サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« スノーデン | トップページ | 素晴らしきかな、人生 (試写会) »

2017年2月14日 (火)

マリアンヌ

ブラピを愛でる

Allied

公式サイト http://marianne-movie.jp

監督: ロバート・ゼメキス  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ 「フライト」 「ザ・ウォーク

1942年、イギリスの特殊作戦執行部に所属するカナダ軍のマックス・ヴァタン中佐(ブラッド・ピット)は、極秘任務をのためにモロッコのカサブランカで、偽装妻と落ち合う。彼女はフランス軍レジスタンスのマリアンヌ・バーセジュール(マリオン・コティヤール)。ふたりは次第にひかれあい、任務実行後にロンドンで結婚し、娘も生まれた。マックスが現場任務を外れ、デスクワークにいそしみながら幸せな生活を送る中、マリアンヌにスパイの嫌疑がかかる。

宣伝文句で、結末の予測ができてしまう。
見に行って、やっぱり...でありました。

ストーリーに目新しさは全然ないけれど、後半は緊迫感がありました。
知っているイギリス人俳優やドイツ人俳優が出演しているのは、うれしかったです。
(イケメンのマシュー・グードが、あんな姿に~~)

この映画の一番の見どころは、主人公二人のルックスでしょう。
ふたりを見るための映画。

高級スーツとかっこいい軍服姿。

Allied_5

ブラピがひたすらハンサムなルックスの主演作なんて、久々ではないかしら。
最近は、出演作よりプロデュース作が多い?

マリオン・コティヤールのドレス姿やガウン姿も、とってもきれい。

カサブランカで夫婦を装うふたり。

Allied_2

任務のために、ドイツ大使が出席するパーティーへ。

Allied_3

死を覚悟していた任務だったが、生きてロンドンへ行くことができ、ふたりは結婚して子供も生まれた。

Allied_7

ドイツ軍の空襲は続くものの、幸せな結婚生活を送っていたが、マックスは上司から、マリアンヌにスパイの嫌疑がかかっていると告げられる。
本物のマリアンヌ・バーセジュールはすでに処刑されていて、ドイツ軍が似た女をスパイとして送り込んだというのだ。

Allied_6

スパイかどうか3日後に明らかになるけれど、マックスはそれより前に、マリアンヌが本物か偽物か密かに確かめようと奔走します。

実年齢よりずっと若く見えるブラピですが、やっぱりこの役は、せめて10年前にやってほしかったです。

成長した娘は、「トゥモローランド」などに出ていた美少女、ラフィー・キャシディちゃんでしたねえ。

(鑑賞日2月13日)

« スノーデン | トップページ | 素晴らしきかな、人生 (試写会) »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

悲しいラストは確かに予想できましたね。わかってはいるんですが、何とか逃亡させたいとどんどん思うようになっていきました。
母を失った娘のバックショットがまた切なかったですね。
しかしあのベビーシッターのおばさん、したたかでしたね。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
スパイにふさわしいのは、あのベビーシッターさんのような人間ですね。

TBありがとうございます。
予告編のマリオン・コティヤールの表情を見て、てっきり何か企んでいるのかと思ったら、それは無駄な勘違いでストレートなラブストーリーでした。
ブラピ、若いですよね~。
マリオンはこの映画では運命の女的な役柄でしたが、『たかが世界の終わり』では、ごくごく普通の妻役で、印象がガラッと違いました。
もしそちらを観てないようでしたら、ぜひ。

★すぷーきーさん
ベタなラブストーリーでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/69503999

この記事へのトラックバック一覧です: マリアンヌ:

» マリアンヌ [セレンディピティ ダイアリー]
ブラッド・ピット&マリオン・コティヤール主演の第2次世界大戦時を舞台にしたラブストーリー、「マリアンヌ」(Allied)を見ました。ロバート・ゼメキスが監督し、「イースタン・プロミス」のスティーヴン・ナイトが脚本を手掛けています。 1942年。モロッコで合流したイギリス諜報員マックス(ブラッド・ピット)とフランス諜報員マリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、夫婦を装いドイツ大使の暗殺ミッションを成功させます。恋に落ちた2人は結婚し、ロンドンで幸せに暮らしていましたが、マリアンヌに二重スパイの容... [続きを読む]

» マリアンヌ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。 [続きを読む]

» マリアンヌ [atts1964の映像雑記]
2016年作品、ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール出演。 1942年、フランス領モロッコ。 マックス・バタン(ブラッド・ピット)は、パラシュートで砂漠へと降り立った。 諜報員(ヴィンセント・エブラヒム)がドライバーに扮するタクシーでカサブランカの街に向かい、マックスは 「クラブ内で紫の”ハチドリ”のドレスを着た女と合流しろ。」 と指示を受けた。 マックスは、あるクラブに入ると、座の中心で大きな声で笑っている華やかな女性を見つける。 彼女がマリ..... [続きを読む]

» マリアンヌ [ハリウッド映画 LOVE]
[続きを読む]

» マリアンヌ ★★★・8 [パピとママ映画のblog]
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極秘任務を通じて出会った男女が愛し合うものの、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描...... [続きを読む]

» マリアンヌ。 [すぷのたわごと。]
『マリアンヌ』を観に行ってきました。 野次馬根性です。 ブラピとアンジーの離婚原因のひとつだと言いがかりをつけられている作品を観ておこうかと。 我ながら、バカな動機だと思う。 原題は『 ALLIED 』で、 Yahoo! 翻訳だと“同盟しています”だった。 “姻戚関係にある”や“連合国の”などの意味もあるらしい。 1942年、カサブランカ。 マックス・ヴァタン(ブラッド・ピット)と、フランス軍レジスタンスのマリアンヌ・ボーセジュ..... [続きを読む]

» 「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne [続きを読む]

» 『マリアンヌ』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『マリアンヌ』 を鑑賞しました。 今日の2本目。#ブラ泣き が話題。 #ドラ泣き の真似で酷いとのこと。 それで話題になり客が増えれば儲けもの。 【ストーリー】  1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹(ひ)かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは... [続きを読む]

» マリアンヌ [映画と本の『たんぽぽ館』]
久々に端正なブラピ * * * * * * * * * * 1942年、モロッコのカサブランカ。 そう、あの「カサブランカ」と同じ舞台、ほぼ同時代、 というところから本作は始まります。 当時のモロッコはフランスの領土ですが、 フランス自体がドイツに占領されて...... [続きを読む]

» マリアンヌ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャプラン 何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。 STORY:1942年、極秘諜報(ちょ...... [続きを読む]

» マリアンヌ(2016)**ALLIED [銅版画制作の日々]
 何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ポイントが貯まったのでポイント鑑賞。どちらかといえば、恋愛ものはどうも苦手なのですが、観たい作品が上手く上映されていないので、これを鑑賞することに・・・・。大体筋書は読めていましたが、やはり思ったとおりかな? ブラビはひげもじゃじやなくてきれいでしたね。もちろんコティヤール女史もお綺麗!美男美女のカップルでそれは中々見るにはいいのではないかなあと思いました。  だけどこういう映画には悲劇がつきもの!だけど泣けるほどのものではな... [続きを読む]

» 『マリアンヌ』 [beatitude]
1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)はこの地で出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス。決して交わることのない人生を歩んでいた2人を、ある重大なミッションが引き合わせる。それは、夫婦を装い、敵の裏をかいてドイツ軍大使を狙うという作戦だった。そして迎えた終戦。ロンドンで再会した2人は、決して人に言えない...... [続きを読む]

» マリアンヌ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プロペラ機の音がして、原題の「ALLIED」が映し出...... [続きを読む]

» マリアンヌ(Allied) [田舎に住んでる映画ヲタク]
「フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名匠ロバート・ゼメキス監督のもと、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが豪華共演を果たし、過酷な時代に翻弄されながら究極の愛を試される男女の運命を描いたラブストーリー。1942年...... [続きを読む]

» マリアンヌ [C’est joli ここちいい毎日を♪]
マリアンヌ 16:米 ◆原題:ALLIED ◆監督:ロバート・ゼメキス「ザ・ウォーク」「Disneys クリスマス・キャロル」 ◆主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、マシュー・グード、アントン・レッサー、カミーユ・コッタン、アウグスト・ディール ◆STORY◆1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)はこの地で出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス。...... [続きを読む]

« スノーデン | トップページ | 素晴らしきかな、人生 (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ