サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

    おとなの恋は、まわり道

    日日是好日

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« シェイプ・オブ・ウォーター | トップページ | ヴァレリアン 千の惑星の救世主 ジャパンプレミア »

2018年5月 7日 (月)

15時17分、パリ行き

本人たちを起用

The_1517_to_paris

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/1517toparis

実話の映画化

監督: クリント・イーストウッド

2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

実際に事件に遭遇した本人たちを起用。
列車の乗客にも、俳優ではなく、その時乗り合わせていた人がいるそうです。

事件がメインではなく、3人の青年たちの生い立ちや、どういう人物だったのかをメインに描いている。

友人同士の気楽なヨーロッパ旅行だった。
そんな中、列車にテロリストが。

俳優ではないけれど、どへたな素人にも見えないイーストウッド監督の演出力は、さすがなんじゃないでしょうか。

3人が犯人を捕らえてなければ、どれだけ犠牲者がでただろうか。

(鑑賞日3月6日)

« シェイプ・オブ・ウォーター | トップページ | ヴァレリアン 千の惑星の救世主 ジャパンプレミア »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
三人の行動はすごく立派だとは思うんですが、銃や軍を賛美しているようでモヤっとしてしまいました。
スペンサーとアレクの演技は下手で、アンソニーはマシかな?と思いました。

★すぷーきーさん
うまくはないけれど、鑑賞に堪えられる演技だったと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/73394851

この記事へのトラックバック一覧です: 15時17分、パリ行き:

» 映画 『15時17分、パリ行き』★テロ列車に乗るまでの描写あればこそ! [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174934/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督: クリント・イーストウッド 実際にあった、列車テロ事件だそうです。→参考 果敢に、犯人に挑んだ青年3人が出演!とのことで 迫真の“テロ抑え込み”作品―かと思いきや (それもありますが) それだけのはずがなかった! た...... [続きを読む]

» 「15時17分、パリ行き」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
撃たれたおじさんにも勲章あげてよー 4つ★ [続きを読む]

« シェイプ・オブ・ウォーター | トップページ | ヴァレリアン 千の惑星の救世主 ジャパンプレミア »