サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« エルネスト | トップページ | バリー・シール/アメリカをはめた男 »

2017年10月19日 (木)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

そして猿の惑星になった

War_for_the_planet_of_the_apes

公式サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g

監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA 」 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くの砦に姿を隠していた。ある夜、奇襲によってシーザーの妻と年長の息子の命が奪われる。シーザーは大勢の仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自らは、人類の軍隊を統率する大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと旅に出る。

ちゃんと、昔の1作目につながる内容になっていますね。
なぜ、猿が人間を支配する存在になったのか。
なぜ、人間は言葉を話さないのか。

コーネリアスって、シーザーの息子だったのね。
“ノバ”って口のきけない少女が登場するけど、これも旧1作目に登場する女性。

脱出劇というアクションもあるけど、ドラマ性が強いわ。

シーザーは人間との戦争は望んでいない。
ただ自分たちを、そっとしておいてほしいだけ。
しかし人間たちは、猿を根絶させようとする。

War_for_the_planet_of_the_apes_2

まあね、親を思ってのこととはいえ、もともと身勝手な人間の科学者のせいでできたウィルスだものね。
人間の傲慢さが、自らの破滅を招く。

シーザーは妻子を殺した大佐に激しい憎しみを抱き、個人的な復讐をしようとする。
しかし憎しみに捕らわれたシーザーは、自分が殺したコバと同じだと、最後に気づく。

独裁者のように君臨する大佐。

War_for_the_planet_of_the_apes_4

猿たちを殺そうとする大佐も、ただの悪人ではなく、自らの信念のために悲しい過去を持つ存在。他人に厳しいが、自分にも厳しい男だった。

War_for_the_planet_of_the_apes_3

それにしても、ノバ役のアリア・ミラーちゃんは美少女ですねえ。

Amiah_miller

まだ13歳です。

↓ちなみに、猿の惑星(1968)のノバ役、リンダ・ハリソンさん
Linda

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の感想はこちら
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の感想はこちら

(鑑賞日10月18日)

« エルネスト | トップページ | バリー・シール/アメリカをはめた男 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
シーザーは憎しみに囚われてるせいか、悪人顔でしたね。
人間は、自らの退化を恐れてエイプを嫌っているように見えました。
アミア・ミラーは、エイプたちが助けたいと思うようなかわいさでしたね。

★すぷーきーさん
モーションキャプチャーのアンディ・サーキスは、今回もさすがですね。
シーザーの表情がよくできてます。
アミアちゃんは、今後楽しみですねえ。

ノバの設定が旧作につながるって事ですね。
旧作につなげていく難しさは感じましたが、シーザーを見ていると、猿の社会の方が上ですよね。
いつもTBありがとうございます。

★atts1964さん
新三部作は、人間の愚かさが浮き彫りにされていましたね。

オリジナルにきれいに繋がるには時間がありそうで1本くらい作れそうです 笑
それにしてもノバ役の子が美人さんでした。
将来が楽しみですね。

★yukarinさん
美少女子役の今後を見守りたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/72005195

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー):

» 猿の惑星 : 聖戦記 (グレート・ウォー) [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&ドラマ  監督:マット・リーヴス  出 [続きを読む]

» 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視する姿勢が、リブート版からはあまり感じられなかったのだ(詳しくは「『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』に欠けているもの」を参照されたい)。  代わって『創世記』が強調したのは、自然破壊の問題であり、科学技術に依存す...... [続きを読む]

» 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』★痛快!脱出劇とシーザーの“面構え“ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171291/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 新シリーズ3作目。  ・前作→コチラ  面白いと聞いて、鑑賞しました!☆ 南北戦争での黒人奴隷さん、出エジプトでのユダヤ人さんに、 猿たちの立場を、なぞらえているようでした。 虐げられる猿のリーダー:シーザーに、味方し...... [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。 [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そして、時の輪が閉じる。 2011年の「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から始まる、リブート版新三部作完結編。 本作のキャッチコピーは、「そして、猿の惑星になる」という大胆なもの。 要するに、物語の結末は昨今流行のパラレルワールドにはならず、人類は滅び、猿たちが地球の支配者となる旧シリーズ第一作へと繋がると、明確に言い切っちゃってるのだ。 ならば、前作「猿の惑星:新世紀(ライジン...... [続きを読む]

» 「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 [或る日の出来事]
マジだよねー。 [続きを読む]

» 『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 2017年10月15日 TOHOシネマズ日劇 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 を鑑賞しました。 雨の降りしきる寒い中、日劇まで見てきた。 【ストーリー】  猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと共に旅立つ。 長い映画であるが、面白かった。 実はというか猿の惑星オ... [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [セレンディピティ ダイアリー]
「猿の惑星」シリーズ最新作。ピエール・ブール原作のオリジナル「猿の惑星」(1968)へとつながる、プリクエル3部作の第3弾。監督は前作と同じマット・リーヴス。前2作と同様、猿のシーザーをアンディ・サーキスが主演し、敵対する人間のリーダーをウディ・ハレルソンが演じています。 猿の惑星:聖戦記 (War for the Planet of the Apes) 前作で人間との共生という道を絶たれたシーザー(アンディ・サーキス)をリーダーとする猿たちは、森の奥深くに砦を築き、人間が襲ってきた時に対処... [続きを読む]

» 「猿の惑星 聖戦記」War for the Planet of the Apes (2017 FOX) [事務職員へのこの1冊]
Rise(創世記)、Dawn(新世紀)とつづいたリブート版「猿の惑星」完結編はWar(聖戦記)ときた。邦題が聖書っぽいのは、このシリーズの終わり方をFOX日本支社が予測していたからかしら。 肉親の死、復讐、隷従、そして解放という流れ。猿たちが新天地を求めて旅立つのはエクソダスそのものだし(だからリーダーであるシーザーは、モーゼと同じように...... [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) [ネタバレ映画館]
喋れないのは駅前留学しなかったからか!? [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)★★★・5 [パピとママ映画のblog]
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。シーザーは、前2作に続きアンディ・サーキスが演じる。共演は、ジュディ・グリアとウディ・ハレルソンら。監督は前作と同じくマット・リーヴスが務める。 あらすじ:猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深く... [続きを読む]

» 「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで… [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なかなかに納得させてくれてスッキリしたものだったのだけど… (ラストに触れています)... [続きを読む]

» 「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
最後まで引き込まれて面白く鑑賞しました。 でも、4つ★とちょっと。 [続きを読む]

» 75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐す...... [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー [映画と本の『たんぽぽ館』]
支配するものとされるもの * * * * * * * * * * 名作「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。 3年に一度のペースで続きが発表されているのですが、 どうも私は...... [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(War for the Planet of the Apes) [田舎に住んでる映画ヲタク]
名作SF映画「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続くシリーズ第3弾。高度な知能を得た猿と人類が全面戦争に突入してから2年。猿たちを率いるシーザーは森の奥深くの砦に身を潜めていたが、ある晩、人間たちの奇襲を受けて妻と長男の命を奪われてしまう。敵の冷酷非道なリーダー、大佐への復讐を誓ったシーザーは仲間たちを新しい隠れ場所へ向かわせ、自らは3匹の仲間を連れて大佐を倒す旅に出る。道中で出会った口のきけない人間の少女ノバや動物園出身のチンパン... [続きを読む]

» 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017 [銅版画制作の日々]
 あなたは、最後を見届ける最初の人類になる。 ということで、これもMOVIX京都にて鑑賞。相変わらずリアルなお猿さんたち、表情も人間と変わらない。主役のシーザーの表情、何だか怖いくらい鋭いですね。シーザー役にはアンディ・サーキス。これでこの役3回目だそうです。さすが板についています。 あらすじ(allcinemaより) 平和を望み共存の道を探ってきたシーザーの願いもむなしく、猿と人類が全面戦争に突入してから2年。猿の群れを率いるシーザーは、冷酷非情な大佐の奇襲によって愛する妻子を殺されてしまう... [続きを読む]

« エルネスト | トップページ | バリー・シール/アメリカをはめた男 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ