サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (試写会) | トップページ | パッセンジャー »

2017年3月28日 (火)

LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会)

その名はライオン

Lion

公式サイト http://gaga.ne.jp/lion
4月7日公開

実話の映画化

原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山社)

1986年、シングルマザーの母の元、5歳のサルーは貧しいながら、田舎で家族仲良く暮らしていた。ある日、夜も働く兄についていったサルーは、停車中の回送電車の中で眠ってしまい、遠く離れた大都市コルカタまで運ばれてしまい迷子になる。やがてオーストラリアへ養子に出され、25年が経過する。養父母(デヴィッド・ウェンハム,  ニコール・キッドマン)に愛され幸せに暮らすサルー(デヴ・パテル)たが、生き別れた家族への思いが強くなっていき、わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使してインドの生家を捜そうと決意する。

実話だからラストの予測はつくものの、迷子になった経緯や養子としてオーストラリアに行くまでにもドラマがあり、インドの社会事情に胸が痛みました。

そして大人になったサルーが、インドの自分の家を探そうとする心情も共感でき、養母の気持ちにも涙しました。
ハンカチ必携のおすすめ映画です。

何と言ってもすごいのが、幼いサルーを演じたサニー・パワール
素人の子らしいけど、大きなかわいい目が、余計に涙を誘います。

幼くても母や兄を手伝おうとする、健気なサルー。

Lion_3

兄の仕事を手伝おうと一緒に列車に乗ったものの、夜なので着いた駅で眠くなってしまう。
ホームのベンチで眠り、目が覚めたサルーは、あちこち兄を探すけれど見つからない。
そのうちに列車内で寝てしまうと、なんとそれは回送列車で、数日後やっと列車のドアが開いたのは、遠く離れた大都市コルカタ。

危険な目にあいながら、なんとたった5歳の子がひとりで路上生活ですよ。
よく無事でいられたわよね。
こういうのを見ると、日本に生まれてよかったーと思いますね。

警察へ連れて行ってくれた親切な人がいて、警察も新聞に迷子の知らせを載せるのですが、誰からも連絡がない。
サルーは母親の名前も苗字も言えないし、故郷の地名は言えるけど、該当する場所がない。
それでサルーは施設に入れられますが、そこの環境はひどい。
そういう施設の状況を知っていて、家庭に恵まれない子をオーストラリアへの養子に斡旋している女性がいるのです。
そしてサルーは養子に行きます。
養父のジョンと養母のスー。

Lion_2

久々にデヴィッド・ウェンハムを見ましたよ。
もう50代なんですね。
様々な役をこなす人ですが、ワイルドでかっこいいウェンハムを見たいなら、「DUST ダスト」がおすすめよん♪
今年公開の、ジョニデのカリブの海賊にも出演しているそうです。

タスマニアに住む養父母は、サルーの1年後にもうひとりインドから養子をもらいます。
サルーより年上で、問題児。
サルーも言っているけど、赤ちゃんではなく、サルーも彼も幼くても過去を背負っているのです。
サルーは大学に進学し、ホテル経営を学びます。同じ大学に通うルーシー(ルーニー・マーラ)という恋人もできました。

友人たちとの会話をきっかけに、Google Earthで生家を探し始めたサルー。
25年間自分を探しているであろう母と兄に、自分は無事だと伝えたい!
しかし何不自由なく育ててくれた養父母には、その事は話せません。
実母を思い、養母を思って悩みながらもずっと探すサルー。
広大なインド。電車で移動したであろう距離から推測しても、あまりにも広い。
記憶もわずかで、そう簡単には見つかりません。
仕事もやめ、恋人とも別れてしまう。

自分に何も話してくれず、アパートにこもったままのサルーを心配する養母。
養父母が養子をもらったのは、不妊治療を続けたけれど駄目だったからとかそういう理由ではないんですね。
養母の言葉にも涙。

↓こちらが実際のサルーと彼の実母。
Lion_4

映画でも、最後にご本人たちの映像が流れました。

あの時、なぜお兄ちゃんが駅に迎えに来なったのか。
もう、涙涙ですよ。weep

それにしても、文明の利器はすごいですねえ。
現代だからこそできた事ですね。

(鑑賞日3月23日)

« ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (試写会) | トップページ | パッセンジャー »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
サニー・パワール、良かったですよねぇ。かわいくて応援したくなります。
デヴィッド・ウェンハムも良かったですよね。カリブの海賊、楽しみです。
デヴ・パテルがアカデミー賞助演男優賞ノミネートでしたが、では主演は誰???

★すぷーきーさん
主演はサニー・パワール?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/70019058

この記事へのトラックバック一覧です: LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会):

» 『LION/ライオン 25年目のただいま』 2017年3月24日 よみうりホール [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を... [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。 [続きを読む]

» 映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何日もアテのない旅に 最後に着いたのは大都市 カルカッタ。 路上生活者として、子供のグループに入るものの、警察に連行され孤児院に。 しばらく過ごし...... [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、アビシェーク・バラト、ディヴィアン・ラドワ、プリヤンカ・ボース、ディープティ・ナヴ...... [続きを読む]

» LION ライオン 25年目のただいま~/LION [我想一個人映画美的女人blog]
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人になってGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話の映画化 今年のアカデミー賞で作品賞、助演男優賞、助演女優賞他、6部門でノミネート。 5歳のサルーを演じるのは、なんと映画初出演のサニー・パワールくん。 先日のレッドカーペットにも現れて生で見れたけど、... [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★ [パピとママ映画のblog]
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追う。メガホンを取るのは、テレビシリーズや短編などを手掛けてきたガース・デイヴィス。『スラムドッグ$ミリオネア』などのデヴ・パテル、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラ、名女優のニコール・キッドマンらが顔をそろえる。 <感想>実話を基にした映画は数多く制作され、そんな「ありえない実話」の傑作... [続きを読む]

» LION ライオン 25年目のただいま [セレンディピティ ダイアリー]
5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコール・キッドマン、ルーニー・マーラが共演。 LION ライオン 25年目のただいま(L...... [続きを読む]

» 映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』★感慨の実話:数奇な生き様と養父母の愛 [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170117/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 1986年に、迷子になったインドの少年サル―(5歳)が 25年余で、“自宅“に帰れた”実話”ということに 興味を惹かれて、鑑賞しました☆ 1986年は、日本ではバブルの頃。 (バブルでなくても、日本では、そこまでの貧困と混沌はないかと)...... [続きを読む]

» 「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・ [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~ [♪HAVE A NICE DAY♪]
実話です 迷子になって、オーストラリアの夫婦に引き取られるまで 5歳のサルーが辛い経験をした事が前半の物語なんだけど サルーを演じた子がとっても可愛くて・・・ でも・・・ 日本では信じられないようなインドの子供達の 現実に胸が痛みました。。。 インドでは年...... [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016)**LION [銅版画制作の日々]
Movix京都にて鑑賞。こんな奇跡のようなお話があるとは驚き!しかもグーグルアースでね。でも実話だそうで、ラストでは実際の人たちが映るのであぁ~やっぱりそうなんだと実感。 大人になったからのシーンが多いのかと思いきや、前半は主人公サルーの少年時代のものすごく波乱万丈時代が映し出される。インドは少しでも場所が変わると言葉も通じなくなるから大変だよね。ましてや5歳の男のが迷子になるとこれは非常に辛いことだなあと実感!ましてや広いインドでの迷子はかなり多いようで、サルーみたいな境遇は珍しくないようだ... [続きを読む]

» LION ライオン 25年目のただいま [映画と本の『たんぽぽ館』]
自分を取り戻すために * * * * * * * * * * 1986年、インドのとある街のスラム街。 5歳の少年サルーは兄と仕事を探しに出かけ、 兄を待っているうちに停車中の電車の中で眠り込んでしまいました。 それは回送列車で、何日も降りることも叶わず、 ...... [続きを読む]

» LION/ライオン 25年目のただいま [映画的・絵画的・音楽的]
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、インド中西部の田舎町。  映画は、空から地上を俯瞰する画面が続きます。カ...... [続きを読む]

» 「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 [或る日の出来事]
Google、株、上げたな!? [続きを読む]

» 「LION/ライオン 25年目のただいま」 [Con Gas, Sin Hielo]
1,600kmも回送で走る列車があるなんて。 大海を隔てて離れ離れになった母と子が25年ぶりに奇跡の再会を果たす。それが実話だと言うのだから事実は小説より奇なり、映画にはうってつけの題材である。 多くの人は主人公・サルーの波乱の人生に寄り添いクライマックスの再...... [続きを読む]

» LION ライオン 25年目のただいま(Lion) [田舎に住んでる映画ヲタク]
インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラ...... [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~ [心のままに映画の風景]
1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。 そのまま迷子になり、言葉も通じない大都会で過酷な放浪の末、サルーは、オーストラリア人夫婦のジョン(デビッド・ウェンハムジョン)とスー(ニコール・キッドマン)に養子として引き取られる。 20...... [続きを読む]

» Google Earthの奇跡。~「LION ライオン 25年目のただいま」~ [ペバーミントの魔術師]
5歳の子供が夜中になんかの仕事をしようと思ってもそりゃ起きてらんないわな。なんでもお兄ちゃんの後を追っかけて同じようにやろうとおもってもやっぱり幼児。勝手に忍び込んで、 ... [続きを読む]

» LION/ライオン ~25年目のただいま~ [to Heart]
原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテル/サニー・パワール/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマ...... [続きを読む]

« ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 (試写会) | トップページ | パッセンジャー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ