サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« グランド・イリュージョン 見破られたトリック | トップページ | みかんの丘 (試写会) »

2016年9月 8日 (木)

怒り (試写会)

犯人は 今いずこ
あなたは殺人犯?

Ikari

公式サイト http://www.ikari-movie.com
9月17日公開

原作: 怒り (吉田修一著/中央公論新社)
監督: 李相日  「フラガール」 「悪人」 「許されざる者

ある夏の暑い日に、八王子で夫婦殺人事件が起こった。夫婦の遺体は自宅のバスルームで発見され、凄惨な殺人現場には、「怒」の血文字が残されていた。犯人は特定できたものの、逃亡していて行方は分からない。
それから1年後、千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の青年が現れた。
千葉――3か月前に突然家出をし、歌舞伎町の風俗店で働いていた愛子(宮崎あおい)を、千葉の漁港で働く父の洋平(渡辺謙)が、連れ帰った。愛子は2か月前から漁港で働き始めた田代(松山ケンイチ)と出会って、恋に落ちる。
東京――大手通信会社に勤めるゲイの優馬(妻夫木聡)は、新宿のクラブで出会った直人(綾野剛)を気に入り、自宅に連れ帰る。
沖縄――母に連れられて沖縄の離島に引っ越してきた高校生の泉(広瀬すず)は、ある日無人島で、バックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。

犯人は誰なのかというミステリーですが、素性の怪しげな青年をとりまく人たちの、人間ドラマがよくできていました。周囲の人たちの対応や心情に、共感できました。
様々な怒りがありますが、信じ切れなかった自分への怒り、信じた自分への怒りもありました。

身元のはっきりしない赤の他人を、どこまで信じられるか。
信用できなくても、無理ないですよね。

事件から1年。犯人は顔を整形して逃亡中と思われるとのテレビ報道を見た人たちの頭に、“彼”はもしかして殺人犯なのではとの疑惑が浮かびます。

千葉
Ikari_2

渡辺謙さんが、しがない普通のおやじ。

Ikari_6

東京
Ikari_5

優馬の母(原日出子)はホスピスにいて、余命僅か。
妻夫木くんと綾野剛がゲイカップルで、ベッドシーンや全裸シーンもあるのにびっくり。coldsweats02

沖縄
Ikari_4

同級生にボートで無人島に連れてきてもらった泉。
島を散策していて、そこで生活している田中と出会う。

広瀬すずちゃんが、衝撃的な役だったわぁ。
辛すぎるぅ。crying

事件を捜査する刑事に、ピエール瀧三浦貴大

豪華な出演陣ですが、映画化にあたって原作者の要望の一つが、映画「オーシャンズ11」のようなオールスターキャストを配してほしい。」だったそうです。

(鑑賞日9月7日)

« グランド・イリュージョン 見破られたトリック | トップページ | みかんの丘 (試写会) »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

豪華キャストは原作者の要望だったんですね。まあそれに耐えうる作品に仕上がったと思いますし、邦画ならではの心理的描写もよかった。
こちらからもTBお願いします。

いつもTBありがとうです。

★atts1964さん
犯人探しよりも、それぞれのドラマが印象に残りました。


★migさん
TBだけで失礼しております。

こんにちは。
>映画化にあたって原作者の要望の一つが、映画「オーシャンズ11」のようなオールスターキャストを配してほしい。
ということだったんですね!
さすが、希望通りの豪華キャストでした。
でも、ということは、辰哉役の青年は、ホントに大抜擢だったんですね!!

★ここなつさん
豪華なキャストでとの要望が、出せるような作家なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/67350154

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り (試写会):

» 『怒り』 2016年9月6日 よみうりホール [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『怒り』 を試写会で鑑賞しました。 このキャストであれば納得の出来栄えです。 【ストーリー】  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。 今回も内容を知らずに鑑賞... [続きを読む]

» 怒り [あーうぃ だにぇっと]
怒り@一ツ橋ホール [続きを読む]

» 「怒り」@東宝試写室 [新・辛口映画館]
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。... [続きを読む]

» 怒り [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2016/09/17公開 日本 PG12 141分監督:李相日出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡 あなたは殺人犯ですか? STORY:八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般の市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から1年後、千葉・東京・沖縄に素性の知れない3人の青年が現われる。歌舞伎町の風俗店で働いているところを発見され、千... [続きを読む]

» 怒り [Akira's VOICE]
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある! [続きを読む]

» 『怒り』 [こねたみっくす]
彷徨い続けるこの怒りをどこへ向ければいいのだろうか。 2007年に起きたリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を基軸に、感情の中でもっともエネルギーを要する「怒り」に焦点を当 ... [続きを読む]

» 収まらない感情。『怒り』 [水曜日のシネマ日記]
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。 [続きを読む]

» 「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑念の先にみる真実を知って後悔の念に駆られる怒り [オールマイティにコメンテート]
「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1 ... [続きを読む]

» 怒り ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い男3人が、やがてその土地で新たな愛を育んでいく中、真...... [続きを読む]

» 怒り [atts1964の映像雑記]
2016年作品、李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛出演。 八王子の閑静な住宅地で、惨たらしく殺された夫婦の遺体が見つかる。 室内には、被害者の血で書かれたと思われる『怒』の文字が残されていた。 犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。 千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙)は、歌舞伎町に向かう。 そこには家出していた娘・愛子(宮崎あおい)がいた。 家出をしていた娘を連れて用兵は帰ってくる。 洋平の所には田代(松山ケンイチ)と..... [続きを読む]

» 怒り [我想一個人映画美的女人blog]
「悪人」(10)の原作・吉田修一✖︎李相日(り・さんいる)監督再びタッグ。 「悪人」はそんなに好きじゃなかったけど、気になってたので初日に鑑賞。 随分とまた豪華キャスト揃えたなーと思ってたら 配役には「映画 『オーシャンズ11』のようなオールスターキ...... [続きを読む]

» 怒り [映画好きパパの鑑賞日記]
 愛とは人を信じることとは何かを問う内容といい豪華出演者の素晴らしい演技といい、さまざまな意味で、今年一番、重い映画でした。李相日監督は現在の日本で最も重たい映画を楽しめる監督だと思います。  作品情報 2016年日本映画 監督:李相日 出演:渡辺謙、森山…... [続きを読む]

» 怒り [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  サスペンス  監督:李相日  出演:渡辺謙      森山未來      松山ケンイチ      綾野剛 【物語】     (シネマトゥデイ)  八王子で起きた凄惨な殺 ...... [続きを読む]

» 映画『怒り』★矛先を向けても行き場を失う”怒り” [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166839/ あらすじ・配役はこちらを参照ください。 顔を変えて逃亡中の殺人犯が 親しい人かもしれない―― 作品は“信じる”ことをテーマの1つにしたようですが 3 人の男性の、誰が真犯人なんだろうという ミステリーを感じつつ 素姓知れずの 3 人の男性を巡って 思い知..... [続きを読む]

» 怒り [映画三昧、活字中毒]
■ 試写会にて鑑賞怒り 2016年/日本/141分 監督: 李相日 出演: 渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず 公式サイト 公開: 2016年09月17日 八王子で、夫婦の惨殺される事件が起きる。八王子署の南條邦久刑事と北見壮介刑事を始めとする捜査班が動き始め、犯人は山神一也という男だと突き止めたものの、山神の身柄は拘束できなかった。 千葉の漁港で働く槙洋平は、3...... [続きを読む]

» 怒り・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
愛した人のことを、本当に知っていますか? 「悪人」の、李相日と吉田修一のタッグ再び。 一件の殺人事件から始まる物語は、一年後に三つに枝分かれ。 東京、千葉、沖縄に忽然と姿を現した三人の男を巡る、オムニバス的な構成のミステリアスな群像劇が展開する。 タイトルの「怒り」の対象とは何か? これは人が人を愛するときに生まれる、様々な感情の帰結する先を描く、非常にパワフルでヘビーな人間ド...... [続きを読む]

» 映画「怒り」 [FREE TIME]
映画「怒り」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 怒り [映画的・絵画的・音楽的]
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、空中から見た街(八王子)の光景。蝉の声が高まる中、カメラは次第に一軒の家に近づきます。なんと、その家の浴室では人が殺されているのです。一体(女性)は、浴槽の中に、もう一体(男性)はその外に。その家に住む夫婦が殺されたようです。  八王子署の刑事が、血の付いた包丁を見つけ、またドア(注2)に書かれた「怒」... [続きを読む]

» 「怒り」 [Con Gas, Sin Hielo]
ひとり、ひとりの、怒りと、涙。 この映画は重い。並行して描かれる3本の群像劇は、いずれも人間の弱い部分を深くえぐる。 おもしろいのは、この3本が直接繋がることはないということだ。普通群像劇といえば、縁がないような登場人物が意外なところで結び付く脚本が...... [続きを読む]

» 怒り [花ごよみ]
原作は吉田修一の小説。 李相日監督が映画化。 渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、 綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡等が出演。 犯人未逮捕の凶悪事件が東京で発生。 現場に「怒」という文字を残していった犯人は 顔を整形し逃亡。 千葉、東京、沖縄と離れた場...... [続きを読む]

» 怒り [映画と本の『たんぽぽ館』]
信じないことの痛み、信じてしまったことの痛み * * * * * * * * * * 吉田修一さん原作の本作。 吉田修一作品は、見る前に多少の覚悟が必要ですね。 寝ぼけまなこでのほほんとは見られない・・・。 ある残忍な殺人事件があり、 犯人は殺人現場に...... [続きを読む]

» 怒り  監督/李相日 [西京極 紫の館]
【出演】  渡辺 謙  宮﨑 あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず 【ストーリー】 八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平と娘の愛子が暮らす千葉の漁港で田...... [続きを読む]

» 怒り(2016) [銅版画制作の日々]
 あなたは殺人犯ですか? 東宝シネマズ二条にて鑑賞。19日の連休最終日に鑑賞しました。かなり多くのお客さんでした。結構番宣もインパクトあったのか?結構印象深い作品ですよね。そしてなかなか感想が難しい作品でもあり。 お話は3つに分かれていて、どの話もインパクトあったなあ。犯人はこの中にあります。あ!もうネタバレですね。びっくりしたのは藤田優馬役を演じる妻夫木聡君と大西直人役を演じる綾野剛君のラブシーン。  ゲイ役初挑戦なんでしょうね。いやいや凄いでした。演技といえこういう役を演じ切るのはかなり度... [続きを読む]

» 怒り [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★☆【4.5点】(F) 第三者から聞かされる真実ほど胸を突くものはない。 [続きを読む]

» 疑い、そして・・・ [笑う社会人の生活]
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京 大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知...... [続きを読む]

» 怒り [C’est joli ここちいい毎日を♪]
怒り 16:日本 ◆監督:李相日「悪人」「フラガール」 ◆主演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡 ◆STORY◆八王子の閑静な住宅地で、惨たらしく殺された夫婦の遺体が見つかる。室内には、被害者の血で書かれたと思われる『怒』の文字が残されていた。犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙)は、家出していた娘・愛子(宮崎あおい... [続きを読む]

» 「怒り」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
豪華な出演者の名演を楽しめる映画 4つ★ [続きを読む]

« グランド・イリュージョン 見破られたトリック | トップページ | みかんの丘 (試写会) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ