サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月13日 (金)

エルネスト

こんな日系人がいた

Ernesto

公式サイト http://www.ernesto.jp

原案: チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~ (マリー前村ウルタード著/キノブックス)
監督: 阪本順治  「亡国のイージス」 「人類資金」 「団地」

1962年4月、日系二世のボリビア人青年、フレディ前村ウルタード(オダギリジョー)は、医者を志し、キューバのハバナ大学に留学した。そしてキューバ危機に直面し、混乱の中でチェ・ゲバラ(ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ)と出会ったフレディは、その理念やカリスマ性に感銘を受ける。その後ボリビアで軍事クーデターが起こると、フレディは“革命支援隊”への参加を決意し、やがてゲバラから“エルネスト・メディコ”の戦士名を授けられ、ボリビアの軍事政権を倒す戦いに身を投じる。

続きを読む "エルネスト" »

2017年10月12日 (木)

プラネタリウム

リリーちゃんの眉

Planetarium

公式サイト http://planetarium-movie.com

1930年代、降霊術ツアーに出ていたアメリカ人のローラ(ナタリー・ポートマン)とケイト(リリー=ローズ・メロディ・デップ)のバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。死者を呼び寄せる降霊術ショーを披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな二人の才能に魅せられたやり手の映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約する。

続きを読む "プラネタリウム" »

2017年10月 9日 (月)

スイス・アーミー・マン

死んでるけど、生きている?

Swiss_army_man

公式サイト http://sam-movie.jp

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、思い切ってまたがってみると、まるでジェットスキーのように勢いよく海面を滑り出した。死体はその後も驚くほどの多機能ぶりで、追い詰められたハンクの窮地を救っていく。やがて過酷なサバイバルの中で、2人のあいだには確かな友情が芽生える。

続きを読む "スイス・アーミー・マン" »

2017年10月 5日 (木)

僕のワンダフル・ライフ

僕の名前は ベイリーベイリーベイリー

A_dogs_purpose

公式サイト http://boku-wonderful.jp

原作: 野良犬トビーの愛すべき転生 (W・ブルース・キャメロン著/新潮文庫)
監督: ラッセ・ハルストレム

ゴールデン・レトリーバーの子犬ベイリーは、暑い夏の日、車に閉じ込められているところを8歳の少年イーサン(ブライス・ガイザー)に助けられ、彼の家族に引き取られる。夏休みにはイーサンとアメフトのボールで毎日のように遊び、強い絆で結ばれていく。高校生となったイーサン(K・J・アパ)は、将来有望なアメフト選手として活躍する。ある日、ベイリーが遊園地でイーサンと美少女ハンナ(ブリット・ロバートソン)の出会いを演出してあげると、2人はたちまち恋人同士に。いつまでもイーサンと一緒にいると誓ったベイリーだったが、大きな悔いを残しながら別れの時が来た。しかしベイリーはイーサンに会いたい一心で、何度も姿を変えて生まれ変わる。

続きを読む "僕のワンダフル・ライフ" »

2017年10月 2日 (月)

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より

神の助言

The_shack

公式サイト http://www.amazing-journey.jp

原作: 神の小屋 (ウィリアム・ポール・ヤング著/サンマーク出版)
監督: スチュアート・ヘイゼルダイン  「エグザム」

マック(サム・ワーシントン)は愛する妻(ラダ・ミッチェル)と3人の子供たちに囲まれ、幸福に暮らしていた。ある日キャンプ中に、湖で長男と長女が乗っていたボートが転覆し、マックが息子を助けているうちに、末娘ミッシーがいなくなった。捜索から数時間後、廃れた山小屋で血に染まったミッシーのドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。年月がすぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前だった。そんなマックの元へある日、「あの小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届く。疑念を抱きつつもマックは一人、山小屋へ向かう。

続きを読む "アメイジング・ジャーニー 神の小屋より" »

« 2017年9月 | トップページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ