鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ジェイソン・ボーン (試写会) | トップページ | ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ »

2016年10月 7日 (金)

奇蹟がくれた数式 (試写会)

あふれ出る数式

The_man_who_knew_infinity

公式サイト http://kiseki-sushiki.jp
10月22日公開

実話を基にした映画

原作: 無限の天才 (ロバート・カニーゲル著/工作舎)

1914年のイギリス、ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授(ジェレミー・アイアンズ)は、インドから届いた一通の手紙に記されていた驚異的な発見に夢中になり、差出人であるラマヌジャン(デヴ・パテル)を大学に招聘する。ラマヌジャンは自分の研究を発表できる初めてのチャンスに胸を躍らせ、結婚したばかりの妻と母をインドに残してイギリスに来たが、学歴もなく身分も低いインド人の彼を、ほかの教授たちは拒絶する。

主人公ラマヌジャンについては知らなかったので、鑑賞後にwikiを見ました。
でも知らなかったから、ストーリー展開を楽しめました。
数学がわからなくても、異国での生活習慣の違いや、人種差別を受ける主人公の苦労と苦悩は共感できると思います。

天才というのは、いつの世もなかなか受け入れられないんですねえ。
凡人には考え付かない事や出来ない事をするのだから、当然ともいえますけどね。
普通じゃないから、凡人には理解できないから、天才なんだものね。

でも、彼の才能に気づいてくれた人がいてよかったです。
まずは、インドで彼を雇ってくれた人。
彼の能力を認めて、イギリスの著名な数学者たちに手紙を出すように勧めてくれました。
唯一彼の手紙に目をとめたのが、ハーディ教授。

The_man_who_knew_infinity_4

でもこの人、興味があるのは数学だけで、人間ラマヌジャンには興味がない。
もともと人付き合いが苦手というより、他人に興味がないのよね。
ラマヌジャンには故郷で彼を持つ妻や母がいることも知らないし、ヒンズー教徒で菜食主義なのも知らない。

The_man_who_knew_infinity_3

第一次大戦のせいで、ラマヌジャンが食事に困窮し、その結果、彼の体が衰弱しているのにも気づかない。

孤独と病気で追い詰められたラマヌジャンに気づくのが、遅すぎよねえ。
まあ研究に没頭するのは、こういうタイプが多いけどね。

遅すぎるとはいえ、気づいたハーディは、他の教授たちにラマヌジャンの能力を認めてもらうために奔走します。

信仰心があつく、家族がいるラマヌジャンと、無神論者で家族のいないハーディの対比もよかったです。
そして二人を見守りアドバイスする、リトルウッド教授(トビー・ジョーンズ)。

The_man_who_knew_infinity_2

このバランスが良い。

ラマヌジャンが夭折したのは残念ですね。
元気だったら、どれだけの数式を生み出したでしょうか。

(鑑賞日10月6日)

« ジェイソン・ボーン (試写会) | トップページ | ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/67791496

この記事へのトラックバック一覧です: 奇蹟がくれた数式 (試写会):

» 奇蹟がくれた数式 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(P) インド式の算数はやはり伊達ではなかった(←映画と関係ないから)^^; [続きを読む]

» 【映画】奇跡がくれた数式 [アリスのさすらい映画館]
奇跡がくれた数式(2015) イギリス 原題:The Man Who Knew Infinity 監督/脚本:マシュー・ブラウン 出演:デヴ・パテル/ジェレミー・アイアンズ/デビカ・ビセ/トビー・ジョーンズ/スティーブン・フライ 日本公開:2016/10/22【ストーリー】 1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、インドから届いた一通の手紙に目を止める。そ...... [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式 / The Man Who Knew Infinity [勝手に映画評]
インドの天才数学者ラマヌジャンと、彼を見出したG・H・ハーディとの交流の実話を描いた作品。 本当に、ラマヌジャンとハーディの交流しか描かれていません(笑)。そう言う意味では、ラマヌジャンが、なぜ数学に興味をもったのかと言う事が判らないので、突然現れた天才と...... [続きを読む]

» 『奇跡がくれた数式』 [beatitude]
1914年。イギリスの名門ケンブリッジ大学の数学者G.H.ハーディ教授(ジェレミー・アイアンズ)のもとに、一通の手紙が届く。インドからはるばる送られてきたその手紙には驚くべき定理が書かれており、ハーディは差出人を大学に招聘する。その差出人ラマヌジャン(デヴ・パテル)は、インドで事務員として働く傍ら、独学で数学の研究をしていた。他の教授たちは、身分が低く学歴もない彼を拒絶。ラマヌジャンは孤独と過労が重なり、ついに重い病に。ハーディは彼の代わりに奇蹟の証明に立ち上がる。(MovieWalkerより)数学... [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式 [セレンディピティ ダイアリー]
インドの天才数学者ラマヌジャンと、彼を見出したイギリス人数学者G・H・ハーディの [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式 [映画と本の『たんぽぽ館』]
天から降りてくる公式 * * * * * * * * * * 「アインシュタインと並ぶ天才数学者」と言われた、インドの天才数学者ラマジャンの物語。 1914年イギリス。 ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授(ジェレミー・アイアンズ)のもとに、 インドから...... [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式 [映画好きパパの鑑賞日記]
 伝説的なインド人の天才数学者ラマヌジャンの伝記映画。非常に真面目に作っていますが、その分、おもしろみにかけてしまった気もします。しかし、彼がもし長生きしたら数学界はどうなっていたのかと、思いをはせてしまいます。  作品情報 2015年イギリス映画 監督:…... [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式(THE MAN WHO KNEW INFINITY) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 インド人数学者ラマヌジャンと、イギリス人の大学教授G・H・ハーディの友情を描く、実話を基にした人間ドラマ。第一次世界大戦下のイギリスを舞台に、身分も国籍も違う2人の数学者がさまざまな困難を乗り越え、絆を深めていくさまがつづられる。『スラムドッグ$ミリオネア』のデーヴ・パテルがラマヌジャンを演じる。(movie walkerより) 実話なんですってね。私も数学は得意でしたが、ラマヌジャンのように「数式が呼びかけてくる」ようなことはありません。次から次へと、新しい定理や公式が勝手に湧... [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式 ★★★ [パピとママ映画のblog]
「スラムドッグ$ミリオネア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のデヴ・パテルがインドの天才数学者ラマヌジャンを演じた伝記ドラマ。独学で数学を学んだラマヌジャンが、異国の地イギリスへと渡り、文化の違いに苦しみながらも、著名な数学者G・H・ハーディ教授と数学を通じて友情を育み、強い絆で結ばれていく感動の実話を描く。共演にジェレミー・アイアンズ、トビー・ジョーンズ。監督は本作が長編2作目のマシュー・ブラウン。 あらすじ:数学に魅せられ独学で学ぶインドの青年ラマヌジャン(デヴ・パテル)。事務員として... [続きを読む]

» 奇蹟がくれた数式 [C’est joli ここちいい毎日を♪]
奇蹟がくれた数式 16;イギリス ◆原題:THE MAN WHO KNEW INFINITY ◆監督:マット・ブラウン ◆主演:デーヴ・パテル、ジェレミー・アイアンズ、デヴィカ・ビセ、トビー・ジョーンズ、スティーヴン・フライ ◆STORY◆1914年。イギリスの名門ケンブリッジ大学の数学者G.H.ハーディ教授(ジェレミー・アイアンズ)のもとに、一通の手紙が届く。インドからはるばる送られてきたその手紙には驚くべき定理が書かれており、ハーディは差出人を大学に招聘する。その差出人ラマ... [続きを読む]

» 「奇蹟がくれた数式」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
偶然にも、また大学教授なジェレミー・アイアンズを見てしまった・・・。3つ★ [続きを読む]

« ジェイソン・ボーン (試写会) | トップページ | ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ