サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

    おとなの恋は、まわり道

    日日是好日

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 猫が教えてくれたこと | トップページ | スター・ウォーズ/最後のジェダイ »

2017年12月14日 (木)

オリエント急行殺人事件

2時間ドラマにはやっぱり崖

Murder_on_the_orient_express

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie

原作: オリエント急行殺人事件 (アガサ・クリスティー著)
監督・主演: ケネス・ブラナー

エルサレムで華麗に事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)は、イギリスでの事件解決を依頼され、イスタンブールでの休暇を切り上げて、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。ほどなくアメリカ人富豪ラチェット(ジョニー・デップ)から、脅迫を受けているからと身辺警護を依頼されるが、これをあっさりと断る。ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに殺害されていた。鉄道会社のブーク(トム・ベイトマン)から調査を依頼されたポアロは、乗客ひとりひとりへの聞き込みを開始する。

1974年版のオリエント急行殺人事件は、推理小説を読むきっかけになった映画です。

Murder_on_the_orient_express_4

たまたまテレビ放映を見て、始まりの方にあった、
「なんで今日のオリエント急行は満員なんだ。」
というのが、すでにヒントだったんだーと感心したのです。
それまで推理小説に興味がなく、シャーロック・ホームズも読んだ事なかったし、アガサ・クリスティーなんて、名前すら知りませんでした。
それから推理小説を読むようになり、テレビの2時間ドラマも見るようになりました。
しかしオリエント急行殺人事件は最初に映画を見てしまったせいか、他のポアロの事件は読んでいますが、未だに原作は未読です。

1974年版もキャスティングが豪華でしたが、今回も豪華。
最初にデュディ・デンチの出演が決まると、彼女が出るならと、次々とキャストが決まったらしい。

Murder_on_the_orient_express_3.jpg

エルキュール・ポアロ (ケネス・ブラナー) へルギー人の名探偵
ラチェット (ジョニー・デップ) アメリカ人の富豪の美術商
ヘクター・マックイーン (ジョシュ・ギャッド) ラチェットの秘書
エドワード・マスターマン (デレク・ジャコビ) ラチェットの執事
ハバード夫人 (ミシェル・ファイファー)
ドラゴミロフ侯爵夫人 (デュディ・デンチ) ロシアの貴族
ヒルデガルデ・シュミット (オリヴィア・コールマン) 侯爵夫人のメイド
ルドルフ・アンドレニ伯爵  (セルゲイ・ポルーニン) ハンガリーの貴族
エレナ・アンドレニ伯爵夫人 (ルーシー・ボーイントン)
ピラール・エストラバドス (ペネロペ・クルス) 宣教師
ゲアハルト・ハードマン (ウィレム・デフォー) オーストリア人の教授
メアリ・デブナム (デイジー・リドリー) 家庭教師
ドクター・アーバスノット (レスリー・オドム・Jr) 医者
マルケス (マヌエル・ガルシア=ルルフォ) 自動車販売業
ピエール・ミシェル (マーワン・ケンザリ) 車掌
ブーク (トム・ベイトマン) 鉄道会社の重役

ケネス・ブラナー監督は、感情的にドラマチックに盛り上げるのがうまい。
本作は泣ける映画になってた。

列車が立ち往生したのが、高架橋の上。

Murder_on_the_orient_express_5

高所恐怖症の私は大変よ。
そこでスリリングなアクションもありました。

ダビンチの最後の晩餐の絵のような場面もあった。
ジュディ・デンチはさすがの貫禄と威厳だし、ミシェル・ファイファーもすごく良かった。
色っぽさの全くないペネロペも、珍しいわねえ。

この映画の興行収入次第で、ナイル殺人事件もつくるつもりかしら?

(鑑賞日12月13日)

« 猫が教えてくれたこと | トップページ | スター・ウォーズ/最後のジェダイ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
原作小説を知っているせいか、ポアロがポアロっぽくないし、あんなに外に出ると密室感も薄く…。
ポアロだけが目立っていて、ケネス・ブラナーって自分が好きなのかなと思いました。(^^;)
ポアロの武器は灰色の脳細胞なので、体を張るシーンはいらないです。
「なんか違う」という思いがぬぐえませんでした。

★すぷーきーさん
ポアロは小太りのベルギー人ですもんね。
キャストの構成なども、現代的になっていましたね。
原作があっても、映画は時代に合わせていかないと集客できませんからね。

「ナイル」も作るんでしょうね。もちろんブラナー続投が必須でしょうけど。
小説も、過去作も一切見ていない私としては、映画としては面白く、ただあの結末は、どこかで見たような?でした。
これを気に昔の作品を見て行きたいと思いました。
いつもTBありがとうございます。

★atts1964さん
何度かドラマや映画になっているし、
パクったドラマとかも多いので、
見たように思うのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/72429996

この記事へのトラックバック一覧です: オリエント急行殺人事件:

» 「オリエント急行殺人事件」 [或る日の出来事]
最後の審判を下すのは、ポアロ!? [続きを読む]

» 「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと言える。... [続きを読む]

» オリエント急行殺人事件 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ミステリー  監督:ケネス・ブラナー  出演:ケネス・ブラナー   [続きを読む]

» 映画『オリエント急行殺人事件』★列車に乗り合わせた気分でミステリーにGO! [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171734/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ポアロ:ケネス・ブラナー  監督も ・ラチェット:ジョニー・デップ☆ 初見の方は、犯人さがしが楽しめます。 1975年公開作品や原作などで、犯人はわかっていても オリエント急行に乗り合わせた気分が、楽しめます。 豪華キャス...... [続きを読む]

» 『オリエント急行殺人事件』 2017年12月6日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『オリエント急行殺人事件』 を試写会で鑑賞しました。 イベントにも参加してケネス・ブラナーのサインをゲットしました 【ストーリー】  トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・... [続きを読む]

» 映画「オリエント急行殺人事件」 [FREE TIME]
映画「オリエント急行殺人事件」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» オリエント急行殺人事件 (2017) [銀幕大帝αTB受付]
TBはここにお願い致します。 [続きを読む]

« 猫が教えてくれたこと | トップページ | スター・ウォーズ/最後のジェダイ »