鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ラビング 愛という名前のふたり (試写会) | トップページ | ナイスガイズ! »

2017年2月27日 (月)

ラ・ラ・ランド

もう一つの物語で切なさ倍増 weep

La_la_land

公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland

監督: デイミアン・チャゼル  「セッション

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。女優志望のミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながら、オーディションを受けては落ちる日々。ある日彼女は、ピアノの音色に心惹かれて場末の店に入った。弾いていたのは、以前フリーウェイで最悪な出会いをしたセブ(ライアン・ゴズリング)だった。彼はいつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていたが、厳しい現実に打ちのめされていた。その後も偶然の出会いを繰り返した二人は、恋に落ちて互いの夢を応援し合う。しかし、セブがお金を稼ぐために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる。

米アカデミー賞
監督賞、主演女優、主題歌賞、作曲賞、撮影賞、美術賞
受賞しました!

「セッション」のおかげで、監督は以前から撮りたかったミュージカル映画の製作が可能に。最近のミュージカル映画は、人気舞台作品の映画化が多いですよね。
そんな中、オリジナル脚本で、楽曲もオリジナル。

本作の舞台であるロサンゼルスの街を知っていたら、より楽しめるのでしょうね。

「きみに読む物語」の舞台挨拶で、生ライアン・ゴズリングを見ました。
ステージより低い客席で見たので、背の高い人だなあというのが第一印象。
その時、自分はラブストーリー向きの顔ではないからと言っていた。
確かに正統派の二枚目ではないけれど、「きみに読む物語」、そして万人受けはしないであろう「ドライヴ」も、ラブストーリーと言えるでしょ。
コメディーの「ラブ・アゲイン」も面白かった。
注目された出演作は、ラブストーリーなのが面白い。

エマ・ストーンが、ブロードウェイミュージカルに出演経験があるのは知りませんでした。
歌がうまいのでねえ。

白黒で昔のスクリーンサイズから、カラーのシネマスコープに。
「オズ はじまりの戦い」もそうでしたね。

オープニングのシーンで、つかみはOK。

La_la_land_2

こんなシーンが撮影できるなんてすごいです。
ずっと長回しのシーンが続き、観客を引き込んでいく。

長回しのため、途中でプロと入れ替わることができないので、ゴズリングはピアノを猛練習して、なんと弾く姿だけでなく、ピアノの音も彼が弾いている音なんですってね。

夢を追うふたりのラブストーリー。

La_la_land_7

女性の衣装は特にカラフルでしたね。

La_la_land_6

風景もとてもきれいで、一番好きなのは夕暮れのハモサ・ビーチ。

La_la_land_3

楽しいし、笑えるし、そしてラストは切ない。

正直途中までは、それほどでもと思っていたのですが、昔の楽しいミュージカル映画だったら、こんなハッピーなストーリーだったかもっていうラストの映像でやられましたー!
ミアの心の中を表現しているようで、一気に切なくなりました。

で、正統派の二枚目でないゴズリングは、きれいに見える角度ってあるんだけど、それがラストにあるのよ。

La_la_land_4

画像で見るよりスクリーンで見た方がきれいよ。
斜め下を向いた顔もいいんだけどね、ラストのゴズリングがきれいだし、切なさがひしひしと伝わってく~~~る~~~。

帰りに映画館の売店で、サントラ買っちゃいましたー。

(鑑賞日2月24日)

« ラビング 愛という名前のふたり (試写会) | トップページ | ナイスガイズ! »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

一瞬どちらが夢なのかな?と錯覚するハッピーなシーンのラストでしたが、それがあまりにも儚く寂しかった。
お互い夢を叶えはしましたが、二人にとってそれでよかったのかな?そんな後ろ髪をひかれる作品でした。楽しいミュージカルの最後に、ドカンとやられました。
こちらからもTBお願いします。(最後になるんでしょうかね?)

★atts1964さん
ほんと、ラストでやられました。
評判がいいのも納得でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/69699961

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ラ・ランド:

» ラ・ラ・ランド [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という [続きを読む]

» [映画『ラ・ラ・ランド』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語。 ミュージカルとしての統制が感じられない中、徐々に、ヒーロー、ヒロイン、ダンス、ミュージック、演技、ストーリーの個性が発揮されてきて、その個性の突出が、ジャズのセッションにも似て、次第に高度な位置で結びつく、とにらんでいた。 のだが、作り手は、その「予定調和」さえも許さず、最後まで微妙な雑多さを残していたような気がする。 それはアナロ... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [あーうぃ だにぇっと]
ラ・ラ・ランド@よみうりホール [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [心のままに映画の風景]
夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指すミア(エマ・ストーン)は、オーディションに落ちてばかりで意気消沈の日々。 ある日、ピアノの音色に誘われ入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。 その後、ミアはあるパーティ会場で不機嫌そうにポップスを演奏をするセバスチャンと再会する...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [Akira's VOICE]
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!   [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ 夢をみていた STORY:何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプー... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [atts1964の映像雑記]
2016年作品、デミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン主演。 アメリカ・ロサンゼルス。 この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。ハイウェイは大渋滞となり、まったく車が進まない。 やっと動き始めた車の中で、なかなか発進しない車をイラつきながら抜かす車もあった。 女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。 ルームシェアをしている3人の女友達にパーティーに誘わ..... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [♪HAVE A NICE DAY♪]
泣いちゃった・・・ 私は大好き!この作品 まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて 拍手したい気分 ミュージカルだから オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、シカゴなど歌声にも大感動したけど この二人の優しい歌声とダンスや曲も 良かったな~ ...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド / La La Land [勝手に映画評]
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけの数が揃えられるのが凄い。ミアじゃ無いですが、それだけ出番を待っている俳優・女優が沢山居るという事ですね。 この作品の、セバスチャンの演奏シーンですが、全て吹き替え無しでライアン・ゴズリングが演じていたそう。念のために、吹き替え俳優も待機していたそうなんですが、不要だったそうです。って、ライアン・ゴズリング凄いな。よく指が動いたな。... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [ハリウッド映画 LOVE]
[続きを読む]

» ラ・ラ・ランド ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [映画と本の『たんぽぽ館』]
切なさに浸る * * * * * * * * * * 本作、「アカデミー賞、作品賞受賞おめでと~!」 というタイミングで、本日の投稿としたかったのですが、 残念でした・・・!! なんですかねえ、アカデミー賞はやっぱり社会性がないとダメなのでしょうか。 エ...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [タケヤと愉快な仲間達]
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジェシカ・ロース、キャリー・ヘルナンデス、トム・エヴェレット・スコット、ミーガン・フェイ、デイモン・ガプトン、ジェイソン・フュークス、ジョシュ・ペンス、トレヴァー・リサウアー 【解説】『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現... [続きを読む]

» 『ラ・ラ・ランド』 [beatitude]
アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。恋に落ち、互いに応援しあう二人。しかしセバスチャンが生活のために加入したバンドが売れ、二人の関係が変わってしまう。(MovieWalke... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [セレンディピティ ダイアリー]
「セッション」のデミアン・チャゼル監督によるミュージカル、「ラ・ラ・ランド」(La La Land)を見ました。ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミア(エマ・ストーン)と、自分の店を持ちたいジャズピアニスト セブ(ライアン・ゴズリング)が繰り広げる、ロマンティック...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [本と映画、ときどき日常]
監督 デイミアン・チャゼル 出演 ライアン・ゴズリング     エマ・ストーン     ジョン・レジェント 女優をめざす女性とジャズのお店を開く夢を持つ男が出会い恋に落ちる。 そんな二人の行く末…。 初っぱなの高速道路の歌とダンスにもうワクワク♪ これか...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル [西京極 紫の館]
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャンと出会うが、そのいきさつは最悪なものだった...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド(2016)**LA LA LAND [銅版画制作の日々]
 夢をみていた MOVIX京都にてついに鑑賞!何と2時間越えの作品。もう何度もこの2人のダンスシーンは皆さん観ておられると思います。素晴らしいダンスでしたね。観ている私もこのリズムに乗って踊りたくなるようなそんなシーンです。エマ、ゴスリングの歌も素敵でした...... [続きを読む]

» 「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い大人の夢語りにぐっとくる作品なのだ。... [続きを読む]

» 映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感想 = 何てマジカル! [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監督賞 ・脚本賞 ・作曲賞 ・主題歌賞(City of Stars、Audition の2曲ダブル・ノミネート) ・撮影賞 ・衣装デザイン賞 ・編集賞 ・美術賞 ・音響編集賞 ・録音賞 昨日日本公開されたため、結果が出る前にフラットな目で確かめたいと初日に駆けつけた! 冒頭のミ... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えたミュージカルスタイル。 タイトルの「ラ・ラ・ランド」とは、ハリウッドの俗称であるのと同時に、陶酔して夢の中にいるような精神状態のことでもある。 ジャズピアニストで自分の店を持ちたいと願うセブ、女優を目指すミアという二人の...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [こんな映画見ました~]
『ラ・ラ・ランド』---LA LA LAND---2016年(アメリカ)監督: デイミアン・チャゼル出演: ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド 、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ 「セッション」のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングとエマ・ストーンを主演に迎えて贈る本格ミュージカル・ラブストーリー。 大きな夢を抱いてLAへとやって来た男女の出会いと甘く切ない恋の行方を、カラフルかつマジカルなミュージカル・シーンと、夢と現実の狭間で苦闘する主人公2人... [続きを読む]

» 『ラ・ラ・ランド(La La Land)』デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、J・K・シモンズ、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『ラ・ラ・ランド』La La Land監督 : デイミアン・チャゼル出演 : ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズジョン・レジェンド、他 ※Memo1●映画 [続きを読む]

» No.562 ラ・ラ・ランド [気ままな映画生活]
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望 ... [続きを読む]

» 『ラ・ラ・ランド』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、       ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ■鑑賞日 2月26日(日)■劇 場 TOHOシネ...... [続きを読む]

» 「ラ・ラ・ランド」(1回目) [或る日の出来事]
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。 [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド/LA LA LAND [我想一個人映画美的女人blog]
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ロマンス&ミュージカル  監督:デイミアン・チャゼル  出演:ライアン・ゴズリング      エマ・ストーン      ジョン・レジェンド      J・K・シモ ...... [続きを読む]

» No.562 ラ・ラ・ランド [気ままな映画生活]
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望 ... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [花ごよみ]
監督はデイミアン・チャゼル。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン 主演のミュージカル映画。 女優志望のミア(エマ・ストーン)と ジャズピアニスト、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)、 お互いの才能を認め合い 夢の実現を目指すうちに 徐々に惹かれ合い 愛...... [続きを読む]

» 『ラ・ラ・ランド』 [pure breath★マリーの映画館]
                 このポスター、素敵・・・ 『ラ・ラ・ランド』 解説等はこちら 監督・脚本・・・デイミアン・チャゼル 出演・・・ セバスチャン: ライアン・ゴズリング ミア: エマ・ストーン トレイシー: キャリー・ヘルナンデス ア...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2016年 米国 上映時間:128分 監督:デイミアン・チャゼル  惜しくも第89回アカデミー作品賞は『ムーンライト』に譲ったが、アカデミー主演女優賞・監督賞・撮影賞・美術賞・作曲賞・歌曲賞を受賞している。さらには、ゴールデン・グローブ賞を... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド(La La Land) [田舎に住んでる映画ヲタク]
「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。...... [続きを読む]

» 「ラ ラ ランド」 [Con Gas, Sin Hielo]
映画のような、夢と恋。 映画の魔法にかけられるとはよく言ったもので、D.チャゼル監督は天才としか表現のしようがない。 意地悪を言えば、物語自体にそれほど新しさは感じない。むしろ夢を追う男女が主役というのは定番ですらある。 しかし、全篇のどこを切り取って...... [続きを読む]

» ラ・ラ・ランド [C’est joli ここちいい毎日を♪]
ラ・ラ・ランド 16:米 ◆原題:LA LA LAND ◆監督:デイミアン・チャゼル「セッション」 ◆主演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、カリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジョン・レジェンド ◆STORY◆アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続け... [続きを読む]

» 現代でミュージカルを! [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画館「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。 オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアはピアノの音色に誘われて入ったジャズバーでピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする そして後日 ミアはパーティ会場のプールサイドで不機嫌そ...... [続きを読む]

« ラビング 愛という名前のふたり (試写会) | トップページ | ナイスガイズ! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ