サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に | トップページ | ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 日本最速試写会 »

2016年11月15日 (火)

海賊とよばれた男 完成披露試写会

士魂商才

Kaizoku

公式サイト http://kaizoku-movie.jp
12月10日公開

原作: 海賊とよばれた男 (百田尚樹著/講談社文庫)
監督: 山崎貴  「ALWAYS 三丁目の夕日」 「永遠の0」 「寄生獣」

主要燃料が石炭だった時代から石油の将来性を予感し、どんなに絶望的な状況でも、決してあきらめずに商売をしてきた国岡鐵造(岡田准一)。敗戦後の混乱期にも誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で事業を広げていく。しかし欧米の石油メジャーから敵視され、その強大な包囲網により、石油輸入ルートを全て封鎖されてしまう。

上映前に、日テレの青木アナの司会で舞台挨拶がありました。
登場したのは以下の方々

岡田准一
綾瀬はるか  
主人公国岡の妻
小林薫     
創業当時からの店員
野間口徹   創業当時からの店員
吉岡秀隆   元日邦石油社員の店員
鈴木亮平   
元GHQの通訳の店員
染谷将太   
元漁師の店員
ピエール瀧  
元海軍大佐の店員
堤真一     国岡商店保有の巨大タンカー日承丸の船長
國村隼     石油配給統制会社の社長
山崎貴監督

緊張していた岡田くんは、言葉をかんじゃいました。
綾瀬はるかは、相変わらず天然でした。(爆)
なかなか楽しい舞台挨拶でしたよ。

さて原作は未読ですが、主人公のモデルは、出光興産の創業者、出光佐三だそうですね。
実際にあった出来事を盛り込んだ内容らしい。
石油業について何も知らなかったので、歴史の勉強にもなりました。

主人公の国岡鐵造は型破りで強引なところもあるけど、カリスマ性がある人なんでしょうね。
なんか、商売人としては、坂本龍馬と共通点があるというか、似ているように思いました。
なんだかんだ言いながらもついてくる、いい従業員を持っている。
従業員たちは、社長でなく「店主」と呼ぶ。店主も店員は家族同然という考えだ。

国岡は男気のある人だし、主人公だけでなく、店員たちや妻のエピソードなど、胸にグッとくるものが多々ありました。
大和魂を感じる映画でした。

岡田君が、国岡の若い時より60代を演じている方が多いのには、驚きました。
特殊メイクですが、動作や声も頑張って、うまく演じていました。

それにしても、日本のVFXも進化しましたねえ。
「ALWAYS 三丁目の夕日」の時は、はっきりCGとわかり、当時のハリウッド映画に比べるとすごく見劣りしましたが、本作では実写との境界がわかりませんよ。

北九州にいた創業のころは、海上で漁船に軽油を売っていた。
Kaizoku_2

Kaizoku_3

戦後、人足もやりたがらない仕事をする店員たち
Kaizoku_4

(鑑賞日11月14日)

« エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に | トップページ | ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 日本最速試写会 »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

大作でしたが、今回はカリスマ経営者の電気者でしたね。戦前、戦中、戦後と動乱期を生きた出光の創業者がモデルでしたね。
なかなかの岡田君の熱演でした。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
すごい人だったんだなあと、感慨深かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/68413890

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊とよばれた男 完成披露試写会:

» 『海賊とよばれた男』 2016年11月14日 東京国際フォーラムAホール [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『海賊とよばれた男』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 舞台挨拶は男が多くて華が無い  岡田准一、綾瀬はるか、 吉岡秀隆、染谷将太、野間口徹、鈴木亮平、ピエール瀧、  堤真一、國村隼、小林薫、山崎貴監督 の11名が登壇 【ストーリー】  敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐵造(岡田准一)は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従業員を激励する。戦後の混乱期にもかかわらず誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で事業を広げていく。やがて欧米の石油メジャーも国岡を警戒し、... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [あーうぃ だにぇっと]
海賊とよばれた男@東京国際フォーラム [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
百田尚樹の一大ベストセラーを「永遠の0」に続いて山崎貴監督、岡田准一主演で映画化した大作ドラマ。若くして石油業に乗り出し、欧米石油メジャーに果敢に立ち向かって激動の時代を駆け抜けた男の一代記を吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、堤真一、綾瀬はるか、小林薫をは...... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(P) 戦中、戦後の日本のドラマはこの黄金トリオにお任せあれ~!(笑) [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [勝手に映画評]
『永遠の0』の岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで、はやり『永遠の0』と同じ原作者の百田尚樹の同名の小説の映画化。出光興産創業者の出光佐三がモデル。 いやぁ、途中、二度ほど泣かされそうになりました。原作も中々ですが、やっぱり岡田くんの演技がすごい。まだ30...... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [ハリウッド映画 LOVE]
[続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:山崎貴 出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、矢島健一、黒木華、浅野和之、光石研、綾瀬はるか、堤真一、近藤正臣、國村隼、小林薫 【解説】 第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説を、『永遠の0』の監督&主演コンビ、山崎貴と岡田准一のタッグで実写映画化。明治から昭和にかけて数々の困難を乗り越え石油事業に尽力した男の生きざまを、戦後の復興、そして世界の市場を牛耳る石油会社との闘いを軸に描く。日本人の誇りを胸に、周囲の仲間との絆... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 監督/山崎 貴 [西京極 紫の館]
【出演】  岡田 准一  吉岡 秀隆  染谷 将太 【ストーリー】 敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従業員を激励する。戦後の混乱期にもかかわらず誰も解雇せず、独自の経営哲学と行動力で事...... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [atts1964の映像雑記]
2016年作品、山崎貴監督、岡田准一主演。 1945年(昭和20年)8月15日。 世界中を敵に回した、日本の戦争は終わった。 東京をはじめとした主要都市は徹底的に爆撃されて瓦礫の山となり、海外資産のすべてを失って莫大な賠償金が課せられようとしていた。 これから日本はどうなっていくのだろうかと、全員が途方に暮れて失意に包まれているとき、毅然と店員を集めて話す男がいた。 国岡商会の国岡鐡造店主(岡田准一)である。 わずかに残った店員を前に、鐡造は 「愚痴をやめよ、愚痴は..... [続きを読む]

» 「海賊とよばれた男」☆店主ラブ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
一見、大手石油会社を興した一人の男のサクセスストーリーのように思えるこの作品。 実は描かれていたのは、社員を家族の様に大事にしていた店主の事を、社員全員が好きで好きでしょうがないという話。 それは百田尚樹 原作の同名小説のほうがより強く描かれていたけれど、愛社精神に溢れる店員(=社員)が、キラキラする目で店主を見つめる様子で十分伝わってきたyo... [続きを読む]

» 『海賊とよばれた男』 [京の昼寝~♪]
□オフィシャルサイト 「海賊とよばれた男」□監督・脚本 山崎 貴□原作 百田尚樹□キャスト 岡田准一、小林 薫、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口 徹       光石 研、綾瀬はるか、堤 真一、近藤正臣、國村 隼■鑑賞日 12月11日(日)■劇 場 TOH...... [続きを読む]

» 『海賊とよばれた男』 [時間の無駄と言わないで]
原作はイイ話なんだろうなぁというのは解る。 でも2時間の映画にしてみるとどうも散漫な感じで。 登場人物もエピソードも多いのなんの。 もうちょっと厳選するなり、2部作にする ...... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [映画好きパパの鑑賞日記]
 戦後日本の復興を石油で支えた出光興産の出光佐一をモデルにした百田尚樹のベストセラーを映画化。日本の近現代史をささえた男たちの行動に熱くなる一方、2時間半近くあってもかなりダイジェストで飛ばしすぎた感もあり、もう少し脚本を練ればより名作になったかも。 …... [続きを読む]

» 「海賊とよばれた男」苦境に立った先にみた海賊とよばれた男の決断力と挑戦は日本の戦後復興の道を切り開いた [オールマイティにコメンテート]
「海賊とよばれた男」は百田尚樹の小説で出光興産創業者の出光佐三をモデルにした作品で、戦後石油を求めて世界と戦った男がここまで戦ってきた生き様を描いたストーリーである。 ... [続きを読む]

» 「海賊とよばれた男」 今を創業者はどう感じるのだろうか [はらやんの映画徒然草]
本作の主人公国岡鐡造は、石油元売業者出光興産の創業者、出光佐三氏をモデルとしてい [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2016年 日本 上映時間:145分 監督:山崎貴  原作は第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹の同名小説である。時代背景は明治から昭和に亘る。数々の困難を乗り越え、石油事業に尽力したある男の生きざまを描いている。さらには我が国の石油産業の生... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [C’est joli ここちいい毎日を♪]
海賊とよばれた男 16;日本 ◆監督:山崎貴「寄生獣 完結編」「永遠の0」 ◆主演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、矢島健一、黒木華、浅野和之、光石研、綾瀬はるか、堤真一、近藤正臣、國村隼、小林薫 ◆STORY◆1945年。B29の群れが東京上空を覆いつくし無数の焼夷弾が落下。燃え盛る東京をバックに離陸していく戦闘機「月光」だったが、機数も少なく上昇力も弱いためあえなく敵に迎撃されてしまう。その地獄のような光景を国岡鐡造(... [続きを読む]

» 海賊とよばれた男 [田舎に住んでる映画ヲタク]
2013年度本屋大賞第1位を獲得した百田尚樹の同名ベストセラー小説を、同じく百田原作の「永遠の0」を大ヒットさせた岡田准一主演山崎貴監督のタッグで映画化。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公・国岡鐵造を岡田が演じ、吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一ら豪華キャストが共演する。主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗...... [続きを読む]

» <「海賊とよばれた男」 試写会> [夢色]
完成披露試写会ではちょっと斜めからの映像だったのが見辛かったので、今回は正面から観てきました(笑)いつもの試写会よりも、男性たちが多かったよ!会社員とか、OBくらいの年齢のおじさまが、おじ様同士とか、制服着た娘さんと父子で来てたり、んで、会社の人に挨拶してたり(笑)男性にも期待度が高い映画なんだなって思いました。ストーリーの流れとしては、現在の年配者となった鐵造がメインで、回想という形で若かりし頃の映像が入ってくるから、分かりやすかった。冒頭の空襲シーン、さすがにCGだなって分かる映像だったけど、焼... [続きを読む]

« エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に | トップページ | ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 日本最速試写会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ