サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« ギフト 僕がきみに残せるもの | トップページ | ボブという名の猫 幸せのハイタッチ »

2017年9月 4日 (月)

パターソン

永瀬さんのアーハ?が良い

Paterson

公式サイト http://paterson-movie.com

監督: ジム・ジャームッシュ  「コーヒー&シガレッツ」 「ブロークン・フラワーズ」

ニュージャージー州パターソンに住む、バス運転手のパターソン(アダム・ドライバー)。彼の1日は朝、隣りに眠る妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣りで眠りにつく。そんな一見変わりのない日々の中で、彼は周囲の何気ない出来事の中から、詩を紡ぎ出してノートに書き留めていく。

パターソンという街に住む、パターソンさんの一週間のお話。

何気ない日常の繰り返しで、途中ちょこちょこ寝てしまいました。
ちょっと疲れていたせいもあるかもしれません。

何気ないいつもの日常だけど、全く同じわけではなく、ちょっとずつ違う。
パターソンはいつも妻の隣りで目覚めるけど、チラシにあるように、寝姿はちょっとずつ違う。

無口で穏やかなパターソンと違って、妻のローラは活発でアーティスト気質。

Paterson_3

妻の言動に共感しているわけではないけど、反対はせずに受け入れる。
妻を疎ましく思っているわけではなく、愛情を持っているのがわかるのも良いわ。

ローラも、夫の事がとても好きなのよん♪

「ギフト 僕がきみに残せるもの」を見た後なので、裕福でなくてもこんな日常が過ごせるのは、ものすごーく幸せなんだと思うわよ。

パターソンは、携帯電話を持っていないし、パソコンを使う事もない。
詩を書くのが趣味で、ノートに書き留めているけど、誰にも見せていない。
そのノートがめちゃめちゃになって、落ち込むパターソンさん。

そして一人で散歩に出て、詩が好きな日本人と出会う。
それが永瀬正敏。
本作の監督の1989年の「ミステリー・トレイン」に出演しているそうです。

Paterson_2

この二人の会話がすっごく良かったです!

ユーモアもあるし、パターソンの心の内を見透かしたような、永瀬さんの表情とセリフが〇。

ほっこりするし、またパターソンさんの一週間が始まるのがほほえましいです。happy01

(鑑賞日8月29日)

« ギフト 僕がきみに残せるもの | トップページ | ボブという名の猫 幸せのハイタッチ »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
同じく、睡魔と戦いました。(^^;)
最初、パターソンが静かすぎて、不幸なのかと勘違い。
実はただ穏やかなだけで、妻と幸せな日々だったんですよね。
ポストの謎や、まるで事情を知ってるかのような日本人の「アーハ」も面白かったです。

★すぷーきーさん
こんな日常も幸せなんだと、
こちらも穏やかな心持ちになりました。
永瀬さんの演技も良かったですよねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/71512229

この記事へのトラックバック一覧です: パターソン:

» パターソン [セレンディピティ ダイアリー]
ジム・ジャームッシュ監督の最新作。ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手の穏やかな日常を、一週間にわたって切り取ったヒューマンドラマです。アダム・ドライバー主演、「ワールド・オブ・ライズ」(Body of Lies)「彼女が消えた浜辺」(About Elly)のゴルシフテ...... [続きを読む]

» 映画:パターソン Paterson 平凡な日常に潜む、ちょっとした 幸せ や 変化、をじんわりと味わう(笑) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
前作「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」がやっとやっと久々に面白かった(笑)ジム・ジャームッシュの新作。 今作は前作の吸血鬼な派手さはなく、一つ間違えると大駄作化しかねない展開(汗) プロットは何処?というほど何も起こらない(笑) ん...... [続きを読む]

» "a-ha"『パターソン(Patterson)』ジム・ジャームッシュ監督、アダム・ドライヴァー、ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏、ネリー(ブルドッグ) 、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『パターソン』Patterson監督 : ジム・ジャームッシュ出演 : アダム・ドライヴァーゴルシフテ・ファラハニ永瀬正敏ネリー(ブルドッグ)、他物語・ニュージャージー州パターソンでバスの運転手をして... [続きを読む]

» パターソン [映画的・絵画的・音楽的]
 『パターソン』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て良さそうだなと思い、映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「月曜日」の字幕が映し出され、主人公のパターソン(アダム・ドライバー)とその妻・ローラ(ゴルシフテ・ファラ...... [続きを読む]

» [映画『パターソン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・やっぱ、いい。 私の人生に影響を与えた30人を選ぶとしたら、ジム・ジャームッシュは欠かせない。 そのデビュー作からタイムリーに生きてこられた幸せを実感しつつ、 その市井の徒の淡々とした、でも目の離せない生き方、 スタイリッシュさ、 徹底的に構築されたデザインの数々、 詩的なカメラワークの迷宮性、 美女に美少女、ブルドッグ、バーのマスターと常連に、会社の同僚、バスのお客さんたち、街の人々、その会話...... [続きを読む]

» パターソン★★★ [パピとママ映画のblog]
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが監督を務め、『沈黙 −サイレンス−』などのアダム・ドライヴァーが主人公を演じたドラマ。詩をつづるバスの運転手の日常を映し出す。共演は『彼女が消えた浜辺』などのゴルシフテ・ファラハニや、ジャームッシュ監...... [続きを読む]

» パターソン [ネタバレ映画館]
レインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ・・・ [続きを読む]

« ギフト 僕がきみに残せるもの | トップページ | ボブという名の猫 幸せのハイタッチ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ