サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

    おとなの恋は、まわり道

    日日是好日

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ブラックパンサー | トップページ | 15時17分、パリ行き »

2018年5月 6日 (日)

シェイプ・オブ・ウォーター

大人の恋

The_shape_of_water

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater

監督: ギレルモ・デル・トロ  「パンズ・ラビリンス」 「パシフィック・リム」

1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働くイライザ(サリー・ホーキンス)は、秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。アマゾンの奥地で神のように崇められていたという“彼”の、奇妙だがどこか魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。やがて、ふたりが秘かに愛を育んでいく中、研究を主導する冷血で高圧的なエリート軍人ストリックランド(マイケル・シャノン)は、ついに“彼”の生体解剖を実行に移そうとする。

いきなり主人公の全裸シーンにびっくり。
しかもバスタブで自慰行為まで。

パディントンのブラウン夫人が、こんな事,,,

心と心でつながるラブストーリーだけど、プラトニックなラブではない。
心も性生活も満たされると、ウキウキして表情もしぐさも変化する主人公。

ハラハラドキドキする、スリリングなシーンもあった。
見ているうちに、だれでも主人公を応援するようになると思う。

半魚人の、ウルヴァリン並みの治癒力もすごい!
他にも、神のように崇められていたというのも納得な能力あり。

マイケル・シャノンの悪役もうまいですねえ。
ほんと、憎々しいのものね。

(鑑賞日3月2日)

« ブラックパンサー | トップページ | 15時17分、パリ行き »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
>見ているうちに、だれでも主人公を応援するようになると思う。
ごめんなさい、自分はダメでした。(^^;)
イライザが欲求不満のオバサンに見えてしまい、ドン引きでした…。

★すぷーきーさん
イライザにドン引きでしたか。
大人なら、男女ともにこういう欲求は自然だと思いますけど。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/73030733

この記事へのトラックバック一覧です: シェイプ・オブ・ウォーター:

» 「シェイプ・オブ・ウォーター」 [或る日の出来事]
マリリンの歌!? [続きを読む]

» 映画 『シェイプ・オブ・ウォーター』★ヒタヒタに満たされる愛のファンタジー(^_-)-☆ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172277/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・イライザ: サリー・ホーキンス  40歳位? ・同僚 ゼルダ: オクタヴィア・スペンサー ←安心のおっ母さん♪ ・敵 ストリックランド: マイケル・シャノン ・半魚人さん; ダグ・ジョーンズ☆ 冷戦下(1962年)のアメリカ...... [続きを読む]

» シェイプ・オブ・ウォーター・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
水に包まれた愛のカタチ。 映画館の上のアパートに住む、声を失った孤独な女性が、政府の研究所に囚われた大アマゾンの半魚人と恋をする。 2017年度のベネチア国際映画祭金獅子賞、本年度アカデミー賞でも作品賞・監督賞ほか4部門を制した話題作だ。 サリー・ホーキンスが主人公イライザを好演、彼女と恋に落ちる半魚人の"彼"に、「ヘルボーイ」でも半魚人のエイブ・サピエンを演じていたダグ・ジョーン...... [続きを読む]

» 「シェイプ・オブ・ウォーター」☆緑色はギレルモ色 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
名作「パンズラビリンス」でも異彩を放っていたギレルモ監督の作品は、弱者に対する温かい眼差しと、異形の者に対する惜しみない愛が溢れ、切ないラストが忘れられないのが特徴だけれど、その異形愛が強すぎてちょっと引いてしまうのが正直なところ。 しかし今作はぐっと抑え目なビジュアルで、より共感しやすい物語になっていたyo... [続きを読む]

» シェイプ・オブ・ウォーター [いやいやえん]
【概略】 冷戦下のアメリカで、声を失くした孤独なイライザと、遠い海から連れて来られた不思議な生き者の種族を超えた恋を描く。 ラブロマンス .0★★★★☆ いつも、思うことだけど、ギレルモ・デル・トロ監督の作品に登場するクリーチャーはどれも造形が素晴らしい。 主人公は声を出せない女性。アメリカ60年代は、黒人や障害者などは差別される社会。そこに神のような半魚人という異生物...... [続きを読む]

« ブラックパンサー | トップページ | 15時17分、パリ行き »