サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« 女神の見えざる手 | トップページ | レオ 43歳 »

2017年11月 6日 (月)

マイティ・ソー バトルロイヤル

ソー 覚醒する

Thor_ragnarok

公式サイト http://marvel.disney.co.jp/movie/thor-br.html

監督: タイカ・ワイティティ  「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」

ウルトロンとアベンジャーズの戦いから2年。アスガルドの王子でアベンジャーズの一員であるソー(クリス・ヘムズワース)は、再会した父オーディン(アンソニー・ホプキンス)から、世界の終わり(ラグナロク)が迫っていると告げられる。そこに現れたのは、アスガルドに対し強烈な恨みを抱き、復讐と野望に燃える死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)。彼女はソーの究極の武器ムジョルニアを簡単に破壊し、ソーを宇宙の辺境サカール星に飛ばしてしまう。サカール星で捕らわれの身となったソーは、一刻も早くアスガルドに戻ろうと画策するが、格闘大会で、この地の絶対王者として扱われていたハルク(マーク・ラファロ)と対決する事になる。

2D字幕版で鑑賞。

始めの方は、オバカコメディーかと思ったわよ。
しかもそのギャグが面白くないものばかりで白けたし、ちょっとうんざり。
全体でも、笑いのネタのほとんどがつまらない。
笑えたものは、ほんのちょっとだけだったわ。

内容としては、ギリシャ悲劇の様。
神様の国だからね、ギリシャ神話のような、肉親の愛憎劇がもともとのモチーフなのかも。
原作コミックを読んだ事がないから、わかりませんが。

マット・デイモンがカメオ出演していたのは笑ったわ。
劇中劇でロキ役よ。
ソー役はクリスによく似てるなあと思ったら、なんとクリスの兄、ルーク・ヘムズワース
オーディン役はサム・ニールと、なかなか豪華な劇だったのね。(笑)

他にも、ドクター・ストレンジ役でベネディクト・カンバッチや、ェフ・ゴールドブラムカール・アーバンと、キャストはお金かかってるわ。
浅野忠信は、今回も出演していた。

今回、圧倒的な力を持つヘラ。
ケイト・ブランシェットが醸し出す雰囲気は、さすがでした。

Thor_ragnarok_2

地球でのソーとロキの服装が、それぞれの性格を反映していて良かったな。

Thor_ragnarok_4

ウルトロンとの戦いの後、ずっとブルースに戻れなかったらしきハルク。

Thor_ragnarok_3

相変わらず、敵か味方か油断ならないロキ。

Thor_ragnarok_5

スタン・リーは、ソーの髪を切る役でした。
短髪のクリスも好きですよ。
ムジョルニアが無くなってどうなるのかと思いましたが...大丈夫。(当然よね)

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想はこちら
「マイティ・ソー」の感想はこちら

(鑑賞日11月3日)

« 女神の見えざる手 | トップページ | レオ 43歳 »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
やっぱりマット・デイモンだったんですね。(笑)
ルークは兄で、弟はリアムですよ。(コッソリ)
だからどっかで見たことがある気がしたのか…。
ソーのシリーズは、どんどんお笑い要素が増えてますよね。(^^;)

★すぷーきーさん
ルークは兄でしたね。(^-^ゞ
記事を訂正しました。
笑えないお笑い要素が増えているのは、
勘弁してほしいです。

あの劇はそんな豪華メンバーだったんですね....
なんか似せてるーくらいにしか思いませんでした、、、残念。
私はお笑いはわりと楽しめましたがまぁ好みにもよりますよね。

★yukarinさん
マット・デイモンの出演は、友人関係にあるクリスが頼んで決まったらしいですよ。
わたしには笑いのツボが合わなくて、残念な作品でした。

私はアベンジャーズ2が重くてもくて(^^)
ここ数作はガラッと軽く作ってあるんで、こっちのテイストが好きですが、アベンジャーズに近づくと、重くなっていくんでしょうね。
さらっと有名俳優を使っていて、贅沢ですよね。
いつもTBありがとうございます。

★atts1964さん
アントマンやガーディアンズ~のコミカルさは好きなんですけど、今作の笑いは自分とは合わなかったです。
劇中劇の配役にはびっくりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/72149224

この記事へのトラックバック一覧です: マイティ・ソー バトルロイヤル:

» マイティ・ソー バトルロイヤル [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★【3点】(F) 大したストーリーもないままウケ狙いの小ネタばかりが目立つ。 [続きを読む]

» マイティ・ソー バトルロイヤル★★★★★ [パピとママ映画のblog]
クリス・ヘムズワース演じるマーベルの人気キャラクターソーが主役の「マイティ・ソー」シリーズ第3弾にして「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと繋がるアクション・アドベンチャー大作。復讐に燃える最強の敵を前に、盟友ハルクや宿敵ロキと手を組み、迫り来る世界の終わり(ラグナロク)を食い止めるべく極限のバトルを繰り広げるソーの活躍を圧倒的スケールで描き出す。共演はマーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバ、アンソニー・ホプキンスのほか、...... [続きを読む]

» マイティ・ソー バトルロイヤル・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
史上最大の姉弟喧嘩。 神々の世界の覇権を巡る、ソー+ロキVS死の女神ヘラの姉弟対決は、シリーズベストと言ってよい面白さ。 原題の「ラグナログ」とは、北欧神話における神々と巨人、魔物の最終戦争のこと。 その結果、神々も巨人も世界と共に滅びる「神々の黄昏」という豪快なオチへと繋がって行く。 今回は、地球で隠遁生活を送っていた主神オーディンの死と共に、その強すぎる野望ゆえに封印されてい...... [続きを読む]

» マイティ・ソー バトルロイヤル [タケヤと愉快な仲間達]
【解説】 『アベンジャーズ』の一員であるソーを、クリス・ヘムズワースが演じたアクションシリーズの第3弾。ソーのハンマーを破壊するほどの力を持つ敵が登場し、宇宙の果ての星でとらわれの身となったソーが戦う姿を活写する。クリスやロキ役のトム・ヒドルストンに加...... [続きを読む]

» 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』★意表もありのバトル三昧!ソー&ロキ絶好調! [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171402/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・マイティ・ソー  ・マイティ・ソー/ダークワールド  原題『THOR: RAGNAROK』  ←“神々の黄昏”的な? ・姉ヘラ: ケイト・ブランシェット☆ ←インパクト十分! 今回は、ソーとロキの姉:ヘラが蘇り アスガルド...... [続きを読む]

» 「マイティ・ソー バトルロイヤル」Thor: Ragnarok (2017 ディズニー) [事務職員へのこの1冊]
わたしはつくづく付き合いのいい男だと思う。この年齢になってこんなにMARVELコミックものを見ている人間っているのかな。今年に限っても 「ドクター・ストレンジ」 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 「スパイダーマン:ホームカミング」 と三本も見ています。 でも、前にもお伝えしたように、「マイティ・ソー」のシリーズだけは未見。アベンジャーズのようにいろんなタイプのヒーローを集めた場合、そこに神様がいるってのはどうなの?という気がしませんか(笑)。レベルが違いすぎるでしょ、... [続きを読む]

» 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 2017年11月12日 TOHOシネマズ日劇 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『マイティ・ソー バトルロイヤル』 を鑑賞しました。 いままでとティストが違って面白い 【ストーリー】  アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。 ソーとロキの兄弟もだんだん仲良くなってきてるねw どこまでも信用できない、愛すべきロキが、地球に来る... [続きを読む]

» 75『マイティ・ソー バトルロイヤル』雷神!! [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
マイティー・ソー三作目はMCU随一の壮大コメディ。 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 ~あらすじ~ アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前...... [続きを読む]

» 「マイティ・ソー バトルロイヤル」 [或る日の出来事]
楽しかった! [続きを読む]

» 「マイティソー バトルロイヤル」 [Con Gas, Sin Hielo]
改めてはじめから観返したくなる引力。 アベンジャーズシリーズの中で観たことがなかったThorが主役となった作品。 何故観る気が起きなかったかというと、神が主役という設定に広がりを感じなかったからにほかならない。ファンタジーの中でも神話めいたものが絡んでくるとどこか型にはまってしまうような印象があったのだ。 しかし、アベンジャーズメンバーが他の作品を行き来するようになって、もはやソーだけを観ない理由はなくなった。先...... [続きを読む]

« 女神の見えざる手 | トップページ | レオ 43歳 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ