サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 僕のワンダフル・ライフ | トップページ | プラネタリウム »

2017年10月 9日 (月)

スイス・アーミー・マン

死んでるけど、生きている?

Swiss_army_man

公式サイト http://sam-movie.jp

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、思い切ってまたがってみると、まるでジェットスキーのように勢いよく海面を滑り出した。死体はその後も驚くほどの多機能ぶりで、追い詰められたハンクの窮地を救っていく。やがて過酷なサバイバルの中で、2人のあいだには確かな友情が芽生える。

ダニエルくんは死体役だと聞いていたので、セリフはないのだと思っていました。

Swiss_army_man_2

だけど途中からしゃべりだし、ポール・ダノとの二人芝居になりました。
死体の名前は、メニー。

Swiss_army_man_3

無人島で助けを待つも、その見込みが無くなり、自殺しようとしていたところ、波打ち際に死体が流れ着いた。
その死体のお尻からガスが噴出するのを利用し、海面を進んでいくのがチラシの画。
そして、なんとか陸地にたどり着く。

家に帰ろうと、サバイバル開始。
死体のダニエル君は、ガス噴射だけでなく、便利な機能が色々。
本作のタイトルは、スイスアーミーナイフのように、便利な死体って事ね。

森の中には、キャンプをした人たちが捨てていったゴミが、所々に散乱している。
その中から食べ物をあさったり、休息できる場所を作ったりしました。
森にゴミを置いていくな!との意図も、本作にはあるのかな?

最初、ハンクのスマホの画像は、ガールフレンドなのかと思いました。
ハンクの現実の私生活は意外な物でした。
ちょっと危ない奴か?
幼い頃からいじめられっ子。母親は亡くなっていて、父親には低能と言われ、仲は良くなさそうだし、孤独だった。

メニーはハンクの幻想か妄想なのかと思いましたが、違うんですね。
メニーは、ハンクに勇気をくれた。
ふたりは本当に友達になっていたのね。
意外なラストで、笑ったわ。

(鑑賞日10月6日)

« 僕のワンダフル・ライフ | トップページ | プラネタリウム »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
なんと言ったらいいのか…不思議な話でしたね~。(^^;)
観る前は、てっきりサラはハンクの彼女なのかと思ってましたよ。
メニーがハンクを女装させたのも意味不明でした。(笑)

★すぷーきーさん
奇妙な映画で、どう展開していくか読めませんでしたね。
かわったファンタジーものでした。

ラストはどっちに転ぶのか?すべては幻想だったのか?
この決着のつけ方が独特だったと思いますが、それはそれでつじつまが合いませんがね。(^^)
いつもTBありがとうございます。

★atts1964さん
独創的で奇妙な内容でしたねえ。

こんにちは。
私も妄想みたいなオチなのかと思いましたが違いました 笑
ファンタジーのような....不思議な作品でした。
ダニエル・ラドクリフくんの死体役はお見事でした。
さまざまな噴射には笑いました~

★yukarinさん
死体から噴射した水は、
飲みたくなーい!と思いました。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/71890180

この記事へのトラックバック一覧です: スイス・アーミー・マン:

» スイス・アーミー・マン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★☆【3.5点】(P) 偶然流れ着いた死体がまさかの機能性を持っている奇想天外な映画。 [続きを読む]

» 『スイス・アーミー・マン』 [beatitude]
孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)は無人島で助けを求めていた。しかし、いくら待てども助けは来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたそのとき、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。その死体からはガスが出ており、浮力を持っていた。その力は次第に強まり、死体は勢いよく沖へと動き出す。ハンクが意を決してその死体にまたがると、ジェットスキーのように発進する。死体の男の名前はメニーで、彼は十徳ナイフのような万能性を備えていた。こうして、青年と死体の過酷で奇想天外な旅が始まる...... [続きを読む]

» スイス・アーミー・マン(2016)**SWISS ARMY  MAN  [銅版画制作の日々]
世界が絶賛した奇想天外な青春・サバイバル・アドベンチャー!! 東宝シネマズ二条にて鑑賞。なんとIMAXのシアターがこの作品のシアター、初めてのすわり心地は今一つ。なんだかなあと言いつつ仕方ない。ほいでもって作品は超不思議な作品。 無人島漂流の青年と腐りかけた死体の妙な友情の物語。死体役にはハリポタのダニエル・ラドクリフ君、いやあびっくりしました!恐ろしくこれがまたよう似合っている。ハリポタシリーズから今一つの活躍だったので正直心配していたけど・・・・。いやあこれは大変驚きました。 無茶苦茶怪演... [続きを読む]

» 「スイスアーミーマン」 [Con Gas, Sin Hielo]
死体のクセが強いんじゃ。 心の準備はしていたが、ここまで奇想天外な映画だとは思わなかった。 おなかにガスが溜まった水死体の浮力によって無人島から脱出する。この時点で作り手のたくましい想像力に脱帽するのだが、このエピソードはタイトルクレジットが出るまで...... [続きを読む]

« 僕のワンダフル・ライフ | トップページ | プラネタリウム »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ