サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« インフェルノ | トップページ | エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に »

2016年11月 7日 (月)

PK

苦しい時の神頼み
嘘も方便

Pk

公式サイト http://pk-movie.jp

監督: ラージクマール・ヒラニ  「きっと、うまくいく」

留学先のベルギーで悲しい失恋を経験し、傷心のまま母国インドに帰り、テレビレポーターとして働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着けて、“神様が行方不明”というチラシを配布する男(アーミル・カーン)と出会う。さっそく取材してみると、PK(酔っぱらい)と名乗るその男は、“自分は宇宙人で、宇宙船と交信するためのリモコンを失い、帰れなくなった”と語る。そして、そのリモコンを見つけてもらうために神様を探しているというのだった。途方もない話を信じられなかったジャグーだったが、驚くほど世間の常識が一切通用しないPKの純粋な問いかけは、やがて大きな論争を巻き起こし始める。

インド映画は上映時間が長いので、なかなか都合がつかないの。
「きっと、うまくいく」はレンタル鑑賞でしたが、本作は見に行くことができました。

すっごく笑えるし、涙あり感動ありだし、宗教を扱っている内容ながら誰もが共感できるし、見に行ってよかったです。
とてもおすすめの作品です。
ちなみに「きっと、うまくいく」も、とても面白くておすすめ映画です。

宇宙船でインドの田舎に降り立った宇宙人。
首に下げていた宇宙船のリモコンを、盗人に奪われてしまった。

同じ頃、ベルギーに留学中のジヤグーは、サルファラーズ(スシャント・シン・ラージプート)という青年と恋に落ちるが、彼がパキスタン人でイスラム教徒だったので、家族は交際に猛反対する。

この俳優さんが、すっごくイケメンでーす!

Pk_5

ジャグーは彼と結婚しようとしますが、叶わず、インドに帰ります。
家からは勘当状態のまま年月が過ぎ、テレビ局でしょーもないレポートをさせられている時、奇妙な男に遭遇します。

Pk_4

これはネタになりそうと、早速彼の取材を始めます。

Pk_3

知り合った男性から、盗人が物を売るならデリーだと教えられたので、デリーへやってきた。PKがデリーへ来る前の様子も、面白くて笑えます。happy01

宇宙船のリモコンを探していると話す彼は、誰からも酔っ払い(ピーケイ)がたわごとを言っていると思われました。で、みんながそんな事は神様に頼むしかないというので、神様を探している。

先入観や偏見がないPKは、神様を探す過程で、神様も色々、宗教も色々、それらの規則も様々である事を知ります。

神様は本当にいるのか、なぜ人はお金を払うのかとか、素朴な疑問をぶつけてきます。
宗教間の対立による悲劇も目の当たりにします。
なかには、インチキ宗教家もいます。
しかし宗教を否定するのではなく、その必要性も認めています。

宗教でも人種でも文化でも、それぞれの違いを知り、その違いを認め合うことが必要ですよね。
否定するから、対立や戦争になる。

PKは宗教以外の事も学ぶのですが、その一つが「嘘」。
彼の星では嘘をつく人はいないそうですが、地球で「嘘」を覚えました。
でも彼のつく嘘は、相手への思いやりなのです。

またPKは、シャーロック・ホームズのような推理も披露。(笑)
ラブストーリーにも感動を用意していたとは。

(鑑賞日11月4日)

« インフェルノ | トップページ | エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

これはけっこう深い作品でしたね。インド映画はこういう笑いとダンスの中に、人間の愚かさを差し込んできますね。
楽しさだけでない、面白さがありました。
TBお願いします。

★atts1964さん
宗教をシリアスに扱うと色々問題があるので、
こういうコミカルで、宇宙人から見た視点という形はうまいと思いました。
楽しいながらも考えさせられますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/68266490

この記事へのトラックバック一覧です: PK:

» PK ピーケイ★★★ [パピとママ映画のblog]
ヒットを記録した『きっと、うまくいく』のラージクマール・ヒラニ監督と、主演のアーミル・カーンが再び組んだヒューマンコメディー。テレビ局で働く女性が神様を探している謎の男に興味を持ったことから始まる物語を、世界中で起きている社会問題を絡めて描く。主人公の...... [続きを読む]

» PK ピーケイ [atts1964の映像雑記]
2014年作品、ラージクマール・ヒラニ監督、アーミル・カーン、アヌーシュカ・シャルマ出演。 空から巨大な雲が砂漠の上に現れる。 その中から見え隠れしているのは巨大宇宙船で、そこから煙が噴射され、そして一人の男(アーミル・カーン)が現れた。 その男は全裸で、胸に何か光る大きなペンダントのようなものをぶら下げていた。 離れたところに線路があり、列車が来そうな音が聞こえているが、そこに一人の現地の男が立って全裸の彼をびっくりした顔で眺めていた。 しかし次の瞬間、現地の男は..... [続きを読む]

» PK [象のロケット]
ベルギーに留学中のインド人女性ジャグーは、パキスタン人でイスラム教徒の青年サルファラーズと恋に落ちる。 だが、ジャグーの父親が崇拝するヒンドゥー教導師の予言通り、2人は別れることに。 帰国してテレビ局に就職したジャグーは、PK(酔っ払い)と名乗る奇妙な男と出くわす。 彼は宇宙人で、宇宙船を呼び出すリモコンをなくしたため、神様に見つけてもらおうとしているのだという…。 社会派コメディ。... [続きを読む]

» 「PK」 [Con Gas, Sin Hielo]
信仰とは、祈ること。それだけ。 ひさしぶりのインド映画。主演は2年前の「チェイス!」に続いてアーミルカーンだ。 前作の記事では内川聖一と書いたが、今回は独特な風貌をより突出させて宇宙人となってしまった。 地球に着くなり母船のUFOを呼び出すリモコンを盗人...... [続きを読む]

» PK(PK) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様... [続きを読む]

» PK ピーケイ  監督/ラージクマール・ヒラニ [西京極 紫の館]
【出演】  アーミル・カーン  アヌシュカ・シャルマ 【ストーリー】 留学先のベルギーで恋に破れ、祖国インドのテレビ局に勤務するジャグーは、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着け、チラシを配布する男と出会う。P...... [続きを読む]

« インフェルノ | トップページ | エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ