知って殺意に燃えるが、イヴォが“私の家で殺し合いはざせない”というと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、イヴォに従った。

戦争の不条理の中、人間らしく生きようとする人。
戦争は家族に悲しみしかもたらさないのに、いつになったらなくなるのでしょうか。
人間がいる限り、なくならないのでしょうかね。

見ていて、「戦場のアリア」や「ノー・マンズ・ランド」を思い出しました。

マルゴスはミカン(映画ではマンダリンと言っていました)の収穫をしていて、イヴォは収穫したミカンを入れる木箱を作っています。

Mandariinid_3

収穫の人出が足りず、知り合いの将校に兵士を20~30人よこしてもらうことになっていた。
そんな中、近くで戦闘があり、負傷したアブハジア側の兵士を自宅に運びました。
死んだ兵士を森で埋葬しようとしたら、その中にまだ息がある者がいた。それがジョージア兵。瀕死のその兵士も自宅へ運び、医者を呼んだ。もちろん、口の堅い医者を。

家にジョージア兵がいるのがばれたら、大変なことになるというか、イヴォやマルゴスも殺されてしまう。
それでも、家で介護をするんです。

イヴォの家にいる負傷した兵士二人は、別々の部屋のベッドにいますが、敵意をむき出しにします。

Mandariinid_4

Mandariinid_5

しかし、少~しずつ二人の感情も変化します。

Mandariinid_2

兵士2人のケガも、だいぶ回復してきた頃、アブハジアの小隊がやってきて悲劇が...

涙なくしては見られない。

マルゴスがエストニアに帰国しない理由、ミカンの収穫。
お金のためではないのです。
せっかく実ったミカンを、 無駄にしたくないからなの。
イヴォは帰国しない理由を語らない。
ラストでも明言されるわけではないけれど、「息子は自分たちの土地を守りたいと入隊して死んだ。その息子の意思と死を無駄にしたくないためなのでしょうか。」
人としての心を失わないイヴォが、とても気高く感じました。

(鑑賞日9月15日)

« 怒り (試写会) | トップページ | セブンス・サン 魔使いの弟子 »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/67428754

この記事へのトラックバック一覧です: みかんの丘 (試写会):

» みかんの丘 ★★★ [パピとママ映画のblog]
旧ソ連のジョージア(グルジア)を舞台に、地域間紛争に巻き込まれたみかん農家が、敵対する2人の負傷兵を一つ屋根の下で世話したことから巻き起こる不条理な人間模様を綴った戦争ドラマ。監督は、これが日本初紹介となるザザ・ウルシャゼ。 あらすじ:ジョージアのアブ...... [続きを読む]

« 怒り (試写会) | トップページ | セブンス・サン 魔使いの弟子 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COMING SOON

無料ブログはココログ