サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« スター・トレック BEYOND | トップページ | インフェルノ »

2016年10月31日 (月)

われらが背きし者

何故、僕を選んだ

Our_kind_of_traitor

公式サイト http://wareragasomukishimono-movie.jp

原作: われらが背きし者 (ジョン・ル・カレ著/岩波文庫)

弁護士である妻ゲイル(ナオミ・ハリス)との関係修復を図るべく、モロッコへと休暇旅行にやってきた英国人大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)。偶然知り合ったロシア・マフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)から、組織の資金洗浄の情報が入ったUSBをMI6に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う二人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受ける事に。しかし、その日を切っ掛けに二人は、ロシア、モロッコ、イギリス、フランスなどを股に掛けた、危険な亡命劇に巻き込まれていく。

こういう人のいい優しい男は、ユアンのはまり役ですね。
でも、信義を重んじる人のいい主人公でも、浮気はするのね。

どうやら教え子との浮気が原因で、夫婦関係が悪くなり、それを修復しようと休暇旅行でモロッコへ来た夫婦。

Our_kind_of_traitor_2

レストランで見知らぬ男に声をかけられたペリー。
断る事もできたし、途中でやめる事もできたのに、ディマ一家を助けようとした。

Our_kind_of_traitor_4

ロンドンの空港でペリーに対応したのは、MI6のヘクター(ダミアン・ルイス)。

Our_kind_of_traitor_5_2

スリリングな展開で、ハラハラしました。
もしかして皆死しんじゃうのか、そして不正は暴かれないまま終わるのかとも思いました。
原作者が同じ映画の「裏切りのサーカス」と同じく、全編を通して重苦しくて暗い雰囲気でしたね。

ヘリはきっと落ちるなと思ったので、ペリーは死んじゃうの?と思いましたが、それを予感したのかディマはペリーに乗るなと言ったので、見ていてほっとしたと同時に、落ちると確信しました。

(鑑賞日10月27日)

« スター・トレック BEYOND | トップページ | インフェルノ »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
映画が面白かったので、原作本を読んでみました。
内容・設定が全然違っていてビックリでした。(^^;)
個人的には、映画を先に観たせいか、映画の方がスッキリしていて良かったです。
映画ではペリーとナターシャの印象が良くなかったんですが、小説では浮気はしてないし、隠れ家もバラしてないし、悪く思ってしまってごめんなさい、と思いました。(^^;)

★すぷーきーさん
原作はだいぶ違うのでしょうか。
機会があれば読みたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/68137168

この記事へのトラックバック一覧です: われらが背きし者:

» 『われらが背きし者』 2016年9月19日 ユーロライブ [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『われらが背きし者』 を試写会で鑑賞しました。 雨の休日であるが珍しく試写会で2本鑑賞。 しかし、私も含め暇な人は多い。 【ストーリー】  イギリス人の大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)は、バカンスを楽しんでいたモロッコでロシアンマフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)と知り合う。やがて彼から、マフィア組織の資金洗浄をめぐる情報が入ったUSBメモリーをMI6に渡してほしいと頼まれる。ディマと彼の家族に危険が迫っているのを知って、ちゅうちょしながらも引き受けて... [続きを読む]

» われらが背きし者 [映画好きパパの鑑賞日記]
 スパイ小説の巨匠、ジョン・ル・カレの作品を映画化。派手なシーンはほとんどない代わりに、最後までどうなるか分からない緊迫した状況が続き、上質のサスペンスを堪能できました。  作品情報 2016年イギリス、フランス映画 監督:スザンナ・ホワイト 出演:ユアン…... [続きを読む]

» われらが背きし者 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(F) 断りたい時に適当な口実がないと、こうなるという警醒か(違) [続きを読む]

» われらが背きし者。 [すぷのたわごと。]
『われらが背きし者』を観に行ってきました。 ジョン・ル・カレの小説を映画化したものだそうだ。 原作は知らないけど、出演者が気になったので。 原題は『 OUR KIND OF TRAITOR 』で、 Yahoo! 翻訳だと“裏切り者の我々の種類”だった。 どういう意味??? 関係を修復するため、休暇でモロッコを訪れているイギリス人の大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻で法廷弁護士のゲイル(ナオミ・ハリス)。 ぎくしゃくしたまま一..... [続きを読む]

» 『われらが背きし者』 [beatitude]
モロッコでの休暇中、イギリス人大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)は、偶然知り合ったロシアンマフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)から、組織のマネーロンダリング情報が入ったUSBをMI6(イギリス秘密情報部)に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う二人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受けることに。だが、その日を境に二人は世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれてゆくのだった...... [続きを読む]

» ル・カレ版 巻き込まれサスペンス [笑う社会人の生活]
26日のことですが、試写会「われらが背きし者」を鑑賞しました。 ユーロスペースにて イギリス人大学教授ペリーと妻のゲイルはモロッコで休暇中にロシアンマフィアのディマと知り合い ディマから1つのUSBをMI6に渡してほしいと懇願される ディマと彼の家族の命が狙われ...... [続きを読む]

» われらが背きし者★★・5 [パピとママ映画のblog]
ジョン・ル・カレの同名ベストセラーをユアン・マクレガー主演で映画化したスパイ・サスペンス。平凡な大学教授とその妻が、ロシアン・マフィアの大物が画策する英国への亡命計画に巻き込まれて繰り広げる危険な大冒険の行方を、関係者それぞれの濃密な人間ドラマとともに...... [続きを読む]

» 『われらが背きし者』 [My Pace, My Self]
昨日は『われらが背きし者』鑑賞 nbsp; あの『裏切りのサーカス』と同じくジョン・ル・カレの小説の映画化ということで、すごく期待! ・・・でも寝不足で鑑賞して反省のサーカスになってしまったらどうしようと少し不安 よし、明日は観に行くぞ!ということでおとといの夜は久々に『裏切りのサーカス』観たけれど、案の定途中寝てしまい気がついたらテイラーさんがあぶり出されていて反省のサーカス・・・ nbsp; 個人的にはサーカス路線が好みだけど、『誰よりも狙... [続きを読む]

» われらが背きし者 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【OUR KIND OF TRAITOR】2016/10/21公開 イギリス/フランス PG12 107分監督:スザンナ・ホワイト出演:ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ダミアン・ルイス、ナオミ・ハリス STORY:イギリス人の大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)は、バカンスを楽しんでいたモロッコでロシアンマフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)と知り合う。やがて彼から、マフィア組織の資金洗浄をめぐる情報が入ったUSBメモリーをMI6に渡してほしいと... [続きを読む]

« スター・トレック BEYOND | トップページ | インフェルノ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ