サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« パトリオット・デイ | トップページ | こんなところにHawaii Five-0 »

2017年6月29日 (木)

パレードへようこそ

Pride

実話の映画化

映画館へ見に行けなかった作品で、
テレビ放映があったので鑑賞しました。

おすすめの映画でした。

ロンドンに住むほんの数人の同性愛者の人たちが、炭鉱夫たちの支援にと募金活動を始めた。

Pride_2

全国炭坑労働組合は、同性愛者である彼らの支援を受け入れてくれなかったけど、ウェールズの田舎の炭鉱の町が、彼らの支援を受け入れてくれた。

彼らが交流することで、同性愛者である彼らも町の人たちも、プライベートの部分でも前進したりするんですねえ。

まあね、頑なに同性愛者を受け入れない人もいるんですけどね。

新聞記事を逆手にとって、同性愛者の人たちが募金活動の宣伝に利用するのも良かったです。

ずっと炭鉱夫たちを支援していましたが、その後、同性愛者の人たちの支援を、大勢の炭鉱の人たちがしてくれた。これがすごいのよ。
泣けましたよ。

Pride_3

登場人物たちのその後が文章で出ましたが、すごいなあと思いました。
そしてまた泣けました。

« パトリオット・デイ | トップページ | こんなところにHawaii Five-0 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

風子さん、こんにちは。
この記事うっかり見逃していて、今になってすみません。><

私も劇場で見逃して、あとでDVDで見たのですが
この作品、大好きです!

炭鉱町の女性たちが次々とBread and Rosesを歌い出す場面に感動して
繰り返し見ていました。^^
女性たちも弱い立場に追いやられることが多々あるので
同性愛者たちのことがより理解できたのかな~?なんて思ったりして。

最後の後日譚も...この活動がきっかけで
大学に進んで政治家になった女性もいましたよね。
すてきな作品でした。

★セレンディピティさん
新作でなくテレビ鑑賞の記事も見て下さって
ありがとうございます。
偏見を持たず、直接触れ合うことは大事だなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/71000618

この記事へのトラックバック一覧です: パレードへようこそ:

» 「パレードへようこそ 」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
この映画の舞台となる1985年頃は、エイズといえば不治の病だったんですよね・・。 [続きを読む]

» DVD鑑賞記録 2016 冬 [セレンディピティ ダイアリー]
DVDで見た映画の中から、まとめて感想を書き留めておきます。 奇跡の2000マイ [続きを読む]

« パトリオット・デイ | トップページ | こんなところにHawaii Five-0 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ