サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« スパイダーマン:ホームカミング | トップページ | ギフト 僕がきみに残せるもの »

2017年8月28日 (月)

ワンダーウーマン

愛が女を覚醒させる

Wonder_woman

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman

監督: パティ・ジェンキンス  「モンスター」

ゼウスが創った女性だけが暮らす島に生まれ育った、王女ダイアナ(ガル・ガドット)。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットのスティーブ・トレバー(クリス・パイン)を助けた事から、外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女は「世界を救いたい」と強く願い、二度と島に戻れないと知りながら、スティーブとともに旅立ち、イギリスへと渡る。

2D字幕版で鑑賞。

アメリカと違って、日本には昔から少女漫画ががあって、主人公の女の子が悪い奴をやっつけるってのは、珍しくないのよね。
その点では、特に目新しいとは思えない。
でも美しくて強いヒロインが活躍するのは、スカッとする。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」ですでに登場しているワンダーウーマン。
パリのルーブル美術館で始まり、過去を回想する形で物語が進みます。

ここのところのワーナーの、バットマンとスーパーマンのシリーズはシリアス路線でしたが、本作ではかなりユーモアを入れていますね。

人間界から隠されて、女性だけが暮らす島で王女として生まれ育ったダイアナ。

Wonder_woman_62

女性戦士の中には、トップモデルやプロのスポーツ選手、フィットネス専門家もいるそうです。
筋肉増量やウエートリフティング、心機能増強、アーチェリー、剣さばき、乗馬などのあらゆるトレーニングが課せられ、男を倒せる兵士に見えるように鍛え上げられたんですって。
皆、男前女子に仕上がってます。

ダイアナが島を出るきっかけは、第一次世界大戦です。

ダイアナは、戦争が起こるのは軍神アレスのせいと信じていて、アレスを倒せば平和になると信じている。
人間界の事に関しては世間知らずなので、その部分で観客の笑いをとりますね。

純粋で誠実なダイアナですが、ロンドンに着いてからの彼女は、男尊女卑の社会も知らないので、同等の言動をしようとするのを、スティーブが度々制止しなくてはなりません。

Wonder_woman_7

パトリック卿(デヴィッド・シューリス)には、きっと裏の顔があるだろうと思っていましたが、 まさかあそこまでとは思いませんでしたー。

ナチスの毒ガス兵器の使用を阻止しようと、戦場に向かったワンダーウーマンとスティーブの仲間たち。
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に出てきた写真が、いつどこで撮られたのかも明らかになりました。

Wonder_woman_4

「ワイルド・スピード MAX」でガル・ガドットを初めて見て、すごい美人だわあと思ったけど、まさかアメコミヒーローで一気にメジャー女優になるとはねえ。

Wonder_woman_2

本作では、ドレス姿もたくましくなってますね。

Wonder_woman_8

クリス・パインはヒロインのお世話係のような役割ですが、いいとこ持っていきますねえ~。

アクションだけでなく、泣かせどころもあるストーリーでした。

そして、ダイアナの戦争に関する質問。
なぜ人間は戦争をするのか。
これには考えさせられますね。

世界を救うのは、やっぱり愛でしょうか。

(鑑賞日8月25日)

« スパイダーマン:ホームカミング | トップページ | ギフト 僕がきみに残せるもの »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

パトリック卿は確かにあそこまで!でしたね。
彼女の生い立ち、正体がわかったことでは大変よかったし、ガル・ガドットの美しさは最高でした。
DC作品は彼女に引っ張って欲しいところです。
いつもTBありがとうございます。

★atts1964さん
人間社会の闇を知ってしまったヒロインですが、
これからも頑張ってほしいですね。

TBありがとうございます。
ドイツ軍があっさり島のバリア(?)を通り抜けて、びっくりでした。(^^;)
デイビッド・シューリスはバリバリのアクションというイメージが無いので、それもびっくりでした。
写真のいきさつが分かって、こういう事だったのかと思いました。
11月公開予定の『ジャスティス・リーグ』が楽しみです。

★すぷーきーさん
島のバリアは、なんか杜撰な感じが。(笑)
次はジャスティス・リーグですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/71512173

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダーウーマン:

» ワンダーウーマンIMAX3D★★★・5 [パピとママ映画のblog]
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクションに期待。 <感想>DC初の女性ヒーロー誕生。確か... [続きを読む]

» 映画『ワンダーウーマン』★美しく強いダイアナに魅了される!そして愛(^^)/ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170257/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください 頼もしく強い美女☆の活躍もですが 案外、深いものがあるーーと聞いたので、楽しみにしていました☆ 男を知らないアマゾネス――とは、ドキッとしてしまいますが ダイアナは、平和を願うピュアな乙女。 あの戦闘的ないでたちで、平和??と...... [続きを読む]

» ワンダーウーマン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★☆【3.5点】(11) 遂にアメリカン・ドリームを手に入れたガル・ガドット。 [続きを読む]

» 「ワンダーウーマン」 [或る日の出来事]
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。 [続きを読む]

» 「ワンダーウーマン」☆アクションの優雅さ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣はたちまちノックアウトでしょう?... [続きを読む]

» ワンダーウーマン [だらだら無気力ブログ!]
ガル・ガドット、かっけー。 [続きを読む]

» 映画『ワンダーウーマン』★美しく強いダイアナに魅了される!そして愛(^^)/ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170257/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください 頼もしく強い美女☆の活躍もですが 案外、深いものがあるーーと聞いたので、楽しみにしていました☆ 男を知らないアマゾネス――とは、ドキッとしてしまいますが ダイアナは、平和を願うピュアな乙女。 あの戦闘的ないでたちで、平和??と...... [続きを読む]

» 映画:ワンダーウーマン Wonder Woman DCコミックス物第三のスーパーキャラが登場!(なのだが) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。 というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」はどうみても クソ映画(笑) そっち系統なので、あっさりとパスしたのだ! そしたらすこぶる評判が良く、少々後悔。 で、さっそく(笑) 主演のワンダーウーマンを演じるは、ガル・ギャドット。 ワイルド...... [続きを読む]

» 『ワンダーウーマン』 2017年8月25日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『ワンダーウーマン』 を鑑賞しました。 やっぱりガル・ガドット綺麗ではまり役だね 【ストーリー】  人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけに、ワンダーウーマンは身分を隠して人間社会で生活していくことにする。 ネタバレもあるかもしれないので、真っ新で見たい人はスルーしてください。 今回の映... [続きを読む]

» ワンダーウーマン(Wonder Woman) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 DCコミックスが生んだ女性ヒーローで、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でスクリーンに初登場した、ガル・ギャドット演じるダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンを主役に描くアクション大作。女性だけの島のプリンセスだったダイアナが、いかにして最強の女戦士=ワンダーウーマンとなったのかが描かれる。女しかいない島で、プリンセスとして母親に大切に育てられてきたダイアナ。一族最強の者しか持てないと言われる剣に憧れ、強くなるための修行に励む彼女は、その中で自身の秘められた能力に気付く。... [続きを読む]

» ワンダーウーマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)のモノローグ。  「世界を救おうとしたあの頃、世界は美しかった」「しかし、私は何も知...... [続きを読む]

» 「ワンダーウーマン」 [Con Gas, Sin Hielo]
結局最後はビーム合戦。 「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」で唯一の救いと言っても過言ではなかったワンダーウーマンの登場場面。 その彼女の誕生を描いた作品が、DCヒーロー揃い踏みの「ジャスティスリーグ」を前にして満を持しての公開となった。 ワ...... [続きを読む]

« スパイダーマン:ホームカミング | トップページ | ギフト 僕がきみに残せるもの »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ